中性脂肪を減らす理由 さん プロフィール

  •  
中性脂肪を減らす理由さん: 中性脂肪を減らす理由
ハンドル名中性脂肪を減らす理由 さん
ブログタイトル中性脂肪を減らす理由
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/c0p98dzi
サイト紹介文ポッコリおなかを見て、中性脂肪をなんとかしたいと思うんですが、なかなか簡単にできません!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供98回 / 32日(平均21.4回/週) - 参加 2017/03/24 16:52

中性脂肪を減らす理由 さんのブログ記事

  • アルコールが中性脂肪値を上げるのは何故?
  • アルコールが中性脂肪値を上げるのは何故?よく中性脂肪値を低下させるためには、「節酒」「禁酒」と言われます。飲酒お酒には、糖分が含まれていますので、飲酒によって中性脂肪が増えることは増えますが、アルコールが直接、中性脂肪になるわけではありません。アルコールは、肝臓で水と二酸化炭素に分解されますが、その分解過程で、中世脂肪の合成を促す酵素を発生させてしまいます。このために中性脂肪が増えるということにな [続きを読む]
  • 献血についてくる血液検査サービスで中性脂肪はわかる?
  • 献血についてくる血液検査サービスで中性脂肪はわかる?→中性脂肪はチェックできません。日本赤十字社で献血をすると、無料で受けられる血液検査サービスがありますが、残念ながら中性脂肪(TG)は検査項目に含まれないようです。(日本赤十字社 検査項目のページより)中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒をよく飲む・運動不足な方など中性脂肪を減らす理由を知りたい方は⇒ 中性脂肪にイマークS お試し1000円、 [続きを読む]
  • 中性脂肪が上がる原因
  • 中性脂肪が上がる原因中性脂肪が高い人は、ほとんどの場合、食生活と運動習慣に問題があります。だめとわかっていても揚げ物や焼き肉が大好きおなかいっぱいまで食べるのが幸せなんとなくおやつを食べたり、甘いものを飲みたくなったりしてしまう最低限の移動以外の運動を特にしていない外食やコンビニが多く、自炊をあまりしないお酒を酔っぱらうまで飲む夕食を食べるのが深夜になってしまうといった項目に当てはまる人は、中性脂 [続きを読む]
  • 甲状腺機能亢進症とは?
  • 甲状腺機能亢進症とは?甲状腺機能亢進症とは、女性に多いバセドウ病が代表的な病気です。甲状腺機能亢進症は、過去の履歴や血液検査によって判断され、血中の甲状腺刺激ホルモンの量で判断されます。甲状腺刺激ホルモンが低い場合、血中のトリヨードサイロニンとサイロキシンの量が高くなり、脳下垂体の動きが抑制されている状態で、甲状腺亢進症を発症しているといえます。症状としては、甲状腺ホルモンの分泌が亢進するとエネル [続きを読む]
  • 中性脂肪イコール悪者ではありません
  • 中性脂肪は生きていくために必要な体のエネルギー源なので、中性脂肪イコール悪者ではありません。しかし、血中の中性脂肪値が高すぎると「脂質異常症」という状態になり、全身の血管の動脈硬化が進む原因となります。動脈硬化はサイレントキラーと呼ばれる危険因子ですので、若いうちから積極的に中性脂肪対策をしていく必要があります。中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒をよく飲む・運動不足な方など中性脂肪を減らす [続きを読む]
  • 動脈硬化が引き起こす狭心症
  • 動脈硬化が引き起こす狭心症1964_70狭心症(きょうしんしょう)とは、動脈硬化等により、心臓の筋肉に酸素が行きとどかない重大な病気です。心臓の筋肉に酸素が行きとどかず、胸痛や胸部圧迫感等の症状が見られるものです。締め付けられるような胸の痛み、圧迫感が主な症状ですが他にも動機、不整脈、呼吸困難、嘔吐等の症状も見られます。動脈硬化によって、心臓の動脈が狭くなり、血液が十分に通らなくなるのです。狭心症の検査 [続きを読む]
  • 中性脂肪は、後戻りできない動脈硬化を進行させてしまう
  • 中性脂肪は、値が高いからといってすぐに病気になるわけではありませんが、忙しさにまぎれているうちに、自覚症状なく、後戻りできない動脈硬化を進行させてしまうのがこわいという性質があります。「高めかな?」という程度の数字から対策を始めてください。中性脂肪は、食事・運動を始めてから早ければ1〜2カ月で数値が変わってくると言われています。諦めたり放置したりせず、できることを今日からやってみましょう。中性脂肪値 [続きを読む]
  • 血管が固まっていく動脈硬化
  • 血管が固まっていく動脈硬化脂質異常症が、動脈硬化を早めます。動脈とは、心臓から送り出される酸素をたくさん含んだ血液の通り道です。体の隅々までに酸素を運ぶ役割のある動脈が、加齢とともに柔軟性を失い硬くなっていくのですが、これを動脈硬化といいます。動脈硬化を引き起こす要因は老化現象だと言われていますが、中性脂肪により更に動脈硬化の症状を加速させてしまいます。中性脂肪は、直接動脈硬化を引き起こすわけであ [続きを読む]
  • ステッパー運動を続けていると、
  • ステッパー運動を続けていると、膝の痛みなどの思わぬトラブルが起きたりすることもありますから、そういった時には無理をせず、しっかりと休みを取ることが大切です。あくまでも自分のペースに合った速さでゆっくりと行う事で膝の痛みなどを防止する事が長期間継続する秘訣です。ステッパー運動を行うにあたって、準備として忘れてはならないものは水とタオルです。1964_74有酸素運動は、発汗作用が大きいので、こまめな水分補給 [続きを読む]
  • 中性脂肪を生成を促すアルコールの摂取を控える
  • 中性脂肪を生成を促すアルコールの摂取を控える飲酒よく「飲酒が中性脂肪の原因だ」と言われますが、アルコール自体は、中性脂肪にはなりません。肝臓で分解されるアルコールは、肝臓がアルコール分解を優先するために、肝臓の脂肪酸を分解する力を奪ってしまいます。それに伴い、中性脂肪の前身である脂肪酸の蓄積が起こるという流れです。脂肪酸の蓄積が起こるのと同時に、脂肪酸から中性脂肪の合成を促進する酵素が働きだすので [続きを読む]
  • 中性脂肪はどれくらいで下がるの?
