OMY さん プロフィール

  •  
OMYさん: 聴き比べ落語名作選
ハンドル名OMY さん
ブログタイトル聴き比べ落語名作選
ブログURLhttp://rakugo.ohmineya.com
サイト紹介文後世に残したい名人の落語を古今東西の大看板の映像・音声でたっぷり聴き比べ
自由文古典落語、新作落語・創作落語から、季節の落語、人情噺、滑稽噺、そして古き良き廓話やあまり高座ではかけられない艶笑落語・破礼噺(バレ噺)まで、古今東西の大看板の映像・音声で聴き比べています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供202回 / 86日(平均16.4回/週) - 参加 2017/03/22 21:58

OMY さんのブログ記事

  • 鍬潟(くわがた)〜桂文枝
  • 身の丈八尺の雷電と四尺足らずの鍬潟の取組 鍬潟(くわがた)〜桂文枝 丈が二尺足らずだがいたって相撲が好きな男。 暇な時には近所の子どもをつかまえては相撲を取っています。 女房に隣の甚兵衛さんが呼んでいたという言付けを聞い … Continue reading → [続きを読む]
  • 搗屋無間〜春風亭柳枝
  • 堅物の徳兵衛が丸山花魁の絵姿に恋煩い 搗屋無間〜春風亭柳枝 日本橋人形町の搗米屋 越前屋に十三年奉公している徳兵衛。 いたって堅物で道楽もなく、主人への預け金も十四、五両になっています。 その徳兵衛が寝込んでしまい、主人 … Continue reading → [続きを読む]
  • 辻八卦〜金原亭馬の助
  • 忠臣蔵五段目を語る客に 辻八卦〜金原亭馬の助 往来の辻占い。今日は師匠の十三回忌である。余興に当て物をしようと男を呼び止めます。 取り巻いていた男を呼んで、商売を当てよう「金物屋ではないですかな」と言うと当たっている。「 … Continue reading → [続きを読む]
  • 法華坊主〜桂米朝
  • 鶏の鳴き声が法華坊主と聞こえて 法華坊主〜桂米朝 法華宗の坊さん。村の若後家へ法要に再々出入りをしているうちに、割りない仲になります。 村の衆の目に付いてはいけないと世間が寝静まった頃に忍んでまいりまして、夜が明ける前に … Continue reading → [続きを読む]
  • 蚊いくさ〜三遊亭圓生
  • 蚊を追い出す方法とは 蚊いくさ〜三遊亭圓生 剣術に凝って仕事そっちのけで道場に通う八百屋の八五郎。 女房から子供が蚊に喰われてかわいそうだが蚊帳を質から出す金もない。剣術はもう少し暮らしが立つように仕事をしてからにしてく … Continue reading → [続きを読む]
  • 鯉船〜桂米朝
  • 町の幇間 髪結い磯七 鯉船〜桂米朝 回りの髪結い磯七。町内では便利屋、愛嬌者で世話好き。花代のかからない幇間のような男で町内では人気者です。 ある若旦那が東横堀に船を浮かべて網打ちに行こうというのを、磯七が橋の上から見付 … Continue reading → [続きを読む]
  • 盃の殿様〜三遊亭圓生
  • 吉原全盛の花扇に殿様は 盃の殿様〜三遊亭圓生 ある大名。江戸詰の際には毎日登城してはお詰めの場所で座布団も敷けず、お茶も弁当も自分でしなければならない。 お国へ帰れば今日は剣術の稽古、今日は馬術の稽古などと決まっています … Continue reading → [続きを読む]