経済データおたくの世迷言 by Research76ーグラ さん プロフィール

  •  
経済データおたくの世迷言 by Research76ーグラさん: 経済データおたくの世迷言 by Research76
ーグラ
ハンドル名経済データおたくの世迷言 by Research76ーグラ さん
ブログタイトル経済データおたくの世迷言 by Research76 ーグラ
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/sergiokodama
サイト紹介文経済動向・データを九星気学、そして独断と偏見で読み解きます。 統計やイベントに合わせて不定期に書い
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供61回 / 97日(平均4.4回/週) - 参加 2017/03/23 00:39

経済データおたくの世迷言 by Research76ーグラ さんのブログ記事

  • サウジのムハンマド氏が皇太子に昇格、今年は自重を
  • 安倍首相と気になる強硬路線サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン副皇太子・国防相が皇太子に昇格しました。サウジの脱石油路線への支援を求めるために昨年も来日しましたし、日本のアニメファンでもあるようです。日本にとって有難い存在に見えますが、ISやシリア内政などで混乱の渦中にある中東にとって、新たな波乱要因にならないかー不安もあります。ムハンマド氏の父上のサルマン国王は81歳と高齢ですので、今後のサウ [続きを読む]
  • 6月日銀短観DIは前期比小幅改善へ、景気拡大継続
  • 大企業製造業DIは生産統計と強い相関 7月3日に発表される6月日銀短観の大企業製造業DIは、3月のプラス12から小幅改善のプラス14程度を予想します。予想通りになれば、2015年6月のプラス15以来の高水準となります(T1参照)。これで2012年12月に始まった「アベノミクス景気」が少なくとも55カ月は継続していることが示唆されます。ということは、51カ月続いた「バブル景気」(1986年12月―1991年2月)を既に超えて、戦後2番目に長い [続きを読む]
  • 今年の運勢・安倍首相③:支持率は急落だが―
  • 政権長期化の鍵を握る?停滞運の5月を乗り切る 安倍内閣の支持率が急落しています。特に東京新聞のアンケートでは不支持率が77%と、支持率の5%を大きく上回ったとのことです。加計問題、テロ等準備罪の採決手法などが影響したと見られますが、東京都議会議員選挙への悪影響も懸念されます。野党はこれを足掛かりとして安倍内閣打倒を目指したいところでしょうが、九星気学から見ると、安倍首相は今回の危機を乗り越えたと言えそう [続きを読む]
  • 今年の運勢:ジャニーズ事務所、試練の時
  • 解散した伝説のアイドルグループジャニー喜多川氏、今年は健康面でも要注意ジャニーズ事務所で悲報が続いています。解散したアイドルグループ、スマップのメンバーだった稲垣吾郎氏、草彅剛氏、香取慎吾氏が揃って事務所を去ることが正式に発表されました。また昨日は、やはりスマップのメンバーだった木村拓哉氏が交通事故を起こしたことが報じられました。これまで事務所のドル箱だったスマップが今年に入って活動停止、そして3 [続きを読む]
  • 今年の運勢:復活、桂歌丸師匠
  • 今後、活躍の機会増えそう今年前半は入退院繰り返す落語会の顔、「笑点」の司会を長年にわたりつとめた桂歌丸師匠が昨日、高座に復帰、酸素チューブを付けながらも元気な姿をみせました。師匠は昨年5月に笑点の司会を勇退したのち、今年に入って入退院を繰り返しました。高齢もあり油断できませんが、九星気学のサイクルで見てみると、今後徐々に復活してきそうです。師匠は、カラ揚げを始めて食べた話などで聴衆を和ませる一方、 [続きを読む]
  • 今年の運勢:鹿取は復活、香取は退場
