yulwa さん プロフィール

  •  
yulwaさん: 安南のへそ
ハンドル名yulwa さん
ブログタイトル安南のへそ
ブログURLhttp://soyliliani.hatenablog.com/
サイト紹介文大人気のダナンの魅力とベトナムのマニアックなお話
自由文ダナン在住時代の仕事やうまいものの話
びっくらこいて爆笑してしまった話
少数民族マニアゆえ、ドローカルな土地へも一人で乗り込んでいく話
などなど

ありとあらゆる角度からマニアックなベトナム&ダナン話をお送りします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供36回 / 23日(平均11.0回/週) - 参加 2017/03/31 19:17

yulwa さんのブログ記事

  • 【ホテル事情】ダナンでコスパのいい宿を探した結果
  • アジアを周遊したことのある方ならわかりますが、アジア旅行の魅力は何といっても物価の安さですよね。食費はもちろん、滞在費も欲を出さなければかなり抑えられたりします。ベトナムも例外ではなく、安宿が多く、昔のように外国人宿泊禁止(社会主義国家なのでそういうのがあったりした)というところは随分少なくなりましたね。さて今回は、ダナンに限定して、コスパ重視ホテルの実態に迫ってみたいと思います。ダナンでも高 [続きを読む]
  • 世界遺産だけじゃない!ドンホイの魅力探し
  • 先日アップしたフォンニャーケバンですが、こちらはフエから北上してクワンビン省のドンホイという街にあります。ダナンからだとちょっと行きにくいですね。フエから日帰りツアーでいらっしゃる方も多いようですが、個人的に私はドンホイまで行って、そこで時間を取ったことでこの街に触れることができて良かったと思います。お時間に余裕がある方は是非、ドンホイも楽しんでいただきたいと思います。私はフエで一泊してから [続きを読む]
  • ダナンのローカルレストランでシーフード利用法
  • 私が2016年の6月末に帰国したとき、残念ながら改質汚染溜めシーフードはお預けとなっていました。細かいことはあえて書きませんが、政府がゴーサイン出してもダナンの人はシーフード控えてたなぁ、あの頃は。今はどうなんでしょう?3月のダナン再訪の際には後半海辺に宿を取っていたこともあって、せっかくだからシーフードをいただきたいな、と思っていたんです。またトラベルライターとしてネタもほしかったので、現地在住の [続きを読む]
  • 【メコンデルタの少数?民族】クメール・クロムを知っていますか?
  • 関東地方も桜が満開なのに、週末は雨模様・・・ああ、冬から目星をつけていた桜のトンネルの下をサイクリングしたかったのに泣今週から私は新しい仕事が始まって、最初の週末は家籠りを余儀なくされそうです。新しい職場では私が少数民族マニアであることが、はやくも露見してしまったので、今回はベトナムのマイノリティーのお話をば。「クメール・クロム」とはベトナム南部メコンデルタ地域に暮らすクメール(カンボジア)系 [続きを読む]
  • 【ダナン土産】「薬膳チェー」キットをついに開封してみた
  • ダナン在住時代にピリオドが打たれたのが、昨年2016年の6月末日のこと。帰国に際してダナン土産ということで色々持ち帰りました。その中でスーパーBig Cで見つけた「薬膳チェー」のキットを2袋購入してたんですが、実は最近までしまい込んだまますっかり忘れていて、一応賞味期限はセーフだったことから慌てて開封してみました。といっても、あくまで薬膳チェーを自分で作るためのキットなので、いくつか自分の手で行う作業があり [続きを読む]
  • ダナン中心部に「うまいもの」が続々OPENしている件
  • 9か月ぶりにダナンの街を歩いてみると、新しいショップや飲食店がオープンしていてびっくりしました。特にダナン市街地中心部(イエンバイ通りやタイフィエン通りあたり)は、ローカルなお店が軒を連ねているエリアだったのですが、そんなローカルな街並みに突如お洒落な建物が点在するようになりました。ホーチミンの日系ピザレストランや本場仕込みの札幌スープカレー(↑画像のBON'SさんですYen Bai通りの49番にあります [続きを読む]
