フトシ さん プロフィール

  •  
フトシさん: 平和台ライオンズスタジアム
ハンドル名フトシ さん
ブログタイトル平和台ライオンズスタジアム
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/heiwadailions/
サイト紹介文平和台球場時代からの福岡在住の西武ファン。西武ライオンズをポジティブにコメントします!
自由文昭和53年に平和台球場でクラウン×近鉄戦を見て以来ずっとライオンズファン。
黄金時代は終わりましたが弱いと逆にもっと応援するようになりました。
そろそろ、優勝みたいな。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供109回 / 147日(平均5.2回/週) - 参加 2017/03/23 11:38

フトシ さんのブログ記事

  • 黄金期?(8/16 楽天戦)記事タイトル
  • 見ていて負ける気がしない。この雰囲気は懐かしい。でも久々に味わうこの感覚。黄金期は勝って当たり前だったが10年近くぶりに味わうこの感覚は感慨ひとしお。この久々の雰囲気。埼玉、東京のファンも熱狂している。最近の西武ドームは観客動員も凄い。これだけの調子だから9月に2回目の上京を予定しているが週末はチケットちゃんと取ってないとヤバイかも。今日も完全に圧勝で書くべきポイントもない。先発岡本は5連勝の流れを [続きを読む]
  • 今日からソフトバンクを追撃(8/15 楽天戦)
  • ついに森友哉が帰ってきた。最後のブーストかけるためのワンピース。ゲーム差はあるが最後大まくりをするために戦力は整った。今日がリスタートとなる。打順は6番に中村7番に森友哉。めちゃくちゃ凄い打線。森友哉は初回から期待に応える。不安定な楽天コラレスの初球を捉えタイムリー。次の打席は凡打となるが4回左中間をやぶるタイムリー3ベース。復帰初戦を3打数2安打2四球。上々のスタートとなった。森友哉は凄い選手だ [続きを読む]
  • 今日も快勝に見える(8/9 オリックス戦)
  • 昨日一つ負けましたけど今日は横綱相撲を感じさせる勝利でした。2回に中島のホームランで先制されましたけど3回にすぐに逆転したので事実上先取点を取ったようなもの。6番渡辺直人というのがちょっと打線としては穴。前の試合でも初回に満塁で回ってきて凡打。今日も初回満塁で凡打。3回も1死満塁で凡打。ちょっとおいおいという感じでしたが外崎がよく逆転タイムリーを打ってくれました。左の山田ということで渡辺直人先発は [続きを読む]
  • 優勝への挑戦権得た(8/6ソフトバンク戦)
  • 昨日の敗戦はしようがないとして今日は大事な試合。勝てば首位ソフトバンクと5.5差。敗れれば7.5差。仮に今日負けたとして7.5差になったとしても今のプロ野球、そのゲームでも十分射程圏内だと思う。ただそのゲーム差追いつくにはチームの戦力、勢い両方必要だ。今年の西武、打線、投手ともに優勝するだけの戦力は整ったと思う。後は勢い。そのためにはこのソフトバンク3連戦は絶対に勝ち越しが必要だった。ここで負け越 [続きを読む]
  • 優勝のために必要な試合(8/5ソフトバンク戦)
  • いろいろありました今日の試合。あそこで逆転サヨナラなら、その勢いで逆転優勝したでしょう。残念ながら負けてしまいました。今日は寝られない。惜しい。悔しい。試合の分岐点はいろいろあります。でもそれを書いても虚しいだけ。ただひとつ、今日の敗戦を糧にして欲しい。今日負けたから優勝したんだ。そんな試合にして欲しい。欲は言わない。今年じゃなくてもいい。絶対優勝して欲しい。それがそう遠い日ではないと感じる今日の [続きを読む]
  • 想定内(8/3 楽天戦)
  • 今の西武のムードから言えば負ける気はしない。楽天は満身創痍。普通にいけば勝てる。負けるとすれば菊池先発で負けるわけがないという慢心。でも初回に3点取ったことでその心の隙をつかれる敗戦の可能性も消えた。秋山の先頭打者ホームラン。これで今日も勝ちの予感。選手もそう思ったのではないでしょうか。ほぼ言うことない試合ですね。負ける気がしない。今日までは(笑)打線の中では山川。最後にブーストかけるワンピースは [続きを読む]
  • 予感がしてきた(8/2 楽天戦)
  • 久々の投稿になります。週末のロッテ戦も3連勝。その頃はちょっと浮気しておりましてマツダスタジアムに。いや日本シリーズに向けて敵状視察です(笑)しかし大型連勝こないかなあと思っていましたがきましたねえ。去年の日本ハムの15連勝の大逆転優勝、カンシャク持ちのソフトバンク工藤監督。これはひょっとするとひょっとするかもしれません。去年の日本ハムの大まくりが工藤監督にデジャブとなって襲いかかってくるのではな [続きを読む]
