林 篤史 さん プロフィール

  •  
林 篤史さん: 神戸の生殖医療専門医 林 篤史のブログ
ハンドル名林 篤史 さん
ブログタイトル神戸の生殖医療専門医 林 篤史のブログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/toukichirou220/
サイト紹介文不妊症、子宮筋腫や子宮内膜症などの良性腫瘍性疾患について解説します。
自由文2002年 大阪医科大学を卒業し、産婦人科へ入局

2004年 大阪医科大学産婦人科助手に着任

2007年 大阪医科大学産婦人科助教に着任

2016年 大阪医科大学産婦人科講師に着任
神戸の山下レディースクリニックに入職
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供43回 / 36日(平均8.4回/週) - 参加 2017/03/22 11:06

林 篤史 さんのブログ記事

  • 高齢不妊患者さんに対するPGS
  • 前回お話しした通り、日本でも将来、着床前スクリーニング(PGS)が一般的に行われるようになると思われます。 胚盤胞をたくさん得られるような患者さんには、胚のセレクトという意味で一定のメリットがあります。 それでは、採卵数が少ない患者さんにとってはどうなのでしょうか。 今回ご紹介する論文は高齢不妊患者さんに対してPGSを行った結果を解析したものです。 Preimplantation genetic diagnosis for [続きを読む]
  • 着床前スクリーニング(PGS)
  • 体外受精治療で良好胚を移植しても妊娠出来ない場合があります。 この場合の多くの原因は、胚の染色体異常と考えられています。 形成された胚盤胞のうち、染色体が正常なものは約5割とも報告されており、胚移植の成功率が5割、多くても6割程度であるのはこのためです。 逆に言うと、移植当たりの妊娠率が6割や7割を超えることはあり得ないということです。 さて、この染色体異常による妊娠率の限界を解決 [続きを読む]
  • 鉄板ビストロ 鉄ぱんち
  • 2回ほどお邪魔しました、「鉄ぱんち」さんです。 マスターの筧さんはややいかつめのイケメン。(笑) お話ししてみると、とても気さくな方です。 お店は白い壁にダークブラウンのカウンター。シンプルで落ち着きます。 お料理は基本イタリアンで、お店の名の通り鉄板で焼く系です。 写真真ん中の「エビのガーリック醤油」は殻ごと。焼き方で殻が柔らかくなるとのことで、確かに柔らくなった [続きを読む]
  • 子宮内膜症に黄体ホルモン療法(ジエノゲスト)
  • 黄体ホルモン(プロゲステロン)は今までにも何度か説明させて頂いた、排卵後に卵巣から分泌されるホルモンです。 子宮内膜を着床できる環境に変化させる働きがあります。 これは別の見方をすると、エストロゲンによって発育・増殖していた内膜細胞を、それ以上増殖しない成熟した細胞に変化(分化)させるということでもあります。 つまり、黄体ホルモンは内膜細胞の増殖を抑制します。 このことから、内膜 [続きを読む]
  • 偽閉経療法
  • 子宮筋腫や子宮内膜症に対して行われる薬物療法です。 使われる薬剤は「GnRHアゴニスト」という薬で、卵巣を刺激するホルモン(FSH)の分泌を抑制します。 卵巣は刺激が来なくなるので卵胞が発育せず、女性ホルモン(エストロゲン)が分泌されません。 女性ホルモンが出ない状態=閉経と同じ状態ということで、偽閉経療法と呼ばれます。 女性ホルモンによって発育する腫瘍といえば子宮筋腫や子宮内膜症、乳癌 [続きを読む]
  • X Japan ライブチケット獲得!
  • 入手が極めて困難なX Japan のライブチケット、奇跡的に購入することが出来ました! 前にも書きましたが20年以上ファンをやっていて初めての参戦。 LDやDVDでは何度ライブ映像を見たか分かりませんが、ライブに行こうという行動は起こせずにいました。 忙しかったり、ようやく大人になったらHIDE が逝ってしまって落ち込んだり。 また、映像で見ている世界が自分とは別世界のように感じていたようにも思いま [続きを読む]
  • 早期黄体化
  • 今回は着床に関わる問題です。 妊娠は卵巣から排卵される卵子と、通り道である卵管、着床場所である子宮内膜が一通り上手くいって成立すると言えます。 子宮内膜は排卵に伴う発育した卵胞から分泌される、二種類のホルモンによって増殖、分化します。 まず、排卵前から分泌されるエストロゲンにより内膜が厚くなっていきます(増殖)。 そして、排卵後に分泌されるプロゲステロンによって着床環境へ変化して [続きを読む]
