そうようまま さん プロフィール

  •  
そうようままさん: 中学受験してみます
ハンドル名そうようまま さん
ブログタイトル中学受験してみます
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/juken_soyo
サイト紹介文お気楽男子小学生をいかにやる気にさせるかの覚書です
自由文2017年3月現在、小学校四年の男子小学生を私立の中学を受験させようとする、母のブログでございます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供68回 / 96日(平均5.0回/週) - 参加 2017/03/23 17:56

そうようまま さんのブログ記事

  • カリテの結果
  • カリテの結果です。国語:5算数:6社会:10理科:5四教科:6およよーん。異彩を放つ社会の10。正直、社会が一番やばいって思ってたのに、この結果。テストってわかんないな。ここ二回ぐらい、カリテは全教科が死亡していたので、これだけでも彼的には手応えありってことにならないかな。理科は体力切れ。家で白紙部分を解いたら、全部マル。じっくり考えすぎなんだよね、多分。国語はこの子は仕方ない。苦手なんだよ!で、 [続きを読む]
  • カリテ
  • 現在、昨日のカリテを解きなおし中。「社会はよくできた。理科は時間がなくて過去最低。国語と算数はいつも通り」と言ってます。じゃ、採点しましょ。確かに社会は間違いは一問だけ。すごいな。理科は後半が空白。これはどうなの?とりあえず解きなおしさせてみるけれど、おそらく時間さえあればできる問題。まったく、いつもこれ。国語は「できた!」という割には、「うーむ」という感じ。後半頑張って解答してるけど、みんなバツ [続きを読む]
  • 60越えを目指して
  • 新しいスケジュールで、順調に勉強をしています。毎日最低でも二時間勉強すると、とりあえず日能研のカリキュラムになんとか追いつけることがわかった。ただ、それでも十分ではないんだよね。社会の暗記ものは時間がかかるし、算数は少しでも難しい問題にぶち当たると「これ乗り越えたい」みたいな気持ちになって、時間が足りなくなる。悩ましいね。今朝息子と「60越えしよう」という話をしました。5年の12月に面接があります。 [続きを読む]
  • 青山学院中等部
  • 青山なんて、15年ぶりぐらいだよ〜。青山学院中等部はさすが伝統校で、一等地にどかーんと広い敷地。緑の香りがただよって、素敵な空間でした。中等部は新校舎。とにかくどの学校の施設よりも群を抜いて綺麗です。生徒達はそうだなー、のんびり穏やかな印象。ガツガツしてないというか、優雅というか。やっぱり大学受験がないっていうのが、彼らの心に余裕を作ってるのかもしれません。説明会は、正直つまんなかった。講堂のマイク [続きを読む]
  • 専修大松戸中学校と共栄学園中学校
  • 昨日、日能研の「私学のなかみを知る会」なるものに参加してきました。これは私学の先生がいらして、お話ししてくださるというもの。専修大松戸が気になったから、予約してゴー!まず共栄学園。http://www.kyoei-g.ed.jp/ここは昔から知っていました。正直いい評判を聞いたことがなかった。勉強しない子が行く学校というイメージでした。部活は強いけど。でも進学校として頑張って行きたいですって、教頭先生がおっしゃってました [続きを読む]
  • 新スケジュール、どんな感じ?
  • 新スケジュールを初めて、そろそろ一週間がすぎようとしています。勉強は正直はかどってる。いままで後回しにしてきたことを朝一番にやってしまうことで「なにもしてない」っていう不安感が払拭された感じ。息子も空いている時間は遊んでいいんだって思うことで、笑顔が多くなった。漫画もゲームも、Youtubeさえも、時間があれば見てもいい。彼がウキウキしてるのがわかる。よかった。ただ!息子が朝、疲れてる。睡眠時間は削られ [続きを読む]
  • 一週間スケジュール
  • へいほー。寝不足です。つ、つらいよー。昨夜、主人と息子の今後について話あった。どうしたら彼にとっていい結果が得られるか。最近「中学受験は親が9割」という本を読破した主人。なんと!これまでとは打って変わって、すごく積極的にかかわるようになりました。息子の問題点は、時間内に終わらせようとする努力をしないこと。大変だから、無理だからと、終わるまでダラダラと続けてしまう。確かに量は多いけれど、終わらせよう [続きを読む]
  • ゲームへの情熱
