moka さん プロフィール

  •  
mokaさん: ひまわり
ハンドル名moka さん
ブログタイトルひまわり
ブログURLhttp://hi2768.blog.fc2.com/
サイト紹介文本当に子供のためになる育児、美容のこと、暮らし方など。本質を大事にして、賢く、楽しく、幸せに。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供26回 / 37日(平均4.9回/週) - 参加 2017/03/23 04:47

moka さんのブログ記事

  • 2歳児に必要なのは、「みんなと一緒にできること」なのか?
  • 今日は保健所の幼児教室に行ってきました。2歳過ぎても全く言葉が出ない息子、保健所としては「要チェック」なんでしょうね。発達のための教室に通うように言われてまして、、うちは言葉の遅れ以外には特に問題もなく、比較的育てやすい子です。おとなしいし。でも、人見知り、場所見知りが激しく、ああいう、知らない人ばっかりの状況だと見事に固まってしまいます(笑)先生が何を言ってもやらないし、話しかけられても反応しない [続きを読む]
  • 言葉が出ない2歳の息子、理由は私の接し方?
  • 前にも書きましたが、うちの息子は2歳を過ぎても一つも言葉がでません。→以前の記事マイペースな子ですし、基本的には自然に任せているんですが、最近、どうも私の接し方が言葉がでない原因のひとつになっている気がしてます。息子が性格的に大人しくてあんまり主張しないタイプっていうのも確かに原因だと思いますが、加えて「話さなくても困らない環境」を作ってしまっていたかもしれない…と気づきました。例えば、「んー!」 [続きを読む]
  • 他人が見てる自分は別人!?照明環境の違いは想像以上です。
  • ショッピングセンターのトイレ、煌々と照らす蛍光灯の下。良く晴れた日の車のバックミラー。いつもメイクをする鏡台や洗面台以外の場所で鏡に映る自分に、「!!?」ってなることありませんか?私はあります。というか、そのことが分かってるので外で鏡を見るときは、恐る恐る…になってしまいます。特にショックなのが、思ってる以上のシミの多さ、そして髪のくすみ、加えて白髪の発見(涙)うちはマンションの中部屋なんで余計にだ [続きを読む]
  • 「もっと子供と遊んであげなきゃ」と罪悪感を抱いていた私の、打開策
  • 今日、なぜかふと思いつき、始めたこと。それが、「遊びの会」の発足!「会」といっても、ただ単に休日に家族で何かして遊ぼう!というだけのことなんですけどね^^今までずっと、「もっと子供と遊んであげなきゃいけないんだけど…」と思いながら、自分の用事や一人の時間を優先したり、なんとなくダラダラしてしまったり、テレビを見ている子供をつい放っておいてしまったり(そんなに長時間ではないですが)、あまり子供が充実 [続きを読む]
  • 平凡であることの価値と幸せ
  • 前回の記事で、「図書館の人になりたい」という娘の話を書きました。「職業」ってことに関連して、もうちょっと書きたいと思います。子供の夢の話を続けると、例えば、「プロ野球選手!」とか、「ピアニスト!」とか、「宇宙飛行士!」とか、「社長!」とか、そういう夢を語られると、大人は「おお〜!!すごいね!がんばれ!」っていう反応をします。他にも、「青年海外協力隊に入りたい!」とか、「けん玉名人になりたい!」みた [続きを読む]
  • 子供の「将来の夢」の裏にある意味
  • 小学校3年生になる娘の、「なりたい職業」は、「図書館の人」です。その理由が、「本が大好きだから!」ならいいのですが、「ピッピッってするの楽しそうだから。」です…。「レジの人は嫌なの?」と聞くと、「だってレジの人は立ってやらなきゃいけないから…」だそうです(笑)3年生の夢なんて、これからどうなるかわかりません。が、座って「ピッピッ」がやりたいがために、図書館の人…。親としては何とも微妙な気持ちになりま [続きを読む]
  • 動物園で雨に降られたって、いいじゃない?
  • やっと暖かくなってきたものの、何だか不安定な天気が続いています。桜も咲いたかと思ったら、雨、雨、雨…。なかなかお花見日和にはならず…、このまま桜が散ってしまうとしたら、ちょっと残念ですね。でも、この「雨だから楽しめない、残念…。」という感覚、実は結構大人の都合というか、ただの思い込みというか、子供には通用しないものなんだなぁと、思いました。先週、「動物園に行きたい!」と言う娘。天気は曇りのち雨。夕 [続きを読む]
  • なんだかんだ言って、「美しさ」は女の欲であり、競争だと思う。
  • 「キレイになりたい」というのはいつの時代も多くの女性の願望です。でも、「じゃあどうしてキレイになりたいの?」と聞かれたら、どう答えますか?恋愛真っ只中の女の子なら、「好きな人を振り向かせるため」「彼氏が欲しいから」っていう女心もあるでしょう。でも、30代以降の、既婚女性の場合は?多分、「旦那さまに褒めて欲しいから」「キレイな奥さんになって、喜ばせたいから」っていう人、、そんなにいないと思います。男 [続きを読む]
  • 喜びに繋がる「好きなこと」、その場限りの「好きなこと」
  • 回の続きです。この本に、すごく子供のためになる育児法が書かれてますってことを前回書きました。で、その中でも、子供だけじゃなく私自身が影響を受けたことがあります。それは、「楽しみ」、「好きなこと」について。例えば子供なら、最新のおもちゃを買ってもらえたり、遊園地に連れていくとすごく喜びますよね。これはもちろん子供の願望であり、「楽しいこと」でもあります。が、そういう類の「楽しみ」は、結果的には子供の [続きを読む]
