ebolar さん プロフィール

  •  
ebolarさん: 砂漠を匍匐前進
ハンドル名ebolar さん
ブログタイトル砂漠を匍匐前進
ブログURLhttps://researcharoundtheworld.blogspot.co.uk/
サイト紹介文イギリス、ケンブリッジの毎日
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供99回 / 89日(平均7.8回/週) - 参加 2017/03/30 06:24

ebolar さんのブログ記事

  • イギリス生活:道端のサクランボが意外と美味しいという話
  • 近所には桜の木がたくさんあり、花の季節には桜の花を楽しんだわけですが、今はサクランボの季節。日本のソメイヨシノのサクランボは食べても美味しくないという話ですが、こちらの桜は種類が色々とあり、サクランボもそれぞれ。美味しそうなものもあれば、そうではないものもあり、どうなんだろうなあ・・・と眺めておりました。 先日、相方が知り合った日本人の方が、そんなに美味しくは無いけれど、食べられるという話をして [続きを読む]
  • イギリス生活:寝不足
  • 昨晩は涼しくて快適でした。暫くは気温的には良さそうだけれど、来週は雨が続く模様。なかなか理想的な天候にはなりません。本日金曜日も強風。 昨晩は、涼しかったので、「ああ、よく眠れた」となるかというとそうでもなくて、朝からなんだかだるい。本人が認識して目を覚ましたのは一度だけなのだけれど、相方によれば、それ以外に2度ほど咳をしているのを聞いているということなので、気づかない間に目をさましているものと思 [続きを読む]
  • イギリス生活:予報通り涼しい木曜日
  • 今日、木曜日は予報通り涼しくなった。俄然過ごしやすいわけだけれど、昨日までの暑さによる蓄積疲労で、眠いやら、だるいやら。子供も目に隈を作ってしまい、かわいそうなことである。できものができたりして肌の調子も悪そうだが、多分大人と一緒で疲労が溜まっているのだろうと思う。私は(少なくなってきたとは言え)相変わらずゴホゴホと咳をしているので、それで子供の睡眠を妨げているのではないかという疑いもあり、咳が [続きを読む]
  • 月曜も、火曜も、水曜も暑い
  • 月曜日は週末以上に気温が上がり、31度とか。火曜日もやはり暑くて29度とか。水曜も30度超えでホントに暑い。 暑いのと、咳が止まらないののあわせ技で眠りが浅く、加えて眠りが浅い子供に起こされて余計に眠りが浅い状態となり、睡眠負債(Nスペ、こちらでは今週末に放送のようですが)がたまりまくりな状態となっています。 予報によれば木曜日からグッと気温が下がることになっているので、そこで一息つけるのでしょうが、油 [続きを読む]
  • イギリス生活:暑すぎる週末
  • 土曜日はLMBのオープンデイ。一応ちょっとだけ覗いてみました。外にはそんなに人影もないので、閑散としているのかと思いきや、中は結構盛況でした。4年に一度のことですし、それくらいは来てもらわないと困りますよね。 我々は子供連れだったし、とは言え9ヶ月の赤ちゃんがどんなイベントを楽しめるわけでもないので、少しだけ覗いてそそくさと帰ってきてしまいましたが。 ケンブリッジは30度に達する程気温が上がったので、ラ [続きを読む]
  • イギリス生活:声がGu-Gu ガンモ
  • 扁桃腺炎は治ったものだと思っていて油断したら症状が再発。また喉が痛くなってきて、苦しい生活をしています。喉以外は、少しだるいというくらいなので普通に仕事をしていますが。 最初喉が痛かった時は、喉が痛いだけで声がどうかなったりはしなかったのですが、今は声もおかしい。最初はただ鼻声みたいな感じだったのが、段々と喋ると裏返るようになってしまい、まるでGu-Guガンモです(知らない人も多いと思いますが)。 そ [続きを読む]
  • イギリス生活:剣道、少しだけやってみようかと思い始めた
