kuma さん プロフィール

  •  
kumaさん: kumaの模型趣味
ハンドル名kuma さん
ブログタイトルkumaの模型趣味
ブログURLhttps://kumamokei.blogspot.jp/
サイト紹介文趣味で模型を作っています。艦船や戦車、ガンプラなど、息子と楽しみながら色々と作っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供66回 / 126日(平均3.7回/週) - 参加 2017/03/22 14:58

kuma さんのブログ記事

  • ハセガワ 夕雲型駆逐艦 早波 キットレビュー
  • 6月にリニューアルされた駆逐艦夕雲に続いて、中期型の駆逐艦早波も発売されました。ウオーターラインシリーズの夕雲型の旧キットは昔でも、あまりスタイルの似ていないと言われていたキットでした。ピットロードからも夕雲型はリリースされていますが、船体を陽炎型と共用しているので、延長された艦尾の追加工作が必要となってしまっています。陽炎型ばかり優遇されてなかなか良いキットに恵まれなかった夕雲型駆逐艦もようやく [続きを読む]
  • タミヤ 駆逐艦 島風 キットレビュー
  • タミヤから駆逐艦、島風がリニューアルされました。ハセガワの駆逐艦早波と一緒に注文していたので、ようやく届きました。箱は以前の小さいキャラメル箱では無く、大きめの箱に入っています。ランナーは2枚に収まっていて、説明書とデカール、おもりとポリキャップが入っています。まずは船体の入っているAランナーから。船体は左右分割式に船首楼甲板と甲板を組み合わせていくスタイルです。旧キットと比べると、つんつるてんだ [続きを読む]
  • アオシマ 補給艦ましゅう の製作② 艦橋と上部構造物の製作
  • アオシマの補給艦「ましゅう」、前回は船体を製作しまして、次は艦橋や上部構造物を作っていこうと思います。左から、1番2番補給ステーション、3番4番補給ステーション、5番6番ステーション。各補給ステーションは前後左右の壁面4面と天板の5つの部品を組み立てていきます。隙間ができないようにすり合わせをしながら組み立てましたが、ちょっと隙間が空いてしまいました。これらの補給ステーションにウインチ類や作業台、 [続きを読む]
  • アオシマ 補給艦ましゅう の製作① 船体の組み立て
  • 先日購入したアオシマの海上自衛隊補給艦「ましゅう」をさっそく製作してみようと思います。まずは、この大きな船体を組み立てていきます。船体は左右張り合わせ式で、艦底板は黒の成型色になっています。艦舷にはパナマチョックと呼ばれる係船用の突起物が再現され、孔も開口されています。スマホでピントが合ってないですが(;^_^A船体を張り合わせ、補強のパーツと艦尾のパーツを取り付け、艦底板と歪みの無いように流し込み接着 [続きを読む]
  • アオシマ 補給艦ましゅうSP キットレビュー
  • アオシマの海上自衛隊補給艦、ましゅうを購入してみました。初回の限定SPバージョンです。届いて開けてみたら、かなりの大きさの箱でした。ボックスアートは「ましゅう」の後に水陸両用車AAV7と機動戦闘車を満載した輸送艦「おおすみ」とスキージャンプ台を装備して戦闘機を発進させている護衛艦「いずも」、上空にはF2戦闘機やF35戦闘機、B2爆撃機と無人機グローバルホークまで飛んでいる謎の箱絵です(笑)箱の横には [続きを読む]
  • HGUC グフカスタムの製作
  •  HGUCのグフカスタムです。MS‐07B‐3グフカスタムは近接戦闘用に特化したグフは汎用性に欠けるため、設計を見直し、左手のフィンガーバルカンを通常のマニュピレーターに戻し、代わりに着脱式の3連装ガトリングを装備し、シールドにも6銃身ガトリングガンを装備して中距離の射撃能力を高めています。OVAの08小隊にてノリス大佐の駆るグフカスタムがガンタンク隊を守る08小隊と死闘を演じ、シロー機も一時戦闘不能にし [続きを読む]
  • フジミ 軽巡洋艦能代の完成です。
  • フジミの軽巡洋艦能代、ようやく完成しました(^^)/第二水雷戦隊旗艦 軽巡洋艦能代、完成です。阿賀野型軽巡洋艦の2番艦の能代は昭和18年6月30日に竣工後、第二水雷戦隊の旗艦になり、さっそく南方へ進出します。ラバウル方面に進出し、輸送作戦中にカビエンで空襲を受け小破しています。修理完了後、能代はビアク島への救援作戦である渾作戦に参加中、米軍のマリアナ侵攻を受け、渾作戦部隊も第一機動艦隊に合流し、マリアナ [続きを読む]
  • フジミ 軽巡洋艦能代の製作⑦ 上部構造物の組み立て
