髭のおじちゃん初心者鉄日記 さん プロフィール

  •  
髭のおじちゃん初心者鉄日記さん: 髭のおじちゃん初心者鉄日記
ハンドル名髭のおじちゃん初心者鉄日記 さん
ブログタイトル髭のおじちゃん初心者鉄日記
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/ikehata0015
サイト紹介文今年、鉄に目覚めました 鉄道に関連した日々の出来事と、映画・読んだ本のお話
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供197回 / 124日(平均11.1回/週) - 参加 2017/03/22 21:22

髭のおじちゃん初心者鉄日記 さんのブログ記事

  • 牛味わい ステーキとしぐれ煮弁当
  • 帰宅時に駅中のスーパーで駅弁が半額で売っていたので購入してみた牛味わい ステーキとしぐれ煮弁当福井県の弁当らしい半額で600円 ということは本当なら1200円か中を見てみると牛肉に特化した弁当だと分かる厚焼き玉子はぶ厚くて美味かった飯の上には下三分の一が牛ステーキ、上三分の二には牛肉のしぐれ煮が載っている肉をめくってみると思いのほか飯は少ない飯っ食いの自分にとっては少々残念であるそのぶん肉が多いというこ [続きを読む]
  • のと鉄道NT200形気動車
  • のと鉄道NT200形気動車は、2005年(平成16年)3月に4両、同年10月に3両、計7両が製造されたのと鉄道の気動車こちらが「永井豪キャラクター」ラッピング列車 車体側面にはマジンガーZが描かれている 2017年3月撮影(以下同)2012年(平成24年)3月10日より運行中もう片方にはキューティーハニーが描かれている世代的にはど真ん中の自分にとっては嬉しいラッピングだただし、欠点もある車内から見たラッピング景色がよく見えないのだ [続きを読む]
  • 七尾駅 のと鉄道
  • 今年三月、のと鉄道の終点穴水駅を目指すため金沢駅から電車に乗った乗ったのはクモハ415形 日本国有鉄道(国鉄)が設計・製造した交直流両用近郊形電車車内はわりとゴージャスこれに乗ってまずは七尾駅に向かうのだが路線の区分が面倒くさい金沢から津幡までがIRいしかわ鉄道線、そこから七尾駅を過ぎて和倉温泉までがJR西日本の七尾線、その先穴水にはのと鉄道と三つの鉄道会社の路線を通過してゆく国鉄民営化にともなって、な [続きを読む]
  • 箱根そば本陣 小田急新宿駅改札外地下コンコース
  • わりと美味いとの評判を聞いてやって来たのは小田急新宿駅の箱根そば本陣小田急の改札を出ですぐの所にある確かにどれも美味そうだ目に止まったのはポースターに描かれていた一品セミドライトマトと豚肉のかき揚げ天セミドライのトマトとは何ぞや、ということで注文してみた店の様子はこんな感じ 基本立ち食いだが奥の方に三人分くらいの椅子席があるこれがセミドライトマトと豚肉のかき揚げ天 580円かき揚げが感動的なくらいに [続きを読む]
  • 西武鉄道30000系のブレーキハンドル 続報
  • 以前に記事にした30000系のブレーキハンドル本来この車両には必要ないものだが、運転士が別な車両に乗り換える際に、その車両ではブレーキハンドルが必要な場合があるだから運転士はこのハンドルを持ち歩いている20000系や30000系の場合は必要ないブレーキハンドルはこうしてボックスの中に置かれているある日のこと前面展望をしているときに上石神井で運転士の交代があったその時、降りた運転手はブレーキハンドルをこの場に置い [続きを読む]
  • りゅうおうのおしごと! アニメ化決定記念
  • 最初に断っておくが自分がこの作品のスタッフになったわけではない純粋にファンとしての記事である『りゅうおうのおしごと!』は、白鳥士郎による日本のライトノベルでイラストはしらびが担当し、GA文庫(SBクリエイティブ)より2015年9月から刊行されているそれがとうとうアニメ化されることになったあらすじはウィキさんを丸パクリさせてもらう16歳の若さで、棋界の二大タイトルの一つである「竜王」を奪取したものの、その後大 [続きを読む]
  • 西武新宿線 野方-中井間の徐行運転
  • 地下化工事が進む西武新宿線の野方-中井間沼袋駅と新井薬師前駅は地下駅となる 西武鉄道ホームページより西武鉄道のホームページによれば本事業は、東京都が事業主体となり、中野区と西武鉄道が連携して、西武鉄道新宿線の中井駅付近から野方駅付近までの約2.4kmについて鉄道を地下化し、道路と鉄道を連続的に立体交差化するものです。この事業により、7ヵ所の踏切を除却し、交通渋滞が解消しますとのこと地下化する沼袋駅同じく [続きを読む]