  • 火曜日は日本人が集まるランチの日。実験がバラバラとあり、頭が混乱気味でもあったので気分転換を兼ねて出かけてきました。 先日のカーニバルで剣道を披露していたSさんもいて、少し剣道の話。話の流れで、同じ建物にいるMさんも剣道をしているということを知る。午後、実験が一段落して、待ち時間ができたすきにMさんのラボ(吹き抜けを挟んだ向かい側)を訪問しました。 最近ケンブリッジに来たはずのMさんは、すでにケンブリ [続きを読む]
  • イギリス生活:扁桃腺炎はほぼ完治
  • 週末、酷いことになっていた扁桃腺炎はほぼ完治しました。まだちょっといがらっぽい時はありますが。今回は、風邪じゃねえな、と自己判断して抗生物質入りのトローチ的なものを薬局で買って舐めたのが功を奏したかなと勝手に思っています。週末だったのもあるし、まだGPの登録がうまくいってないのもあっての苦肉の策だったわけですが。 妻がGP近くに行くついでに聞いてもらったところ、私の分の登録についてはどうなってるのか [続きを読む]
  • イギリス生活:Arbury Carnival
  • 土曜日、Arbury CarnivalというArburyという地区のイベントに行って来ました。 日本人の集まりの方たちもブースを出すということで、豆腐やら、和菓子やら、マッサージやらを事前に予約してしまったもので、体調は相変わらず悪く、喉が痛く、熱も少しあったのですが、午後から片道1時間以上かけて出かけることとなりました。 こんな感じで、いい加減な感じで露店を出している人とか、何かのPRをしている人とか、ちょっとし [続きを読む]
  • イギリス生活:奇縁
  • 風邪気味、だと思っていたのですが、風邪の諸症状、というよりは、喉中心の症状にとどまっているので、これは扁桃腺の腫れかなあ。扁桃腺、ここのところよく腫れる気がする。病院に行って抗生物質を貰うのが良いのかもしれないけれど、まだGPの番号が来てないしなあ・・・。 そんな体調ではありますが、ケンブリッジ情報交換掲示板で売られていたある品物を購入しようと昨日連絡をとってみました。今日返事をいただけたのですが [続きを読む]
  • イギリス生活:風邪気味
  • 朝起きたら、なんだか喉が痛い。風邪のひきはじめかもしれない。取り敢えず葛根湯を飲んで出かけることにしました。 ラボでもやはりそこはかとなく体調が悪いのだけれど、やることは色々とあり、取り敢えず決めたことをポツポツとやっていく感じでした。 そんな感じの今日、イギリスは総選挙。解散してみたものの、思ったようには保守党は議席を取れないようで・・・なんで何度も読み間違えてしまうのか・・・。混乱は広がるばか [続きを読む]
  • イギリス生活:イギリスの免許証
  • 本日も相変わらず強風が残っていましたが、日中は雨は降っていなくて、取り敢えず助かりました。 話は変わりますが、雨が降っていた昨日、雨の中、通勤途中郵便局に寄って郵便を出しました。送り先はロンドンの日本大使館。「自動車運転免許証抜粋証明書」を発行してもらうためです。この長い名前の証明書は、日本の免許証をイギリスの免許証に切り替えるために必要な書類です。来るまで知りませんでしたが、日本とイギリスの間 [続きを読む]
  • イギリス生活:強風&雨のケンブリッジ
  • 今日は朝から眠く、一日中眠い一日でした。 変な夢を見て2度も起きたからなのだろうけれど(続きではなく別の夢)。 眠いだけならまだしも、今日のケンブリッジは朝から雨と強い風で、大変な目に会いました。雨の日には着替えを持って来るようにはしているのですが、靴だけはどうしようもなく、びしょ濡れでネチョネチョする靴を引きずって生活するのはなんとも不快でした。こんな時は流石に車が欲しいと思ったりするのですが、 [続きを読む]
  • イギリス生活:チェリー箱買い
  • 先日、相方が近所のTESCOに買い物にいくというので、ついでにフルーツを買ってきてくれるようにお願いしました。季節柄、チェリーですかね、というリクエストだったのですが、買ってきてくれたのがこれ。 写真だとわかりにくかもしれませんが、でかい。箱買いです。これだけ入って、何と4ポンド。別の種類のチェリーが通常のパックで4ポンドで売られていたそうですが、こちらを選択したそう。なんだかちょっと安すぎて怖いなと [続きを読む]
  • イギリス生活:花粉症(hay fever)発症?
