藤散人 さん プロフィール

  •  
藤散人さん: つれづれなるままにひぐらし
ハンドル名藤散人 さん
ブログタイトルつれづれなるままにひぐらし
ブログURLhttp://fujisanjin.blog.fc2.com/
サイト紹介文思いついたこと、日常の出来事、雑感、思い出などをノンジャンルでテキトーに綴っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供73回 / 143日(平均3.6回/週) - 参加 2017/03/28 11:36

藤散人 さんのブログ記事

  • ヤツがいた
  •  先週の山の日からのお盆休みも明け、本日事務所に入ると床にヤツを発見!ここ、地上4階だよ。どこから侵入したん? ヤツはこちらの気配を感じたのか、微動だにせずにビーンと立てた長い2本の触角だけを動かして固まっていたが、こちらも直立不動で固まっていましたよ。 動揺する気持ちを抑え、妻へメールを送った。拙:ヤツが出た。事務所に戻る時、ゴキジェットとコンバットを買ってきてください。お願いします。妻:退治し [続きを読む]
  • さとうきび畑
  •  タイトルは、皆さんご存知の歌の題名。わたしのアラフォー時代に、自宅で晩酌しながらテレビの歌番組ではじめて視聴した。歌い手はソプラノ歌手の鮫島有美子だった。 ギターソロではじまる静かなメロディーと透き通った鮫島有美子の歌声に、いい歌だな程度に聴いていたが、2番の歌詞むかし海の向こうから いくさがやってきたで、ん?何の歌だ??と、気になり、3番の歌詞あの日鉄の雨にうたれ 父は死んでいったで、沖縄戦の時の [続きを読む]
  • ゼブラゾーン(導流帯)
  •  ゼブラゾーンを走っても違反でないことをはじめて知った。と言うよりは、え、そうだったの!?である。遠い昔、教習所でゼブラゾーンには進入してはいけないと教わった記憶があるんだよなぁ。 画像のA車が右ウインカーを点滅させて右折してきて、ゼブラゾーンを直進してきたB車と、赤塗り地点で接触事故を起こした場合、A車とB車との過失割合は7:3の判例の基本になってる。ケースによっては5:5になった判例もあるが、 [続きを読む]
  • 異物混入
  • 百均でCD・DVDプラケースを買った。シュリンクフィルムを剥がそうとしたら、小さな黒点を発見。目を凝らして見ると、フィルムの内側に小虫の標本が混入していた。ま、食べ物じゃないから気にしないけど。(-。-)y-゜゜゜ [続きを読む]
  • 不動心
  •  Facebookのわたしの投稿に、「母校40周年記念DVDを友人から借りました。1、2期生にはたまらない感動の動画!」 と、友人からコメントをいただき、わたしもその動画が観たくなった。 その友人から借りてもよかったのだが、友人にしてみりゃ又貸しになり負担をかけることになるので、わたしは3年生のときの担任たっだ先生(既に定年退職して悠々自適の身)に電話をした。 先生からは、記念DVDは、都内のホテルで催された祝賀会 [続きを読む]
  • 10回100円
  •  朝起きたら、枕元にあるミニテーブルの上に、100円玉が置いてあった。 前夜、わたしと妻は焼き鳥屋で飲み、その後カラオケスナックで飲んで歌い、酩酊して店を出た頃には、まだ帰りの電車はあったが、わたしは、「電車に乗る気はない!」 と、豪語したらしく、タクシーで帰宅した。 寝室で妻からは、二度三度と風呂に入るよう促されたが、底知れぬ睡魔に襲われていたわたしは、「もう寝る」 と、駄々をこねて、消灯命令が下 [続きを読む]
  • あさり
  •  あさりの砂抜き中。時々、水管がうにゅうにゅと動くのが面白い。生きているんだなぁ。 でも、小一時間後には、わたしの胃袋に収まるのか。酒蒸しになるのか、味噌汁の具になるのかは、妻の気分次第。どちらでもいいけどね。(-。-)y-゜゜゜ [続きを読む]
