bonsai-labo-rin さん プロフィール

  •  
bonsai-labo-rinさん: BONSAI-LABO(盆栽ラボ)凜 係の者の日記
ハンドル名bonsai-labo-rin さん
ブログタイトルBONSAI-LABO(盆栽ラボ)凜 係の者の日記
ブログURLhttp://bonsai-labo-rin.hatenablog.com/
サイト紹介文盆栽師の妻のブログ。盆栽にまつわる不思議をご紹介します。
自由文盆栽師の妻のブログ。店主が不在の際には係の者としてご案内させて頂きます。ブログに登場する盆栽は、ほぼほぼ店主が手がけたものです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供98回 / 137日(平均5.0回/週) - 参加 2017/03/28 20:09

bonsai-labo-rin さんのブログ記事

  • 山採り盆栽の魅力
  • さて、当店では来週からの新婚旅行の準備に向け店の盆栽いっさいがっさいを、売りまくっており持ってけドロボー価格で営業させていただいております。残りの手入れ中の盆栽たちについては、親方のところでお世話になることに。引越しを待つ盆栽たち(一部)これを屋上から3階のLABOまで下ろすのに汗だくに。今から3階(エレベーターなし)から車に乗せなければいけないという事実に戦慄しております。さて、前置きが長 [続きを読む]
  • 杜松の剪定(ビフォーアフター)
  • 盆栽の中でもあまりメジャーじゃない杜松のビフォーアフター。うちにもあるのが珍しい。だってこれ痛いんだもん、ネズミ殺せるくらい。bonsai-labo-rin.hatenablog.combonsai-labo-rin.hatenablog.comでも、杜松は神や舎利を作るにはうってつけの樹種ですから、杜松推しの人も少なからずいるんですね〜手入れしてないと新芽伸びすぎました。勢いのある芽がぴょんぴょんしてます。杜松でも新芽は柔ら [続きを読む]
  • 植え替えで鉢写りがよくなりました
  • 毎日あついですね。ウェザーニュースの太陽の色がおかしくてガクブルしております。みなさん水やりはしっかりとお願いしますねっ!今日は鉢チェンを2本やりましたよー!やっぱり鉢を変えるだけで全然雰囲気が変わりますね。さぁ、いってみましょう。ポテンシャルが高いけど素焼き鉢に入ってりゃ色気がない。ぎゅっとしめる為に、朱泥長方の鉢にIN立ち上がりが太く立派なのでよく見えるように角度もキメて。全体 [続きを読む]
  • 【手前味噌ですが】盆栽の贈り物【結構ええやん】
  • 先日の結婚式の引き出物として、希望される方には新郎作松の盆栽をお贈りする事にしました。一つ一つ心を込めて、送り先のご自宅の雰囲気や手入れの難易度も考え選定(剪定)させてもらいました。そのうちの一つをご紹介させてもらいます。以前、サツキをプレゼンとさせてもらった親友のお宅に新しい松が!!bonsai-labo-rin.hatenablog.comはりきって選んだ黒松がこちら。芽切り前なのでボサボサです。で、お送りす [続きを読む]
  • 畑に盆栽が生えてる光景
  • 盆栽の繁殖方法としては、以前この記事でいくつか紹介しました。bonsai-labo-rin.hatenablog.comただ、これらの方法では成長に時間がかかったり、まず数ができないですよね。そこで大量生産するにはどうするかと言うと、畑で盆栽を育てるんです。どどん。これ畑です。野菜じゃなくて、松が植わってる。香川などの生産地では、道歩いてるとこの光景が普通らしい。。。結構衝撃でしたが、考えてみれば普通ですよね。 [続きを読む]
  • 真柏の(ビフォー)アフター
  • さて、久々のビフォーアフターといきたいところですが、ビフォーの写真が取れておらず…アフターを中心にお楽しみ下さい。こんなわかりにくい写真しかありません。とりあえず、手入れしてなかったんでモサモサしてます。ちょっと、てっぺんの毛量が多いのでまた枝切りでカットしてあげます。思い切って。バッサリ!!こんな感じで、枝がむき出しになるとカッコ悪いので、神に仕立てます。彫刻刀 [続きを読む]
  • 【更新再開】7/5 かんさつにっき【ご報告】
  • みなさま、お久しぶりになってしまいました。私事ですが、先日7/1に結婚式ならびに披露宴があり、ここ2週間は記憶が無いくらい目まぐるしい日々を過ごしておりました。3日前なんかは、最終の衣装リハーサルやエステやら、まつ毛エクステやらを施しに心斎橋を小走りで移動すると言う分刻みのスケジュール。優雅に花嫁準備なんて、夢のまた夢でした。昨日から仕事復帰し日常に戻っておりますのでみなさま、引き続きよろしくお [続きを読む]
  • 芽切りの時期がやってきましたよ!
