moka さん プロフィール

  •  
mokaさん: ひまわり
ハンドル名moka さん
ブログタイトルひまわり
ブログURLhttp://hi2768.blog.fc2.com/
サイト紹介文36歳2児の母。164cm48kg。若い頃は美容業界で仕事してました。日々の生活と美容法、育児など。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供38回 / 142日(平均1.9回/週) - 参加 2017/03/23 04:47

moka さんのブログ記事

  • ナイーブな体質のおかげでダイエット知らず。
  • 「ダイエット」という言葉があまり身近じゃない私。そんなことを言うと怒られそうですが(笑)でも、「いくら食べても太らない」というわけではありません。ちょっとでも食べ過ぎればすぐ太ります。が、今まで妊娠中以外50kgを超えたことはありません。それは多分、私の体質が、良くも悪くもナイーブだから。特に消化器系。中でも、胃が弱いんです。小学生にして、フライドチキン3つ食べたせいで胃潰瘍になって1週間入院、絶食 [続きを読む]
  • ナチュラル好きだけど、オーガニックコスメは使えない!
  • 美容マニアで、かつ自然志向な人ならきっと一度は手にしたことがあるでしょう。「オーガニックコスメ」。私ももちろん使ったことがあります。何年も前にヴェレダ、ロゴナ、ハウシュカあたりを試したことが…。でも、当時まだ若かった私の悩みはもっぱら「ニキビ」で、乾燥とか、シワとかシミとか、そういうことより、とにかく肌荒れせずにニキビができないものを探していました。でも、何を試してもニキビは治らず…。ついでにお金 [続きを読む]
  • 「水だけ洗顔」いいですよ!
  • 肌のこと、体のことで気になることがあると、すごい検索魔になる私。超マニアックな検索ワードで、「おお!」という情報に出合うこともあります。今回も何を調べたかったのかは忘れましたが(笑)、こんな本を発見!↓早速読んでみましたが、なかなか面白くて納得でした。アマゾンでの本としての評価はあまり高くないんですけどね、、「同じことの繰り返し」とか、「どんな化粧品を使えばいいか書いてない」とか。でも、私としてはそ [続きを読む]
  • 母親業がお金に代わる。パートより、家で「仕事」!
  • 小3の娘の友達が、よくうちに遊びに来ます。子供も色々で面白いけど、話を聞いてると、家庭もほんと、それぞれ違います。働くお母さんを批判する気はないけれど、子供も、お母さん自身も、やっぱり大変だろうなあと、思ってしまいます。私は性格的にも体力的にも、小さい子供を預けて男性並みにフルタイムで仕事なんて、「絶対ムリ!」っていうタイプなんで余計にですが、「そこまでして仕事したいんだなぁ…」ってちょっと不思議 [続きを読む]
  • ほんとに野菜足りてるの?実際に計ってみました。
  • 美容情報は溢れていますが、実は、基本を忘れてしまってることが多いです。最新のコスメやサプリ、○○美容法を摂り入れる前に、基本を見直してみることが大事!美容の土台は健康的な体です。そのために大切なのは、食事、生活習慣、心の健康。もう耳タコで、「はいはい、分かってますよ!」って思ってしまうかもしれませんが、ほんとに大丈夫ですか?私は「全然大丈夫じゃなかった!」っていうことが多いので、ひとつずつ、丁寧に [続きを読む]
  • 「みんながやってるから私も…」が、無駄な苦労の始まり
  • 人はそれぞれ違います。当たり前のことですが、最近つくづくそう思います。好き嫌い、価値観、考え方、体の感覚、見ている世界、人やモノの扱い方…、多分人の頭の中をのぞくことができたら、信じられないくらいに、「全然違う生き物だ…」と思うでしょう。それなのに、人は周りの価値観に敏感で、「みんなと一緒」になろうと無理したり、「自分にはできない…」とヘコんだりします。そもそも違う生き物なのに、ちがう世界を持って [続きを読む]
  • 画面の中では、何も味わえない。そんな世界を子供に伝えていいの?