  • きつねそば・たぬきうどん
  •  3連休を利用して、妻と宇治にある当家の墓参りをしてから大阪に移り、夜は親戚の展覧会を観てから、からほり(空堀)商店街にある炭火やきとり「雅(みやび)」で飲み、翌日は神戸開港150周年記念・神戸帆船フェスティバルに行き、夜は神戸牛を食べ、最終日は姫路城と好古園に行ってきた。 平成の大修理を終え、白亜の姫路城をイメージしていたが、この炎天下で日焼けしたのかな?思っていたほど白さは感じなかった。 姫路城 [続きを読む]
  • 小さな旅
  •  タイトルは毎週日曜日に、年寄りには遅く、若者には早く、中年には丁度いい、朝の時間帯にNHKで放送している紀行番組。元々は、NHK首都圏放送センターが、1983年から関東地方1都6県向けに放送を開始した首都圏向け紀行番組であり、番組名も『いっと6けん小さな旅』であった。翌1984年には取材・放送エリアを甲信越地方に広げて『関東甲信越小さな旅』となり、1991年に取材対象の拡大に合わせて現在の番組名となっている。(出典 [続きを読む]
  • 売った方も世間に知れる処罰が必要
  • 女子中生買春容疑の千葉・市川市議、議員辞職しない意向示す2017.7.4 22:07 産経ニュース 児童買春・ポルノ禁止法違反容疑で警視庁に逮捕され、その後釈放された千葉県市川市の三浦一成市議(28)をめぐり市議会は4日、各派代表者会議を開き、三浦市議が依然として辞職の意思がないことが報告された。 2日に市議会の会派控室で三浦市議と会った会派代表の中山幸紀市議が報告した。それによると、三浦市議はその場で総務委員 [続きを読む]
  • 愛と青春の旅立ち
  •  タイトルの映画が日本で公開されたのが1982年。わたしが19歳のときだった。頽廃的な生活から脱出すべく、海軍士官養成学校の飛行士課程に志願するザック。そこで待ち受けるのは海兵隊軍曹の鬼教官フォーリー。脱落者が続出する13週にわたる激しい教練をこなしながら、同期との友情、芽生える愛、仲間の自殺、色々な出来事を織りなしながら成長していく青年の姿を描いていく。(出典:愛と青春の旅立ち@Wikipedia) どういう訳 [続きを読む]
  • 漢字五十音図
  • ひらがなあ(安)い(以)う(宇)え(衣)お(於)か(加)き(幾)く(久)け(計)こ(己)さ(左)し(之)す(寸)せ(世)そ(曽)た(太)ち(知)つ(川)て(天)と(止)な(奈)に(仁)ぬ(奴)ね(祢)の(乃)は(波)ひ(比)ふ(不)へ(部)ほ(保)ま(末)み(美)む(武)め(女)も(毛)や(也)    ゆ(由)    よ(与)ら(良)り(利)る(留)れ(礼)ろ(呂)わ(和)ゐ(為)    ゑ(恵) [続きを読む]
  • African Symphony
  •  高校野球応援歌の定番曲。日本で広くこの曲が知られるきっかけになったのは、1987年に智辯学園和歌山高校野球部が第69回全国高等学校野球選手権大会に初出場した際、同校吹奏楽部顧問の吉本英治がアレンジして応援曲として採用した事による。(出典:アフリカン・シンフォニー@Wikipedia) わたしの高校時代は、コンバットマーチが定番曲だったなぁ。(-。-)y-゜゜゜▼African Symphony▼アメトーーク高校野球応援歌ランキング [続きを読む]
  • ご冥福を祈ってはいけない場合がある
  •  訃報に対して、ほとんどの人が、当たり前のように、「●●様のご冥福を心からお祈り申し上げます。合掌」 と、決まり文句を言っている。 しかし、故人の宗教・宗派により、この言葉は失礼になることがある。冥福とは死後の幸福のこと。仏教では、亡くなった人は49日間冥土をさまよい、生前の行いに対する裁きを受ける。生前の行いによって次に転生する世界が決まると言われている。「冥福を祈る」とは、冥土の旅を無事終えて、 [続きを読む]
  • I Love You@POSITION