  • 中性脂肪はどれくらいで下がるの?→早ければ1~2か月で変化します。 しかし同時に元に戻りやすくもありますので、生活習慣の改善を始めたら、ずっと続けるものだと思うといいかもしれません。はじめはつらいですが、徐々に体が慣れてくると、健康的な生活を気持ちよく感じるようになりますよ。中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒をよく飲む・運動不足な方など中性脂肪を減らす理由を知りたい方は⇒ 中性脂肪にイマークS [続きを読む]
  • 中性脂肪が増える仕組み
  • 中性脂肪が増える仕組み生命維持に必要なエネルギーとして「炭水化物」「タンパク質」「脂質」が挙げられます。それぞれ体のエネルギー源になるのですが、エネルギーの消費量以上に摂取すると、最終的に中性脂肪として蓄えられてしまいます。ここでは、食べ物が中性脂肪になる流れを簡単に解説します。炭水化物(糖質)炭水化物は、腸内で消化されてブドウ糖となり、筋肉や脳のエネルギーになります。ブドウ糖が余るとグリコーゲン [続きを読む]
  • 中性脂肪(TG)値が高い場合は、脂質異常症
  • 中性脂肪(TG)値が高い場合は、脂質異常症脂質異常症(以前の名称「高脂血症」)は、血液中の中性脂肪やコレステロールが必要以上に増えすぎた病気です。高脂血症とは、血液に溶け込んでいる中性脂肪やコレステロールの量が過剰な状態をいいます。このうち一つでも当てはまれば、脂質異常症(高脂血症)と診断されます。中性脂肪値が高い場合は、高トリグリセライド血症と呼ばれます。脂質異常症は、遺伝的要素をはじめ、運動不足 [続きを読む]
  • 毎日の生活にちょっとした運動を取り入れる
  • 普段の生活に運動を取り入れる普段忙しくて、なかなか運動する時間が取れない方は、毎日の生活にちょっとした運動を取り入れることで、一日の消費カロリーをアップさせることができます。具体的には以下の方法があります。・エレベーター類を使わずに、階段を使用する。・電車通勤の場合は、一つ前から降りて、会社や家まで歩くようにする。・自転者通勤を行う。適度な運動には、ストレスを発散させる効果もあります。自分の生活ス [続きを読む]
  • 女性は、筋肉量が減れば、基礎代謝が下がる
  • 具体的な運動方法年齢を重ねると共に、使わない筋肉はどんどん衰えていきます。女性はもともと筋肉が男性より少なく、筋肉量が減れば、基礎代謝が下がるので、それだけ太りやすくなってしまいます。毎日30分程度の適度な運動は、適正な中性脂肪の値を保つだけでなく、足腰や心肺機能を丈夫にする効果もあります。以下に、この時期の女性に向いている運動を挙げます。ウォーキング有酸素運動であるウォーキングは、効率的に体内に蓄 [続きを読む]
  • 中性脂肪を下げる運動方法
  • 中性脂肪を下げる運動方法中性脂肪値を下げるには、食事によって余分に摂取したエネルギーを消費させる必要があります。脂肪を効率よく燃やすには、有酸素運動が有効です。運動は、一週間分をまとめて行うよりも、日々行う方が効果的とされています。中性脂肪の値を下げるために、毎日30分程度の運動を取り入れましょう。以下に、生活に運動を取り入れる具体的な方法を挙げていきます。中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒 [続きを読む]
  • 中性脂肪を下げる食品を摂る
  • 中性脂肪を下げる食品を摂る中性脂肪を下げる効果のある食品は、実は身近にたくさんあり、直接的に中性脂肪を下げるもの、中性脂肪の吸収を抑制するもの、中性脂肪の燃焼を助けるものなど様々な栄養素があります。中性脂肪が高い人は、食の好みや環境によってそれらの食品をあまり食べていない可能性があります。これらをおかずに一品取り入れてみたり、外食やお弁当を選ぶときにも気を付けていくと有効です。中性脂肪を下げる身近 [続きを読む]
  • 中性脂肪を下げる運動方法
  • 中性脂肪を下げる運動方法中性脂肪値を下げるには、食事によって余分に摂取したエネルギーを消費させる必要があります。脂肪を効率よく燃やすには、有酸素運動が有効です。運動は、一週間分をまとめて行うよりも、日々行う方が効果的とされています。中性脂肪の値を下げるために、毎日30分程度の運動を取り入れましょう。以下に、生活に運動を取り入れる具体的な方法を挙げていきます。中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒 [続きを読む]
