中性脂肪を減らす理由 さん プロフィール

  •  
中性脂肪を減らす理由さん: 中性脂肪を減らす理由
ハンドル名中性脂肪を減らす理由 さん
ブログタイトル中性脂肪を減らす理由
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/c0p98dzi
サイト紹介文ポッコリおなかを見て、中性脂肪をなんとかしたいと思うんですが、なかなか簡単にできません!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供183回 / 61日(平均21.0回/週) - 参加 2017/03/24 16:52

中性脂肪を減らす理由 さんのブログ記事

  • 中性脂肪を下げるサプリメントを飲む
  • 中性脂肪を下げるサプリメントを飲む自炊の習慣がない人や、魚が苦手といった人は、思うように食事を変えることが難しいと思います。そんな人には、青魚の中性脂肪低下成分DHA・EPAを中心とする成分をサプリで補うのがおすすめです。「まずはサプリから」と中性脂肪を落とす対策を始める方も多いようです。中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒をよく飲む・運動不足な方など中性脂肪を減らす理由を知りたい方は⇒ 中性脂肪 [続きを読む]
  • 中性脂肪が多くなると脂肪肝
  • 中性脂肪は肝臓で合成されますが、中性脂肪が多くなると脂肪肝、いわゆるフォアグラのような状態になっていきます。こうなると肝臓の機能(肝機能)が低下し、肝硬変や肝臓がんに移行する可能性が高くなります。「肝臓の病気」というとアルコールが原因のように思われますが、上記のように中性脂肪が原因になる場合もあります。肝臓の病気は、食べ過ぎでの肥満、炭水化物や糖分の摂りすぎによっても引き起こされる可能性がある、と [続きを読む]
  • 妊娠中は中性脂肪が上がりすぎると、高血圧になりやすくなる
  • 妊娠中(20代〜40歳くらい)妊娠中は中性脂肪が上がりすぎると、高血圧になりやすくなるので、心臓や肺などの循環に負担がかかり、出産時のリスクが増す危険性があります。妊娠中も中性脂肪をきちんと管理しましょう。具体的食事方法妊娠中の体重増加は、胎児、胎盤や羊水分は7kg、脂肪分は3kgの合計10kg前後の増量が望ましいとされています。妊娠中に体重が増えすぎると、その分血中の中性脂肪も増える原因となり。妊娠中は10〜12 [続きを読む]
  • 脂肪を燃焼させる有酸素運動
  • 脂肪を燃焼させる有酸素運動脂肪を燃焼させるにはただ単に有酸素運動をするだけでは意味がなく、考えてしないと全く意味がないものとなってしまいます。脂肪を燃焼させる為には心拍数をある程度上げる必要があります。その為にウォーキングではなく、ランニングといった負荷を与えるものをする必要があります。中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒をよく飲む・運動不足な方など中性脂肪を減らす理由を知りたい方は⇒ 中性 [続きを読む]
  • 中性脂肪の基準値
  • 中性脂肪の基準値ですが、血液中の中性脂肪の値が150mg/dl以上となると「脂質異常症(高中性脂肪血症)」とされ、注意が必要です。中性脂肪の標準値は、男女、年齢によって変化しますが、およそ39〜149mg/dlが正常とされています。正常値は30〜149mg/dl異常値は29mg/dl以下または150mg/dl以上特に中性脂肪の値が150mg/dl以上の状態は危険値で、「高トリグリセリド血症」と呼ばれています。中性脂肪には、「〇mg/dlがちょうどいい [続きを読む]
  • 中性脂肪を落とすには、食事と運動、お酒の飲み方を守ることが重要です。
  • 中性脂肪を落とすには、食事と運動、お酒の飲み方を守ることが重要です。他にも、中性脂肪を下げる効果のあるサプリメントで対策をサポートする方法もあります。どれも即効性があるわけではなく、毎日少しずつでいいから続けるのが何よりの最短コース、コツといえます。中性脂肪は、早い人なら1、2カ月で数値が改善するそうです。どれか一つでも自分にできそうな方法を見つけ、飽きないように組み合わせながら毎日どれか一つはトラ [続きを読む]
  • 脂肪を燃焼させるには
  • 脂肪を燃焼させるには1964_72走っていても、すぐに燃焼が始まるというわけではありません。大体20分から30分くらい経つと脂肪の燃焼が始まりますので、短い時間で苦しいと感じたら、ペースを落とすなどして、続けられる状況を作り出す必要があります。ここで重要なのが心拍数を上げつつ、継続出来る速さを掴む事が良いです。更に筋肉も増やしておく事で、脂肪を燃焼させやすい体も作る事ができます。中性脂肪値が高い方・食生活が [続きを読む]
  • 動を一人で行うのが難しい人は、スポーツジムなどに通う
  • ジムに通う運動を一人で行うのが難しい人は、スポーツジムなどに通う方法があります。ジムによっては、様々なプログラムが用意されていたり、プールやトレーニング機器が豊富であったりと、飽きずに運動ができます。ただし、ジムの登録だけして、全く行かずに満足してしまったということのないよう注意してください。中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒をよく飲む・運動不足な方など中性脂肪を減らす理由を知りたい方は⇒ [続きを読む]
  • 血管が固まっていく動脈硬化
  • 血管が固まっていく動脈硬化脂質異常症が、動脈硬化を早めます。動脈とは、心臓から送り出される酸素をたくさん含んだ血液の通り道です。体の隅々までに酸素を運ぶ役割のある動脈が、加齢とともに柔軟性を失い硬くなっていくのですが、これを動脈硬化といいます。動脈硬化を引き起こす要因は老化現象だと言われていますが、中性脂肪により更に動脈硬化の症状を加速させてしまいます。中性脂肪は、直接動脈硬化を引き起こすわけであ [続きを読む]
  • アルコールが中性脂肪値を上げるのは何故?