  • 昔、欧米には花粉症は無いんだと言っているような事を言っているのを聞いたことがあるのだけれど、大間違いだと今更気づきました。自分が(多分)花粉症になったから・・・。 私、日本では花粉症の兆候はあまりなかったように思うのですが、最近どうも目が痒くて仕方がない。調べてみると、イギリスでもやはり花粉症(hay fever)というのはあるようで、今の時期だと芝の花粉が多いそうです。日本ではスギやらヒノキの花粉症の方 [続きを読む]
  • 研究生活:待たされまくる
  • 実験の下準備が長い我々が、特にお世話になる機械がAKTAです。タンパクの精製を自動でやってくれる装置なわけですが、高級外車が買えてしまうような値段のする機械です。うちのラボにはそんな高級品が2台あるのですが、1台は測定できる波長が可変、もう一台は280ナノメーターで固定(タンパクの吸収がある波長)となっており、都合上可変の方を使わないといけない人がいて、時々混雑します。今日がそんな日。 学生さんが、そ [続きを読む]
  • 研究生活:概ね実験の下準備
  • タンパクの構造の仕事をして久しいけれど、このお仕事、殆どの時間を実験の”下準備”に費やすことになります。下準備とは、つまり、”新しい発見は何もない”ということ。構造が解けてしまえば新しい発見があるわけだけれど、そこにたどり着くには、サンプルの準備が致命的に重要で、そのサンプルの準備に多くの時間を費やしているのです。毎日、新しい発見は何もありませんでした、というのを続けていると自覚してしまうと、な [続きを読む]
  • イギリス生活:早食い
  • 連休明け、通常モードの研究所。 先週培養した大腸菌たちを潰してタンパク精製。何だかんだとやっていたら昼食の時間に食い込んでしまい、他の人達があらかた食べ終わったところで合流する羽目になりました。同じく遅くなった同僚がいたので、その人と食べればいいかと思っていたのだけれど、その方は普通に食べ終わった人たちの集団の中へ・・・。この行動、よくあるのだけれど私には理解できない。食べ終わった人たちを待たせ [続きを読む]
  • イギリス生活:3連休前の金曜日
  • 知らなかったのですが、月曜日はバンクホリデーらしくイギリスは3連休のようです。 研究所の自転車置き場にはなんだか自転車が少なく、なんかおかしいなあ、と思ったのですが、storeは閉まっており、カフェも終日休業。長い連休に有給を重ねて何処かにお出かけということなのでしょう。しかし、カフェもstoreも何の連絡もなく休んでいる気がするのだけれど、それで良いのだろうか?研究所のオフィシャルなホリデーだったりする [続きを読む]
  • 研究生活:精製の結果
  • 多めに培養してタンパクを精製してみましたが、結果はイマイチでした。取れてないわけではないので一応出来ることはして次に繋げるのですが、著しくモチベーションが下がるのは否めないですね。 前回と何が違うかと言われると・・・前回はトランスフォームからやったが、今回はグリセロールストックからということくらいでしょうか?基本的にはグリセロールストックからで大丈夫だと思っていたのだけれど、駄目な場合もやはりある [続きを読む]
  • イギリス生活:ハプニング
  • 前々から気になっていたのですが、時々「クワイ河マーチ」を鳴らしながら近所にやってくるフードトラックがあります。これの正体がついに判明。それは・・・ フィッシュアンドチップス屋。 流石イギリス。豆腐屋感覚(又はラーメンの屋台の感覚?)でフィッシュアンドチップスがやってくる。 そんなことが判明したその日、自宅のcookerが壊れた。電気式の調理器なのだけれど、ボタンを押してもウンともスンとも言わない [続きを読む]