  • 新和そば (新宿駅西口)京王新宿線改札外
  • 京王線新宿駅の京王百貨店口前にある新和そば自分が東京に住むようになったのが1979年で、その時にはもうこの店があった気がする記憶があやふやですまん最近は駅そばを注文するときには店のポスターを見て、でかでかとお勧めしてくる物を注文することにしている今日はぶっかけおろし冷やしそば 480円麺・味・量共に普通だが、大根おろしが効いて実にあっさりとした食感で、あっという間に汁までたいらげた夏はこういうのがいいよ [続きを読む]
  • 野町駅 北陸鉄道石川線
  • 鶴来駅から三十分少々で終点の野町駅に到着 2017年3月撮影(以下同)駅は1922年(大正11年)に開業1987年(昭和62年)に電車とバスの乗り継ぎの利便向上のため、駅舎が改築されたそうだ金沢中心に近いためか、鶴来駅よりは賑わっているかんじがする駅正面には銭湯があったが、先を急ぐので浸かっている余裕はないこちらが終点第4種車止めだ角度を変えてもう一枚駅は頭端式ホーム2面2線を有するが、現在は2番線は利用されておらず、2 [続きを読む]
  • 鶴来駅 北陸鉄道石川線
  • 北陸鉄道石川線の終点が鶴来駅鶴来と書いて「つるぎ」と読む 2017年3月撮影(以下同)一日平均条項人数は2006年度(平成18年度)755人かつてはここから能美線(のみせん)が出ていたが、1980年(昭和55年)9月14日に全線が廃止されたもう少し早く鉄に目覚めていれば乗れたかもしれない残念である線路は途中まで残っており画面奥の鶴来駅から手前の南西方向に延びていたかなり先までありそうだったので、線路の終わりを見るのはあき [続きを読む]
  • 新西金沢駅 北陸鉄道石川線
  • 北陸鉄道石川線に乗るために金沢駅から西金沢駅へ移動乗ったのはJR西日本521系電車 2017年3月撮影(以下同)西金沢駅に留置されていた7624モーターカー保線関係車両で冬季のため両端に除雪装置を取り付けている西金沢駅から徒歩一分ほどで北陸鉄道石川線の新西金沢駅に到着新西金沢駅は1915年(大正4年)に石川鉄道の新野々市駅として開業1923年(大正12年に金沢電気軌道が石川鉄道を買収し、同軌道の駅となり、1926年(大正15年) [続きを読む]
  • 大雨・洪水警報の中を走行する西武30000系
  • いやー今日の武蔵野地区はすごい大雨が降りました西武拝島線では落雷のため信号機が故障して一時運転を見合わせるといった事態になりました他の路線でも電車が一時的にストップした所が多かったようですね今回、偶然前面展望動画を撮影しておりまして、それをアップします花小金井では落雷を撮影小平の手前から、だんだんと雨が激しくなってきました東村山のあたりが豪雨で前面展望がえらいことに動画ではそれほど激しい雨には見え [続きを読む]
  • いろり庵きらく 高田馬場店 JR山手線高田馬場駅
  • お暑い日が続いております皆さんお元気でしょうか今回はJR高田馬場(たかだのばば)駅の「いろり庵きらく」です改札内コンコースにあるこのお店のメニューはこちら横のポスターにおすすめがあったので、これに決めた暑い日には冷やし系がよいなというわけで注文したのが「いかと長ネギの冷やしかき揚げそば」 490円きらくのそばは、駅そば特有のフニャフニャ感がなくコシがあるので好きだかき揚げもさっくりとしていい感じ暑いとき [続きを読む]
  • 終点 北陸鉄道浅野川線 北鉄金沢駅
  • 北陸鉄道浅野川線の始発駅が北鉄金沢駅 2017年3月撮影(以下注釈がなければ同月撮影)画面左上のでかい建物が金沢駅 右側の道路を挟んで画面中央の屋根が黒い小さな建物が北鉄金沢駅 GoogleマップよりキャプちなみにこちらがJR金沢駅北陸新幹線が開通し、やたらとにぎわっているさすが新幹線であるさて戻って北鉄金沢駅 浅野川線は営業キ6.8km 駅数12の小さな路線だ時刻表を見ると1時間に二・三本の電車が走っているので廃線寸 [続きを読む]
  • 終点 北陸鉄道浅野川線 内灘駅
  • 内灘駅(うちなだえき)は、石川県北陸鉄道浅野川線の駅で、同線の終点 2017年3月撮影北陸鉄道は以下の二線を有している緑 石川線(金沢市・野町駅 - 白山市・鶴来駅)赤 浅野川線(金沢市・北鉄金沢駅 - 内灘町・内灘駅)2つの路線は離れているが、長い年月をかけた統廃合の結果こうなったらしい鉄道の経営は大変なのだろう車両から見た終点でかいコンクリートプロックに緩衝機さて、これは第何種車止めになるのだろうか よく [続きを読む]
  • 熱海そば JR東海道線熱海駅
