JAWS さん プロフィール

  •  
JAWSさん: Guppy@Progressive
ハンドル名JAWS さん
ブログタイトルGuppy@Progressive
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/peafowlfish
サイト紹介文グッピープログレッシヴ/Re:じょーずの小部屋
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供23回 / 34日(平均4.7回/週) - 参加 2017/03/30 15:02

JAWS さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 富山グッピーコンテストのお知らせと懇親会について
  • 9/17(日)GTT第4戦目の第2回富山グッピーコンテストのお知らせです。国産グッピー愛好会に所属している小杉くんが主催のグッピーコンテストです。今年よりトーナメントトレイルに組み込まれることとなりました。今回お知らせするのは現地にご参加される方へのアナウンスになります。前日入りで宿泊される方、昨年はホテルを予約するのが大変だったとのことで、事前に小杉くんが予約を取ってくれるとのことです。また、9/16(土)に [続きを読む]
  • 2017,GTT 1st 国産グッピー愛好会コンテストの上位入賞魚
  • 4/29に行われた愛好会コンテストの上位入賞魚をUPします。優勝:ブルーグラス:鈴木秀和氏良好なプロポーションと尾びれおドットパターンが美しい。芝目系統とは異なり、繊細さも持ち合わせています。尾びれの色味が更に青くなると無敵。氏のブルーグラスは近年安定している印象を受けます。ブループラネット大賞:グリーンタキシード:日渡雅喜氏ドイツイエローをベースに作られたため、下地の白が写真では際立ってしまったが、 [続きを読む]
  • グリーンのバリエーション
  • 久々にグッピー。US由来のグリーンをインポートしたのが、12年ほど前になるので、随分と時が経ったと思いますが、彼らの体付きやプロポーションは大きく変わることが無く、素晴らしい品種だと思います。USではゴールデンスタンダードでIFGAのショーでもド定番品種なのですが、日本ではどうも人気がなく、、、「邪道な王道」的な位置づけかもしれません。人気がない一つは黒っぽくて地味なんですよね。日本人とアメリカ人の色の認 [続きを読む]
  • 〜各飼料成分比較〜
  • 自分のためのまとめコーナー。餌を給餌していてこれってどんな成分だったけや、何を追加すれば良いのか分かるようにまとめていきます。ただ、栄養価も大事なんですが、グッピーに場合って腹を如何に膨らますかも大きく作るには大事なことだったりします。ワイルドフォームは餌をやりすぎると、なんか微妙に色合いの良さがなくなってしまうような気がしますので、何事も”適度に”が肝要かと思われます。さて、各メーカーが販売し [続きを読む]
  • 第27回 奈良めだか倶楽部グッピーコンテスト開催のお知らせ
  • 第27回 奈良めだか倶楽部グッピーコンテスト開催のお知らせ開催日 平成29年4月23日(日曜日)開催場所 アイハウス鹿背山2Fフリースペース〒619-0211 京都府木津川市鹿背山当田68無料駐車場有ります。受付 朝10時〜正午まで出品料 1Pr(Tr)2,000円 2Pr(Tr)3,000円 3Pr(Tr)以上は4,000円発送での参加の方は返送の有無に関わらず出品料 1Pr(Tr)1,500円 2Pr(Tr)2,500円 3Pr(Tr)以上は3,000円(展示用プラケースは約 [続きを読む]
  • グッピーの疾病:治験
  • ・はじめにグッピーを他所から同一の水槽に混ぜたときに発症することがある通称”水あたり”。鰓を閉じて、腰を振るような運動を呈し、その後回復するものもいれば、症状が進行し尾ビレの脱落を生じたり、最悪の場合斃死することもあります。非感染性や感染性でも寄生虫・抗酸菌を含めた細菌類・ウイルスなど種々の原因があると考えられています。本症状は他所からの導入時や、別々の水槽から合わせた際に起こるなど、ある一定のス [続きを読む]
  • レパシー社:ゲルフードの成分とその他の成分
  • 小難しい話が続いたので、息抜きにフードのお話。レパシーのゲルフードが好評です。(有)ピクタのスーさん曰く、代謝の良い三角尾びれのグッピーにはスポーン&グローが良く、代謝の落ちるワイルドフォーム系のグッピーには、ソイレントグリーンがオススメのようです。◆作り方は1:3程で熱湯をかけてグルグルとよくかき混ぜ、うちは冷蔵庫に入れているのですが、常温下で固まり、プラスチックスプーンで取り分けて給餌します。※ [続きを読む]
  • グッピーと必須アミノ酸