  • フジミの軽巡洋艦 能代も、塗装が終わりいよいよ仕上げに入ります。船体と上部構造物や武装類などを分割して塗装しました。これから、それらを組み込んでいけば完成です。艦橋の基部も、こうやってギュッと取り付けないとフジミのキットはしっかりはまらないので、艦橋を分割にしていました。 おかげで部品も破損せずにきっちりと取り付けれました。艦橋や煙突を取り付けて、魚雷発射管まわりも取り付けていきます。航空作業甲板 [続きを読む]
  • 特設防空巡洋艦 愛国丸
  • ピットロードの特設巡洋艦、愛国丸を架空の改装で特設防空巡洋艦として製作したものです。愛国丸は大阪商船の南アフリカ航路向けに建造された貨客船です。姉妹船に報国丸と護国丸が建造されています。和辻氏設計の優美な船容ですが、愛国丸は一度も商業航海を経験せずに日本海軍に徴用され特設巡洋艦として改装されました。愛国丸は15センチ砲を8門も装備し、13ミリ連装機銃2基と53センチ連装魚雷発射管を2基、水上偵察機2機と、 [続きを読む]
  • フジミ 軽巡洋艦能代の製作⑥ 軍艦色と艦底色の塗装
  • フジミの軽巡洋艦能代、いよいよ船体と装備品、艦底の塗装です。前回、上部構造物や武装類を艦首側から並べていたのを塗装しました。塗料はクレオスの軍艦色2です。塗装できたら、今度は反対向きに新たにマスキングテープにつけて、塗装しました。船体も塗装完了です。続いて艦底色を。こちらはクレオスの艦底色が少し暗い色なので赤を少々足したもので塗装しています。滲み無しで一発オッケーでできました(^^)/続いて甲板もマス [続きを読む]
  • フジミ 軽巡洋艦能代の製作④ 甲板のマスキング
  • 前回は甲板のリノリウム塗装と煙突を製作しました。今回はリノリウム甲板のマスキングを行いました。この能代では極力、構造物は後付けにして、マスキングは楽にやっていこうと思います。艦船模型で一番大変なのが地味なマスキング作業ですので(*'ω'*)このキット、リノリウム色を塗ってから改めてみると、中央の航空作業甲板の下が何もモールドがありませんね。鉄板張り?リノリウム張り?どちらなんでしょうね。今までの阿賀野型 [続きを読む]
  • 護衛艦DD−113 さざなみ の製作
  • ピットロードのDD−113護衛艦「さざなみ」です。昨夏に購入して、付属していた掃海艇はすぐに作ったものの、こちらはかなりゆっくりペースで製作していてようやく完成です(^^)/護衛艦「さざなみ」は「むらさめ」型汎用護衛艦の改良型の「たかなみ」型の4番艦として2005年に就役しました。「たかなみ」型護衛艦は前級の「むらさめ」型汎用護衛艦の改良型として、主砲を76ミリ速射砲からOTOメラーラ社製の127ミリ [続きを読む]
  • フジミの駆逐艦秋月を1944年時で製作
  • 2年前に製作したフジミの特シリーズ秋月です。キットでは竣工時ですが機銃増設後の1944年時で製作しています。フジミの秋月は秋月と照月の2隻セットとなっています。とても精密なキットですが、竣工時の秋月、照月としてしか作れずに他の年代への製作には改造が必要です。秋月型は他のメーカーからはアオシマとピットロードからも発売されています。両社ともバリエーション展開で前期型や後期型を作り分けれるようになっています。 [続きを読む]
  • 護衛艦しまかぜの見学に行ってきました。
  • 6月10日と11日に天保山に護衛艦しまかぜが来るという事で、父と息子と一緒にフネ好き3世代で見学に行ってきました(^^)/「しまかぜ」は「はたかぜ」型ミサイル護衛艦DDGの2番艦です。これの次の型が「こんごう」型となります。この艦も艦齢30年のベテランですが延命工事をしてあと5年は現役でいるようです。海上自衛隊の艦隊防空を目的としたミサイル護衛艦はDDGと呼ばれ海上自衛隊初のミサイル護衛艦はDDG16 [続きを読む]
  • フジミ 航空母艦翔鶴 マリアナ沖海戦時の製作
  • フジミの航空母艦翔鶴を最終時のマリアナ沖海戦で製作しました。2年前に製作した艦です。翔鶴は瑞鶴とともに③計画で建造され、開戦前に揃って竣工、猛訓練の末真珠湾攻撃にに間に合います。その後もラバウル攻略、蘭印攻略支援、ポートダーウイン攻撃、インド洋作戦などを転戦、空母部隊の集中運用で猛威を振るいました。その後、史上初の空母対空母の海戦、珊瑚海海戦に挑み、レキシントン撃沈ヨークタウン撃破の戦果を挙げます [続きを読む]
  • 鹵獲ホーネット改装 航空母艦 鳳鷹
  • 数年前に「もし米空母ホーネットが日本海軍に鹵獲されていたら・・・」と架空設定で作っていたのものです。当時タミヤのホーネットが模型屋さんで1200円のが売れ残っていたので(笑)ピットロードのキットだとこんな冒険はできません。史実の米空母ホーネットは南太平洋海戦で日本機動部隊の猛攻を受け多数の魚雷、爆弾が命中、航行不能になり、曳航作業が試みられるも断念されました。日本軍の第二艦隊が鹵獲を命じられるも、米駆逐 [続きを読む]
