フォーミュラ さん プロフィール

  •  
フォーミュラさん: レーシングカー F1ブログ
ハンドル名フォーミュラ さん
ブログタイトルレーシングカー F1ブログ
ブログURLhttp://racingcar.tokyo/
サイト紹介文F1レースのレビューです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供33回 / 179日(平均1.3回/週) - 参加 2017/03/26 19:21

フォーミュラ さんのブログ記事

  • 2017 F-1 シンガポールGPのレビュー
  • ◇シンガポールGP マリーナ・ベイ・ストリートサーキットナイトレースは、10年前のシンガポールGPで初めて行われました。赤道に近いシンガポールの日中の気温はとても過酷なものです。そのため、日が沈んで涼しくなってから練習走行・予選・決勝が9月15〜17日までの三日間行われます。日が沈んで涼しくなって、、なんて書きましたが、南国のシンガポールは夜になっても気温30℃で湿度は80%のムシムシした高温多湿。(湿度80%な [続きを読む]
  • F1シンガポールGP決勝の感想
  • F1シンガポールGPは、数あるF1サーキットの中でも特にお気に入りの一つ。マクラーレン・ホンダの予選が良かったこともあり超期待したが・・・ スタートの波乱にガッカリ・・・このスタートには本当にガッカリ。あまりスタートの良くなかったフェルスタッペンに寄せたベッテル、スタートの蹴り出しが良かったライコネンは少ないスペースに突っ込む。行き場をなくしたフェルスタッペンにフェラーリ2台が接触するという、なんとも言 [続きを読む]
  • ホンダとマクラーレンが提携解消、これを普通に考えると・・
  • マクラーレンホンダの問題がようやく解決、両者は袂を分かち、ホンダはトロ・ロッソと、マクラーレンはルノーと共にF1を戦っていくことになった。このニュースはある程度予想されていたものなので、多くのF1ファンに驚きはなかったと思う。ところが、この発表とほぼ同時にとんでもないニュースが飛び込んできた。それは、「2018年を最後に、ルノーはレッドブルへのPU供給を終了する」というものだった。 ルノーがレッドブルにPUを [続きを読む]
  • 2017年F-1 イタリアGPレビュー
  • ◇イタリアGP モンツァさぁ、いよいよヨーロッパRdも大詰めのイタリアGP。F-1GPでも屈指の高速サーキット。コースレイアウトも実に単純なモンツァは、全長5.79kmで主回数53週。4本の長いストレートを有する見ごたえ十分。最高速はライコネンが記録した370.1km!!って本当なのかしら、、、。ストレートで330km近くなることはよくあるけど、、、。ちなみに音速は気温20〜30度で、345kmです。345km=マッハ1。さすが音速の貴公子なん [続きを読む]
  • F1イタリアGP決勝の感想 それよりホンダ問題!
  • F1イタリアGP決勝はハミルトンが優勝しメルセデスの1−2、3位にベッテルという結果に。レース自体はオーバーテイク満載、そこら中でバトルのある面白いものだったが、さすがに今回はそれどころじゃない!日本のF1ファンからすれば、もうイタリアの結果よりホンダがどうなるのか?でしょ。 ホンダがどういう状況にいるのか、冷静に見ると・・・現状、ホンダがどうなっているのか?いろいろなニュースがあり、どれを信じて良いの [続きを読む]
  • 2017 F-1 ベルギーGPレビュー
  • ◇Rd12 ベルギーGP スパ・フランコンシャル一ヶ月に及ぶF-1の夏休みも終わり、再びヨーロッパラウンドのベルギーGPが開催されました。決勝レースは、44週で争われるベルギーGPは、1週7.004kmはF-1全GPコ―ス中最長を誇ります。周回数が多いGPレースは観戦していても疲れますね。まして、元々がラリー好きだったので同じコースを周回しているのを見ているのは結構しんどいです。実は、WRCのラリーのDVDは何度も繰り返してみるので [続きを読む]
  • F1ベルギーGP決勝の感想
  • F1ベルギーGP決勝、優勝はルイス・ハミルトン。セーフティーカーのタイミングがレースを盛り上げ、それがハミルトンの圧勝にブレーキを掛けた感じだった。だが今のハミルトンにはこういうアクシデントもあまり問題にはならなかった。 去年までの胃が痛くなるようなロズベルグとの戦いから開放されたハミルトン。おそらく今年最速のマシンはフェラーリで、ハミルトンのメルセデスは弱点の多いノリ難しいマシンという印象。でもハミ [続きを読む]
  • WEC 2017年 ル・マン 観戦レビュー後編 これからのWEC