  • いつも難い文章で申し訳ないです。グッピーとアミノ酸。。小難しい話ですが、最後まで読んでいただける方がいればうれしいです。さて前回、タンパク質のお話をしましたが、タンパク質をどんどん分解していくとアミノ酸になります。アミノ酸は体を構成するのに大切な有機化合物の一つです。そこで、アミノ酸のお話。〜アミノ酸のはたらき〜「アメフリヒトイロバス」、これは、必須アミノ酸8種と、子供には必須とされている準必須ア [続きを読む]
  • 魚病とターゲット抗生剤
  • 前回、グッピーに病原性を持つ細菌類の報告からさらに細かくやっていきたいと思います。グッピーに病原性を有する代表5つの菌・Aeromonas hydrophila:グラム陰性通性嫌気性菌:セフェム系(第三世代)、キノロン系・Vibrio cholerae:グラム陰性通性嫌気性菌:マクロライド系(アジスロマイシン)、セフェム系(第三世代)、キノロン系、テトラサイクリン系(ドキシサイクリン)・Flavobacterium:グラム陰性偏性嫌気性菌:有 [続きを読む]
  • タンパク質とグッピー
  • 〜グッピーの飼料について〜タンパク質の摂取は成長を決定する栄養素のため、大切であることはご存知かと思います。生まれた直後のグッピーにブラインシュリンプをあげることは、その口に入るサイズ感、自発的に動いていることも大事なファクターの一つだと思います。その他に嗜好性が高い要因として、タンパク質が特筆して高いというのことも嗜好性を高める一つの要因かと思います。(およそブラインシュリンプのタンパク質含有量 [続きを読む]
  • 網はやっぱりこれだった!
  • 市販の網でグッピーの特に稚魚を掬うのに皆さまどうされてますか?我が家では以前までは市販の網を使っていたのですが、どうにもこうにも網のフロントが邪魔すぎて、魚がフロントに張り付いたり、またはちゃんと入ってくれなかったり、、、掬いはできたとしても、ネットの中に張り付いてなかなか取れない。こんなことありませんか?最悪なのは、一緒に掬ったゴミも魚と一緒にダイブしてしまう。掬われるのが達者な方なら良いのです [続きを読む]
  • 当たるという現象について少しでもエビデンスを
  • 文献を見ていて参考になるものがありましたので、少しだけ詳しく加筆しました!たまに起こる”あたる”という現象。私的にはこれらの現象は致死性の高いもの(Flavobacterium columnare)を除き、原因(ウイルス?浮遊細菌?腸内細菌?真菌?)に対する一連の免疫応答の一種であると考えています。2012年の研究報告でグッピーの皮膚、鰓、消化管からは、46の分離株が得られたとの報告があり、そのうち感染性を有しているものは5つ認 [続きを読む]
  • グッピーの母子免疫
  • http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/2010351109.pdf高橋 幸則氏河原 栄二郎氏が1987年に日本水産学会誌に投稿した文献が興味深かったので、取り上げてみました。卵胎生魚グッピーの母子免疫について、個人的に興味深かったので取り上げたい。この実験ではAeromonas Hydorophilaの抗原性のみ残したホルマリン死菌液を接種したところ、親魚にも抗体ができただけでなく、生まれてきた子供にも経路は不明だが、抗体が認められた。と [続きを読む]
  • 今週末はアクバス♪
  • 今週末は楽しみにしているアクバスである。土曜日は午後に父親学級を仙台で受講してから、その足で千葉は船橋まで南下します。翌日の体力を温存するため、車中泊も考えたのですが、今回はリッチに宿泊。今度はキャンプ道具用意して都心でキャンプをしてやろうと企んでいます(笑)翌日は温存した体力を使い、アクバスを堪能しようと考えています。現地に行かれる皆様と久しぶりにお会いできることを楽しみにしています。 [続きを読む]
  • グラスコブラ
  • まだ何とも言えないのですが、写真を撮る練習に。この次世代がグラスとレースで分かれているので、どっち方向にすすめていくか思案中です。とりあえず、現段階で言えるのは、、多分構成はRRIiでX(イエローグラス)Y(フィリグラン)、イメージより結構尾びれ白くなっちゃったんですけど。。。でイエローグラスを作ったことがないので、ちょっと様子見といったところです。残念なことに尾びれ裂けてしまっていますが。。。♀はX(イエ [続きを読む]
  • 2017年国産グッピー愛好会コンテスト
  • 4/29(土)グッピートーナメントトレイル・国産グッピー愛好会のコンテストが埼玉県・BLUE PLANETにて開催されます。当日は出品魚の一部ではありますが、出品個体のオークション。その他、国産グッピー愛好会のメンバーによるグッピーのワンコイン販売。豪華賞品が当たる「じゃんけん大会」などの企画を用意しています。近隣の方も遠方の方も是非足をお運びください!BLUE PLANET住所:埼玉県越谷市東大沢1-46-12降田ビル102電話 [続きを読む]
  • 過去の記事 …