  • HGUC ゴッグの製作
  • HGUCのMSM−03 ゴッグです。HGUCの初期の頃に発売された古いキットですが、部品点数もそれほど多くなくて組みやすく、なおかつお値段が安いお買い得なキットです。ゴッグはジオン軍は初めて量産した水陸両用型のモビルスーツです。ぶ厚い装甲と強力なクローを持っており、さらに腹部にはメガ粒子砲も装備していますが、こちらは射界が狭い欠点があります。のちに登場したズゴックに比べ、陸上での稼働時間が短いなどもあ [続きを読む]
  • アオシマ 水上機母艦 日進IF改装1944年の製作
  • アオシマの水上機母艦 日進を、「もし1943年にブーゲンビル沖で沈まずに1944年の捷一号作戦まで残存していたら・・・で去年製作したものです。千代田と船体は共用で、バルジの削除が手間ですが、今までキットが無かった艦を発売していただいてありがたいです。日進は千歳型水上機母艦の準同型艦として③計画で建造されました。当初は高速敷設艦にも使用できるよう14?連装砲を3基装備しています。その後計画は改められ千代 [続きを読む]
  • フジミ 軽巡洋艦能代の製作③ リノリウム甲板と煙突
  • フジミの軽巡洋艦能代、前回までは船体の工作でしたが、今回はリノリウム甲板の塗装をしていきたいと思います。その前に、ちょっと艦橋の基部を作ってみました。スライド金型で側面のモールドも良い感じです。能代の甲板は先程の艦橋の基部も煙突も中央部の予備魚雷格納函など、ほとんど別パーツになっています。タミヤの阿賀野型は一体部品になっているのが多くて、甲板のマスキングが大変だった思い出があります。そこで、今回は [続きを読む]
  • フジミ 軽巡洋艦能代の製作② 船体の工作続き
  • フジミの軽巡洋艦能代の船体の固定が終わり、引き続き船体の工作を行っていきます。前回は船体を組み立て、反り防止用に石膏を流し込み、クランプで乾燥するまで固定していました。クランプを外すと、幸い船体の反りなどは無く、きれいに固定できました。フジミの特シリーズはフルハルモデルと共通のため、船底板がありません。このままだと、ちょっと喫水が深い感じですので、好みでプラ板を貼って嵩を上げます。駆逐艦は0.5? [続きを読む]
  • ザク・デザートタイプっぽい砂漠用ザクを製作
  • ザク・デザートタイプっぽい砂漠用ザク(?)を製作してみました(^^)/MSVのザク・デザートタイプとHGUCのガルマ専用ザクのニコイチで製作しています。MSVのデザートザクが再販された時、この箱絵がやたらとカッコいいので購入してみました。ネットでミキシングで作られているのを検索してみると、ガルマザクを使用している方が多いんですね。F2ザクとかでも可動範囲が広そうで良さそうでしたが、以下の点でガルマザク [続きを読む]
  • フジミ 軽巡洋艦能代の製作① 船体の工作
  • 夏にはようやくハセガワの夕雲型駆逐艦とタミヤの島風がリニューアルされますね。これで大戦後半の第二水雷戦隊をコレクションする事ができそうです(^^)そこで、駆逐艦たちの発売前にその第二水雷戦隊の旗艦を務めた軽巡洋艦能代を製作していこうと思います。一年半前に購入して、棚に積んでいたのを出してきました。キットは一番艦の阿賀野と能代のコンパチキットとなっております。昭和17年に就役した状態の阿賀野と大戦後半仕 [続きを読む]
  • 海上自衛隊 すがしま型掃海艇「のとじま」の製作
  • 昨年の夏に舞鶴の海上自衛隊サマーフェスタで見学した掃海艇「のとじま」をピットロードのすがしま型掃海艇から製作したものです。キットはピットロードのたかなみ型に付属していたものです。単品でも販売しているようです。キットはとてもオマケとは思えない良好な出来です。キットストレートに組んで旗竿と救命浮き輪を追加したぐらいです。小さいフネですが、実際に乗ってみたらけっこう大きく感じました。艦橋構造物の前には20 [続きを読む]
  • FG 量産型ザクを1個小隊で製作
  • FG (ファーストグレード)MS-06F ザクII F型 を製作しました。FG (ファーストグレード)は昔の旧ガンプラのテイストを今風の技術で復刻したシリーズです。旧キットのように成型色は1色なので塗装が必須になります。ポリキャップやポールジョイントも無いので、可動範囲はかなり狭いです。旧キットは接着剤が必要でしたが、FGはスナップフィットで接着剤いらずです。お値段は定価324円と、昔のキットと同じ値段で販売されていま [続きを読む]