ゆうすけ さん プロフィール

  •  
ゆうすけさん: 母が特養に入居できるまで
ハンドル名ゆうすけ さん
ブログタイトル母が特養に入居できるまで
ブログURLhttp://xn--v8jc1fbr0jydr774a5pu5p9a3lpbg3i.net/
サイト紹介文90歳間近の母が特養に入居できるまでの主に在宅介護について綴っていこうと思います。
自由文90歳間近の母が特養に入居できるまでの主に在宅介護について綴っていこうと思います。入居できるまでの豆知識なんかも書いていけたらと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供66回 / 99日(平均4.7回/週) - 参加 2017/03/22 17:58

ゆうすけ さんのブログ記事

  • 老人ホームを東京都で調べると、高価で質の高い施設がたくさん。
  • 今回は「東京都の老人ホーム」を探してみました。東京都はわが国で最も多くの人口を抱えているというだけのことはあって、老人ホームを含む施設や、店などを見てもやはり国内で最大規模となっています。そのため、いろいろな施設を見た上で利用する老人ホームを選べるわけですが、東京都の場合は料金が他の都道府県よりも多少高くなっているケースが多いようです。高級住宅街を抱える世田谷区といったほか、港区、目黒区や杉並区周 [続きを読む]
  • 老人ホームの種類はさまざま。症状にあった選択を。
  • 介護施設といえば真っ先に思い浮かぶのが老人ホームだという人も多いでしょう。しかし、実際には様々な種類の施設があるので、それぞれの特徴を知ったうえで条件や希望にあう施設を選ぶ必要があります。公共の老人ホームの特徴介護施設として代表的な公共の老人ホームには、特別養護老人ホームや介護老人保健施設などの種類があります。公共の施設ですので、費用の面での負担が少ないのが特徴の一つです。介護保険が利用でき、食費 [続きを読む]
  • 蕎麦が高血圧に効果的!?ルチンに血圧を下げる作用が。
  • 昨今ポリフェノールが健康にもたらす効果への注目が高まっているようですが、高血圧や脳血管疾患に有効だと言われているルチンもそんなポリフェノールの仲間に数えられます。ルチンはビタミンPと呼ばれることもありますが、これは水溶性ビタミンに似た作用があるためです。但し、ビタミンPにはルチン以外の成分も含んでいることと欠乏症が見られないことから、厳密な意味でのビタミン類には入らないので、ここでもルチンと呼ぶこと [続きを読む]
  • 社交ダンスで頭も身体もスッキリ。認知症予防に最適。
  • 私は最近まで社交ダンスは、趣味のような感覚で行っているものだと思っていましたが、実は非常に疲れるものであるということがテレビ番組を通じて分かったのです。社交ダンスは、音楽を聴くことと、踊ることの両方を同時に行っていくため、体と頭の双方を非常に使用するものとなっています。当然、社交ダンスは相手があってのものですから、相手との呼吸も重要です。社交ダンスは上記のような理由から、認知症の発症を防ぐ効果があ [続きを読む]
  • 終末期のひとつの選択肢。緩和ケアで安らかな最後を。
  • 緩和ケアとは、がんによる痛みを和らげるだけでなく、さらに不安や死への恐怖などもケアするものです。現在、日本の死因第1位は、悪性新生物。つまりがんによる死亡がダントツなんですね。およそ3人に1人ががんで亡くなる時代になりました。「がん」と聞くと、もう助からないというイメージが強く、ほんの一昔前までは、病名の告知すらしない時代でした。しかし現在では、がんは治る病気となり、きちんと病名を伝えられ、自分で治 [続きを読む]
  • 介護用品によって生活の質が変わる。最新のアイテムとは。
  • 介護用品は、日々進化を遂げていて、最新のものには、目を見張るものがたくさんあります。ここでは、2018年のCareTEXに出展された最新の車いすに関連した介護用品を紹介していきます。●車いす用ふわふわクッション 車いすに長時間座っていると、どうしてもお尻が痛くなってしまいます。そこで、車いす用のクッションがほしくなるのですが、こちらは、座面は特殊構造のクッションになっており、背面のクッションとサイドクッション [続きを読む]
