夕忌 さん プロフィール

  •  
夕忌さん: 迷子の舞子の夕忌さん
ハンドル名夕忌 さん
ブログタイトル迷子の舞子の夕忌さん
ブログURLhttp://ameblo.jp/sadblood777/
サイト紹介文元V系バンドマンの、引退後の人生。
自由文兎にも角にも読めばきっとほくそ笑む、そんなブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供15回 / 26日(平均4.0回/週) - 参加 2017/03/29 11:55

夕忌 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 動物とエゴ ご飯と保存
  • 僕はyoutube等、動画サイトが大好きです。投稿動画を観漁るのが趣味です。そして特に動物系の動画が大好物で、いつもヨダレを垂らして目を血走らせ、動画を観ながら炊きたてのご飯を食べます。もちろんコシヒカリです。炊きたてがない場合、冷蔵庫にラップに包んだストックがあります。冷凍庫では無く、冷蔵庫です。凍らせてしまうと解凍に時間がかかるし、無理矢理解凍すれば著しく味が落ちます。そして別に凍らせなくても1週間 [続きを読む]
  • 憑依 お絵描き動画付き
  • 皆さんは、無意識のうちに何かしらの行動や言動をとっていたなんて経験はありませんか?まるで取り憑かれたかのように。よくあるところだと、貧乏ゆすりや爪を噛む等。他人より食欲旺盛な方に有りがちなのは、サイゼリヤに入ると何故か語尾が “ダブルサイズ” になっていたり。これらは日常でよく見聞きする光景ですが、中には通常では考え難い症状を患っている方もいます。僕もその1人です。では、“何かに取り憑かれている” & [続きを読む]
  • お嬢様、武士の嗜み
  • 友人夫妻のお宅にお邪魔した時のお話。友人夫妻には4歳になるお子さんが1人います。とても元気な子で、僕に対してのみ好戦的という一面を持っています。※更に詳しくはこちらの記事をどうぞ↓あーちゃん一一3月某日午後1時〜♪僕「はいもしもし」友《 DVDカエス、アトお土産アル、今日来れますか?ドーゾー》僕「無線かな?」仕事で徹夜明け、そしてなんだかんだと予定をこなしていたら寝る間も無いまま友人宅へ一一あーちゃん「 [続きを読む]
  • ムツゴロウ 崩壊の証
  • 僕は以前、バーテンダーの傍ら某漫画喫茶でもアルバイトしていました。そこで今も働く後輩さんから久しぶりに「飲みに行きましょう」と連絡が来たので、僕は快諾した。一一居酒屋一一「もう辞めたいです…」彼女は何杯目かのジョッキを傾けた直後、息を吐くと同時にそう漏らす。伏し目がちな顔からはあまり伺えないが、声色の微かな震えがその心境を表していた。「耐えられないです…神山さんいなくなってからもどんどん酷くなっ [続きを読む]
  • 悪夢 再発
  • 7年前、まだ千葉の “製缶工場” で働いていた頃。※“缶” というのは業務用のオイルとか洗剤用の平均20ℓ入る樹脂性の容器(要するにバケツ)である。工場内に空調は無く、夏はサウナ、冬は冷凍庫のような環境。受注生産に追われる作業は忙殺せんとばかりに襲い来るAM8:00PM6:00※多分に脚色を含みます20代前半の僕にはそういった過酷さが身体に堪えることはなかったが、若い心を “退屈” の二文字が蝕んだ。夢見がちな青年、 [続きを読む]
  • 対峙
  • ワイワイキャ-ドスドスドス 前回、僕の振動スピーカーによる迎撃作戦は失敗に終わった。上の住人の様子は相変わらずである。未だ管理会社からの通告は無視。これはもう、いよいよ直接話しをつけるしかないと悟った僕は、階段を登って行くのであった。一一一ピンポ-ン…。ピンポ-ン………。ドンドン 僕「 すいませーん!下のもんですけどー!」…………。ドンn ガチャ!…!!東南アジア人「………。」僕「……あの、」東ア「…… [続きを読む]
  • 一つ屋根の下、戦争
