中性脂肪を減らす理由 さん プロフィール

  •  
中性脂肪を減らす理由さん: 中性脂肪を減らす理由
ハンドル名中性脂肪を減らす理由 さん
ブログタイトル中性脂肪を減らす理由
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/c0p98dzi
サイト紹介文ポッコリおなかを見て、中性脂肪をなんとかしたいと思うんですが、なかなか簡単にできません!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供486回 / 152日(平均22.4回/週) - 参加 2017/03/24 16:52

中性脂肪を減らす理由 さんのブログ記事

  • 脂肪を燃焼させるには
  • 脂肪を燃焼させるには1964_72走っていても、すぐに燃焼が始まるというわけではありません。大体20分から30分くらい経つと脂肪の燃焼が始まりますので、短い時間で苦しいと感じたら、ペースを落とすなどして、続けられる状況を作り出す必要があります。ここで重要なのが心拍数を上げつつ、継続出来る速さを掴む事が良いです。更に筋肉も増やしておく事で、脂肪を燃焼させやすい体も作る事ができます。中性脂肪値が高い方・食生活が [続きを読む]
  • 動を一人で行うのが難しい人は、スポーツジムなどに通う
  • ジムに通う運動を一人で行うのが難しい人は、スポーツジムなどに通う方法があります。ジムによっては、様々なプログラムが用意されていたり、プールやトレーニング機器が豊富であったりと、飽きずに運動ができます。ただし、ジムの登録だけして、全く行かずに満足してしまったということのないよう注意してください。中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒をよく飲む・運動不足な方など中性脂肪を減らす理由を知りたい方は⇒ [続きを読む]
  • 中性脂肪を下げるサプリメントを飲む
  • 中性脂肪を下げるサプリメントを飲む自炊の習慣がない人や、魚が苦手といった人は、思うように食事を変えることが難しいと思います。そんな人には、青魚の中性脂肪低下成分DHA・EPAを中心とする成分をサプリで補うのがおすすめです。「まずはサプリから」と中性脂肪を落とす対策を始める方も多いようです。中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒をよく飲む・運動不足な方など中性脂肪を減らす理由を知りたい方は⇒ 中性脂肪 [続きを読む]
  • 中性脂肪の値が高い場合の病気
  • 中性脂肪の値が高い場合の病気中性脂肪値が高い場合に引き起こされる病気は、大きく2つの系統に分かれます。①動脈硬化とそれによる病気中性脂肪による動脈硬化中性脂肪値が高い場合は、まずは「脂質異常症」と診断されます。脂質異常症になると、LDLコレステロールが増え、血管が硬くなっていく動脈硬化が進みます。そして、この動脈硬化が様々な重大な病気につながっていくことになります。動脈硬化が進むと、心筋梗塞、脳梗塞 [続きを読む]
  • 中性脂肪が引き起こす脂肪肝
  • 中性脂肪が引き起こす脂肪肝脂肪肝とは中性脂肪が溜まりすぎている病気です。脂肪肝にかかっている場合でも、自覚症状は、殆どありません。したがって、脂肪肝は血液検査で見つけるしか無く、基本的には血液検査のGOT、GPT、r−GTPの値が高いと脂肪肝であると判定されます。ただ、脂肪肝であるにもかかわらず、これらの値は正常なこともあり、超音波検査やCT検査によって初めて脂肪肝と分かることもあります。アルコール [続きを読む]
  • 健康診断でTG値が高い場合
  • 健康診断でTG値が高い場合は、内科医などへの診察を勧められると思います。なぜ中性脂肪は対策しなければならないのか解説します。もっとも大きな理由は、血中の中性脂肪が多いと動脈硬化が起こり、心臓や脳への取り返しのつかないリスクが生じてしまうからです。中性脂肪が高くなると、血液中の善玉コレステロール(HDLコレステロール)が減少してしまい、悪玉コレステロール(LDLコレステロール)が増加してしまいます。中性脂肪 [続きを読む]
  • 女性の中性脂肪が上がる原因
  • 女性の中性脂肪が上がる原因中性脂肪の値が上がる原因に、食べ過ぎや飲みすぎがあります。人間は20歳を過ぎると、加齢とともに、基礎代謝が徐々に低下していきます。食べる量が同じでも、消費カロリーは年々減って行くので、余ったエネルギーは中性脂肪に合成され、後に脂肪として蓄えられるようになります。また女性には、妊娠、閉経など、ライフステージに中性脂肪が上がりやすい時期があります。中性脂肪値が高い方・食生活が偏 [続きを読む]
  • 甲状腺機能亢進症とは?
