シンク さん プロフィール

  •  
シンクさん: はじめての薬剤師
ハンドル名シンク さん
ブログタイトルはじめての薬剤師
ブログURLhttp://pharmacist-sinku10.hatenablog.com/
サイト紹介文新米薬剤師の奮闘記、悩み、オススメを記載していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供51回 / 36日(平均9.9回/週) - 参加 2017/03/23 13:50

シンク さんのブログ記事

  • ジェネリック率が下がる?
  • もう半年前のことである。2016年10月にエチゾラムとゾピクロンは第3種向精神薬に指定され、同年11月には投与日数制限(30日)が掛けられることになった。Drがアモバン(ゾピクロン)の処方をこれからルネスタ(エスゾピクロン)に切り替えるような話が出てきたところも多いのではないだろうか。アモバンなら向精神薬であり、おまけに日数制限もある。一方で、ルネスタなら普通薬で、日数制限もない。ここで、軽くおさらいをし [続きを読む]
  • 薬剤師手当て高っ!?
  • 昨日は給料日だった。給料明細書を受け取ったわけだが、薬局に置いて帰ったので確認できなかった。今日確認したところ、薬剤師手当ての額に驚いた!前の職場のなんと倍!!いかに前の職場が安価だったことを再確認できた。それにしても、薬剤師手当て高っ!?家賃代をほとんどカバーできるほどだ。お金が多い分、困ることもある。契約当初、薬局は19時までのはずが、21時までは普通にシフトを組まれている。それに、21 [続きを読む]
  • 給料上がりました!
  • 今日は給料日。朝からネットで口座を確認。しかし、まだ振り込みはない。前の会社では、0時になった瞬間に振り込まれていたので、確認後、ぐっすり寝ていた。今回の会社では違うらしい。昼休みに確認した。結構、入ってる!それでも7万弱税金やらで引かれているようだ。単純に給料10万円上がった。しかし、まだ満足はできない。アメリカの研究では幸福度と年収の相関性があるのは年収750万がピーク。そこをこれから狙っていきたい [続きを読む]
  • いい繋がり見つけた!
  • 昨日の話になるが突然知らない番号から電話がかかってきた。転職サイトの方だった。薬剤師のスキルや知識は必要ですが、それ以外の知識に興味ありますか。とのことだった。もちろん、Yesである。薬剤師には特に多い気がするが、社会人になってビジネス書を読んだことがない人が最近多い。社会人になって、ビジネス書や自己啓発本(社会人からでは遅いが読まないより読んだ方が断然いい。)を読まない人の考えが読めない。薬剤 [続きを読む]
  • 今週の言葉
  • 偉くなる人とそうならない人と、差が出てくるかっていうと、同じ話を聴いても、聴き方、受け取り方が全然違うからなんです。受け取ったことを自分の人生に、どう応用していくかということだけの差なんです。中村天風 [続きを読む]
  • 筋肉痛なら湿布貼ってれば治る?
  • 足が筋肉痛の患者がいた。普通なら湿布貼って様子みて下さいね、で済むかもしれない。しかしながら、クレストールが出ていたらどうだろうか。横紋筋融解症を思い浮かべるだろう。この患者が筋肉痛やから、湿布貼ってれば治る?と聞いたとしても処方薬から副作用を推測するのは当たり前のことである。尿の色のことや、血液検査の有無を確認することも必要だろう。それが済み、横紋筋融解症の疑いが強いなら病院に戻っていただくか、 [続きを読む]
  • 正社員が抜けて、、、
  • 正社員が一人抜けてのスタート。人員の補充はないので、より厳しくなる。そして、人間関係もおかしくなり始めるのには絶好のタイミングである。管理薬剤師が切り替わり、立場が変わった人間が一番あやしい。独壇場としたがることも多い。その例に当てはまりつつある。しかし、気にしない。そんなことより今の薬局のアナログからデジタル化を手掛けて経験を積みたい。 [続きを読む]
  • 木曜日
  • 木曜日の薬局は時間がある。時間があるから、ゆっくりできるは間違いである。自分の時間を持てるということは、有効活用しなければ損だ。勉強するもよし、普段できない作業をするもよし。サボる、は論外である。 [続きを読む]
  • 発注担当
  • 勤務し出してから2週間で発注担当になった。これは面白い役目だ。なぜなら、薬局で動く薬がよくわかるからだ。その分、責任は重い。在庫切れを起こせば、発注担当の責任である。しかし、絞るところはとことん絞りたいので集中して作業をしている。なぜ、在庫を絞るのか。余剰在庫の金額分の浮きで違う機器を導入したり、他の資金に回せるからだ。患者への欠品があれば満足度も落ちる。それを補ってなお、薬局の運営にまで関わる [続きを読む]
  • 週40時間
  • 週40時間勤務は多いだろうか。否、少ない気がする。前の職場では、月に180時間程度が勤務の規定時間だった。それに比べると少ない。今の職場は時間数も仕事量も少ないのに給料がいい。同じ内容の仕事をしてるなら給与は高い方がいい。時間は有限であるので、同じ時間で同じような内容であれば給与は高い方がいい。それにしても、40時間以上働きたいのだが派遣か、パートを探すべきだろうか。 [続きを読む]
  • 一包化
  • 一包化でたまにある。25mgを二つ。50mgの規格があるのもかかわらず。50mgひとつの方が作業短縮できませんか?対物業務は効率命。対人業務は満足度命。これは対物なので効率を優先させたい。患者目線で1錠でも少ない方が飲みやすくないかという疑問もある。おそらく、1錠を使用するより、2錠使用する方が薬価が少ないのだろう。そうでもなければ、謎の処方である。しかしながら、そこを目指すべきなのだろうか。疑問は残る。 [続きを読む]