  • 昨日は子育てサークルに行ってきました。一応スタッフとしてお手伝いをしています。久しぶりにワイワイおしゃべりした後、帰りの車で寝てしまった息子。スタバのテラス席で束の間の休息です^^今の季節は外でのんびりするのに最高ですね。風邪がサラッと気持ちよく、暑くも寒くもない、爽やかな陽気。気分よく座っていたのですが、周りを見ると、おひとり様はみんな、スマホに夢中です。二人組の男性も、ほとんど会話もなくそれぞ [続きを読む]
  • 「悩む→考える→行動する→失敗orどうでもよくなる」この繰り返しで成長する
  • いつも、毎日、何かに悩んでいる私です(笑)。何か問題があればもちろん何とかしようと悩みます。一生懸命考えます。そして、ちょっと行動してみます。その結果、失敗に終わるか、どうでもよくなってきます。失敗した場合、また違う角度で悩んだり考えたりします。どうでもよくなると、一応問題は問題でなくなります。(きれいに解決するときもありますが、行動した結果というより、どうでもよくなった結果、気づいたら問題が消えて [続きを読む]
  • 全くお金のかからない、「噛む」という美容法
  • 先日、ちょっと高級なお店の前でとってもお肌のキレイなマダムを見かけ、その直後、エレベーターの中の鏡で自分の肌の老化を目の当たりにし、「…このままじゃヤバい!」と急に不安になってきました。とっても気まぐれな性格なため、ちょっとしたことで突然スイッチが入ってしまうのです(笑)そのマダムを見て思ったこと。それは、「やっぱりお金をかけて得られる美しさが存在するんじゃないか…」ということです。若い頃美容業界で [続きを読む]
  • 砂いじりをじっと待つ。それがこの子の将来のため!
  • 小3の娘と2歳の息子。しかも専業主婦。自然と「育児」「教育」ネタに関心が高くなります。もともと「本当のことが知りたい!」という性格もあって、未知で広大なこのテーマは、どれだけ情報を集めても、まだまだ知りたい!というくらい奥が深いもの。ただ子供の成長や能力だけではなく、親の性格や接し方、さらに親自身がどう育てられたか、加えて環境や社会の価値観まで複雑に絡み合ってくる…。どんな本を読んでも、「それも一 [続きを読む]
  • 平均年収に届いてない!?…結構余裕で生活してますけど。
  • 年収ラボというサイトをご存知でしょうか?企業別、職業別に平均年収がランキング形式で見れる、とっても便利でそして残酷な(笑)サイト。多分就活中の人向けの情報っていうことなんでしょうけど、私のようについついよそのお宅の懐事情が気になって色んな企業を見てしまう主婦の方、多いんじゃないかと思います。「お金なんて〜」とか、「よそのことは関係ないのよ〜」なんて言いながら、実は結構気になりますよね!自分はいったい [続きを読む]
  • 簡単にイライラとサヨナラできる!私の「怒り」の治め方。
  • GWですねー。主人の実家に3泊して、昨日帰ってきました。お姑さんもいい人だし、義兄弟もみんないい人だし、とっても平和な義家族、有難い限りですが、それでもやっぱり嫁としては気を遣います。疲れます。何より疲れるのが、主人に対するイライラが湧いてくること。仕事で家にいないことに慣れてるので、普通の休日でも一緒に過ごすだけで「イラッ」っとくることが増えるんですが、主人の実家となると、その「イラッ」を顔に出し [続きを読む]
  • 2歳児に必要なのは、「みんなと一緒にできること」なのか?
  • 今日は保健所の幼児教室に行ってきました。2歳過ぎても全く言葉が出ない息子、保健所としては「要チェック」なんでしょうね。発達のための教室に通うように言われてまして、、うちは言葉の遅れ以外には特に問題もなく、比較的育てやすい子です。おとなしいし。でも、人見知り、場所見知りが激しく、ああいう、知らない人ばっかりの状況だと見事に固まってしまいます(笑)先生が何を言ってもやらないし、話しかけられても反応しない [続きを読む]
  • 言葉が出ない2歳の息子、理由は私の接し方?
