香港のお茶屋 店主 さん プロフィール

  •  
香港のお茶屋 店主さん: 香港のお茶屋さん日記
ハンドル名香港のお茶屋 店主 さん
ブログタイトル香港のお茶屋さん日記
ブログURLhttp://kaorisabo.muragon.com/
サイト紹介文香港でお茶屋さんを妻と2人でしてます。 日々の雑多なこと、お茶のこと、陶器のこと、仕入旅などなど。
自由文香港でお茶屋さんをしています。
香港在住10年です。
日本茶と日本の茶器をメインに販売していますが、
美味しい中国茶やインドの紅茶も扱っています。
香茶房
606, 6F, Haleson Bld, 1st Jubilee St, Central(主に茶と茶器販売)
www.kaorisabohk.com
香茶時間
1502, 15F, Harvest Bld, 29-35 Wing Kut St,
Central(主に陶器と茶室)
www.japaneseteahk.com
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供15回 / 24日(平均4.4回/週) - 参加 2017/03/28 20:00

香港のお茶屋 店主 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 夜中の海辺で一人ビールの時間
  • 毎年この時期になると、 夜中にビール片手に近所を散歩します。 暑くなく、でも、少し蒸し蒸しと。 短い、深夜散歩するには、 とても心地よい季節です。 子供達が寝静まった後、 こっそり家を抜け出し、 海辺のベンチに座って、 ビール片手にまったりです。 香港は酒税が掛からないので、 日本のビール1本$6-7くらい。 とても安上がりに贅沢ができます。 明日は日本から船便の荷物が沢山届くし、 いろいろ配達し [続きを読む]
  • お茶屋さんが行くお茶屋さん
  • 昨日は配達がてら、 中国茶のお店、 文博軒でお昼を食べてきました。 文博軒 ? 香港石硤尾的?菜 (廣東)點心茶館 | OpenRice 香港開飯喇 上の息子がイースター休みに入ったので、 息子もつれていきました。 お客さんに買って貰って、 頂いたお金で生活しているんだよ、 と教える為にも、 学校が休みの日などは、 よくお店や配達などにこども達を連れて行きます。 文博軒はお客さんで、 いろいろな物 [続きを読む]
  • 備前焼の花瓶は花を蘇らせる
  • このカーネーション、 備前焼の花瓶に挿して、 既に1週間になります。 近くに新規開店の店があって、 捨てられた花輪から拾ってきた花です。 本物の備前の土には、 沢山のミネラルと、 天然のペニシリンが含まれています。 これが花を蘇らせると思います。 一度捨てられた、 萎れかけた花が、 再び綺麗に咲くのを観るのは、 とても心地良いものです。 [続きを読む]
  • 商売を始める前に③ 副業から始める
  • 商売を始めて、まともに利益が出るのに、 大体1年くらいかかる、 とよく言われます。 これは何故かというと、 ーブランド、店舗が認知される ー商品の質が改善する、もしくは、マーケットにあった商品を揃える ーマーケティングの方法が改善される ー運が舞い込んで来る確率 これらの事が徐々に改善されていって、 結果として利益となっていくのだと思います。 しかし、この物価の高い香港で、 1年間まともに収入がな [続きを読む]
  • 商売を始める前に② 人の忠告を聴く
  • お金も、コネも、経験もないけど、自分で商売を始めたい人へのアドバイスその2です。 「このアイディアはいける!早くやらないと誰かに先を越される!」、 「この立地で、この家賃は安い。早く契約しないと誰かに取られてしまう。」 もしくは、 「会社でパワハラを受けていて、早くここら抜け出したい。でも生活が、、、。」 などなど、興奮していたり、切羽詰まっている時、 大きなお金を使ったり、何か契約をしたい時は、 [続きを読む]
  • 商売を始める前に① 簡単な計算の仕方
  • 香港で現地採用で働いている人であれば、 殆どの人が、 自分で商売を始めたいな~~~ と、思っていると思います。 でも、金は無いし、コネは無いし、経験は無いし、家賃は高いし etc,,, と、前に進めないでいる人も多いかと思います。 まさに自分がそうでしたが、 今は自分の商売だけで、 お手伝いさんを入れると、 家族6人の生活を養っています。 ちなみに僕が商売を始めるに当たって投資したお金は僅か5万ド [続きを読む]