  • ドンドンドンドタドタタタタタタ バンッワイワイワイ…ギャハハドン ドン ドン ドン〜♪一一一二階建てのアパート1階道路側の角部屋に、僕は住んでいる真上の住人は東南アジア人だ。恐らくはスリランカとかその辺この東ア人が曲者で、決まって真夜中に帰ってきては大音量で音楽をかけたり、柔道でもやってるのかと思う程のドスドス音を立てる。不眠症に陥った僕の“参りました感”からすれば黒帯外人に一本取 [続きを読む]
  • 除霊法
  • 邦画ホラー【貞子vs伽倻子】を観ました。※ネタバレかもしれないので注意貞子の件で呪いにかかった娘を霊能者が除霊しようとするシーンがあるんですが、↑このオッサンかオバサンかわからん人が霊能者です。(おばさんだった)水を顔面にぶちまけて、更に2リットルくらいいっきに飲ませ吐き出したらビンタするっていうシンプルかつ壮絶極まる除霊法に、つい笑ってしまいそうになりました先ずは水かけそれから飲ます飲ます限界まで飲 [続きを読む]
  • あーちゃん (完全版)
  • (※一度公開済みですが、一部編集しての再投稿です。)僕が学生時分から仲良くしている友人夫妻がおりまして(両方友人)子供が1人、女の子がおります。彼ら夫婦とは未だに付き合いがあり、たまにお宅にお邪魔することもあるのですが…一一一友人「ただいまー」僕「お邪魔しますー」友嫁「あみ(仮名)ー!ゆうちゃんきたよー」ドタドタドタ僕「おっ、大将久しぶりっ!やってる?」あ「ニヤッ」友嫁「その顔やーめーて」僕「あっさん今日も渋 [続きを読む]
  • テロリスト
  • 僕がこの世で一番嫌いなものは、“おっさんの爆音くしゃみ” です。一一満員電車おっさん「…ェェエエエエエエッッシシ!!!」僕「オッkfjk…!!」(耳がああああああ!!!)基本的に音に敏感でビビリな僕からしたら、これは通り魔と一緒です。夜道で急に背後から刺されるくらいの恐怖を味わうのです。僕のようなノミの心臓の持ち主にとって外の世界は危険で溢れています。ちょっと出かけるだけで命懸けなのだ。一一信号待ち車「プゥゥウ [続きを読む]
  • 僕の初夢
  • ガラガラ大将「ヘイッ! ラッシャイ!!」僕「えーと、マグロ!」大将「ヘイ! 少々お待ちくだせぇ!」大将「おーい!新入り!マグロ!」藤原竜也「ヘイ!!」僕「!?」藤原竜也「I have a マグロ〜…藤原竜也「I have a シャリ〜…藤原竜也「ア゛ア゛アアアァァァ!!!なんでだよおおおおお!」藤原竜也「なんで潰れるんだよ゛おぉおお!」床ゴロゴロ大将「このバカっ!そうやるんじゃねーよ!どけっ!」大将「I have a サーモンの握 [続きを読む]
  • クリスマスの思い出
  • 独り身だが、嫌いではない。飾り付けられた街の灯りも、浮き足立った人達も、そういう雰囲気を眺めるのはどちらかというと好きだ。しかし、たった一つ許せないことがある。赤い衣を見に纏い、トナカイが引くソリに乗って空を飛び回るあいつだ。巷で言うところのサンタクロースという人に、僕は何度かやらかされた事がある。まぁ、もちろん良い歳こいて空想上のおっさんに対して未だに怨みがあるだとかそういうわけではないが、な [続きを読む]
  • 走馬灯
  • 年が明けた、と思ったらもう年末である。年齢を重ねると共に時の流れが加速している、ように感じる。だからたまに振り返ってみる。一一一小学生の頃はその足、その短い歩幅でウンコを踏みながら歩くように、時間も1日1日が濃く長いものだった。小学校は“ねりけし”工場だ。全員で一日中ねりけしを生産する。 その生産数は世界一を誇る。細かく難しい技術を要するこの作業こそ、多くの職人を排出するための基盤になる。良い [続きを読む]
  • 私の言の葉 FirstStage
  • 【僕の語録】〜噛む編〜仮眠開け僕「…。(眠い)」爺「おぃーす!!」僕「あっt おっhさぇさえざいまーぃ!」おはようございますとお疲れ様ですが混ざる。〜テキトー英語編〜外人に尋ねられる外人「Dr.kawabata (指差し) here??」(川端医院はここ?)僕(カワバタ?知らんなー)僕「ノットヒアー!バイバイ!」外人「no?? were is it??」僕「アー、SHIRAN!Bye bye!」知らん。〜コンビニ編〜俺氏、ボーッとする。店員「こちら [続きを読む]
  • 過去の記事 …