shima さん プロフィール

  •  
shimaさん: しましまの端っこ
ハンドル名shima さん
ブログタイトルしましまの端っこ
ブログURLhttp://shimahako.blog.fc2.com/
サイト紹介文解離性障害の管理人の日記。 性被害のトラウマ有。 摂食障害になりかけ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供122回 / 185日(平均4.6回/週) - 参加 2017/03/25 09:42

shima さんのブログ記事

  • にじゅーご
  • 今朝の話。きっと、酷くうなされていたのだと思う。それで、見かねて母が起こしに来たのだろう。でも、夢から出られたことに気づけなくて、わたしはパニックで泣き続けた。顔の前に腕をやって、身を縮めた、防御の姿勢。2度目の被害の夢を見ていた。目の前には、笑っている相手の姿が見えていた。頭の中には、いやだ。怖い。やめて。お願い。助けて。そんな単語がぐるぐるしていた。触れていたのが、母だとも分からなかった。わた [続きを読む]
  • にじゅーよん
  • 性格診断をまたもしてみて、1番向いている職業は、大学教授、だなんて結果になりましたが、わたしは最終学歴高卒です。しかも、お気楽な通信制のです(全日制の高校より、計画性や自主性などは意外と必要で、能動的にならないとやっていけない感じでしたが、勉強そのものはとても簡単だったという印象が残っています)。そして、どうにかして大学教授になったとして、研究したいこともないですし、教えられることも何にもありませ [続きを読む]
  • たまに、とてつもなく、生きていることに対して、不安を感じる。もしかしたら、生きているという実感があまりないからかも知れない。いや、わたしは生きている!なんて感じながら生きている人なんて、そうそういないとは分かっているけれど。綺麗な感情がおとずれたとき、すぐに、色褪せていくような、悲しいこころ。でも、一瞬だけ、素敵なものに出会えたような感覚にはなる。だからって、それだけで、この世界は素晴らしいものだ [続きを読む]
  • 才能と性格を見抜くテスト
  • ■素晴らしさ認定書shima さんの素晴らしさは、「とにかく頭が良いところ」と認定されました。おおまかな能力別に見た場合、shima さんは「頭脳と手腕」の項目が最も優れていました。分かりやすく「頭が良い」というだけではなく、まぁ簡単に言えば、いろいろデキル人なんでしょうね。勉強や仕事でも、単に理解力や計算力だけではありませんよね。分からないことがあったとき、何が分からないのかを把握し、調べ方や聞き方を考える [続きを読む]
  • 性格診断・心理テスト
  • ■性格タイプ スズメ型スズメ型は、まず第一に迫力がなく、すぐ逃げます。人への影響力や発信力や説得力というものは皆無ですし、インパクトもありません。仲良しの間ではピーチクパーチク言うのですが、広い社会に出ると途端に弱い立場になるものと思われます。能力的には何の問題もなく、むしろ優れているほうだと言えるでしょう。ですがハートが弱いものですから、競争社会で勝ち抜くタイプではないと言えます。委縮して能力を [続きを読む]
  • にじゅーさん
  • 楽天にて。半引きこもり状態だったために、貯まりに貯まったおこづかいの1/4が、悩みに悩んで決めたお洋服たちの表示された画面と、長い長いにらめっこの末に、おりゃあ!っと、購入する、のボタンを押してしまったため、消えることになりました。まだまだ、半引きこもりから脱出しない、お外にはあんまり出たくないの……。なんて言っているわたしなので、手数料がかかると分かっていながら、代引きを選びました。それでも、今 [続きを読む]
  • にじゅーいち.ご
  • 首から肩にかけて、めっちゃ凝ってます。痛いです。分かってます。毎日毎日、PCのやり過なんですよ。でも、わたしは、運がいいようで、またもカウンタのゾロ目を見ることが出来ました。888です。末広がりなり。いいことあるかしらん。まあ、ないでしょう。テンプレを改造して、あっ、カウンタのソース忘れてたようっ!とカウンタを今回はプラグインとして加えたところで、見られた888です。今日は、アップルパイを1切れ食べ [続きを読む]