  • アルコールが中性脂肪値を上げるのは何故?よく中性脂肪値を低下させるためには、「節酒」「禁酒」と言われます。飲酒お酒には、糖分が含まれていますので、飲酒によって中性脂肪が増えることは増えますが、アルコールが直接、中性脂肪になるわけではありません。アルコールは、肝臓で水と二酸化炭素に分解されますが、その分解過程で、中世脂肪の合成を促す酵素を発生させてしまいます。このために中性脂肪が増えるということにな [続きを読む]
  • 脂肪を燃焼させる有酸素運動
  • 脂肪を燃焼させる有酸素運動脂肪を燃焼させるにはただ単に有酸素運動をするだけでは意味がなく、考えてしないと全く意味がないものとなってしまいます。脂肪を燃焼させる為には心拍数をある程度上げる必要があります。その為にウォーキングではなく、ランニングといった負荷を与えるものをする必要があります。中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒をよく飲む・運動不足な方など中性脂肪を減らす理由を知りたい方は⇒ 中性 [続きを読む]
  • 中性脂肪(TG)値が低い場合は、低中性脂肪血症
  • 中性脂肪(TG)値が低い場合は、低中性脂肪血症中性脂肪は、生命維持活動に必要な細胞や血管を構築するための栄養素になりますので、少なすぎても問題になります。偏頭痛や目まいなどが起こる場合もありますが、通常、基準値以下でも普通の生活している場合であれば、問題ありません。ただし、ホルモンのバランスが崩れる甲状腺機能亢進症という病気になっている場合や、肝臓の病気になっている場合もありますので、その辺りは注意 [続きを読む]
  • 中性脂肪・動脈硬化が引き起こす病気
  • 中性脂肪・動脈硬化が引き起こす病気病気健康診断などで「中性脂肪が下げましょう」と言われても、いったい中性脂肪が高いとどんな危険があるのか、すぐにはぴんときませんよね。一言に中性脂肪といっても引き起こす病気は様々です。血液中の中性脂肪の値が高いからといってすぐに重大な病気になるというわけではありませんが、じわじわと様々な病気へ向かうというように考え、ゆっくりでも確実に対策していくことが必要になります [続きを読む]
  • 中性脂肪が増える仕組み
  • 中性脂肪が増える仕組み生命維持に必要なエネルギーとして「炭水化物」「タンパク質」「脂質」が挙げられます。それぞれ体のエネルギー源になるのですが、エネルギーの消費量以上に摂取すると、最終的に中性脂肪として蓄えられてしまいます。ここでは、食べ物が中性脂肪になる流れを簡単に解説します。炭水化物(糖質)炭水化物は、腸内で消化されてブドウ糖となり、筋肉や脳のエネルギーになります。ブドウ糖が余るとグリコーゲン [続きを読む]
  • 毎日の生活にちょっとした運動を取り入れる
  • 普段の生活に運動を取り入れる普段忙しくて、なかなか運動する時間が取れない方は、毎日の生活にちょっとした運動を取り入れることで、一日の消費カロリーをアップさせることができます。具体的には以下の方法があります。・エレベーター類を使わずに、階段を使用する。・電車通勤の場合は、一つ前から降りて、会社や家まで歩くようにする。・自転者通勤を行う。適度な運動には、ストレスを発散させる効果もあります。自分の生活ス [続きを読む]
  • 血管が固まっていく動脈硬化
  • 血管が固まっていく動脈硬化脂質異常症が、動脈硬化を早めます。動脈とは、心臓から送り出される酸素をたくさん含んだ血液の通り道です。体の隅々までに酸素を運ぶ役割のある動脈が、加齢とともに柔軟性を失い硬くなっていくのですが、これを動脈硬化といいます。動脈硬化を引き起こす要因は老化現象だと言われていますが、中性脂肪により更に動脈硬化の症状を加速させてしまいます。中性脂肪は、直接動脈硬化を引き起こすわけであ [続きを読む]
  • 毎日の生活にちょっとした運動を取り入れる
  • 普段の生活に運動を取り入れる普段忙しくて、なかなか運動する時間が取れない方は、毎日の生活にちょっとした運動を取り入れることで、一日の消費カロリーをアップさせることができます。具体的には以下の方法があります。・エレベーター類を使わずに、階段を使用する。・電車通勤の場合は、一つ前から降りて、会社や家まで歩くようにする。・自転者通勤を行う。適度な運動には、ストレスを発散させる効果もあります。自分の生活ス [続きを読む]