  • 骨粗鬆症(治療その2)
  • 今回は骨粗鬆症治療その2です。病態・予防と治療その1もご参照ください。 ・ビスホスホネート骨を吸収する細胞を抑えることによって骨を丈夫にします。ビタミンDの併用が推奨されます。骨密度:上昇する。骨折:すべての部位で減少する。副作用:骨吸収抑制薬は、「顎骨壊死」という合併症が0.01〜0.02%に発生するといわれています。顎骨とはあごの骨で、抜歯などの歯科治療時に起こりやすいことから、歯科治療をうける場 [続きを読む]
  • 骨粗鬆症(治療その1)
  • 今回は骨粗鬆症に対する薬物療法についてまとめてみたいと思います。種類が多いので2回に分けます。治療効果として指標となるのは投与によって骨密度が改善したか、骨折が減ったかの2つになります。 ・カルシウム言わずと知れた骨の成分です。骨密度:わずかではあるが上昇効果がある。骨折:椎体(背骨)等は減る可能性があるが、大腿骨は減らない。 ・女性ホルモン剤(合成型)病態と予防の項で述べましたように、女 [続きを読む]
  • 骨粗鬆症(病態、予防)
  • 骨粗鬆症とは骨の「量」と「構造」の異常によって骨が弱くなり、骨折リスクが増大した状態とされています。 40歳以上の女性で骨粗鬆症の有病率は19.2%〜26.5%で、980万人と推計されています。4〜5人に1人が骨粗鬆症であるということになります。 骨粗鬆症による骨折で問題となるのは、足の付け根の大腿骨近位部骨折ですが、2007年の調査では、116800人の女性に発生しています。 骨は常に壊され、作り直されてい [続きを読む]
  • 更年期障害
  • 更年期障害は、閉経周辺年齢の女性に起こる疾患で、女性ホルモンが出なくなることによる諸症状です。 代表的な症状には「hot flash(ホットフラッシュ)」と呼ばれるものと、「精神症状」があります。 hot flashは、のぼせ、ほてり、多汗などの症状で、「急に顔が熱くなったり、滝のように汗が出る。」とおっしゃる患者さんが多いです。 この場合はホルモン補充療法(HRT)がよく効きます。 エストロゲンが失 [続きを読む]
  • 英会話→帰宅の途→UNIQLO寄り道
  • 昨日は英会話2回目。 今日の先生はスキンヘッドのやや強面。 最初は表情が固くて「怖いよ〜 」 でも徐々にジョークが入ったり笑顔もあったりで一安心。 でもトークが早くてついていけないよ〜 次も頑張ろう。 新大阪で乗り換えの間にUNIQLOの誘惑が。(笑) 以前購入した「イージーケア コンフォートシャツ」の色違いを購入。 その名の通り、まず、アイロンがいらない! そし [続きを読む]
  • 子宮頸がんワクチン接種、結論示せず 専門家聴取へ
  • 先日、子宮頸がんワクチンについて触れましたが、案の定、お国は先送りですね〜 結論出ず 接種、症状と関係「調査限界」 厚労省検討会(毎日新聞) 「厚生労働省の専門家検討会は今後専門家のヒアリングなどをする方針」とのことですが、じゃあ専門家検討会のメンバーは専門家じゃないの? 決められない人達が集まっても時間の無駄では… 「推進」と言ったら被害者団体から攻撃を食らうし、自分たちはそんな [続きを読む]
  • クラミジア感染症について
  • クラミジアは性行為感染症(俗にいう性病)の一つです。 膣から子宮を通って卵管の先に到達し、卵管炎を起こします。 卵管の先で炎症が起こると、炎症によって閉じてしまい、詰まってしまいます。詰まった卵管は芋虫状に張れて、卵管水腫となります。 さらに感染がおなかの中に拡大していくと、肝臓の周りに炎症を起こし、フィッツ・ヒュー・カーティス症候群という状態になります。 このようにクラミジア感 [続きを読む]
  • 環境汚染と卵巣予備能
  • 現代の環境汚染は深刻であるのも関わらず、人類はこの問題を直視しません。 昨夜はキアヌ・リーブスの「地球が制止する日」を見ながら、改めてそう感じました。 地球が静止する日 <2枚組特別編>〔初回生産限定〕 [DVD]4,104円Amazon さて、環境破壊が健康に及ぼす影響は、いろいろと研究されていますが、不妊症も例外ではありません。 Environmental pollutants, a possible etiology for premature ovaria [続きを読む]
  • 今日は西宮北口へ
