finance-lite.com さん プロフィール

  •  
finance-lite.comさん: ファイナンシャルスターLite
ハンドル名finance-lite.com さん
ブログタイトルファイナンシャルスターLite
ブログURLhttp://www.finance-lite.com
サイト紹介文ハイレベル金融サイト「ファイナンシャルスター」の関連サイト。金融・経済等について幅広く掲載。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供122回 / 149日(平均5.7回/週) - 参加 2017/03/22 21:35

finance-lite.com さんのブログ記事

  • 自動車株の長期投資はハイリスク
  • 国内自動車メーカーの株式バリュエーション(2017/8/9)トヨタ(7203)PER11倍、PBR1.03倍、配当利回り3.4%、時価総額20.3兆円日産(7201)PER8倍、PBR0.86倍、配当利回り4.9%、時価総額4.6兆円ホンダ(7267)PER10倍、PBR0.73倍、配当利回り3.1%、時価総額5.5兆円スズキ(7269)PER17倍、PBR2.10倍、配当利回り0.78%、時価総額2.7兆円マツダ(7261)PER10倍、PBR0.93倍、配当利回り2.1%、時価総額1.0兆円三菱自動車(7211)PER17倍、PBR1.67倍 [続きを読む]
  • スーパー金融マンになれるかクイズ(為替編)
  • 今回は為替に関連したクイズです。米ドルをはじめ主要通貨に関連する知識は金融マンとしては最低限必要です。3問中最低2問正解できればまずまずといえます。いずれも実際の営業に役立つ内容ばかりですので分からない点は復習しておきましよう。①米ドル建て10年債に投資、「利回り5%、1ドル= 120円」「利回り2.5%、1ドル= 100円」、損益分岐点で比較した場合どちらが有利な条件か?(利回りは単利ベースで計算)解答:どちらも同じ [続きを読む]
  • スーパー金融マンになれるかクイズ(法人取引編)
  • 今回は法人に対する営業に関連したクイズです。法人顧客へのアプローチは個人とはかなり異なります。ただしスペシャリストがそれほどいないのでノウハウさえ吸収すれば非常にチャンスがあります。3問中最低2問正解できればまずまずといえます。いずれも実際の営業に役立つ内容ばかりですので分からない点は復習しておきましょう。①法人が日本株に投資する投信やETFを保有する場合、受取配当金の益金不算入は使えるか?解答:日本株 [続きを読む]
  • スーパー金融マンになれるかクイズ(富裕層向け税金・節税編)
  • 今回は富裕層営業に関連する税金・節税関連のクイズです。少し難しいかもしれません。3問中最低2問正解できればまずまずといえます。いずれも実際の営業に役立つ内容ばかりですので分からない点は復習しておきましょう。①株特外しを行う際、投信、ETF、J-REITはそれぞれ「株式等」に含まれるか含まれないか?解答:投信とETFは含まれない、J-REITは含まれる株特外しは企業オーナー向けの相続税対策で良く活用されます。資産管理会社な [続きを読む]
  • スーパー金融マンになれるかクイズ(債券編)
  • 今回は債券関連の少しマニアックな問題です。5問中最低3問は正解できないとスーパー金融マンとは言えません。マニアックと言っても営業で役に立つ内容ばかりです。言い換えると一流の金融マンと二流の金融マンの分かれ目になるような内容ですので、分からない点があれば復習しておきましょう。①金利上昇局面で有効な債券型投信を1つあげよ(商品名、債券種類いずれでもOK)解答例:バンクローン、短期ハイイールド債、債券ベアフ [続きを読む]
  • スーパー金融マンになれるかクイズ(リート編)
  • 今回はリート関連の少しマニアックな問題です。5問中最低3問は正解できないとスーパー金融マンとは言えません。マニアックと言っても営業で役に立つ内容ばかりです。言い換えると一流の金融マンと二流の金融マンの分かれ目になるような内容ですので分からない点があれば復習しておきましよう。①米国リートとJ-REIT、配当利回りが高いのはどちら?米国リートの配当利回り(ダウ・ジョーンズ米国不動産指数):4.05%J-REITの配当利回り [続きを読む]
  • ブラジルレアルを取り巻く環境は改善中 / 2017年7月
  • これまでも何度かブラジルレアルに関する記事を掲載しておりますが、今回は現状のアップデートをお送りします。2017年5月18日にテメル大統領の汚職疑惑が報じられ、回復基調であったブラジルレアルは大きく下落しました。1ドル=3.1レアルから1ドル= 3.4レアルまで下落しました。この時の記事とその後のフォロー記事はこちらですwww.finance-lite.com前回の記事からまだ20日しか経過していませんが、今のところブラジルを取り巻く環 [続きを読む]