  • 皮膚科の門前
  • 皮膚科の門前だと、100gの軟膏ツボ5つとか普通に出てくる処方である。そんなもの作ってたら、必ず薬剤師が1人欠けてるのと同じである。皮膚科の門前で働くなら、この点を考えていただきたい。自分は軟膏を練りたいのか、患者とゆっくりコミュニケーションを取りたいのかということを。給料が高ければ納得できるかもしれないが、私は高くても苦痛になる。なぜなら、テクニシャン止まりの薬剤師で終わりそうだからである。 [続きを読む]
  • シフトなど関係ない
  • 21時まで、それが最終まで入る時のシフトである。しかしながら、近くの医院が終わるまでは終わらない。日が変わろうとも終わりの連絡がなければ終わらない。非常に疲れる時間を過ごすことになるが、なにかいい策はないだろうか。 [続きを読む]
  • 半錠
  • 規格があるのに半錠するのは納得がいかない。自家製剤加算がとれないからだ。このような無駄な行為をできる限り絞りたい。 [続きを読む]
  • 他店への勤務
  • 他店への勤務が昨日突然舞い込んだ。非常に楽しみにしていた。なぜなら、うかがっている話では私にとって働きやすそうな環境のように思えたからだ。実際に、朝から入った。予想通り非常に働きやすい。私のよさを打ち消しながら仕事をしているのが、いつもの店舗という印象だが、こちらは私のよさを最大限発揮できる。後は、店舗の方の評価しだいで変わるだろう。三点働きやすい環境を挙げるならば、人が少ない・薬の囲まれている・ [続きを読む]
  • 3回ルール
  • 物事を教えるとき私はいつも以下のように教える。1回目:自分がしているのを見せながら徹底してメモをとらせる。2回目:付きっきりで実際にメモを見ながらしてみてもらい、間違いなどあればすぐに訂正する。もちろん、質問には答える。3回目:時間があればできる限り付きっきりで、一人でしてもらう。すぐに訂正はせず、その操作で間違ってない?と注意換気だけにとどめる。わからなければ、質問を受けるが、次は何をしたらいい [続きを読む]
  • 薬歴はいつ書くのか
  • 新たな職場で投薬もしだしているので、薬歴を書かなくてはいけないわけだが、書く時間を作らせてもらえない。合間に書こうとしたら、これ監査しておいて、これ一包化して。薬歴書く時間なくないですか。しかもシフト制なので、時間が来たら帰ることになる。いつ書くのか?今でしょ、と答えたいが分包機の前から離れられない。デススパイラル突入。メンタル的に非常によくない。人も入れ替わりがシフトで多くごちゃごちゃしていて気 [続きを読む]
  • なんこう練太郎
  • 皮膚科の門前では必須アイテムだ。100gの軟膏ツボを5つと書かれた処方箋が普通に来る。なんこう練太郎がなく手で混ぜないといけないことを考えるとゾッとする。機械がなかった時は、どのようにして調剤していたのだろうか。非常に気になる。 [続きを読む]
  • コバジル
  • コバジル コジハル コバジル コバジル コバジルAKBが好きなわけではないが、初めてコバジルを見たときコジハルかと思った。薬自体はACE阻害薬で、高血圧に使用するものである。これでひとつ棚の位置と薬の性質を覚えることができた。 [続きを読む]
  • 先生と呼ばれること
  • 先生と言えばどの職種を思い浮かべるだろうか。教育の現場にいる方はもちろんだが、医療の現場では先生と言えば、医師だと思う。今回の薬局、パートの薬局でもそうだったが、先生と呼ばれる。これには違和感しかない。薬剤師が先生なのか。旧世代4年制の方々が先生と呼び合ってる。6年制なら先生なのか。いや、違うと思う。今の働き方だけを見ていると6年制でも先生と呼ばれるのは腑に落ちない。薬剤師同士が先生と呼び合って [続きを読む]
  • 適応能力の高さ
  • 前の職場を辞めてから次の職場へうつる間の期間パートをした。雇う側も10日ではほとんど動かないだろうと思っていたみたいだが、いい意味で期待を裏切った。かなりの評価をいただけた。次の職場でも、この適応能力の高さを再現できるか試していたわけだが、なかなか難しい。やはり、ローカルルールが非常に多い。なかなか順応できない。適応能力は高くなかったのかもしれない。処方箋1日100枚で7人も薬剤師が入れ替わるのは多くな [続きを読む]
  • 時間の使い方
  • 前日は気苦労で爆睡してしまった。勉強しなくては。一日経って思ったことがある。知識の定着には睡眠が不可欠であるので、爆睡したお陰で身に付いてることが多い。まだまだ、ミスはする。しかし、この短期間のミスを繰り返すことで定着率もよくなるはずと考えている。薬剤師でミスをしたことがないというのはまずあり得ない。ピッキングにしろ、監査にしろミスはする。しかし、そのミスから何を学ぶかによって人の成長速度は変え [続きを読む]
  • 今日から新しい職場へ
  • 新しい職場にやってきた。午前を終えたが、かなり気を遣う。なにせ、薬剤師が多い。処方箋が100枚もいってないのに、6人も薬剤師がいる。事務も3人。前の職場なら、事務1人に薬剤師3人。かなりの威圧感と圧迫感を味わう。しかも、ローカルルールがややこしく多い。軟膏ツボに混合したシールを貼るのは普通だろうが、さらに使用部位シールを貼ったりする。他にも軟膏チューブでも使用部位のシールを貼る。さらに、コメントもシー [続きを読む]