  • 甲状腺機能亢進症とは?甲状腺機能亢進症とは、女性に多いバセドウ病が代表的な病気です。甲状腺機能亢進症は、過去の履歴や血液検査によって判断され、血中の甲状腺刺激ホルモンの量で判断されます。甲状腺刺激ホルモンが低い場合、血中のトリヨードサイロニンとサイロキシンの量が高くなり、脳下垂体の動きが抑制されている状態で、甲状腺亢進症を発症しているといえます。症状としては、甲状腺ホルモンの分泌が亢進するとエネル [続きを読む]
  • 血管が固まっていく動脈硬化
  • 血管が固まっていく動脈硬化脂質異常症が、動脈硬化を早めます。動脈とは、心臓から送り出される酸素をたくさん含んだ血液の通り道です。体の隅々までに酸素を運ぶ役割のある動脈が、加齢とともに柔軟性を失い硬くなっていくのですが、これを動脈硬化といいます。動脈硬化を引き起こす要因は老化現象だと言われていますが、中性脂肪により更に動脈硬化の症状を加速させてしまいます。中性脂肪は、直接動脈硬化を引き起こすわけであ [続きを読む]
  • 献血についてくる血液検査サービスで中性脂肪はわかる?
  • 献血についてくる血液検査サービスで中性脂肪はわかる?→中性脂肪はチェックできません。日本赤十字社で献血をすると、無料で受けられる血液検査サービスがありますが、残念ながら中性脂肪(TG)は検査項目に含まれないようです。(日本赤十字社 検査項目のページより)中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒をよく飲む・運動不足な方など中性脂肪を減らす理由を知りたい方は⇒ 中性脂肪にイマークS お試し1000円、 [続きを読む]
  • 中性脂肪イコール悪者ではありません
  • 中性脂肪は生きていくために必要な体のエネルギー源なので、中性脂肪イコール悪者ではありません。しかし、血中の中性脂肪値が高すぎると「脂質異常症」という状態になり、全身の血管の動脈硬化が進む原因となります。動脈硬化はサイレントキラーと呼ばれる危険因子ですので、若いうちから積極的に中性脂肪対策をしていく必要があります。中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒をよく飲む・運動不足な方など中性脂肪を減らす [続きを読む]
  • 健康診断でTG値が高い場合
  • 健康診断でTG値が高い場合は、内科医などへの診察を勧められると思います。なぜ中性脂肪は対策しなければならないのか解説します。もっとも大きな理由は、血中の中性脂肪が多いと動脈硬化が起こり、心臓や脳への取り返しのつかないリスクが生じてしまうからです。中性脂肪が高くなると、血液中の善玉コレステロール(HDLコレステロール)が減少してしまい、悪玉コレステロール(LDLコレステロール)が増加してしまいます。中性脂肪 [続きを読む]
  • 動脈硬化が引き起こす狭心症
  • 動脈硬化が引き起こす狭心症1964_70狭心症(きょうしんしょう)とは、動脈硬化等により、心臓の筋肉に酸素が行きとどかない重大な病気です。心臓の筋肉に酸素が行きとどかず、胸痛や胸部圧迫感等の症状が見られるものです。締め付けられるような胸の痛み、圧迫感が主な症状ですが他にも動機、不整脈、呼吸困難、嘔吐等の症状も見られます。動脈硬化によって、心臓の動脈が狭くなり、血液が十分に通らなくなるのです。狭心症の検査 [続きを読む]
