今日までそして明日から さん プロフィール

  •  
今日までそして明日からさん: 今日までそして明日から
ハンドル名今日までそして明日から さん
ブログタイトル今日までそして明日から
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/karasu-mugi
サイト紹介文散歩道で見つけた自然の移ろいや街の様子、等々
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供41回 / 57日(平均5.0回/週) - 参加 2017/03/29 15:00

今日までそして明日から さんのブログ記事

  • 晴美台でオオキンケイギクが
  • 外来生物法で特定外来生物に指定されたオオキンケイギクが目立つ季節になりました。河川岸や高速道路の壁面に群生が見られます。この時期には散歩道でも目立つ花のひとつです。オオキンケイギク 学名 Coreopsis lanceolata キク科 ハルシャギク属北アメリカ原産で、1880年代に観賞用に導入されたものが野生化し、各地に広がった。花が美しいので、移植されたり刈り残されたりした。 [続きを読む]
  • 修学院離宮に行ってきました
  • 修学院離宮に行ってきました。ネットで申し込んでも落選続き、当日受付があるということで今日は直接行ってみました。11時から当日の受付があるということで、10時40分頃から並びました。今日は少ないということで、13時30分からの見学の予約ができました。見学は約3km歩き、85分かかりました。今日は暑くて、ちょっと大変でした。 [続きを読む]
  • あまの街道で卯の花が
  • あまの街道で「卯の花」が咲いていました。「卯の花の匂う垣根に」と歌われる卯の花はウツギの花です。ウツギ 学名 Deutzia crenata アジサイ科 ウツギ属北海道、本州、四国、九州に分布する落葉低木。林縁や雑木林、崖、畦などに生育する。 [続きを読む]
  • あまの街道のガマズミ
  • あまの街道ではガマズミの個体数は少なく、開花時期にうまく合わず、何年か越しでやっとガマズミの花が撮影できました。ガマズミ 学名 Viburnum dilatatum レンプクソウ科 ガマズミ属北海道から九州にかけた広い範囲の雑木林で普通に見られる落葉低木。 [続きを読む]
  • 蜻蛉池公園のバラの品種
  • 蜻蛉池公園にはたくさんの品種のバラが植えられています。手入れも行き届き、品種の表示はきっちりされています。ちょうどよい時期のものを撮影してきました。ゴールド マリー 84エーデルワイスケニギン ベアトリックダイアナ プリンセス オブ ウェールズプリンセス ドゥ モナコ芳純新雪カクテルマチルダリリー マルリーンブライダルピンクゴールド バニーマリア カラスドルトムントピエール ドゥ ロンサール [続きを読む]
  • 蜻蛉池公園のバラ園
  • 泉北高速鉄道の泉北くるりんウオーク 蜻蛉池公園コースを歩いてきました。泉北高速鉄道・和泉中央駅から阪和自動車道沿いに岸和田和泉インターの横を通り、蜻蛉池公園へ。蜻蛉池公園から岸和田市包近の桃畑の中を通り抜け、牛滝川に沿って進み久米田池へ。JR久米田駅まで約15.8kmのウオークです。蜻蛉池公園公園のバラ園はつる性バラが満開ということでした。 [続きを読む]
  • あまの街道のナツハゼ
  • あまの街道で咲いていたナツハゼです。ツツジの仲間で釣鐘型の小さな花を咲かせます。ナツハゼ  学名 Vaccinium oldhami ツツジ科 スノキ属 北海道、本州、四国、九州、朝鮮南部、中国に分布する落葉低木。丘陵地、明るい二次林に生育する。 [続きを読む]
  • 大蓮公園のキショウブ
  • 堺市南区の泉北ニュータウンの大蓮公園でキショウブが咲いていました。キショウブはハナショウブとは別種で繫殖力が強く野生化しています。キショウブ 学名 Iris pseudacorus アヤメ科 アヤメ属西アジア〜ヨーロッパ原産の外来種で、全国の湖沼、溜池、河川、用水路などに帰化生育する多年草。近くで咲いているものがなかったので、2013年5月に同じ場所で撮影したものを加えておきます。 [続きを読む]