  • 東海道線の前面展望を楽しんだ帰り、上りの4・5番ホームにあった熱海そばに立ち寄ってみた隣の駅弁屋とは中でつながっている店内はこんな感じ小腹が空いていたので、軽く行こうということで、注文したのはかけそば 290円立ち食いそばらしいそば汁は甘め、麺は味・量共に普通汁まで完食しましたにほんブログ村鉄道ランキング [続きを読む]
  • JR神田駅の波打つ手すり
  • 京浜東北線・山手線ホームで変わった階段の手すりをみつけた3・4番線ホーム北端に上る階段がある 画面中央がその階段この階段の手すりが波打っているのだそのアップ踊り場では直線になっているホームから見た階段と手すり使用感は、握る部分がすぐに曲線部分になるので、下りではなんだか気持ち悪いでは上りはというと、下りよりはゆっくりと移動するのでそれほど気にならなかったこれ誰が考えたのだろう果たしてその効能は?にほ [続きを読む]
  • 八高線拝島駅の昇降式ホーム柵
  • 最近設置が進んでいるホームドアその簡易版みたいのを拝島駅でみつけたそれがこの画像黄色いバーが乗客と線路を隔てているちなみにバーの間からカメラを突っ込んで奥の電車を撮影しようとしたら、自動音声の女性に「危険です離れてください。危険です離れてください。危険です離れてください」みたいなことを連呼されてビックリするとともに、少し恥ずかしい思いをしたぞこれは昇降式ホーム柵というもので、拝島駅では八高線のホー [続きを読む]
  • 弥生軒5号店 常磐線我孫子駅上り線ホーム
  • 駅そば界では超有名な弥生軒に行ってきた店構えは小ぢんまりとしたものだが、客はひっきりなしにやって来る下り線ホームにも同じ弥生軒があり、店内に入れない客が表でどんぶりを持って立ち食いしているほどだその人気の秘密とはこれだ唐揚そば(唐揚2個)540円唐揚でそばが見えん鳥の唐揚はおおよそ拳大でボリューム満点だ唐揚を箸でつまもうとしてもその重さに愕然とするいやマジで唐揚一個なら400円麺は普通で汁はけっこうしょっ [続きを読む]
  • 終点 掛川駅 天竜浜名湖鉄道天竜浜名湖線
  • 終点は第一種車止め天竜浜名湖線は旧国鉄の特定地方交通線(二俣線)を引き継いだ路線で、掛川 - 豊橋間の北回りバイパス線ともなっている元々は旧国鉄なのでJR線と線路が繋がっており、甲種車両(新型車両)の引渡しが行われるほか、検測車が天竜浜名湖線に入線する際も当駅を経由するそうな出口の改札は小ぢんまりとしている駅舎も小ぶりでなんとなく可愛らしい向かって左隣にJRの北口駅舎があるこの駅舎ができたのは1940年(昭 [続きを読む]
  • 天竜浜名湖鉄道を撮る
  • ビデオカメラの画像 スタートの新所原いろいろとアングルを調整して、見た目に近い斜め40度くらいにカメラを設定まあこんなもんだろいよいよ終点の掛川目指して出発だしかし思わぬ大敵がこの角度だと画面が暗いとガラスの映り込みを拾ってしまうのだしょうがないのでガラスに対して直角にカメラを据え直したまあこれならいいだろうしばらくして浜名湖が見えてきた奥浜名湖駅のあたりから浜名湖らしい風景が続くしかしここで問題が [続きを読む]
  • 天竜浜名湖鉄道に乗る
  • 左の小さな渋い建物が天竜浜名湖鉄道新所原駅 右の立派なビルが同JR駅天龍浜名湖駅前は6月初旬時点では工事中だった6月末までの工事のはずなので、現在は終了しているはずというわけで今回は脇の入口から入ったうなぎの駅弁を売っていたさすが浜名湖であるしかし今回はすでに予算不足である涙をのんで見送った乗ったのはこちらTH2100形2001年(平成13年)に登場したディーゼル車車内はローカル線らしいクロスシート車両前部前面展 [続きを読む]
  • 天竜浜名湖鉄道へ
  • 遠州鉄道を乗り潰し・降り潰したところで一休みして浜松駅から新所原駅へと向かうことにした浜松駅この辺りでは他の追従を許さない立派な大都市だ体感では静岡市より大きいのではないかと思い調べてみたら面積と人口は浜松市が静岡県最大なんだそうだ浜松市が人口795,646人静岡市が人口699,599人と浜松市が10万人近く上回っているすごいな浜松乗った電車はJR東海311系電車1989年から翌1990年にかけて製造されたJR東海の新快速用車 [続きを読む]
  • 駅弁 ぐんまの郷
  • 高崎駅にて購入改札を出て右に駅弁屋がある 閉店間際で種類の少なくなった中から選んだのは「ぐんまの郷」 税込1200円蓋を開けると小洒落た感じに仕切られている包装紙に書いてあったお品書きは一、ギンヒカリの幽庵焼きニ、赤城鶏ハーブチキンのマリネ三、群馬県産牛のすきやき風四、南瓜の豚そぼろあんかけカレー風味五、茄子とズッキーニの揚げ田楽六、キャベツのピクルス七、梅ごはん八、舞茸ご飯九、は白米だろう駅弁名の副 [続きを読む]