  • にじゅーいち
  • シロツメクサの背景のテンプレへと大改造。理由は、まあ、片割れの しましまの言の葉 と少し一体感とかあったらいいのかなあと思ったのですが、全然一体感なんてないですね。ダブルの配線とか、透けさせてる訳ではないし暗くはしたけれど、同じ背景が記事本文にもあるとことかは、一緒にしてみたんですけどねえ……。全然違うよう!でも、こんなことに時間を費やすのは、暇人であることと、そして、1番の理由は、ただ単に、テンプ [続きを読む]
  • 職業適性テスト
  • ■ISPF 芸術家もの静かで人当たりがよく、感受性が高い、優しい性格です。今この時を懸命に生きることができ、身の回りで起こる出来事を心から楽しむことができます。プライベートな空間を持ち、自分のペースで仕事をしたいと考えるタイプです。自分の気持ちに正直で、自分にとって大切な人に誠実に接します。仲違いや意見の食い違いが嫌いなため、自分の考えや価値観を人に押し付けることはありません。■内向性 vs 外向性(あな [続きを読む]
  • 精神科医が使う性格診断テスト
  • ■現実主義者きちっとした性格で、頼りがいがあり、人に対しても親切です。論理的に物事を考え、現状を正しく評価し、結果を予測する能力を持っています。さまざまな物事の原因を素早く見抜けるため、理屈っぽい、あるいは悲観的な印象を与えてしまうことがあるかも知れません。しかし、決して悲観的な訳ではなく、物事がうまく進まないことがあっても、状況をうまく受け入れ、それに容易に対応することが出来ます。やや内向的です [続きを読む]
  • じゅーく.ご
  • わたしの住む田舎町でも、詐欺は横行しているらしいです。毎日のように、警察から、こんな詐欺の電話が来ています、とか、こういう詐欺の郵便が届く可能性があります、とか、こういう詐欺師がお宅を訪問するかも知れません、とか、そういう注意喚起のメールが届くのです。確かに、わたしのケータイにも、たまーに、変なメールは来ます。金払わんと、法的措置取るかんな、とか、逆に、お金をあげるので、連絡ください、とか。1度、 [続きを読む]
  • じゅーく
  • 夏真っ盛りの頃、熱中症と思われる症状で、市役所の人に病院に連れていかれたけれど、入院を頑なに拒んで、毎日のように市役所の人に付き添われて通院していた、そして、その内に施設に入ってしまったおじいさんが、亡くなったらしい。あのときは、人相の悪い警察の人が6人、うちにやって来た。管理連絡員というのをやっていて、鍵を持っていると聞いたんだけど、と。でも、うちが預かっているのは空き部屋の鍵だけだった。おじい [続きを読む]
  • じゅーはち
  • 悪夢を見て、目が覚めたとき、自分のつぶやくような寝言を聞いた気がした。「どうして、殺してはくれないの……」泣きながら、そんなことを言ったこともあったなあ、なんて、陰鬱な気分で朝を迎えた。そして、横になったまま、眠るでもなく、ぼんやりしていた。母がテレビをかけて、Mステのスペシャルなんかを見はじめた。希望のある歌詞に、ちゃんと希望を感じられるのは、希望を信じている人だけなんだよ。ばーか。と悪態をつい [続きを読む]
  • 引っ張られてる
  • 「愛してたって、秘密がある」の最終回に愕然とした。まさかの多重人格設定が飛び出すなんて。信じられない。あり得ない。母が見てたから、一緒に見たりしてたけど、見なきゃよかった。今、すっごく嫌な気分です。まあ、お話のエッセンスとして、刺激的であり、意外性もあり、ミステリアスでもあるそれは、おもしろくもするのだろうけれど。今日は、非常に気分も悪く、そんな感じに眠りにつくようです。昨夜も結局、悪夢を見まして [続きを読む]
  • じゅーなな
  • 「愛してたって、秘密がある」の最終回に愕然とした。まさかの多重人格設定が飛び出すなんて。信じられない。あり得ない。母が見てたから、一緒に見たりしてたけど、見なきゃよかった。今、すっごく嫌な気分です。まあ、お話のエッセンスとして、刺激的であり、意外性もあり、ミステリアスでもあるそれは、おもしろくもするのだろうけれど。今日は、非常に気分も悪く、そんな感じに眠りにつくようです。昨夜も結局、悪夢を見まして [続きを読む]