  • 菊池粘り6連勝(7/27 オリックス戦)
  • さあ大型連勝キテマス。ピッチャーは菊池VS山崎福。好調西武とどん底のオリックス。勝って当然の試合だが、逆にこんな時にエアポケットにはまらないか一抹の不安を感じた。1回裏、秋山がさっそくツーベース。次の源田のむしろ二遊間寄りの緩いゴロ。当然3塁に行ける当たりかなと思ったが、カメラが2塁方向に切り替わると秋山が躊躇している。結局二三塁間に挟まれアウト。競殺プレーの間に2塁狙った源田もアウト。最悪のスター [続きを読む]
  • 松葉さえも飲み込む(7/26 オリックス戦)
  • チームのムードがいい時は先制ツーラン浴びてもあわてません。昨日に続き中村の出会い頭の一発が出て追いついたところで今日も勝ちだと思いました。中村に「出会い頭」はちょっと失礼かな? しかし打率.220台でポイントゲッターとしての役割を果たしていない。チャンスで回ってきても相手投手にギア上げられると速い球と落ちるボールの組み合わせで三振!!4番打者としては物足りない。しかし相手投手がギアを上げていない場 [続きを読む]
  • 投打かみ合い4連勝(7/25 オリックス戦)
  • チームが勢いに乗っている時はホントに負ける感じがしませんね。今日も1点先制されたし相手は苦手ディクソンではありましたがなんとかなるんではないかと思ってみていました。十亀は初回、球にバラツキがあり無死1、3塁のピンチ。続く小島にも甘いボールをミートされましたがライトライナー。犠牲フライで1点は先制されましたがそこで収まったことで2回以降は調子を取り戻してくれた。十亀はサイドから浮き上がるような速球が [続きを読む]
  • 相手を飲んでいる時は負ける気しない(7/23 日本ハム戦)
  • チーム状態がいいですね。昨日3連勝するんじゃないか と書きましたが今日は負ける気はしなかったですね。ホームでの試合で、相手日本ハムの調子もよくない。先発もウルフー上原。負ける要素はないでしょう!!!これがソフトバンクが西武と対戦する時の心情かもしれません。これから連勝街道すすんでいくには、これくらい相手を飲んでかかることが必要でしょう。試合を決めたのは5回の秋山と栗山の3ラン2発。どうもハッキリし [続きを読む]
  • 岡田が工夫していた(7/22 日本ハム戦)
  • 「インコースに構える等岡田が工夫していた」試合後の辻監督の言葉です。はっきり言ってリードの事は私にはわからない。たまに「なんで?」と思うことはあるが。リードに関しては配給のクセとかはあるだろうから、調子の上がらないときなどはキャッチャーを変えてみる事は面白いだろうというくらいの認識しかない。前もちょこっと書いたが岡田は身振り手振りを使って一生懸命リードしているという印象はあるね。今日、配球面で感じ [続きを読む]
  • ホームだと落ち着く(7/21 日本ハム戦)
  • 交流戦、オールスター明け、こういう節目には流れが変わることが結構ある。首位から10ゲーム近く離されたチームとして逆転を狙うにはソフトバンクと敵地で戦うことは、ある意味流れを変える好機とも捉えていたが、そんなに甘くはありませんでした。3連敗はしましたが3試合とも接戦。手も足も出ないというような感じではないのですがなんかか勝てる気がしない。それが今日はホームでの試合。菊池先発ということもありますが見て [続きを読む]
  • チーム力を見せて欲しい
  • 高校野球のファンでもある私はこの時期、休日ともなるとどこかの球場に足を運び高校野球を生観戦しています。秋の大会やその他の大会はほとんど見に行かない。見に行くのは夏だけ。そして甲子園にも毎年見に行っているが、地方大会の方が面白い。見に行く理由は野球が面白いだけでなく、選手からスタンドから伝わってくる思いが本当に間近に感じられるからだ。甲子園が視野に入るチーム同士の対決だと本当に必死。負けたチームの選 [続きを読む]
  • そろそろ本気で対策を!(7/19 ソフトバンク戦)
  • これでソフトバンクに3連敗。3試合とも完敗というわけではないのだが勝てない。もう戦う前から飲み込まれている感じがする。初戦、今日とリードする場面もあるのに勝っている気がしない。それでも1試合を見れば今日は勝たねばいけない試合だった。相手は松本が先発、その後がモイネロとボーナスステージ。しかし4つの走塁ミスが祟り流れをソフトバンクに渡してしまった。特に5回の炭谷の走塁ミスは痛すぎた。あそこから上位に [続きを読む]
  • 徳俵まで追い込まれた(7/17 ソフトバンク戦)
