かつ さん プロフィール

  •  
かつさん: 人生を描こう かつの部屋
ハンドル名かつ さん
ブログタイトル人生を描こう かつの部屋
ブログURLhttp://ameblo.jp/katsusennan/
サイト紹介文キャリアコンサルタントかつのブログです。少しでもハッピーにそしてクスっと笑ってもらえれば。
自由文みんなの幸せなキャリアデザイン(人生設計)に寄り添いたい。あなたがより良い人生描くのをお手伝いをするのがキャリアコンサルタント/行政書士のお仕事です。このブログで少しでもhappyにそしてクスっと笑ってもらえるとうれしいです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供28回 / 82日(平均2.4回/週) - 参加 2017/03/25 09:46

かつ さんのブログ記事

  • 【補助金って何?って人へ③本当に必要か】
  • どういった人が補助金の利用に適していないか、というと金や金や今すぐ金がいるのんや〜!という人には適さない。 補助金で返します〜〜〜〜 補助金の多くは精算払いといって、その補助金に関する事業が終わってから事業報告を認められた後にもらえることが多い [続きを読む]
  • 【どんな補助金を選べば良いの?】
  • 森友学園による補助金不正受給が世間を騒がせている昨今。「なんか、補助金ってややこしいんじゃないの?いろいろと」と思われる人も多いと思う。くせ〜くせ〜胡散臭せ〜そりゃー胡散臭い人が使ったらなんでも胡散臭くなります。補助金はれっきとした国民経済のより良い向上を支援するための行政による政策である。 それが大前提である。しかし、補助金や助成金は国、地方などすべて入れると3000種類以上あるといわれて [続きを読む]
  • 【補助金って何?って人へ】
  • 小規模事業者持続化補助金 (平成28年度 第2次追加分 )の公募が終わった。締め切り間近のご相談が多く(毎回・・・) 最後は燃え尽きた が、とりあえず終了である。その流れで次は次回のものづくり補助金のお問い合わせもいただき業務の幅が広がってきた。さて、あらためて補助金の話を少ししっかりと書いてみたい。(長くなるのでシリーズ化しようかと思う)というか、私がなんの仕事を [続きを読む]
  • 【狭き門より入れ】
  • 狭き門より入れ滅びにいたる門は大きくその路は広くこれより入る者は多し生命にいたる門は狭くその路は細くこれを見出すものは少なし(『マタイ伝7章13節』)人は皆、自分に甘い。目の前にある大きな壁に対して、何かと理由をつけてはその困難から避ける言い訳を作り出す。ダイエットのためにジョギングを始めたのだが、 ↓関連記事【ハートに負荷をかける】 かえってよく食う「これだけ走ったから」と理由を [続きを読む]
  • 【怒りの原因を探る】
  • 先日、けっこう失礼な営業の電話をかけてきやがったくださった女性営業マンがいた。営業「先日はありがと〜〜ございました〜〜ん。かつさんはお仕事も凄く順調なんですね〜ん」私「え?はい、どうも(一回しか会ってないのに何がわかるんだ)」営業「ところで、先日ご紹介した士業向けセミナーに来ませんか?○○総研出身の講師のお話を聞いて売り上げが○倍になった人もたくさんいますよ〜〜〜ん!!」私「(チッ。馴れ馴れしい [続きを読む]
  • 【純情と書いて○○と読む】
  • あなたは純情だろうか?私はたぶんけっこう純情だ。・・・嘘をつきました。大人という動物はなんとも不器用な生き物である。いや、器用に生きられるから上手に嘘をついてしまい、あとから苦しくなるのだ。私たちは他人にも、そして自分にも器用に嘘をついて生きている。素直になるのは怖いものである。人を怒らせるかもしれない。人に嫌われるかもしれない。自分の本性を見られるのが怖い。他人の評価が怖い。だから何でも嘘をつ [続きを読む]
  • 【ロボットで未来は明るい】
  • 日本の未来は明るいとけっこう本気で信じているほうだ。格差社会の拡大だの東アジア情勢だの少子高齢化だのいろいろあるが、地球規模の歴史を考えれば人類というのはやはり進歩してきているのだと思う。ちょっと贅沢になりすぎてるかもしれないとは思う。落合陽一さんのツイッターで、日本の少子高齢化は実は日本が次の段階にパラダイムシフトするためのビッグチャンスだといっていたので、共感した意味でシェアしたい。 落 [続きを読む]