  • 最近、息子はとても我慢している。今まで、1日1時間、ゲームの時間を取っていた。頭の中がゲーム一色で、ゲームをしないと気になって気になって仕方なくなってしまうもんだから、ゲームを取り上げることはしてきませんでした。でも時間が圧倒的にないということがわかって、息子は「今日はゲームできないな」と諦める日も多くなり、わたしは「そろそろ自覚がでてきたかも」と思っていたのです。でも今日、爆発しました。「今までゲ [続きを読む]
  • カリテ終了
  • カリテが終了しました。今回、月の動きは完璧だと思って挑んだにもかかわらず、「理科死んだ」と帰ってきた息子。解答をみてみたら、時間が足りなくて応用問題が真っ白。家で解いたら、完璧。「ああ、なんたること」でも前向きに考えれば、スピードさえあげればオッケーってことだよね? 理解できてないわけじゃないんだから。社会はやっと「88点」をゲット。久しぶりに80点代。算数は社会と理科に時間を費やしたがために、ま [続きを読む]
  • 時間がない
  • 受験生は、どのくらいの睡眠時間をとってるんだろう。息子の成績を見てみると、明らかに社会と理科があふれちゃってて、追いついてない。時間がないんだよね。学校の宿題が特別に多い。一時間半はかかる。6時間授業がもっぱらだから、学校から帰宅して塾に行くまでの時間が30分ぐらいしかない。だからどうしても、塾から帰ったらって感じになっちゃうし、そうすると塾の復習はできない。今週に一度プールに通ってるんだけど、こ [続きを読む]
  • 月の動き、克服したぞっ
  • 息子が月の動きに苦戦してました。わたしも覗いたけど、まったくわかんない。そういえば、わたしも中学受験の時にやったし、なんとなくしか理解しなかったなあ、と思い出しました。「どうしよう、やべえ」息子が言うもんだから、こっちも一念発起。「わかった、わたしが絶対に理解して、教えるから」と言い放ちました。息子達が学校に行った後、とにかくネットを漁って、よい教材、動画、説明を探しまくり。そしてみなさんご存知の [続きを読む]
  • 子供部屋完成と、全国テスト
  • ご無沙汰してます。リフォームが完了して、元の家に戻ってきました。狭いながらも子供部屋を作り、これから思春期に入る息子達にプライベートな空間を作ってあげることができました。リフォームを決心してくれた、主人に感謝。さて、この二ヶ月は本当にドタバタでした。リフォーム荷造り↓仮住まい引越し↓ハワイ旅行↓自宅引越し↓運動会↓現在この間に、二回の全国テストとカリテを経験、散々でした。確かに落ち着かない毎日だっ [続きを読む]
  • 学校の宿題について、文句を言いたい
  • 以前にも、学校の宿題が多すぎるという話はしたと思うんだけど、本当に負担になってきてる。だいたい毎日1時間半。週末ともなると、2時間半だよ。二日分の宿題っていう意味で。大事な週末の、2時間半。そのあとで塾の復習と言っても、彼はすっかり疲れていて、困るんだよなあ。最初は私も「宿題で復習すると思えばいいじゃないか」と前向きに取り組ませようとしましたが、内容があまりにも……なので、本当文句つけたくなってし [続きを読む]
  • いまだかつてないカリテのひどさ
  • ハワイなんか行っちゃったもんだから、カリテの勉強がおいつかなくて、結局週末に詰め込み勉強。なんちゃおぼえてなかった社会の範囲を、朝四時から親子二人でガンガンに詰め込んで、日曜日の朝後日テストを受けに行きました。「全部死んだ」帰宅して最初の言葉がコレ。いつもは「算数以外は死んだ」なのに、今日は「全部死んだ」。採点したら、確かに全部がやばい。それなのに「ゲームしたい。まだ制限時間あまってっから」って、 [続きを読む]
  • 東邦大東邦
  • なっがーい。ながいながいながいながい!東邦大東邦の学校見学会に言ってまいりました。説明会が、とてつもなく長く、そしてつまんない。苦行の時間でした。学校はおそらく良質で、生徒たちも爽やかで真面目そう。施設は広く綺麗で、広いグラウンドも温水プールも素敵。校門を抜けると大きな木が濃緑の天井を作り、葉の隙間から溢れる日差しを踏むと、まるで赤毛のアンの世界に入ったかのようでした。ただ、長い。つまんない。凡庸 [続きを読む]
  • 洗脳だな、コレ
  • 結局のところ、長男がその気にならないと成績は上がらない。だから母親は、いろいろ試しますよ。とりあえず「麻布中学校」の赤本買いました。これは日能研の先生が「やる必要はないけれど、本棚に立てておいてください」っていったから。モチベーションを保ち続けるツールなんだって。でも心配なのは、これが長男のストレスにならないかどうかってこと。だから「受けろっていうことじゃないからね、先生が心惹かれた学校の赤本は、 [続きを読む]
  • 父親問題