  • ああ今日は自宅観戦でよかった。鷹の祭典なるイベントの時はますます行きたくなくなるヤフオクドーム。ここは北朝鮮のマスゲームか!?十亀も悪くはなかったし、東浜の立ち上がりも序盤の良い頃に比べるともうひとつの出来に見えたので、勝ってくれるかな?と思ったが甘かった。特に大きな敗因があるというわけでもなく力負け。こういう負けは根本的な力の差を再認識してしまう。デスパイネのあの当たりがホームランになるんじゃあ仕 [続きを読む]
  • 山川のアーチが収穫(7/8 楽天戦)
  • まあ野球は先取点をとって主導権を握ることが大事。そうすると打つ手打つ手が当たって、自然に形勢が良くなっていく。特に先攻の場合は先取点を取られるとなかなか追いつくことが難しい。今日のように8回表に追いついても一気に逆転まで持っていかないと先攻は勝てない場合の方が多い。今ブームの将棋の世界では先手番の方がやや有利とされるが、野球は後攻が有利。ノムさんいわく、先攻が有利なのは1回の表に先に攻撃できること [続きを読む]
  • 雄星復調!(7/7 楽天戦)
  •  菊池のナイスピッチングが光りました。立ち上がりの球速は145キロ前後。最近の雄星の調子を考えると今日も苦しい戦いかなと思いましたが3回くらいからストレートが150近くに。シーズン序盤の雄星の投球が帰ってきました。スピードガンだけじゃないのはわかっていますが、雄星の150キロ表示は速い。そうそう打てない。このところふがいない投球が続いていましたが今日は14奪三振完封。文句ない出来です。140球とい [続きを読む]
  • 中村先制弾、野上久々!(7/4 日本ハム戦)
  • 投打がかみ合い連勝!今日はいろいろと収穫のあった試合だ。このところの連敗は打線の不振。中村、メヒアはどうしても打率が低いので計算はできないが浅村、秋山が上がってこないことに打線はどうにもならない。昨日は浅村が猛打賞だったが今日もマルチ。21打席ヒットのなかった秋山も初回にヒット放つと猛打賞。この二人が打たないとチームの浮上はない。これで勢いに乗ってくれるとよい。特に浅村はシーズン通せば3割打つ力あ [続きを読む]
  • 久々に打線が奮起(7/3 日本ハム戦)
  • なんとか連敗を5で止めました。殊勲者は投手では岡本洋介、野手では2ホーマーの中村でしょう。岡本はなんやかんやいっても3勝0敗。だいたい野上と同等のボールは投げるのだけど勝ち星がついていかない。要するに勝てない投手だったのですが、今年はまだ3試合ですが勝率10割。西武が繰り出す先発投手員の中ではコントロールが光りますね、岡本は。それとツーシーム(シュート系)のボールはそれなりに切れていると思います。 [続きを読む]
  • 山川のヘッドスライディングがみたかった。
  • 3回表攻撃途中で0−3。放送を聞いているとこの後10ミリの雨が降るとの予想。雷鳴がとどろき、強い雨。試合は2度目の中断。やがて10ミリの雨の予想が50ミリの雨の予想に。今日は中止でラッキー。ただ滅多にみられない沖縄のファンの人には気の毒に思う。でもあそこからまたグラウンド整備して再開しても試合終了は24時近くになる。中止の判断はやむをえない。ノーゲームが宣告された後、ロッテの大嶺、石嶺の沖縄出身選 [続きを読む]
  • 辻監督の発言に思う
  • 「日本のプロ野球の1軍では彼は無理なんですよ」マスコミを使って伊原監督がレイノルズに言い放った言葉。その時以来の強い口調での監督による選手の叱責を聞いた気がする。最後、福田に打たれたホームランの配球をさして「初めて言わせてもらうけど意味がわからない」果たしてあの配球は意味がわからないほどのものなのか?増田は今年はフォークも投げるが、まだまだ落差も小さく信用のできるボールじゃない。となると基本はほと [続きを読む]
  • 痛すぎる1敗(6/25 ソフトバンク戦)
  • 昨日に続き、現地観戦。初回に1点先制されたが、前日の余韻もあり、まだまだ行けるという感じがした。3回に源田のタイムリーで追いつくと、4回には集中打でバンデンハーグを攻略。一気に5−1とし勝勢ムード。思えば6回に長谷川にツーランを浴び5−3にされたことが後の戦況に影響を与えた。その時点でも雰囲気的には負ける気はしなかった。7回からは鉄壁の3人が控えている。しかし牧田、シュリッターともに失点で追い上げ [続きを読む]
  • 福岡初勝利!(6/24 ソフトバンク戦)
  • しばらく休んでいましたが今日から復活です。昨日は現地観戦でした。チームは福岡4連敗(私も2敗)。数えているわけではないですがここ10年くらいの福岡でのソフトバンク戦の勝率は3割くらいの印象。3連戦で1勝2敗ならまずまずと思わなくてはいけない。しかしわざわざ高い金払って、負けゲーム見てソフトバンクファンの大歓声を聞いてストレス溜めるのに、それでも足が向いてしまう。それだけに、たまに勝った日の嬉しさは [続きを読む]