  •  尾崎豊の「I LOVE YOU」。ATSUSHI、BENI、D-LITE(BIGBANG)、Matt Cab、綾香、家入レオ、宇多田ヒカル、黒田俊介(コブクロ)、コブクロ、島谷ひとみ、玉置浩二、東方神起チャンミン、堂本剛(Kinki Kids)、中島美嘉、中森明菜、夏川りみ、福山雅治、ポルノグラフィティ、本田美奈子などなど、カバーしていて歌手は枚挙に暇(いとま)がないが、アレンジは原曲と同じように、ほぼピアノの前奏ではじまり、一応に静かな4ビート [続きを読む]
  • Night Birds@Shakatak
  •  20才の時、音叉マーク音楽教室の発表会の設営ならびに会場スタッフをやったことがある。生徒は幼稚園児と小学生で、当日の会場は、生徒たちのご家族で満員御礼になった。 発表会は生徒たちの演奏が終わると、最後に先生全員で演奏が行われ閉会したが、そのときの曲が、Shakatak(シャカタク)の「Night Birds」だった。 先生は、みな若い女性でね。中にはパッツンパッツンやボンキュッボンもいて、非常〜に唆られるものがあっ [続きを読む]
  • We're All Alone(ウィ・アー・オール・アローン)
  •  バブルが崩壊してトレンディドラマも風前の灯火になった1993年に、緒形直人・小泉今日子主演のテレビドラマ「愛するということ」が放送された(主題歌:小泉今日子「優しい雨」)。地味〜なラブストーリードラマだったが、BGMで「We're all alone」のサックス演奏が流れていたのを覚えている。「歌は世につれ、世は歌につれ」というが、世情に関係なく歌い継がれる曲が名曲あり、「We're All Alone」もそのひとつだと思っている [続きを読む]
  • 気になるBGM
  •  10年前に民法で放送したドキュメンタリー作品「余命1ヶ月の花嫁〜千恵さんが残したもの〜」が、動画サイトにアップされていたので、今更に見てしまった。内容は割愛します。視聴したい人は文末にリンクを貼っていますので、そちらからどうぞ。 映画、テレビドラマ、バラエティ番組で、BGMで流れることがあるが、ときどき心に響く曲が流れたりすると、「聴いたことはあるけど、誰の曲?タイトルは何だろ?」と、そっちが気にな [続きを読む]
  • La Campanella(ラ・カンパネラ)
  •  小学校1年の秋の暮れからピアノを習いはじめた。ピアノを習いはじめたら誰もが弾いたであろう、「エリーゼのために」をはじめ、「クシコス・ポスト」「乙女の祈り」「トルコ行進曲」も弾けるようになり、その間にブルグミュラー、ソナチネ、ソナタの練習曲や、モーツアルト、ショパン、ベートーヴェン、チャイコフスキー、ドビュッシー、バッハのピアノ曲からお手軽な曲も弾き、中級レベルまで腕前を上げ、将来は、リストの「ラ [続きを読む]
  • タクシーメーターの高速ボタン
  •  よくタクシーを利用する人はご存知だと思うが、タクシーメーターには【高速】というボタンがある。 通常、タクシー料金は、走行距離運賃の他に、10km以下で走行または停車しているとき、一定の時間を過ぎるとワンメーターずつ加算されていく時間制運賃が併用されている。日中に同じ経路、同じ距離を乗車しても、渋滞や信号待ちの数によって料金が違う経験をされた人もいると思うが、時間制運賃が加算されているのである。  し [続きを読む]
  • 小学時代の名札
  •  画像はわたしの小学時代の名札をうろ覚えで描いたもの。正確性に欠けるが、これから話す本題には影響がないのでご容赦いただきた。 この名札をパッと見たら、ほとんどの人が数字が学年だと思うことでしょう。しかし、数字はクラス(組)を表し、赤・緑の線が学年を表していた。・1年生:赤線1本・2年生:赤線2本・3年生:赤線3本・4年生:緑線1本・5年生:緑線2本・6年生:緑線3本 わたしは2年の時5組だったが、 [続きを読む]