  • 【地方創生をやってるつもりない】
  • 小笠原治氏をご存知だろうか?私は知らない。(知らんのかい)さくらインターネット創業メンバーの一人で現在は京都造形大学教授、DMM.makeのプロデュース(北野武がCM)など日本のインターネットの黎明期から活躍するけっこうすごい方のようである。その小笠原治氏のセミナーに行ってきた。 きっかけは今回のセミナーが『地方創生をやってるつもりない』 というテーマだったからだ。なん [続きを読む]
  • 【ご縁を広げる方法】
  • 袖振り合うも多生の縁とはよくいったもので・・・。古今亭志ん朝の枕のような口ぶりになるほど、ご縁というのは不思議である。「なんでかわからないけど結ばれている」のがご縁なのである。先日『ご縁マップのつくり方』の著者、画道師範Naomiさん のお話を聞く機会があった。「人脈という線が繋がってご縁となるが内と外にそれぞれご縁があり自分自身の器(内)を高めていかないと他人(外)とのご縁は広がらない」とおっし [続きを読む]
  • 【北朝鮮の良いところ】
  • 北朝鮮の良いところは何か?↑(デフォルメしたつもりが、オリジナルの金正恩総書記があまりにもアレなので地味なイラストに思えてしまう・・・)そんなもんあるか!(# ゚Д゚)との声が聞こえてきそうなのだが、あえて、あるとするならば組織づくりがうまかったことだろうか?独裁国家としてだが・・・。キャリアコンサルタントの仕事をしていると、会社の組織づくりがいかに重要かがよくわかる。経営者というのは、 [続きを読む]
  • 【盗んで覚えろ】
  • 事業承継という言葉をご存知だろうか?読んで字のごとく、自社の事業を承継させることである。日本経済において実はとても大きな問題になっている。中小企業だと多くが経営者の子どもが引き継ぐことが多いのだが、業界によっては斜陽産業の状態もあり、承継の担い手になってくれる人がいないことが多いのである。あるアンケート調査によると、法人経営者の3割、個人に至っては7割が廃業予定というデータがある。(2016年2月 日 [続きを読む]
  • 【今最も注目している社長】
  • 最近、Facebookのタイムラインに普通の記事っぽくてだましっぽい広告が多くなってる気がする。ちょっとイライラしている。 昨日、明らかに広告なのだが、少し気になる文章があったので、ついつい してしまった。 「意識高い系のIT社長○○に会える・・・云々」 みたいな、ちょっと変わった文句につい、ざわつかされたのだ。 どんな奴やねん? しかし「いいね」もかなり [続きを読む]
  • 【もう会社辞めたい】
  • 今日、朝のワイドショーで 「4月の時点で会社を辞めた新入社員たちがけっこういる」 という報道がされていた。 長期休暇明けの5月に離職が増えるのは有名だが、4月に退職する若者たちの心境とは、みたいな主旨だった。が、結局パネラーの意見は 「もうちょっとがんばってみたら」 くらいにしか話はまとまらなかった。 まあそうだろう。 キーポイントとして昨年の電通の新卒生の自殺の一 [続きを読む]
  • 【さとうみつろう岸和田に来る】
  • エイプリルフールの昨日。さとうみつろうがオラが町の岸和田浪切ホールにやってきた。 さとうみつろう氏をご存知だろうか。引き寄せの法則とかスピリチュアルが好きな方の間で瞬く間にスーパースターになった若者である。 ↓さとう氏のブログさとうみつろう「笑えるスピリチュアル」 職業は一応作家だそうだが、ブログから人気が爆発し講演会では話だけでなくライブ演奏、はては集団催眠瞑想までやってしまう新し [続きを読む]
  • 【ここにもスコトーマ】
  • 人の脳にはRAS(脳幹網様体賦活系)という部分があり、自分にとって必要な情報だけをピックアップして脳内に取り入れる働きをする。 もしこの機能がないと、世界は情報が多すぎて人の脳がパンクしてしまうのだ。 このフィルターをかけた状態を医学・心理学用語でスコトーマ(盲点)ともいう。 私たちは毎日自分自身で盲点を作ってこの世界を生きている。   [続きを読む]