  • 前にも書きましたが、うちの息子は2歳を過ぎても一つも言葉がでません。→以前の記事マイペースな子ですし、基本的には自然に任せているんですが、最近、どうも私の接し方が言葉がでない原因のひとつになっている気がしてます。息子が性格的に大人しくてあんまり主張しないタイプっていうのも確かに原因だと思いますが、加えて「話さなくても困らない環境」を作ってしまっていたかもしれない…と気づきました。例えば、「んー!」 [続きを読む]
  • 他人が見てる自分は別人!?照明環境の違いは想像以上です。
  • ショッピングセンターのトイレ、煌々と照らす蛍光灯の下。良く晴れた日の車のバックミラー。いつもメイクをする鏡台や洗面台以外の場所で鏡に映る自分に、「!!?」ってなることありませんか?私はあります。というか、そのことが分かってるので外で鏡を見るときは、恐る恐る…になってしまいます。特にショックなのが、思ってる以上のシミの多さ、そして髪のくすみ、加えて白髪の発見(涙)うちはマンションの中部屋なんで余計にだ [続きを読む]
  • 「もっと子供と遊んであげなきゃ」と罪悪感を抱いていた私の、打開策
  • 今日、なぜかふと思いつき、始めたこと。それが、「遊びの会」の発足!「会」といっても、ただ単に休日に家族で何かして遊ぼう!というだけのことなんですけどね^^今までずっと、「もっと子供と遊んであげなきゃいけないんだけど…」と思いながら、自分の用事や一人の時間を優先したり、なんとなくダラダラしてしまったり、テレビを見ている子供をつい放っておいてしまったり(そんなに長時間ではないですが)、あまり子供が充実 [続きを読む]
  • 平凡であることの価値と幸せ
  • 前回の記事で、「図書館の人になりたい」という娘の話を書きました。「職業」ってことに関連して、もうちょっと書きたいと思います。子供の夢の話を続けると、例えば、「プロ野球選手!」とか、「ピアニスト!」とか、「宇宙飛行士!」とか、「社長!」とか、そういう夢を語られると、大人は「おお〜!!すごいね!がんばれ!」っていう反応をします。他にも、「青年海外協力隊に入りたい!」とか、「けん玉名人になりたい!」みた [続きを読む]
  • 子供の「将来の夢」の裏にある意味
  • 小学校3年生になる娘の、「なりたい職業」は、「図書館の人」です。その理由が、「本が大好きだから!」ならいいのですが、「ピッピッってするの楽しそうだから。」です…。「レジの人は嫌なの?」と聞くと、「だってレジの人は立ってやらなきゃいけないから…」だそうです(笑)3年生の夢なんて、これからどうなるかわかりません。が、座って「ピッピッ」がやりたいがために、図書館の人…。親としては何とも微妙な気持ちになりま [続きを読む]
  • 動物園で雨に降られたって、いいじゃない?
  • やっと暖かくなってきたものの、何だか不安定な天気が続いています。桜も咲いたかと思ったら、雨、雨、雨…。なかなかお花見日和にはならず…、このまま桜が散ってしまうとしたら、ちょっと残念ですね。でも、この「雨だから楽しめない、残念…。」という感覚、実は結構大人の都合というか、ただの思い込みというか、子供には通用しないものなんだなぁと、思いました。先週、「動物園に行きたい!」と言う娘。天気は曇りのち雨。夕 [続きを読む]
  • なんだかんだ言って、「美しさ」は女の欲であり、競争だと思う。
  • 「キレイになりたい」というのはいつの時代も多くの女性の願望です。でも、「じゃあどうしてキレイになりたいの?」と聞かれたら、どう答えますか?恋愛真っ只中の女の子なら、「好きな人を振り向かせるため」「彼氏が欲しいから」っていう女心もあるでしょう。でも、30代以降の、既婚女性の場合は?多分、「旦那さまに褒めて欲しいから」「キレイな奥さんになって、喜ばせたいから」っていう人、、そんなにいないと思います。男 [続きを読む]