  • 安くなっても、やっぱりいらない、スマホ。
  • 以前も書いたと思いますが、私は未だにガラケーを使っています。理由は単純、「なくても困らないから。」もちろん料金の問題もあります。要は費用対効果で、「高い料金を払ってまで欲しいと思わない」ということです。ところが、、最近、予想通りスマホの料金がかなり下がってきました。格安スマホにするのはアドレスが変わるのが面倒なので考えてませんでしたが、大手もかなり安くなってきました。ガラケーと変わらないくらい。し [続きを読む]
  • 幸せな子に育てるために、お金も手間もかからない方法。
  • いよいよ春ですねー。待ちに待ったぽかぽか日和^^今週は一気に桜も咲くでしょう♪さて今日は、「幸せな子に育てる方法」です。本当に最近思うのですが、結局子供というのは、「幸せ」になってくれるのが一番です。優秀な子というのは、確かに鼻が高いのかもしれませんが、親がそれを求めて子育てをすると、失敗することが多い。「何だか知らないけど、お勉強ができる子になったわ〜」ならいいのですが、「お勉強ができる子になっ [続きを読む]
  • 「男の子なら50%の確率で色覚障害」、をどう捉えるか 
  • 2歳になるうちの息子。実は色覚障害を持っているかもしれません。色覚障害とは、以前は色盲と呼ばれていた、「色の見え方が普通と違う」というもの。色弱ともいいます。かなりの個人差がありますが、重度の場合はほとんど色の識別ができないそうです。(そこまでの人は滅多にいませんが)。軽度であっても、信号機や地図、配線など、日常生活でも困ることが結構あります。この障害は遺伝性のもので、確か中学の理科で習った「劣性 [続きを読む]
  • 生理で塊のような血液が…実家暮らしは要注意ですね。
  • 春休みに入って早速実家へ帰省してきました。昨日自宅に戻り、久しぶりの更新です。今回の帰省では、ちょっとびっくりな気づきが…。生理のことです。私は生理前の肌荒れや生理痛は多少あるものの、大したトラブルもなく過ごしてきました。が、ちょっと気になっていたのが、生理のときの血液のこと。健康・美容系の情報でも、私の好きな東洋医学方面の情報でも、生理の血液の状態は、色が鮮やかでサラサラがいい!と聞きます。特に [続きを読む]
  • わがままにも、ネガティブにもならない叱り方
  • 昨日は、人見知りな子の接し方について書きました。どういうタイプの子でも同じ、基本は「子供を否定しないこと」です。でも、そういう風に言うと、「じゃあ、一切怒らなくていいの?」って思う方もいるかと思います。悪いことをしても、身の回りのことをちゃんとできなくても、いつも笑って許してたら、そのまま「悪い子」「できない子」になってしまいそうで心配ですよね。私は「怒る」ということはほとんどありませんでしたが、 [続きを読む]
  • 「人見知りな子」を心配するお母さんへ
  • 今日は子育てについての私の体験談です。うちの娘は小さい頃人見知りが激しくて大変でした。知らない人にはなつかないどころか大泣き。自分のお父さんでさえ、数日離れて久しぶりに会うと、まるで他人を見るように、私の陰に隠れてました。ちょっと活発な男の子がいると、ビクビクして私にしがみついてましたし、他の子に「かして」とか「ごめんね」なんて全く言えませんでした。それが幼稚園に入る前くらいまでのこと。言葉も遅め [続きを読む]
  • 髪が潤う!トリートメントのヘンな使い方
  • 前にも書きましたが、髪質の悪化が最近の大きな悩みです。マッサージやら逆立ちやら、血行を良くする方面の努力も続けていますが、すでに生えてる髪の乾燥や絡まりも、やっぱり気になる…。どうにかしたい!化粧品もそうですが、外側からのケアの効果はあんまり期待してない私。でも、それでも何かいいやり方があるのなら…!人工的にプラスチックで覆うようなダマしテクニックじゃなく、成分もよくてお金もかからず効果のある方法 [続きを読む]
  • 冷え取り靴下は逆効果!?
  • やっと暖かくなってきましたねー。今日は上着なしでも外にいられるくらいのポカポカ陽気^^ですが、外を歩いている人を見ると、結構まだ厚着の人、多いです。冬の間ずーっと着込んでいたから急に薄着にすると寒く感じるんでしょうね。いつも思うんですけど、秋と春、同じくらいの気温の時でも、明らかに春の方がみんな厚着してる。温度にも「慣れ」ってのがあるので、確かにちょっとずつじゃないと体調崩したりしやすいですね。さ [続きを読む]
  • 何かを学ぶために必要なもの
  • 字が上手くなりたいとずっと思っていて、細々と練習をしています。が、出産、育児もあり、時間もなかなか取れず、長いこと手をつけられないこともしばしばでした。下の子が2歳になり、今は1日10分でもいいから練習するようにがんばっています。息子が幼稚園に入ったら書道教室に行こうかとも思いましたが、とりあえず自分でできるところまでやってみよう!と思っています。今までもそうでしたが、何かを学ぼうとするとき、「自 [続きを読む]
  • ママ友付き合いが表面的になってしまう理由
  • 今日はママ友について書いてみたいと思います。ママ友って、どんなイメージでしょうか。子育てサークルなどで知り合い、問題もなくいい関係で楽しんでいる方もいるでしょうし、「ママ友がいない!私ってヤバいのかも!」なんて思ってママ友作りに励んでいる方もいるでしょう。はなから「そんな面倒な付き合必要ないわ」という方も結構多いと思います。楽しい部分もあれば、面倒な部分もあり、いなくても済むけれど、いないといけな [続きを読む]