  • 【寿司と指輪は自分で買う?】
  • お金って大切ですよね。とくに離婚を決意した時は。 子どもがもう親元を離れてくれてたり、自分もキャリアがあれば別だが、私の経験上、離婚相談をする人の大半は離婚後の生活で一番の悩みはお金と仕事の問題のようだ。 漫画家の西原理恵子さんが4月に新刊『女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと』(KADOKAWA)を出すという。そのインタヴュー記事が面白かった。 女の子へ「寿司と指輪は自分 [続きを読む]
  • 【DMと攻殻機動隊】
  • DMと聞いてダイレクトメールを思いつく人はビジネスのことばかり考えてる方であろう。 DMですよDM。どぅむどぅむでもない。 『攻殻機動隊』がスカーレット・ヨハンソン主演で実写化され、4月に日本でも公開される。 北野武が出演したり吹替え声優をオリジナル版で揃えるなどいろいろ話題になっているようだ。押井監督も元気みたいだし。しかし、この映画の紹介映像が配信された時点で気に入ら [続きを読む]
  • 【目標を公言するリスク】
  • 「私今年の夏までには5キロ痩せようと思ってるの」よく聞かれる目標宣言である。人に公言することで自らにプレッシャーをかけると、目標達成しやすくなると言われている。今日参加した勉強会で皆で今年の目標を公言しあった。確かにこれは良いことである。自分の目標を常に再認識することも良いことである。 しかし、これには怖〜い逆説がある。 あなたの廻りに毎年「今年 [続きを読む]
  • 【DVモラハラ被害者への接し方】
  • DVモラハラを支援する側の無理解で2次被害がおこることがある。 というかめちゃくちゃ多いのである。 DVモラハラ被害者が最初に駆け込む場所は多くが警察だったり役所だ。 近年ではDVモラハラやストーカーに関する重大事件への懸念から積極的に助けてくれる行政も多いが、まだまだ広く浸透していないのが実情だ。 私の参加しているDVモラハラ被害者支援団体カシマシの参考となる資料があった [続きを読む]
  • 【自分の人生を生きる】
  • 「自分の人生を生きたいんです」離婚相談をしていた際、相談者が発した言葉である。 それまで感情的な言動はほとんどなかった彼女が、これまでの夫との長年の不仲の過程を語っていく中で 「ずっと抑圧されていたのですか?」 という私の質問が端を発し、ずっと抱えていた感情が吹き出したように、冒頭の言葉が彼女の口から飛び出した。 彼女自身、夫から抑圧(広義のハラスメント)を受けていたとは思って [続きを読む]
  • 【マジックのヒーロー】
  • 男の子は誰しもヒーローがいる。サッカー選手だったり、野球選手だったり。私の場合は手塚治虫だったり鳥山明だったり宮?駿だった。ある子にはマジシャンがヒーローになることもあるかもしれない。今日はさすらいのマジシャン中本 勝得さん(かっちゃん)が大阪岸和田に来てくれた。 会場のオーナーさんが主催する子どもたちの食事会に飛び入りでマジックをしてもらうためだ。。 私もかっちゃんも10人くらいのゲスト [続きを読む]
  • 【最初の直感を信じる】
  • The only real valuable thing is intuition. - Albert Einstein-「本当に価値のあるものは、直感だけである」アインシュタインの言葉だ。 成功者の多くが直感力の大切さに言及しているが、現代社会の中に埋没していると、人は本来持っているはずの『直感力』を鈍ぶらせてしまっている。 しかし、そもそも直感とは何なのだろうか? 最近、90年代の曲をよく聞くのだが、一番多感な [続きを読む]
  • 【へこんで良いんだよ】
  • 相田みつをではないが・・・ 人間たまにはへこむ時もあるのである。 駄目な自分をありのまま認めてあげたら良いのである。 職場でのつまらない失敗。小さなことから始まる夫婦のイザコザ。少しのミスが取引先へ迷惑をかけたこと。 駄目な自分を受け止めて、へこんでしまえば良いのである。 大事なのは自分のバカさ加減だけにフォーカスして、自分や他人を「批判する人」 [続きを読む]