  • 槙塚台のオヘビイチゴ
  • 堺市南区の泉北ニュータウンの園地でオヘビイチゴの群生が見られます。ムラサキサギゴケの群生の紫色と黄色のオヘビイチゴの群生が競い合っています。オヘビイチゴ 学名 Potentilla kleiniana  バラ科 キジムシロ属本州、九州、朝鮮半島、中国、マレーシアなどに分布する。湿地、水田の畦や、ややしめった道端に生育する多年草。 [続きを読む]
  • あまの街道のキツネアザミ
  • 連休も今日で終わり、あまの街道はウォーカー、ランナー、サイクリストがいつもより多いようでした。いつもより足を延ばして、堺カントリーの横を通過して河内長野市域まで行ってきました。ここまでくると水田があり、ぶどう畑や桃畑もあります。金剛山も岩湧山も近くに見えますが、今日は黄砂で霞んでました。水田の畔にキツネアザミが咲いていました。普通に見られるとのことですが、初めての撮影です。キツネアザミ 学名 Hemi [続きを読む]
  • 晴美台のフランスギク
  • 今日は午前中から雨が降ったり止んだりしています。ゴールデンウイーク中、堺はよい天気が続いていました。昨日も曇りの予想でしたが、朝からよく晴れました。泉北ニュータウンの緑道でフランスギクの群生が見られます。園芸種のマーガレットに似ていますが、フランスギクは帰化種で法面に自生しています。多年草なので、除草に負けず毎年花を咲かせています。フランスギク 学名 Leucanthemum vulgare キク科 フランスギク属ヨ [続きを読む]
  • 金剛山ちはや園地で
  • 金剛山ちはや園地で5月3日に咲いていた花です。ホンシャクナゲ 学名 Rhododendron metternichii ツツジ科ツツジ属金剛山では自生は確認されてないようです。ショウジョウバカマ 学名 Heloniopsis orientalis シュロソウ科ショウジョウバカマ属北海道〜九州の山地の谷沿いや林野の湿ったところに生える多年草ナガバモミジイチゴ 学名 Rubus palmatus var. palmatus バラ科キイチゴ属中部地方以西〜九州の山野の日当たり [続きを読む]
  • 金剛山ちはや園地のシラネアオイ
  • 金剛山に登ってきました。大型連休でたくさんの人が金剛山をめざしていました。河内長野から金剛山ロープウェイに行くバスは、満員で次のバスを待つ人もいました。山頂は登山会のイベントがあったようで、長い人の列ができていました。山頂を通過し、ちはや園地を散策しました。多くの種の花を撮影できたのですが、今回は速報です。一番の見頃だったシラネアオイをアップします。金剛山ちはや園地のシラネアオイは植栽されたもので [続きを読む]
  • あまの街道のツクバネウツギ
  • 今日から5月ですが、4月に撮影して4月中にアップできなかったものを紹介します。ツクバネウツギはあまの街道ではこの株しかまだ発見できていません。本格的に植生調査をした結果ではありません。個人の感想です。ツクバネウツギ 学名 Abelia spathulata スイカズラ科ツクバネウツギ属本州、四国、九州に分布する落葉低木。丘陵〜低山の里山の林縁や疎林内に生育する。 [続きを読む]
  • 貴志川線に乗って来ました
  • 大型連休、天気も良く、家にいるのはもったいない。和歌山まで行って貴志川線に乗ってきました。観光案内所で貴志川線はJR和歌山駅の9番線から出ること、1日乗車券の発売場所を教えてもらって、1日乗車券を購入して9番線に。いちご電車が止まっていました。いちご電車で貴志駅へたま二世駅長 ニタマ に会えました貴志駅からたま電車に乗って伊太祈曽駅へ伊太祈曽駅でヨンタマに会えました(残念ながら、ずっと寝ていました)伊 [続きを読む]
  • あまの街道のクロバイ