  • 認知症ならグループホーム。専門施設だから心強い。
  • 私の友人の中にも親が認知症を発症している人がいて、老人ホームへ入居させることを決断した人が数名いらっしゃいます。車椅子なしでは生活を送れなくなることなども、当然家族側にとってはかなりの負担となってくるわけですが、認知症を発症してしまうと、このようなこととはまた違った負担が家族側にかかってくることとなるのです。家でお世話が困難となる例としては、「深夜に何回も目が覚めるようなことを行う」、「いつの間に [続きを読む]
  • ペットと暮らせる老人ホーム。増やすには課題が山積み。
  • 私は飼ってみたいぐらい動物好きですが、これまで飼うまでには至っておりません。私がペットを飼わないのは自分よりもペットが先に逝ってしまうからであり、ペットを亡くした時の喪失感を想像すると飼いたいという気持ちはあっても、なかなかその一歩を踏み出せないでいるのです。家族となった時から愛し続けたペットがいなくなることの非常につらい思いは、ペットを飼った経験がない場合でも想像できる人は多いことでしょう。同じ [続きを読む]
  • 介護用品はレンタルが一番。購入前に必ずチェックを。
  • 在宅で介護を行っている方は、こんなものがあれば楽なのに、などと思うことはありませんか?介護をアシストしてくれる用具はたくさんあります。しかし、それを全てそろえるには経済的にも大きな負担です。介護保険では、介護で利用できる福祉用具を借りることができます。介護保険は公的な保険であり、レンタル料は原則1割負担ですから、誰でも全て借りられるというわけではありません。レンタル品には要介護いくつ以上から、とか [続きを読む]
  • 老人ホームを志木で調べると、意外と人口密度が高いと判明。
  • いつものように老人ホーム検索サイトで、「志木の老人ホーム」をチェックしました。志木市は埼玉県の南側に位置するベッドタウンの代表とも言える都市となっていることから東京都方面に仕事場や学校がある人々が非常に多く暮らしています。もちろん、志木市民の中にはさいたま市内に仕事場や学校がある人もいらっしゃいます。志木市は面積が非常に小さい上、人口も少ない方ですが、住宅地や店舗などの数が多いこともあって人口密度 [続きを読む]
  • 高齢者は食事が重要。施設なら管理栄養士にお任せ。
  • 栄養士と管理栄養士はいずれも栄養に関するアドバイスを行うことを仕事としています。しかし、前者は病気を発症していない人のみを対象に栄養に関するアドバイスや、給食の献立を考えるといったことなどを行っており、後者は病気を発症していない人のみならず、病気を抱えてしまっている人へもそれらのことを行っているのです。また、介護施設といった給食の提供数が多くなるところ、あるいは、摂取できる栄養に制限がある人が存在 [続きを読む]
  • ペットの健康効果。コミュニケーションのきっかけにも。
  • 最近、ペットを飼うことによる健康効果が注目されるようになっています。ペットを飼っていると家族のように愛着が湧いてきて、寂しさを紛らわすことができたり、楽しみや幸せが増えたりするといいます。このようなペットの効果によって医療費を抑えることができると考えられているのです。実は、この医療費の抑制効果に関して研究に取り組んでいる大学もあります。また、高齢者施設においてもペットの効果が実証されているそうです [続きを読む]
  • 老人ホームを東京都でチェック。民間施設の多さが特徴。
  • 今回は「東京都の老人ホーム」を調べてみました。東京都は言わずと知れた日本の首都で、ありとあらゆる物が集中しています。人口は47都道府県唯一の1000万人超えで、実に日本の人口の10%以上を占めています。また国の主要機関、有名企業の本社や本店が立ち並ぶ都心部はまさにコンクリートジャングルそのもので、世界で最も大きな経済圏を持つ都市です。その為財政も豊かで収入の75%を地方税で賄えている事から、都道府県の中で唯 [続きを読む]
  • ドキドキ、ワクワクが効果的!-高齢者にはときめきを-