  • 日本国債と円ヘッジ付き高格付け債券の投信をなぜ保有するのか
  • 「日本国債に投資する投信」と「世界の高格付け債券に投資し為替は円ヘッジする投信」「日本国債に投資する投信」や「世界の高格付け債券に投資し為替は円ヘッジする投信」は多くの商品が存在します。しかし、いろいろと考えてみたのですが今のマーケット環境でこれらを保有する意味を見つけることができませんでした。これらを保有している人は今後マーケットがどうなると想定しているのでしょうか?分析してみたいと思います。「 [続きを読む]
  • 3年目の金融庁森長官/証券・運用業界の再編が始まるか
  • 金融庁森長官がの3年目続投が決定しています。通常は2年以内ですので、ほぼ間違いなく最終年となります。森長官が就任して以降、特に証券・運用業界への締め付けが厳しくなっています。(もともと緩過ぎた業界なので、個人的にはこれ位がちょうどよいと思いますが)証券・運用関連で金融庁が求めている取組み顧客第一主義の徹底投信などの商品のコストを下げる投資家の拡大に努める顧客第一主義についてもう少し具体的に書くと分配型投 [続きを読む]
  • FRBのバランスシート縮小が完了するのは2024年7月までかかる?
  • FRBのバランスシート縮小が今年のいずれかのタイミングでスタートします。バランスシートの縮小ペースは既に発表されています。当初は毎月100億ドルの減少でスタートし、徐々にペースを上げ、最終的には毎月500億ドルずつ減少させていくスケジュールです。バランスシート縮小スケジュールの詳細はこちらを参照してくださいあまり報道されていませんがこのペースだとものすごく時間がかかると思いませんか?FRBのバランスシートは20 [続きを読む]
  • 小売り業界の売上減少と人件費増加
  • イオンリテール、イトーヨーカドーをはじめとするショッピングセンターや食品スーパー、一部コンビニの売上高が減少しています。逆に人件費は上昇しており2重苦となっています。ショッピングセンターが苦戦しているのはアマゾンなどEC躍進の影響が大きく、米国ではショッピングモールや百貨店の閉鎖が続いていることから日本でも当面、厳しい環境が続くと思われます。さらに食品スーパーや一部のコンビニが苦戦していることから、 [続きを読む]
  • 個別J-REITで高配当ポートフォリオを作成
  • 分配型投信からの資金流出が続いている影響もあり、J-REITはじり安が続いています。www.finance-lite.com東証リート指数は1660ポイント前後まで下落し、指数全体の時価総額加重平均利回りは4.1%となっています。個別銘柄をの利回りは時価総額1位の日本ビルファンドと2位のジャパンリアルエステイトの分配金利回りが共に3.1%と最も低くなっています。概ね時価総額の大きい銘柄の利回りが低く、時価総額が小さくなるにつれて高い利回 [続きを読む]
  • 新規株式公開(IPO)の配分は不公平
  • 日経新聞によると2017年1〜6月に新規上場した国内企業は39社で2015年の43社、2016年の40社に次ぐ多さだそうです。公開価格と初値を比較すると値上がりが35社、値下がりが4社です。値下がりした銘柄で大きくマイナスになったものはなく10%未満の下落です。値上がりした銘柄では4倍以上になったものもあり、21銘柄で2倍以上となっています。よって新規公開株は誰もが欲しがるプラチナチケットです。しかし一般の投資家がゲットする [続きを読む]
  • ブラジルレアルのリスク要因 / テメル大統領の汚職疑惑
  • ブラジルのテメル大統領汚職疑惑についてのフォロー記事です。前回、汚職疑惑が表面化した際の記事はこちらです。www.finance-lite.comテメル大統領の汚職疑惑が報じられた2017年5月18日は、ブラジルレアルは1日で1ドル=3.1レアルから1ドル= 3.4レアルまで下落しました。その後は1ドル=3.3レアル前後での推移となっており、様子見ムードとなっています。ただし終値ベースでは1ドル=3.3レアル前後であまり変化がないように見えますが [続きを読む]
  • ISM製造業景況指数は概ね堅調
  • 2017年6月のISM製造業景況指数は57.8と事前予想を大きく上回り、3年ぶりの高水準となりました。ISM製造業景況指数は米国景気の先行指標として注目されている指標であり、今回の数字はマーケットには概ねプラスの内容です。特に内訳をみると「生産」62.4 (前回57.1)、「新規受注」63.5 (前回59.5)が前回を大きく上回り、かつ60を超える高水準であることは米国製造業の力強さを裏付ける形となります。また、1年前は52ポイントで [続きを読む]