  • クロバイはあまの街道の雑木林でも、道から離れた林の中に自生し、常緑樹で葉の色も濃く普段は目立ちません。大型連休のころになると樹冠が花でまっ白になり、葉の色も見えないほどです。クロバイ 学名 Symplocos prunifolia ハイノキ科ハイノキ属本州(関東南部以西)、四国、九州、沖縄、済洲島に分布する常緑小高木。低地から低山帯にかけての荒れ地、二次林、天然林などに自生し、大阪府では普通に見られる。 [続きを読む]
  • あまの街道のアキグミ
  • 5年前だと思いますが、あまの街道沿いにあった二次林が伐採され、宅地造成が行われました。その時にできた法面でアキグミが生長して花を咲かせています。グミの仲間は根粒菌により空中窒素を固定することができ荒地でも育ちます。造成地や道路の土留め用に植栽されることもあるようですが、自生したもののようです。アキグミ 学名 Elaeagnus umbellata グミ科グミ属北海道〜九州の河原や原野、道ばた、川岸など、日当たりのよい [続きを読む]
  • あまの街道のモチツツジ
  • あまの街道は新緑で日陰が程よくでき、快適に歩けます。街道沿いにモチツツジが多数自生し、満開が近づいています。モチツツジ 学名 Rhododendron macrosepalum ツツジ科ツツジ属山梨県・静岡県から岡山県までの本州と四国に分布する半落葉低木。大阪南部の丘陵から低山地で普通に見られる。4月15日にはあまの街道のコバノミツバツツジを紹介しました。あまの街道ではコバノミツバツツジが先々週は花盛りでした。今はモチツツ [続きを読む]
  • 光明池のクサイチゴ
  • クサイチゴは泉北ニュータウンの緑道でよく見られます。イチゴの仲間の中でも花が大きく目立ちます。果実は完熟するとよい香りがして甘く、独特な味がして美味いようです。クサイチゴ 学名 Rubus hirsutus  バラ科 キイチゴ属北海道を除く日本全土、朝鮮、中国、台湾に分布する在来種。日当たりの良い林縁や草地に生育する。 [続きを読む]
  • 槙塚台のスミレ
  • 泉北ニュータウンの緑道を歩いていると、何種かのスミレを見かけます。その中で「ホンスミレ」と呼ばれるスミレの花の色は濃紫が鮮やかです。コンクリートの隙間などにも生育するのですが、今年は個体数が少ないように思えます。スミレ 学名 Viola mandshurica スミレ科スミレ属日本全土の人家付近から丘陵まで日当たりのよいところにふつうに生える多年草。花は濃紫色。側弁は有毛。距は細長い。葉は長楕円状披針形。葉柄に翼 [続きを読む]
  • 光明池でアカメガシワが
  • 光明池まで歩いて行って来ました。泉北高速線の2駅分を歩いて往復しました。光明池畔ではアカメガシワが芽吹き、赤い芽が目立っていました。アカメガシワは泉北ニュータウンでは道端や溜池など、ごく普通に見られます。アカメガシワ 学名 Mallotus japonicus トウダイグサ科アカメガシワ属本州〜沖縄の伐採跡地や崩壊地、林縁などの明るいところに多い落葉高木。新しくできた空き地最初に生える先駆種。光明池 [続きを読む]
  • 茶山台でナガミノヒナゲシ
  • 泉北ニュータウンの緑道を歩いていると、朱色または赤で花びらでよく目立つナガミノヒナゲシが見られます。アスファルト沿いでも逞しく生育しています。ナガミノヒナゲシ 学名 Papaver dubium ケシ科ケシ属の一年草ヨーロッパ原産の外来種。観賞用として導入され、野生化している。 [続きを読む]
  • あまの街道のミツバアケビ
  • 昨日は泉北ニュータウンの緑道で見つけたアケビをアップしました。今日は同じアケビ属のミツバアケビをあまの街道を歩いて見つけました。ミツバアケビ 学名 Akebia trifoliata アケビ科 アケビ属本州、四国、九州、中国に分布する在来種。落葉つる性木本。雌雄同株。総状花序に雌花1〜3個と総状に小さな雄花を10数個つける。花弁はなく、花弁状萼片が3個つく。雌花雄花 [続きを読む]