  • 高齢化社会の現代、毎日をいきいきと過ごしている人はどれだけいるでしょうか。昔の高齢者と言えば、のんびり毎日を過ごしたり、田舎では畑に出て作物を作るというのが一般的でした。しかし、最近の高齢者は医療も進歩し、元気な人がたくさんいます。趣味や習い事、お友達との時間を楽しんだり人それぞれです。そのひとつひとつを「ときめき」と呼べるのではないでしょうか。「ときめき」といえば誰かに心ひかれたりすることを思い [続きを読む]
  • 少子高齢化で若者介護者が急増。もっと相談窓口の設置を。
  • ヤングケアラーという言葉を耳にしたことはありますか?ヤングケアラーとは10〜20代という若い年代にも関わらず、家族の介護をしている人たちのことを指します。2013年に行われた調査によると15〜29歳で介護をしているヤングケアラーは全国で17万人以上いるそうです。それだけの数のヤングケアラーがいるとなると、身近にヤングケアラーの知り合いがいる方もいるかもしれませんね。今回はヤングケアラーの抱える問題について取り上 [続きを読む]
  • 老人ホームを太田で検索。認知症のサポート体制が本格的。
  • いつものように老人ホーム検索サイトで「太田の老人ホーム」をチェックしました。かつては宿場町であった群馬県太田市も、20世紀以降は、富士重工業の営業拠点となったことをきっかけに、現在は、企業城下町という位置付けとなっており、人口も高崎市、前橋市の次に人口の多い都市となっています。太田市は北関東においては工業が盛んな都市として有名ですが、その一方で農業が盛んな地域も存在し、温泉を楽しむために訪れる人もい [続きを読む]
  • 腎臓の機能を助ける人工透析。要介護だと大変過ぎる現実。
  • 人工透析という言葉を聞いたことはありますか?母の友だちがとうとう統制が必要な体になってしまい、母も随分と心配しているようです。人のことより、もっと自分の心配をしてくれというのが、息子としての本音なんですが(笑)。人工透析ですが、腎臓は、血液中から大量の水分をこしとって、血液を調整しつつ、いらないもの(老廃物)を尿中に排出してくれています。また、血圧や貧血に関わるホルモンを分泌しているので、身体全体 [続きを読む]
  • びっくりするほど安い! なかにはそんな老人ホームも。
  • 老人ホームは費用が高いものだというイメージを持っている方が大半かと思います。その認識は間違いではなく、入居費用は高額なところが多いですし、月額の利用料金も安いところで10万円前後と長期間入居することでかかる費用はかなりの負担になります。月額10万円としても1年間で120万円かかりますから、それ以外にかかる費用はできるだけ抑えたいのが皆さんの本音でしょう。入居費用や月額利用料金を含む施設利用の費用には頭を抱 [続きを読む]
  • 老人ホームを長崎でチェック。島には施設がないことが判明。
  • いつものように老人ホーム検索サイトで、「長崎の老人ホーム」を調べてみました。九州地方はトータル的に老人ホームの数が多く、長崎県の場合も老人ホームの数が多くなっています。具体的な数値をご紹介すると、65歳以上の人10万人に対する老人ホーム数が指標値より10カ所以上も多い59.7カ所となっているのです。しかし、これは逆に高齢化が早いペースで進んでいることも示しています。2011年の時点で長崎県にはおよそ114万人が暮 [続きを読む]
  • オリーブがもつパワー。高齢者は是非とも摂取を。
  • 最近、話題のオリーブオイル。健康に良いということで、食事の中に取り入れる人が増えてきました。その元となるのが「オリーブ」です。旧約聖書にも登場する様に、オリーブと人との関わりは非常に長い歴史があります。私たち日本人の場合は実を食べると言うよりは、オリーブオイルとして摂取する場合が多いですね。オリーブオイルは「飲む黄金」とまで言われる様に、効果・効能が詰まっているのは確かですが、油で有る事に変わりは [続きを読む]
  • パンフレットに騙されない! 介護施設の機能訓練室とは。
  • 入居者集めのためなのか、老人ホームのパンフレットの中には粉飾としか思えない記述や誇大な表現が含まれていることがあります。機能訓練室をアピールしていることなどもそんな例の一つでしょう。「機能訓練室」の実態機能訓練室があると紹介されていても、それがどの程度のレベルのものであるかは、施設によって違います。中には本格的な設備を備えた老人ホームもありますが、共用設備やレジャー設備若しくは食堂などの片隅に鉄棒 [続きを読む]