  • ◇今年のル・マンとポルシェの撤退2017年WEC ル・マン24時間レース。LMP1クラスは、全車マシントラブルとなって、LMP2クラスが残り1時間前までトップを走り、総合優勝の可能性まで見えて来ました。しかし、マシントラブルから見事に復帰したポルシェ2号車が辛くも追いつきトップを奪いそのまま3年連続優勝!いやはや、さすがポルシェですね。この辺のレースに対する姿勢が、長年培われたポルシェとトヨタとでは明らかに違います。 [続きを読む]
  • WEC 2017年 ル・マン 観戦レビュー前編
  • 世界三大レースとは?その答えは、F-1・モナコGPとル・マン24時間レースそしてインディ500のこと。F-1・モナコGPは、1929年初開催となる伝統の一戦。モナコの市街地を駆け抜けるため、最高速はF-1なのに150km程度です。コース幅が狭くオーバーテイクが容易でないことからモナコGPでの優勝は、ほかのGPレースの3つ優勝分はある言われるほど、難易度の高いコース。インディ500は、アメリカ合衆国・インディアナポリスで開催されるレ [続きを読む]
  • 2017 F-1 ハンガリーGPレビュー
  • ◇ハンガリーGP ハンガロリンク2017年F-1も全20戦中の11戦となり、折り返し点を通過しました。ハンガリーGPが終わると「F-1の夏休み」なんて呼ばれている期間に突入します。熱烈なF-1ファンの私もしばし休息。ちょうどお盆休みなのでゆっくり録画したF-1GPレースでも観戦したいものです。夏休み明けは、ベルギーGPなのでヨーロッパRdの途中で休みになってしまうのですね。F-1関係者の多くがヨーロッパ出身なので、ヨーロッパRdの途 [続きを読む]
  • F1ハンガリーGP決勝の感想
  • 2017 F1ハンガリーGP決勝の結果はフェラーリの1−2、1位はベッテル、2位ライコネン、3位はボッタスという表彰台。ハミルトンは4位、マクラーレン・ホンダのアロンソは6位、バンドーンが10位となった。 レース序盤のハイライトはレッドブルレース序盤のハイライトは当然オープニングラップだ。スタートでハミルトンをかわし、4位5位に上がったレッドブルの2台がなんと接触。フェルスタッペンにヒットされたリカル [続きを読む]
  • 2017 F-1 イギリスGPレビュー
  • ◇イギリスGP シルバーストーンサーキット2017年F-1GP。全20戦中ついに第11ラウンドとなり折り返し点を通過しました。F-1も私個人もヒートアップしまくりで盆休み?いやこの辺でF-1の夏休みが待ち遠しいころですがそれまでにあと1GP・ハンガリー戦まで頑張らなくては、、。イヤ〜前にも書きましたが年間20戦は多すぎるーーーと思いませんかF-1ファンの皆さん。前回のオーストリアGPは、ついうっかりDAZNの見逃し配信を観るのを忘 [続きを読む]
  • F1イングランドGP決勝の感想
  • まあ、予想通りというか、当然の結果と言うか、F1イギリスGPはルイス・ハミルトンの圧勝に終わった。 脅威のポールタイム今回のイングランドGP、ハイライトとなったのは、明らかに予選でのハミルトンのパフォーマンス。この衝撃的なポールタイムは、アイルトン・セナ級といってもいい、いやアイルトン・セナ以上とも言えるとんでもないものだった。こういう圧倒的なポールタイムというのは、現在ではハミルトンやアロンソ、過去に [続きを読む]
  • 2017F-1 オーストリアGPレビュー
  • 7月に突入するや連続の真夏日にいささかKO気味な私。私の住む所は本来なら、冷涼なカナダやイギリスのようなところのはずなのに東京や沖縄並みの猛暑で完全にノボセ気味にーー。気温もヒートアップするなか私の本業もいささかヒートアップしてきて正直なところ、公私ともども余裕が全然ありません!F-1速報は欠かさず購入していますが、隅から隅まで読む時間もなくレースレポートのみチェックするのがやっとの状態。会社帰りに、オ [続きを読む]
  • F1オーストリアGP決勝の感想
  • F1オーストリアGP、1位はボッタス、2位ベッテル、3位リカルド、という決勝結果でした。 今回のハイライトは、やはりボッタス。予選も普通に速く、決勝も特に無理する場面もなく完勝と言える内容。ボッタスはこの勝利で2勝目だが、やけに大人びたレースをやってのけたと思う。勝因は予選ポールポジション。スタートを決め、その後はプレッシャーを感じるほどのピンチがない余裕の内容。今回に関してはハミルトンのグリッド降格 [続きを読む]
  • 2017アゼルバイジャンGPレビュー
  • ◇アゼルバイジャンGP バグー・シティ・サーキット昨年、初開催で今年で2回目となるアゼルバイジャンGP。私の記憶にはなかったので、てっきり初開催かと思ってしまいました。昨年はヨーロッパGPの名称で開催していたので記憶になくて当たり前。決して健忘症ではないようです。最近の私は、本業が忙しいのと趣味のRCレースで大きな大会が6月末と7月末の日曜日にあるので暇があまりありません。本業は忙しくなると残業も必然的に [続きを読む]
  • F1アゼルバイジャンGP決勝の感想
