あゆみ先生 さん プロフィール

  •  
あゆみ先生さん: 言の葉の森  国語科教員からのメッセージ
ハンドル名あゆみ先生 さん
ブログタイトル言の葉の森 国語科教員からのメッセージ
ブログURLhttp://ameblo.jp/ayumik09091231/
サイト紹介文国語力 表現力ってなにかを紐解いていきます。全ては国語からはじまります。
自由文現役国語科の教員からの日々のメッセージをお伝えします。社会人になった今、必要なのは国語力です。世の中ではほとんどの人が人と接しながら生きています。人と接するには表現力の豊かさがものをいいます。現代を生きるみなさまに語彙の大切さをこどもたちへのメッセージも含めて配信していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供8回 / 3日(平均18.7回/週) - 参加 2017/03/29 02:19

あゆみ先生 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 揖屋神社
  • こんにちは*(^o^)/*さてご紹介する「揖屋神社」ですが、島根県の松江市にあります。場所 島根県松江市東出雲町揖屋2229揖屋駅より徒歩10分主祭神 伊邪那美命 大穴牟遅命 少彦名命 事代主命 御利益 国家安泰、子孫繁栄、五穀豊穣、家内安全、商売繁盛、厄除け、病気平癒、就職、受験など伊邪那美命といえば、かの有名なイザナミです男神である伊邪那岐命と国生みをした女神として多く知られ [続きを読む]
  • 出雲大社
  • こんにちは*(^o^)/*少し辞書の話から離れて、出雲大社に行ったときのことの話です。大学では古事記を専攻していたので、ワクワクで一人島根にはじめての一人旅でした出雲大社見えますか?奥の方、傘差してるんですせっかくの旅なのに、島根についたら雨が降っていてと残念がっても仕方ないので先に進みました鳥居の前でご挨拶を済ませていざ出陣!と、出雲大社の中を歩いていると、、えーものの数分で快晴に!これにはビックリし [続きを読む]
  • 明鏡国語辞典
  • こんばんは*(^o^)/*さて、今回は「明鏡国語辞典」の紹介です。明鏡といえば、新明解や三省堂、岩波と違い歴史が浅く、現在販売されているものも第二版と比較的新しい辞書です。古き良きものを大切にしつつ、新たな視点から国語、日本語を見直した良質な辞書だと私は思っています。若干分厚く、重たいのですが私の使用頻度は一番です以前紹介した電子辞書も内蔵は明鏡国語辞典で、かなりお世話になっております明鏡国語辞典 第二版 [続きを読む]
  • 新明解国語辞典
  • こんばんは*(^o^)/*さて、今日は「新明解国語辞典」についてご紹介させていただこうと思います。新明解国語辞典第七版定番の辞書ですどうやら日本で一番売れているようです。そしてユニークな語釈で有名です。以下三省堂ホームページより抜粋させて頂きました。http://dictionary.sanseido-publ.co.jp/dicts/ja/smk_kok7/①「文法」欄を新設。より深い日本語理解のために、日常見落としがちな表現に目を向け、日本語を外からとら [続きを読む]
  • ベネッセ表現読解辞典
  • こんばんは*(^o^)/*辞典のはなしの続きです。まずは変わり種というか、私のお気に入りの国語辞典を紹介しますベネッセ表現読解辞典「ベネッセ表現読解辞典」です。●対象 国語の学習途上にある高校生●約三万五千項目を収録●方針 ①論理的な文章や情緒的な文章を読解するのに役立つこと。②自己の思考や感情を的確に表現するのに役立つこと。とされています。対象としては中学生〜使用可能です。ただ、囲み記事として、現 [続きを読む]
  • 辞典のはなし【導入】
  • こんばんは*(^o^)/*国語辞典のおはなしをします国語辞典ってたくさんあって何を選んだらいいかわからない!って方いると思います。もちろん私もその一人でした。そして今もなお調査中です数え切れないほどの辞典たち選び方はそれぞれですが、語彙力をつけるためにはやはり紙の辞典がいいですね何故って?人はやはり五感でものを記憶する生きものです。電子辞書だと頭に一時的に記録されるだけで、繰り返しその言葉を学習しない限 [続きを読む]
  • まずは自己紹介
  • 続いてまずは私のことを知ってもらうところからはじめないと、何もスタートできないと思うので一応自己紹介を。名前はあゆみです文学部日本文学科で4年間、上代文学、主に古事記を専攻していました。古文の魅力的なところって、いまと感覚が変わらないところなんですよね。千年以上前の話なのにどことなく共感できる想いがあって、人間の心や感情の神秘を考えさせられます。学生時代はソフトボール部に所属し、主にセカンドを守っ [続きを読む]
  • はじめに
  • はじめまして2020年に東京オリンピックが開催されます。その中で日本人の英語力が問われるのは必須であり、いまから対策をしている国家、企業とたくさんの人が動いています。しかし、国語力に関してはどうでしょうか?もちろん、英語も今後国際社会を生きる私たちにとって大切なものであることは間違いありません。そして日本で生活する私たちは必要最低限の日本語ならばほとんどの人が理解していることでしょう。では、国語力っ [続きを読む]
  • 過去の記事 …