  • さあ、いよいよ夏がやってきたという天気になってきましたね。日差しが暑い!当店もやっとLABOにクーラーが取り付けられましたので、快適に過ごせるようになりました。昨年までは、うだる暑さのなか、半ば廃人になりながらの作業…体の熱を取るために、若干ひんやりしている床(杉板)に寝そべっている店主を何度見た事か。もう、こんな光景とはおさらばです。という事で、夏場のご来店も両手を広げてお待ちしてます! [続きを読む]
  • モミジ、カエデの剪定
  • 最近Macの調子が悪く、充電が出来ないという不足の事態に見舞われておりました。完全に意識高い系のマカーなので、どうしていいのやらわからず。とりあえず、充電器のMugsafeをファミコンのカセットの如くフーフーしておる所でございます。そんなこんなで、更新が滞りましたが店主はちゃんと働いてましたよ、とモミジ・カエデの剪定写真が届きました。5月〜7月中旬までが剪定の時期ですよー徒長枝や混み合ってる部分を [続きを読む]
  • 那須五葉松のビフォーアフター
  • 本日のビフォーアフターは樹高57センチの大品盆栽です!!久しぶりの大物に店主もテンションがあがりやったった感満載でお届けします。五葉松カモン!!写真では分かりにくいですがデカイです。業者じゃなければ1人で持つの難しいでしょう。もともと立派な樹なのでちょっと(といっても半日)さわればこんなに綺麗に整いました。大品は少しさわるとダイナミックに景色が変わるので面白いんだとか。少し余 [続きを読む]
  • 【幸せオーラ満開】クチナシの盆栽
  • クチナシの花言葉は私は幸せ者・とても幸せ・喜びを運ぶと、めちゃポジティブなんです。花言葉って、大概1つの花に5、6個意味がありますが、たまにえ⁉?っていうダークな言葉もありますよね。知らずにプレゼントして勘違いされる的な。なんでわざわざ、ネガティヴな言葉つけるかなと謎ですがクチナシに関しては大丈夫!上の3つ以外には、洗練・優雅とどれを取っても素敵な言葉ですね。夫婦で贈りあったり、花嫁さんのブー [続きを読む]
  • セリ@培樹園
  • 今日は能勢町にある培樹園さんで愛好家さんを中心としたセリが開かれました。能勢町は大阪の最北端の町でとっても自然豊かで空気が美味しい。市内から車で小一時間でこれだけ環境がいい所とは!!培樹園(バイジュエン)さんひぇ〜立派な門構え!!沢山ある盆栽も棚に綺麗に並べられてます。いいなーうちもいつかは、こんな素敵な愛好家ファーストの園にしたい。さてさて、セリの様子はというと…愛好家さんが [続きを読む]
  • 【父の日のプレゼントに】係の者的おすすめ樹種ベスト3
  • 6/18は父の日ですが、プレゼントはお決まりですか?なんだか、母の日より世間も騒がしくなく蔑ろにされがちですが、お父さんも期待してますからね〜。そんな時は盆栽という?新しい趣味?をプレゼントしてみてはいかがでしょうか。と、上手い事ゆうてはるサイトがあったんで丸パクリしましたけどもー。でも盆栽を趣味にするのって、長く続けられるので本当におすすめです。小品盆栽ならコンパクトで、力も必要ないし手を動かす [続きを読む]
  • ビフォーアフター (五葉松編)
  • 梅雨の季節がやってきましたね。当店では、水やりは雨の日でも推奨してますが、雨が続いた時はどうするか?水をやりましょう。。。なんですが、次の晴れた日がポイント!晴れた日は逆に乾かし気味にしましょう。なぜなら、根が乾いてる時間も必要だからです。ずっと濡れっぱなしだと、根腐れします。どないやねん、気 味 ってのが難しいんだよー!って方は店主まで。こればっかりは経験でしかないので、盆栽をよく観察してあ [続きを読む]
  • 玉之浦ツバキの挿し木を採取してきました
  • 今日は奈良の御所にある『大柏園』さんに遊びに行かせていただきました。大柏園はお手頃な鉢からレアもんまで、何でもあって超楽しい!!まさに、鉢のテーマパークや〜!!と言っても、タイ ハク エンという通り先代さんは真柏を得意とされていたそうです。盆栽も大品から商品まで様々です。ヤマアジサイが咲いてました。きれーい!で、今日は玉之浦ツバキを挿し木で増やすべく親木から枝をちょん切らせてもらいま [続きを読む]
  • 店主のとある一日(盆栽棚作成編)
  • 店主は盆栽の剪定以外にDIYも得意なんです。ま、盆栽は仕事ですケドね。DIYはなかなか器用に棚やら仕切りやら作ってくれます。一番の大作はクイーンサイズのベッドフレーム。いや、マットレス買ったら予算なくなって背に腹は代えられん、と自作する事に。なので最近、家具買ってないです。そんな特技をお得意さまのベランダで発揮!盆栽棚を作らせていただきました〜いきなり完成品!元々、見晴らしも良く広くてとって [続きを読む]
  • 【6月中に】サツキの剪定【やってね】
  • 明日から6月ですね。1年の半分が過ぎたと驚愕の事実…盆栽はこれからサツキやらモミジやら雑木の剪定に忙しくなりそうです。サツキの剪定は6月中が勝負です。7月に入ると枝先に花芽が形成されてくるのでそれから枝を切っちゃうとせっかくの将来の花が台無しというかその年はもう花は期待できません。これが6月中にやってね、という理由です。親友にプレゼントさせてもらったサツキ。息子くんの鯉のぼりの横に飾って [続きを読む]
  • 本日の活動報告(ラジオ収録、植替え他)
  • なんと、本日はラジオ収録という事でMBSの上泉雄一のええなぁ!に出演させていただく事になりました!!www.mbs1179.comリポートして下さったのは、アメートークの高校野球大好き芸人でお馴染み“かみじょうたけし”さん!!芸能人に会えるよ〜(ミーハー)しかも、収録中に当店のお客様が持ち込みの樹を植替えに来てくれたので、急遽ゲスト出演する事に。若い女性が盆栽にハマってるって宣伝できて良かったです。Iさん [続きを読む]
  • モミジに花が咲くって知ってました?