  • アルコール量を減らす
  • アルコール量を減らすアルコールの飲み過ぎは、中性脂肪の値が高くなる原因となります。男性の方は特に、飲み会や晩酌などアルコールを飲む量が増える傾向にあります。毎日のアルコール量はビール缶一杯分と決め、お酒を飲み過ぎないようにしましょう。中性脂肪が高くてもビールが飲みたいとき、糖質オフを選んだ方がいい?また、一週間のうちに休肝日を設けるようにしましょう。中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒をよく [続きを読む]
  • 中性脂肪を減らす効果が高い成分
  • 中性脂肪を減らす効果が高い成分として注目されているのがアジやサバなど背中が青い魚に含まれるDHAとEPAという成分です。最近ではテレビや雑誌で頻繁に取り上げられるのでご存じの方も多いと思います。日頃から意識して魚を多く食べる食生活に切り替えるだけでも有効です。劇的な即効性はないので、長期的に魚中心の食生活に切り替える必要があります。それだけでも効果的なのですが、さらにもう一歩踏み込んだ中性脂肪対策として [続きを読む]
  • 中性脂肪の基準値
  • 中性脂肪の基準値ですが、血液中の中性脂肪の値が150mg/dl以上となると「脂質異常症(高中性脂肪血症)」とされ、注意が必要です。中性脂肪の標準値は、男女、年齢によって変化しますが、およそ39〜149mg/dlが正常とされています。正常値は30〜149mg/dl異常値は29mg/dl以下または150mg/dl以上特に中性脂肪の値が150mg/dl以上の状態は危険値で、「高トリグリセリド血症」と呼ばれています。中性脂肪には、「〇mg/dlがちょうどいい [続きを読む]
  • 妊娠中は中性脂肪が上がりすぎると、高血圧になりやすくなる
  • 妊娠中(20代〜40歳くらい)妊娠中は中性脂肪が上がりすぎると、高血圧になりやすくなるので、心臓や肺などの循環に負担がかかり、出産時のリスクが増す危険性があります。妊娠中も中性脂肪をきちんと管理しましょう。具体的食事方法妊娠中の体重増加は、胎児、胎盤や羊水分は7kg、脂肪分は3kgの合計10kg前後の増量が望ましいとされています。妊娠中に体重が増えすぎると、その分血中の中性脂肪も増える原因となり。妊娠中は10〜12 [続きを読む]
  • サプリを併用すると中性脂肪は早く確実に下げられる!
  • サプリを併用すると中性脂肪は早く確実に下げられる!青魚に含まれるDHA・EPAという成分はご存じですか?サプリを併用すると中性脂肪は早く確実に下げられる!!実は青魚のDHAとEPAには中性脂肪を効果的に下げてくれる効果があると話題の健康成分です。食生活で青魚を意識して食べるようにするのと共に、DHAとEPAが配合されたサプリメントを併用するのがより早く確実に下げるためのコツです。しかしDHA・EPAサプリならなんでも良いと [続きを読む]
  • 食事は腹8分目まで
  • 食事は腹8分目まで食事を食べ終わっても、満腹感を得られず、ご飯をおかわりしてしまう方も多いと思います。ご飯のおかわり分はそれだけ、体にとって余分なエネルギーとなります。一口20回ずつよく噛み、食事を20分以上かけると、血糖値が上がることで、脳が満腹感を感じやすくなります。食事はゆっくり取り、腹8分目までにしましょう。中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒をよく飲む・運動不足な方など中性脂肪を減らす [続きを読む]
  • 妊娠中の適度な運動は、中性脂肪の値を適正に保つ
  • 具体的な運動方法妊娠中の適度な運動は、中性脂肪の値を適正に保つだけでなく、出産に必要な腰回りの筋肉を鍛える効果もあります。妊娠中は、ウォーキングやヨガなどの軽めの全身運動が適しています。ジャンプが必要なスポーツは、お腹の赤ちゃんにも負担がかかるのでおすすめできません。最近では、妊婦さん向けのマタニティビクスなどの教室も多くあります。毎日10〜30分無理のない範囲で、運動を取り入れるようにしましょう。中 [続きを読む]