  • 中性脂肪だけ低いが悪玉コレステロールは高い。
  • 中性脂肪だけ低いが悪玉コレステロールは高い。どうしたらいい?→痩せ型の人に多いです。対策が必要です。 脂肪の貯えが少なくても、血管壁に悪玉コレステロールがへばりつきやすい体質の人がいます。コレステロールを下げる食物繊維や、動脈硬化を防ぐポリフェノールなどを積極的に摂って動脈硬化を防ぎましょう。中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒をよく飲む・運動不足な方など中性脂肪を減らす理由を知りたい方は⇒ [続きを読む]
  • 中性脂肪が高くなるいろいろな原因
  • 中性脂肪が高くなるいろいろな原因中性脂肪は、上に挙げたような食事、アルコールの摂取の仕方以外にも、次のような原因で高くなります。当てはまる人は改善していきましょう。中性脂肪が高い人の行動パターン肉の脂身が好きで、とんかつや焼き肉をよく食べるアルコールを頻繁に飲む。特に酔っぱらうまで飲んでしまうお腹がいっぱいになるまで食べる甘い飲み物をよく飲むおやつをよく食べる、寝る前にアイスを食べるなど間食がやめ [続きを読む]
  • 中性脂肪(ちゅうせいしぼう)とは
  • 中性脂肪(ちゅうせいしぼう)とは、人間の体を動かすエネルギー源となる物質で、別名「トリグリセリド(トリアシルグリセロール またはトリグリセライド)」と呼ばれ、健康診断の検査結果では「TG」等の記号で表示されています。主に食物から取得された脂質は、小腸から吸収されて血液中に入り、体内の生命維持活動に利用されますが、使い切れなかった余ったエネルギーは中性脂肪として蓄えられます。いわゆる、体についたぶよぶ [続きを読む]
  • 中性脂肪の値が高い場合の病気
  • 中性脂肪の値が高い場合の病気中性脂肪値が高い場合に引き起こされる病気は、大きく2つの系統に分かれます。①動脈硬化とそれによる病気中性脂肪による動脈硬化中性脂肪値が高い場合は、まずは「脂質異常症」と診断されます。脂質異常症になると、LDLコレステロールが増え、血管が硬くなっていく動脈硬化が進みます。そして、この動脈硬化が様々な重大な病気につながっていくことになります。動脈硬化が進むと、心筋梗塞、脳梗塞 [続きを読む]
  • サプリを併用すると中性脂肪は早く確実に下げられる!
  • サプリを併用すると中性脂肪は早く確実に下げられる!青魚に含まれるDHA・EPAという成分はご存じですか?サプリを併用すると中性脂肪は早く確実に下げられる!!実は青魚のDHAとEPAには中性脂肪を効果的に下げてくれる効果があると話題の健康成分です。食生活で青魚を意識して食べるようにするのと共に、DHAとEPAが配合されたサプリメントを併用するのがより早く確実に下げるためのコツです。しかしDHA・EPAサプリならなんでも良いと [続きを読む]
  • 中性脂肪を下げる食品を摂る
  • 中性脂肪を下げる食品を摂る中性脂肪を下げる効果のある食品は、実は身近にたくさんあり、直接的に中性脂肪を下げるもの、中性脂肪の吸収を抑制するもの、中性脂肪の燃焼を助けるものなど様々な栄養素があります。中性脂肪が高い人は、食の好みや環境によってそれらの食品をあまり食べていない可能性があります。これらをおかずに一品取り入れてみたり、外食やお弁当を選ぶときにも気を付けていくと有効です。中性脂肪を下げる身近 [続きを読む]
  • 献血についてくる血液検査サービスで中性脂肪はわかる?
  • 献血についてくる血液検査サービスで中性脂肪はわかる?→中性脂肪はチェックできません。日本赤十字社で献血をすると、無料で受けられる血液検査サービスがありますが、残念ながら中性脂肪(TG)は検査項目に含まれないようです。(日本赤十字社 検査項目のページより)中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒をよく飲む・運動不足な方など中性脂肪を減らす理由を知りたい方は⇒ 中性脂肪にイマークS お試し1000円、 [続きを読む]