  • じゅーろく.ご
  • 幸せな思い出なんかを書いてみるのも、いいね! あ、前の前の記事のことです。でも、もう他に、幸せな思い出として、書くことがないよう!(爆)そんな訳で、また、これからは、つらいだの、嫌だだの、悲しいだの、苦しいだの、悔しいだの、憎いだの、そういう黒々とした記事ばかりが続くんじゃないでしょうか。ところで、わたしには、とても気に入っている置物があります。材質は木で、地はオレンジ色で、黄色のドット模様が施さ [続きを読む]
  • 傷だらけの腕の大人の後悔
  • なんだか、歌いたい気分になって、母の目は気にはなったけれど、Cocco の raining を歌ってみた。歌詞付きで、フルコーラス(でも、Cocco が好きな訳ではないです。この曲限定でたまに歌うのです)。歌詞の、腕を切ってみた。切れるだけ切った。あたたかさを感じた。というもの。わたしの場合、解離してやったことだとしても、腕を切り刻んだことは、あの頃はそうでもなかったけれど、今となっては、わたしの中では後悔の産物とな [続きを読む]
  • 幸せな思い出
  • わたしには、幼馴染がいた。ゆうちゃんという。2つ年上で、家族ぐるみで付き合っていて、父親のいないゆうちゃんの家族とは、遊園地などに一緒に行くこともあった。ゆうちゃんには、幼い頃から、大人になったら、shima ちゃんをお嫁さんにしてあげるからね、と言われ続け、それはわたしが中学生になっても変わらず、それはもう、洗脳レベルと言ってもいいほどで、わたしは、きっと、将来はゆうちゃんと結婚するのだろうと信じて疑 [続きを読む]
  • ありきたりな言葉がぐるぐると
  • 悪夢にがばっと飛び起きたのは、午前3時半頃だった。目は覚めたのに、それに気づかず、悪夢の中から出られずにいたわたしは、少しのあいだパニックのままに泣いていた。でも、ふと、ブラウンのカーテンが目に入り、ここはあの家じゃない、わたしのうちだ、夢だったんだ、と涙を拭いて、落ち着こうとして、呼吸を整えて、深呼吸して、それから横になった。でも、横になって少しして、目の前に、2度目の被害のときの相手が一瞬現れ [続きを読む]
  • じゅーろく
  • わたしは、なかなかラッキーだと思いました。カウンターの777を見ることが出来たからです。かなりうれしいです。こんな時間までPCをやっていた甲斐もあるってものです。いつも来て頂いているみなさま、こんなブログを読んで下さって、本当にありがとうございます。555も見ましたが、でも、好きな数字は3なので、333が見られなかったのは残念なところです。7のゾロ目。パチンコだったら、どんな機種でも確変です。○○番 [続きを読む]
  • じゅーご
  • またも、母のケータイが、受け取る地域ではないのに受信してしまった、北朝鮮のミサイル発射情報。なんやのもー、と目覚めまして、2度寝しました。2度寝を気持ちよくすることにしたのは、なんと、今日は悪夢を見ていないからです。悪夢どころか、何の夢も見ておりませーん。よっしゃあ!とガッツポーズをしたいくらいです(しないけど)。しかし、疲れがとれたのか、それとも疲れたままなのかは、よく分からない……。もう、疲れ [続きを読む]
  • じゅーよん
  • お話の展示場所に、今まで書き溜めていたものを全部上げました。なかなか大変でした。あちらでは、わたしは心には何の問題のない一般人を装ってみようかと思っています。仕事は何をしていることにしようかしら。結婚していて、旦那の給料で暢気に生活している専業主婦ってことにしようかしら。いや、一応、パートには出ようかしら。ベーカリーとかがいいなあ。鉄板洗うのはけっこうな重労働で、食パン切るのにはちょっとだけコツが [続きを読む]
  • じゅーに.ご
  • 診察、今回も主治医がいませんでした。今回もって言っても、前回を覚えてはいないのだけれど。でも、母の話によると、前回と同じ先生に診てもらったようです。先生の感じもそうでした。そして、少しおもしろい先生でした。雰囲気がです。もし、真面目に、僕はオネエ系です。なんて言われたら、わたしは信じてしまうかも知れない。そんな少し怪しげな雰囲気もしないでもない先生。眠ると絶対悪夢が待っているから、眠りたくないって [続きを読む]