  • パッケージで分かる不味いお茶の見分け方
  • 美味しいお茶をパッケージで簡単に見分ける方法。 これは残念ながら有りません。 時間を掛けて、いろいろ飲み比べ、 自分好みの味をみつけるしかありません。 しかし、不味いお茶を見分ける方法はあります。 それは透明、もしくは、 窓の付いたパッケージで売っているお茶です。 お茶は光にとても弱く、 蛍光灯の下に数時間晒すだけでも、 大きく劣化します。 これは緑茶に限らず、 紅茶、烏龍茶、プーアル茶など全てに [続きを読む]
  • 中国茶の先生
  • 今日は中国茶の先生、 キャサリン(上の写真の人)が来てくれて、 採れたての、 [明前龍井] をお土産で持ってきてくれました。 お湯を注ぐと豆の香りがふわっと立ち込めます。 こんなに美味しい龍井は初めて飲みました。 甘い余韻がいつまでも喉の奥の方に続きます。 龍井の良い物はとても高価ですが、 この味なら納得です。 湯を注いでも、緑が生き生きしていて、 とても美しいです。 香港でお茶屋さんをしていると [続きを読む]
  • 古い急須を使ったお茶会
  • 今日はお茶会をします。 茶会といっても、 格式高い茶会では無く、 気軽に何時もとは違った雰囲気でお茶を楽しんでもらおう、 というコンセプトです。 今回は4-50年前の煎茶の淹れ方と、 現在の淹れ方を比較して楽しもう、 という会です。 折角なので、 参加者の方々には40-50年前の古い急須を使って体験して貰う予定です。 お茶好きの人達で、 新しい出会いの場になって欲しいな、 とも思っています。 因み [続きを読む]
  • パッケージで分かる不味いお茶の見分け方
  • 美味しいお茶をパッケージで簡単に見分ける方法。 これは残念ながら有りません。 時間を掛けて、いろいろ飲み比べ、 自分好みの味をみつけるしかありません。 しかし、不味いお茶を見分ける方法はあります。 それは透明、もしくは、 窓の付いたパッケージで売っているお茶です。 お茶は光にとても弱く、 蛍光灯の下に数時間晒すだけでも、 大きく劣化します。 これは緑茶に限らず、 紅茶、烏龍茶、プーアル茶など全てに [続きを読む]
  • 天気の良い日は商売繁盛
  • 今日は昨日とはうって変わって良い天気。 良い天気の日は、 特に前日が悪い天気だと、 売り上げが良くなる場合が多いです。 特に「大客」(沢山お金を落としてくれるお客さん)が来てくれる可能性が高くなります。 やっぱり、天気が良くて晴れ晴れした日は、 お金を使おう!という気分になるみたいです。 今月は良いスタートを切れそうです。 天気が良い日は写真を撮るのにも最適です。 昨日紹介した日本産烏龍茶を、 螺 [続きを読む]
  • 新商品 日本産烏龍茶
  • 今日は新商品の日本産烏龍茶が届きました。 鹿児島県産です。 いろいろな場所の国産烏龍茶の試飲をしたのですが、今回仕入れた烏龍茶が甘味があって、後味も長く続くので、これに決めました。 この烏龍茶は農家さんが少量限定で作ったものを買い上げたので、 まだ日本のどこにも売っていません。 お茶は淹れ方によって美味しくも、 不味くもなります。 なので今日はずっと淹れ方研究をしていました。 熱い温度で淹れると、 [続きを読む]
  • 人間国宝の茶碗で一服
  • 人間国宝 三代常山の茶碗で一服。 荒々しい土味に抹茶が良く映えます。 常滑の天然土が使われているので、 抹茶の味わいが格段に柔らかく、 でも深く変化します。 約60年前の作品。 僕のお気に入りの茶碗の一つです。 三代常山といえば急須ですが、 幾つか素晴らしいものを持っているので、 追い追い紹介していきたいと思います。 最近、少し景気が上向いてきているのか、 数千ドルする高価な陶器や玉露など高級茶が [続きを読む]
  • ワークショップの準備
  • 抹茶碗を洗って準備 今日はどうも鼻がムズムズします。 目もちょっとシパシパ。 日本では花粉症が酷くて辛かったので、 香港に来た当初は、 「花粉症から解放されたーー」 と喜んでいたのですが、 長くこちらに住んでいると、 こっちの花粉で花粉症になってしまったようです。 そんなわけで、ここ数年この時期になると花粉症の症状がでます。 今日は出張日本茶ワークショップがあります。 僕のお店はセントラルですが、 [続きを読む]
  • 過去の記事 …