  • 今年一杯は「充電」を9年に1度の衰運の年解散したアイドルグループ、スマップのメンバーである香取慎吾氏が司会をつとめる「SmaSTATION!!」(スマステ)が9月一杯で終了することが決まりました。私くらいの年代の者にとってカトリと言えばプロ野球ピッチャーの鹿取義隆氏を思い浮かべたものですが、同氏が引退し、スマップの人気が上昇するにしたがってカトリは香取氏をさすようになってきました。ところが、ここにき [続きを読む]
  • 中国の第2四半期GDPは伸び率鈍化へ、持ち直し局面は終了
  • IMFは今期見通しを上方修正国際通貨基金(IMF)は先日、中国の今年の成長見通しをこれまでの6.6%から6.7%へ引き上げました。また中国の5月の鉱工業生産は前年比+6.5%となり、市場予想の+6.4%を上回りました。こうしたニュースに接し、中国経済復活を期待された方もいるかもしれません。しかし統計をより詳しくみてみると、7月中旬に発表予定の第2四半期GDPは、第1四半期よりも伸びが鈍化してGDP加速局面の終了が確認されることにな [続きを読む]
  • 今年の運勢:巨人軍、鹿取GM・石井社長で強力布陣に
  • 高橋監督を強力サポート来期優勝目指す人事を発表 読売巨人軍は、球団ワーストの13連敗を記録しましたが、今後を見越して、かつて巨人軍のピッチャーだった鹿取義隆氏をジェネラルマネージャー(GM)に、石井一夫氏を球団社長とする人事を発表しました。誰が決めたのか分かりませんが、今回の人事は来年、再来年に優勝を狙う巨人軍の運気を増強するものと言えます。以前書いたブログ「今年の運勢:巨人軍、来年優勝狙うなら高橋監 [続きを読む]
  • 今年の運勢:メイ首相、勝負は7月。続投ならその後安定へ
  • 7月を乗り切れば―強運の年なのだが― 英国総選挙でテリーザ・メイ首相率いる保守党は議席が過半数割れとなりました。高齢者の負担増加に言及したこと、またテロが頻発するなか、内相だった時代に警察官数を削減したこと等が足を引っ張ったようです。メイ首相は選挙後、早速続投を宣言、少数保守政党のDUPに働きかけ、閣外協力を模索しているようです。しかし選挙の敗北についての首相の責任を問う声が与党内でも強いうえに、側近 [続きを読む]
  • 今年の運勢:巨人軍、来年優勝狙うなら高橋監督続投を
  • 来期はどうなる?球団の連敗記録更新 高橋由伸監督率いるプロ野球の巨人軍が13連敗と、球団の連敗記録を更新しました。やっと長いトンネルを抜けて、休養に追い込まれる可能性は無くなったと言えそうです。しかし第1次の原監督時代の例をみれば、今期限りで高橋監督更迭という線も有り得るでしょう。ただ高橋監督の運気を見てみると、巨人軍が来年、再来年と優勝を目指す(当然のことでしょうが)ならば、同監督の続投が良策と言 [続きを読む]
  • 景気点検:薄れる円安の輸出押し上げ効果
  • 同じ為替水準でも黒字幅は以前の半分程度に 数日前の経済紙に、円相場と輸出との相関が薄まっているという記事がありました。メーカーの海外生産が大きく増えたために、円安の輸出押し上げ効果は限られるとのこと。この記事では、第一生命経済研究所が作成した円安と輸出の関係を示す弾性値が掲載されていたのですが、私のように頭のめぐりが悪い人間にとっては「弾性値」と言われてもピンときません。しかしながら、非常に興味深 [続きを読む]
  • 景気点検:見かけほど悪くなかったGDP確報、4-6月期に巻き返しも
  • GDPは大幅下方修正 1-3月期GDP確報(2次速報)は前期比プラス0.3%(年率プラス1.0%)となり、速報のプラス0.5%(同プラス2.2%)から大きく下方修正されました。数字だけからみると確かに良くありません。速報発表後に書いた「予想上回った第1四半期GDP、黒田日銀総裁もニンマリ」では、デフレ改善に大きな影響を持つGDPギャップは0.2-0.3ポイントほど改善する―と予想しました。しかしGDP伸び率が大きく下方修正されたので、実際 [続きを読む]
  • 日米金利差縮小で1ドル=110円割れ、円高は継続するのか?