  • 今日は私が育った街、西宮へ。 西宮北口駅の南側は、阪急西宮ガーデンズが出来てすっかり様変わりしました。 北側には小学生時代に通った浜学園が健在。(笑) でもそれ以外に学習塾が乱立しており、競争の激化ぶりが伺えます。 ランチはぶらりと駅の北側にある「パスタ・エ・カフェ・シオサイ」さんにお邪魔しました。 「菜の花と根菜のスモークチキンペペロンチーノ」 見た目鮮やか、具沢山で、 [続きを読む]
  • 一般男性の精液所見
  • 不妊症カップルに限らない場合、一般男性の精液所見はどの程度なのでしょうか? Semen quality of young men from the general population in Baltic countries. 上はバルト3国(エストニア、ラトビア、リトアニア)で行われた調査結果の報告です。 それによると、精子濃度の中央値は 6300万/ml でした。 精子濃度は喫煙者で低いことと、一般男性の9人に1人が不妊症レベルの所見であったとの結果が示され [続きを読む]
  • 人工授精(AIH)について
  • 人工授精(AIH)は、文字通り受精を人工的に手助けする医療行為です。 具体的には、ご主人の精液から運動精子を集め出し、いずれかの部位に注入することを指しますが、子宮の中に入れる子宮腔内受精(IUI)を行うことが一般的です。 日本のガイドラインには、AIHについて以下のように記載されています。 ・排卵少し前から、排卵直後までに行う。これはタイミング療法と同じですね。 ・洗浄濃縮処理精子浮遊液 [続きを読む]
  • 英会話初日
  • ついに英会話初日を迎えました!(笑) グループレッスンなのでどんな雰囲気なのかかなり緊張… 年配の男性と、若い女性と私で3名でした。 お二人ともレッスン開始前からフレンドリーに話して頂き、とってもいい人たち。 先生も丁寧で、初回から楽しくレッスンを過ごすことが出来ました。 しかし、自分の英語表現力の無さ… へこみます。 お二人は終了後続けてレッスンはしご! ベテランは、 [続きを読む]
  • 子宮頚癌ワクチン(HPVワクチン)は是か非か
  • 子宮頚癌はヒトパピローマウイルス(HPV)が主な発症原因です。 このウイルスに対する予防ワクチンが、いわゆる子宮頚癌ワクチン(HPVワクチン)です。 他の先進国に遅れて2013年に日本でも定期接種が開始されましたが、副反応等の報道によって国が摂取の推奨を中止したことは皆さんもご存じのとおりです。 諸外国からみる日本の状況については、下記のサイトが非常に参考になります。 【子宮頸がんワクチン [続きを読む]
  • 妊娠中の運動
  • 最近はジョギングブームで、不妊治療中の患者さんでジョギングやマラソンを楽しんでおられる方もおられます。 他にもいろいろなスポーツが身近になりました。 妊娠後にスポーツは続けてもよいのでしょうか? まず、「スポーツは必要か?」と聞かれれば、必要とはいえないでしょう。 日常生活を制限しなければ、筋力が衰えることはありませんし、お産に必要な体力は保たれます。 「スポーツはどれも安全 [続きを読む]
  • 妊娠中の温泉
  • 飛行機と並んでよく質問を受けるのが、妊娠中の温泉です。 「温泉」は日本人以外にはそこまで身近でないためか、英文論文で妊娠との関係を検討したものは、残念ながら見つけることは出来ませんでした。 硫黄などの成分が普通の「お湯」よりは多く含まれていると推測されますが、飲むなどして直接体内に取り込むわけではないので、無視できる範囲内だと思われます。 よって、いつもより長めの入浴として考えてみた [続きを読む]
  • 妊娠中の飛行機は大丈夫?
  • 妊娠期間中に旅行などで飛行機を利用される場合があると思います。 妊娠や胎児に対して、飛行機に乗ること自体は何の問題もありません。 飛行機に乗ったからといって流産しやすくなるとか、赤ちゃんが奇形になるといった心配はありません。 問題があるとすれば、搭乗中や旅行先で産科的な問題が偶然起こった時に、対応ができない可能性があることです。 機内には医療設備はありませんし、旅行先が海外であれ [続きを読む]
  • 腹腔鏡下子宮全摘出術
  • 子宮筋腫や子宮腺筋症による症状、貧血や生理痛がひどい方で、将来の妊娠を希望されない場合には、子宮全摘出術が選択されます。 子宮の機能は生物学的には妊娠のみと考えられており、その役割がない場合には摘出してよかろうというのが現在の考え方です。 もちろん、妊娠は考えていなくても子宮の喪失が耐えられないという方には適応されません。 私が医師になった15年前は、子宮全摘出術といえば開腹でした。&nb [続きを読む]