  • 「中学受験は親が9割」という本を、今更ながら読みました。これはきっと4年に上がる前に読むべき本。でも主人にはとてもいいかも。実は主人、まだ中学受験に前向きじゃないです。受験の話をすると、鼻で笑うような仕草を見せます。「またなんか言ってるな」っていう感じ。カチンとくるぜ。そんな父親が大半だって書いてあって、ちょっとホッとした。「これ読んでみて。ネットみてるなら、こっち優先で」「いいよ」また鼻で笑いな [続きを読む]
  • 母親が知らないとヤバイ男の子の育て方
  • とにかく子供のやる気を引き出したい。自分の言い方が感情的だったり、息子をネガティブ思考にしているということがわかったので、読んでみました。開成の校長先生が書いた本。「あ、ダメってかいてある母親の言い方、わたしにあてはまりまくり(焦)」自分で決めさせる。褒め伸ばす。どれもこれも、そうしたほうがいいのはわかるけど、手を離すのが不安で。でもそろそろ、覚悟を決めたほうがいいのかもしれない。あの子の人生が、 [続きを読む]
  • これがこの子の悪い癖
  • 天国から日常へ。毎日の戦いが始まりました。昨日、塾の6月クラスが決まりました。常にギリギリの息子、なんとかGクラスに止まりました。「よかったー」お知らせを見て、ほっとした息子。「6月と夏休みが勝負だね」息子を奮い立たせるつもりで言ってみたところ、「なんで?」と答えました。「……だって、ギリギリなんでしょ? このままの勉強方法じゃクラスが落ちるかもしれないってことで、あなたはそれが嫌なんでしょ?」「俺 [続きを読む]
  • 最後の旅行
  • 更新に間が空きました。なぜって?ハワイ、行ってたから。へへへ。主人の会社の周年記念で、ハワイに家族で行ってきました。これが受験前の最後の旅行。留守にする間、塾をお休みするのが気がかりでしたが、思い切りました。もうこんなチャンスはこないだろうし。ただ未練がましく、お休みする間の本科テキストをコピーしました。飛行機の中とか、やるかもしんないじゃん? とか思って。でも、案の定、やりませんでしたけどね。息 [続きを読む]
  • 面談終了
  • 日能研の先生と、面談してきました。以下は覚書です。1)学校の宿題が多くて、塾の復習をする時間が少ないけれど、どうしたらいいか。算数栄冠の問題研究を中心に。それも本科テキストとリンクしているという記述があるものを優先して。国語本科教室の問題が始まる序文、どういったことを学ぶかという部分を必ず読むこと。基本確認問題と、文法の部分は必ずすること社会・理科栄冠の基本確認問題のみ。可能なら問題研究。2)夏休 [続きを読む]
  • 親の期待はどこまで?
  • わたしの父がぎっくり腰になり歩けないということなので、お見舞いがてら様子を見に実家へ帰りました。電車で10分。よい距離です。母「長男、頑張ってる?」私「うん」父「武蔵いいだろ。武蔵」依然として出身校推しの父。私「いい学校だったよ。自由だし長男も気に入ってた」父「俺の後輩になってくれよ」私「受けるかどうかは、長男が決めることだからさ」さらっと流しました。まさか「麻布」に傾倒しているとは言えない。私「 [続きを読む]
  • 悲惨なカリテと、夏休み
  • 日曜日、開成の体育祭があるとせっかく教えていただきましたが、息子がどうしても「カリテを火曜日じゃなくて日曜日に受けたい。だって火曜日だと成績が席順に反映されないから」というもので、結局見に行くことができませんでした。教えてくださった方、すみません。文化祭に向けてスケジュール調整いたします。で、カリテを受けましたが。ひどい成績でした(涙)学校の宿題が多すぎて、最近は平日に満足に塾の復習ができてない。 [続きを読む]
  • 学校見学、今後どうする?
  • 「学校見学、他にどこ見たい?」偏差値表を見せて、息子と相談。麻布以上の学力の学校を、今後見ていくかどうか。そもそもわたしの頭の中には、「開成」や「麻布」、ましてや「筑駒」とかなかった。だから見る気はゼロだったわけだけれども、先日のあの息子の様子を見て、何かきっかけになるかわからないし、親の判断で見る学校を制限するのもどうかな、と再び思い始めました。まあ、麻布以上っていうと、すごく少ないんですけど。 [続きを読む]
  • 追い詰められる息子
  • GW終わりですねえ。ああ、長かった(涙)本日息子は必死でした。塾から出された宿題、丸ごと残してたんですよ。なんども「やれ」って言ったんですけどね。まあ、やりませんよね。算数本科教室テキストの「オプション活用」を、24回から27回まで。とにかくすごい量の問題量でした。塾のGWは9日間なので、9日間コツコツやれれば、1日分はそれほどじゃあないのにねー。あとは漢字プリント。全部提出モノなので、ズルできない。 [続きを読む]