  • 金価格とドルは明確な逆相関示す 本日の為替相場は1ドル=110円割れとなりました。2万円を超えていた日経平均も大台を割り込みました。株式市場、やはり円高には弱いですね。今年に入ってから、為替はドル安/円高方向で推移しています。日米金利差が縮小傾向にあることが大きな要因とみられます(C1参照)。昨年12月16日の日米の10年債の金利差は2.52ポイントでしたが、6月3日は2.12ポイントまで縮小しました。それにつれて米ドル [続きを読む]
  • 今年の運勢:稀勢の里、努力の花咲くが、来年は要注意
  • まずはケガの完治を強くなる男の目とは 大相撲5月場所は久しぶりの白鵬の優勝で幕を閉じました。久しぶりの日本人横綱ということで注目された稀勢の里は、ケガをおして出場していましたが、残念ながら中途休場となりました。稀勢の里は何度も綱取りに失敗、相当苦労して横綱となった人です。強い意志で糖尿病を克服して横綱になった親方(隆の里)の例があったからこそ頑張れたのかもしれません。ただ私は以前から「この人は必ず強 [続きを読む]
  • 今年の運勢:社長の強運で株価上昇、日本マクドナルド②
  • 社長も余裕の表情カサノバ社長の運気、昨年から改善へ 日本マクドナルドホールディングスの株価が大幅に上昇しています。2年続いた赤字からも脱却、今期は前期よりもさらに利益が上積みされる見通しです。サラ・カサノバ社長の強運が大きく影響していると見られます。カサノバ社長は1965年4月6日生まれですので、八白土星という星になります。同じ星にトヨタの豊田章男社長(1956年5月3日生まれ)や三菱東京UFJ銀行の三毛兼承新社 [続きを読む]
  • 今年の運勢:宮里藍ちゃん、引退早すぎ、来年は運勢好転へ
  • 遅咲きの星、カムバックあるか?衰運は来年節分までプロゴルファーの宮里藍氏が引退を表明しました。報道によれば、最近は中々優勝できず苦労していたようです。私はゴルフのことは良く知りませんが、そう言えば最近の女子ゴルフは韓国人選手の話題ばかりですね。大先輩の青木功氏も「「もったいないな。まだまだできると思う」と言っていますが、同感です。あまりに早い引退、本当に惜しい! というのは、彼女は1985年6月19日生 [続きを読む]
  • カール販売終了の衝撃
  • これはまずい! 明治がカールの販売を中部地方以東では終了するというニュースがありました。非常にショックです。最近は販売がピーク時の3分の1にまで落ち込んでいたとのこと。確かにコンビニでの扱いも減っていたようです。カールの発売は1968年、イザナギ景気と言われる高度成長期の真っ最中でした。私がまだ小学生の頃です。初めて食べた時は正直「ますい!」と感じ、しばらく食べることができませんでした。しかし、その後、 [続きを読む]
  • 社長の運勢:三菱東京UFJ三毛氏、今年・来年と強運
  • 三毛氏(右)と平野氏、相性は今一つ7月は要注意 三菱東京UFJ銀行の頭取に三毛兼承副頭取をあてる人事を発表しました。前任の小山田隆氏は1年あまりでの予想外の退任となり、市場では驚きを隠せないようです。三毛氏は1956年11月4日生まれですので、九星気学では八白土星という星になります。どちらかと言えば晩成型の星で、40歳を過ぎて力を発揮してきますので、60歳を過ぎてもまだ余力を十分残しているはずです。このブログで取 [続きを読む]
  • 人民元にとって代わるか、ビットコイン?
  • 人民元は一流の通貨? 「ビットコインが人民元にとって代わる―」。衝撃的な見出しで驚かれたかもしれません。「荒唐無稽」「まさか!」というのが日本の多くの方の反応だろうと想像されます。人民元と言えば、10億人を超える人口を擁し、米国に次ぐ世界第2位のGDPを誇る大国、中国の通貨です。また昨年には、米ドル、ユーロ、英ポンド、日本円に次ぎ、IMFの特別引出権(SDR)の構成通貨となりました。多くの日本人にとっては「 [続きを読む]
  • 今年の運勢・トランプ米大統領③:勝負は6月
  • 7月には再び笑えるか?ニクソン元大統領の二の舞も3月に配信した「今年の運勢・トランプ米大統領②:4-6月は運勢に陰りも」でも予想しましたが、トランプ米国大統領、経済だけでなく「ロシアゲート」など政治問題でも相当苦戦しているようです。そのために減税、インフラ投資などの経済対策が遅れ、株価も為替も不安定な状況になっています。以前のブログでも、トランプ米大統領の今年の運勢について、年全体を通してみれば非常に [続きを読む]
  • 予想上回った第1四半期GDP、黒田日銀総裁もニンマリ?
  • ゼロに近づくGDPギャップ本日発表された第1四半期の実質GDP速報値は前期比年率で+2.2%(前期比+0.5%)となり、市場予想(プラス1.9%程度)を上回りました。脱デフレへ歩を進めたい日銀の黒田総裁もニンマリしているのではないでしょうか。「GDPギャップは5四半期連続縮小へ、脱デフレへ漸進」でも指摘しましたが、GDP成長率が潜在成長率を上回った場合、GDPギャップのマイナス幅が縮小、あるいはプラス幅が拡大します。このGDPギャ [続きを読む]