  • 男性の中性脂肪が上がる原因
  • 男性の中性脂肪が上がる原因中性脂肪の上がる原因には、単純にエネルギー摂取量の過多、つまり食べ過ぎや飲み過ぎが原因になります。食事で摂った過剰分のエネルギーは肝臓にて中性脂肪に合成され、体の組織に蓄えられます。また、お酒に含まれるアルコールは、その分解過程で、中性脂肪の合成を促します。881_3働き盛りの世代である30代から60代の男性は、外食やお酒を飲む機会が多く、中性脂肪が高くなりやすいのです。また男性 [続きを読む]
  • 中性脂肪とは、肝臓や脂肪細胞に蓄えられたもの
  • 中性脂肪とは、摂取したエネルギーが体で消費されず余った場合に、肝臓や脂肪細胞に蓄えられたものです。本来は人体にとって必要不可欠なエネルギー源であり、体温を保ったり内臓を守ったりするクッションとしての役割もある重要な成分ですが、多すぎると動脈硬化を起こし、じわじわと進行してしまうと、動脈硬化の結果として脳卒中や心筋梗塞といった重大な病気を招いてしまう可能性もあります。中性脂肪の血液検査結果は、次のよ [続きを読む]
  • ステッパー運動で効率的に中性脂肪値を下げるための方法
  • ステッパー運動で効率的に中性脂肪値を下げるための方法ステッパーステッパーを使用した有酸素運動は、日常的に行う事によって、適宜な心拍数の上昇を促し、中性脂肪値を下げるのにとても有効であるということが実証されています。ステッパーなどの有酸素運動により、心拍数を高める事で血液の循環を促進し、体全体の細胞の隅々に充分な酸素が送り込まれます。そうすると体内の酸素の血中濃度が高まることで、余分な中性脂肪が組織 [続きを読む]
  • 妊娠中は中性脂肪が上がりすぎると、高血圧になりやすくなる
  • 妊娠中(20代〜40歳くらい)妊娠中は中性脂肪が上がりすぎると、高血圧になりやすくなるので、心臓や肺などの循環に負担がかかり、出産時のリスクが増す危険性があります。妊娠中も中性脂肪をきちんと管理しましょう。具体的食事方法妊娠中の体重増加は、胎児、胎盤や羊水分は7kg、脂肪分は3kgの合計10kg前後の増量が望ましいとされています。妊娠中に体重が増えすぎると、その分血中の中性脂肪も増える原因となり。妊娠中は10〜12 [続きを読む]
  • 妊娠中の適度な運動は、中性脂肪の値を適正に保つ
  • 具体的な運動方法妊娠中の適度な運動は、中性脂肪の値を適正に保つだけでなく、出産に必要な腰回りの筋肉を鍛える効果もあります。妊娠中は、ウォーキングやヨガなどの軽めの全身運動が適しています。ジャンプが必要なスポーツは、お腹の赤ちゃんにも負担がかかるのでおすすめできません。最近では、妊婦さん向けのマタニティビクスなどの教室も多くあります。毎日10〜30分無理のない範囲で、運動を取り入れるようにしましょう。中 [続きを読む]
  • 中性脂肪が上がる原因
  • 中性脂肪が上がる原因中性脂肪が高い人は、ほとんどの場合、食生活と運動習慣に問題があります。だめとわかっていても揚げ物や焼き肉が大好きおなかいっぱいまで食べるのが幸せなんとなくおやつを食べたり、甘いものを飲みたくなったりしてしまう最低限の移動以外の運動を特にしていない外食やコンビニが多く、自炊をあまりしないお酒を酔っぱらうまで飲む夕食を食べるのが深夜になってしまうといった項目に当てはまる人は、中性脂 [続きを読む]