  • F1アゼルバイジャンGPは大波乱のレース、まあこういったレースが年に2回位あると盛り上がると思う、そんなレースだった。 勝ったのはレッドブルのダニエル・リカルド。2位にボッタス、そして3位はストロールという、まさに大波乱のポディウムでした。いろいろ言われているストロールだけど、この波乱のレースでしっかり結果を出したのは立派だろう。最後にそのストロールをオーバーテイクしたボッタスもろ一派。そしてもちろん [続きを読む]
  • 2017 F-1 カナダGPレビュー
  • ◇カナダGP サーキット・ジル・ビルヌーブ2017年F-1も第7戦のカナダGPへ突入!ヨーロッパラウンドなどと呼ばれていますが第7戦と第8戦はヨーロッパから飛んでいるのはなぜでしょう?まぁ、あまり深く考えてもしょうがありません。初夏を迎えたであろう開催地のモントリオールは、実に気持ちよさそうなさわやかな天気はF-1の中継からもよく分かります。市街地と一部常設のサーキットを合わせたサーキットは、コース全長4.361km [続きを読む]
  • F1カナダGP決勝の感想
  • 今回のF1はカナダグランプリ。このカナダを得意とするドライバーといえば、何と言ってもハミルトン。だが今年からメルセデスでコンビを組むボッタスも、このカナダでは一度もチームメイトに予選で負けていない。ということで、予選は最速フェラーリVSメルセデス、そしてメルセデスのチームメイトバトルに注目だった。 ハミルトンが驚異的なタイムでポールポジションを獲得このレースのポイントはもうコレに尽きるでしょう。フェラ [続きを読む]
  • 2017 F-1 モナコGPレビュー
  • ◇モナコ サーキット・ド・モナコ毎年5月下旬頃に開催されるモナコGPがやって来るともうすぐ夏になる〜と思う私です。F-1が国際レースになる前から開催されていたモナコGP。その歴史は、第1次大戦後の1929年です。その後第2次世界大戦で一時開催中段があったものの1950年にF-1が始まるまで毎年開催されていた格式ある伝統のF-1GPレースです。F-1初開催から続けられているのはイギリスGPとベルギーGPそしてモナコGPですが同一サー [続きを読む]
  • F1モナコGP決勝の感想
  • モナコGPの結果は、ベッテルライコネンリカルドという表彰台だった。 強いチームには速いドライバーをこのモナコGP、ライコネンが久々のポールポジションを獲得、彼の勝利を期待したファンも少なくなかったと思う。だがここはもう素直に認めるべきだと思う。ライコネンには往年のスピードや力はすでにない。 今回ハミルトンの予選での不運があったこと、そしてライコネンへのやや不可解なフェラーリの戦略というイレギュラーな要素 [続きを読む]
  • DAZNで見た! 2017 F-1 スペインGPレビュー
  • スペインGP サーキット・デ・カタル―ニャ2017年F-1第5ラウンドは、スペインGP。とうとうヨーロッパラウンドに突入!スペインの次はモナコでその次はカナダそしてアゼルバイジャン??ってヨーロッパラウンドなんて言ってる割には、2つも違う地域が入ってるけどその後は、ヨーロッパにまた戻ってオーストリア・イギリス・ハンガーリーと続いて行きます。その後は、F-1の夏休みが入って11月末のRd.20アブダビGPまで、疾風怒濤のF-1サ [続きを読む]
  • F1スペインGPの感想、強く感じたこと
  • F1スペインGPの感想、というか、今回は過去にも何度か書いているけど、本当に強く感じたことがあるのでそれを中心に書いていきます。*今回の投稿ですが、この記事はチェザーレではなくXSPEEDのものです。一度投稿してしまってからの編集が困難なため、そのまま掲載することをご了承ください。まず結果から、ハミルトンベッテルリカルドペレスオコンライコネン、フェルスタッペン、ボッタスがリタイアしたとはいえ、やはり目立つの [続きを読む]
  • 2017 F-1 ロシアGPレビュー
  • ◇ロシアGP ソチオートドローム2017年F-1GPも第4戦のロシアGPとなりました。ソチオートドロームは、オリンピック会場周辺コースと市街地コースのF-1特設サーキットです。コンクリートウオールが多く、圧迫感があります。市街地コースながらタイヤへの負担は意外に少なくスムースにコースをトレースできるとか。ロングストレートもなくスタート直後に全開で抜けれるターン1の緩いカーブがあってターン2の90度カーブまでが唯一の [続きを読む]
  • F1ロシアGPの感想
  • 今回こそはホンダの話から先にしなければ・・と思っていたけど、ボッタスの初優勝という結果だったので、彼に敬意を表しレースの感想から行きます。先に書いてしまいましたが、勝ったのはボッタス。2位にベッテル、3位にライコネン、4位にハミルトン。 まず今回の結果で少し意外なのは、ハミルトンの4位だろう。今回のハミルトンはプラクティスの時から精彩を欠き、全く覇気のない走り。今回のボッタスは確かに速かったけど、ハミ [続きを読む]