  • いや、モミジも植物ですから花が咲くのはあたり前なんですが。葉っぱがフューチャーされがちで花を楽しむなんて考えてもみませんでした。今日も暑いなーと思いながら水やり中にモミジの新緑が綺麗で眺めてると、むむむ。何かついてるぞ。てっぺんにちょっと赤いの見えます?これが種なんです。気になったので調べてみるとブーメランのような形で赤みがかっている翼があり真ん中のぷくっとしているのが種なんです。 [続きを読む]
  • 高島屋BONSAIフェスティバルのハイライト
  • やってきました!BONSAIフェスティバル@高島屋想像以上に規模が大きかったので、まずびっくりと素晴らしい展示に感動!モダンな佇まいでウェルカム!初めての人にも楽しんで頂けるよう盆栽の見方についての説明があるのでこれて要点をチェック!ま、説明なしに見るのも良いですよね。何かしらんけど、訴えてくるものがある的な。盆栽もアートですから。まずは、推定樹齢500年の黒松『雲竜』が威風堂々とお出迎え。 [続きを読む]
  • 雨の日も水やり必要なのか問題について。
  • 大阪は久しぶりにしっかり雨が降りこの二日間は鬱陶しいお天気です。何も考えずに洗濯物干してしまって(なぜ完全にびしょ濡れでございます。さて、盆栽はといいますと5月やのに夏日でだいぶダメージを受けてたので、暑さも和らぎ恵の雨になってちょっと安心ですね。で、今日のタイトルの問いになる訳ですが結論から言うと…雨の日も水やりは必要です!!!まぁ、屋根付きの屋外に置いてるのはモチロン、吹きさらしでもで [続きを読む]
  • 【告知】BONSIフェスティバル@大阪高島屋
  • 毎日暑いですが、みなさん水やり頑張ってますかー??当店ではついに1日3回の水やりで水道代が急激にあがり、水道局から水漏れてませんか?と心配された次第です。これだけ、水をやっててもやっぱり水切れをおこす盆栽がいてて先日も長寿梅さまが大変なお姿に…葉がカサカサになって、もうダメぽ状態。緊急処置でなんとか対応したのでちょっとヤバイかもと思ったらすぐ写メとか送って下さいね!!プロも枯らすことがある [続きを読む]
  • 久々のビフォーアフター(サワラヒノキ、五葉松)
  • 最近は花物に浮かれて店主の力作をレポしていなかったのでちゃんと仕事してるとこ、今日は書きます。<今日のお仕事その1>サワラヒノキの植替えちょっと正面も植え付け位置も、ずれてマヌケ。ヒノキの仲間で庭木なんかによく用いられます。モフモフで可愛いんです。上からみたらまん丸でもはや何かわからず。スーモかアフロか…これは、空間を持たせてかっこよくするパティーンで。この意味ありげな余白がポ [続きを読む]
  • 花物盆栽のお手入れについて
  • 最近は例のアマゾンプライムで探偵ナイトスクープを見まくってますがやっぱオモロイわ〜関西人の夢=ナイトスクープ出るですからね。ま、それは置いといて花物盆栽の手入れの話です。花盛りのサツキちゃん。花の咲き方にもばらつきがあるので、蕾のとこもあれば、咲き終わってるところも。咲き終わった花を『花殻』といい見た目的にも、樹の為にも小まめにとってあげましょう。花びらだけ取るのでは [続きを読む]
  • 【こう見えてバラ科です】イソザンショウ
  • バラの美しい季節になりましたね!最近は、毎日何かが開花しているのでウキウキで花物盆栽の登場多めになってます。今日も小さな白い花が咲いておりました。その名はイソザンショウ。バラ科です。手入れしてないのでちょっとボサボサ(笑)でも葉がサンショウに似ていること、南国の海岸沿いに生息することから、盆栽界ではイソザンショウと呼ばれてます。あ、徒長枝が。上がイソザンショウの葉で下がサンショウの葉。 [続きを読む]