  • チャンパ王国を知ることなくベトナムの歴史は理解できない
  • にわかにベトナム研究と称して関連書籍を貪るようにして読んでおりますが、実は来週から始まる新しい仕事への不安から逃れる術という説もなくはない・・・いずれにせよ、ベトナムから帰ってきてより一層ベトナムにはまってしまっているのは事実なわけです。今回読んだのはこちらの本。チャンパ―歴史・末裔・建築 (めこん選書)作者: 桃木至朗,樋口英夫,重枝豊出版社/メーカー: めこん発売日: 1999/12メディア: 単行本この商品 [続きを読む]
  • 道路名から学ぶベトナムの歴史は地図を片手に
  • 今さらながらという感じもしなくはないのですが、ベトナムについて色々な文献をあたっているところです。こういう勉強はベトナムへ赴く前に予習という形で行うべきなんでしょうが、予習したってすべてが頭に入るわけではなく、むしろ予習は生活に必須となる情報や、習慣、タブーなどなどの実用的なことを押さえればいいんじゃない?と個人的に思ったりする。経験的に歴史とか民族など入り組んだ話はベトナムのことがうっすらと [続きを読む]
  • 大きなお買い物―カトゥー族の織物
  • 今回のダナン里帰りでいちばん大きな買い物となったのが、カトゥー族の村で手に入れた織物でした。2年前に一度訪れたときに同じような布が欲しかったのですが、お値段はやはり200万ドン、日本円にして1万円ほど。ベトナムではかなり高額であるわけで、もちろん一枚の布を織りあげる時間と労力を考えたらそれは妥当なのですが、当時の私には持ち合わせもなく泣く泣くあきらめたのでした。が、今回再訪の機会をいただいて「高 [続きを読む]
  • 『観光コースでないベトナム』からさらにベトナムを知る
  • ただいま、ベトナムについて勉強中です。行けばいくほど面白いと思い、もっと行ってみたい土地や、もっと知りたいことが募っていくのを感じます。そこでお決まりの図書館サイトで検索し、早速5点ほど資料を入手。その中の一冊が1995年と少し古いのですが『観光コースでないベトナム』です。Amazonでは2011年の新版が出ているので、そちらも当たってみようと思います。観光コースでないベトナム―歴史・戦争・民族 [続きを読む]
  • ダナン最新オーガニック事情
  • ダナンを再訪して驚いたのが、オーガニック&ナチュラル系のお店が続々とオープンしていたことです。昨年の在住期にも、すでにローカルによる「安全野菜」と銘打ったお店が何軒か観られたのですが、まさかこの9か月の間にこんなにオーガニック業界がダナンに進出するとは!軽く驚きを感じました。経済成長によって中流層が台頭しつつあるダナン社会。それと共に食への安心安全を求める声が高まってきています。実際に「野菜は [続きを読む]
  • カトゥー族の村再訪!前回以上にディープな体験をしてきました
  • ダナン里帰り(!?)の旅の終盤に、思いもよらぬ幸運が舞い込んできました。なんと、カトゥー族の村へ連れて行っていただけるというのです。カトゥー族の村を支援している日本のNGO的組織FIDRさんにお声をかけていただき、以前参加した「お祭コース」ではなく、一つの村をじっくり訪れる「ショートコース」に参加させていただいたのです。soyliliani.hatenablog.comsoyliliani.hatenablog.comご一緒する方々も日系旅行 [続きを読む]
  • ローコストなのに香港でも遊べちゃうお得な旅
  • 昨晩無事に帰国いたしました。今日は何とか荷解きと洗濯、お世話になった方々へのお礼のメールを済ませた以外は、すっかりぐったりモードでゴロゴロしておりました。改めて今回のベトナム再訪は一日一日が全く異なる充実した日々であったと思います。同時にローコスト&ミニマムをテーマにした旅だったのですが、LCCで香港経由を選んだことで、最終日には短時間ながらも香港を楽しむ時間まで持てたのですから、非常にお得な旅 [続きを読む]
  • 旅行のお買い物もミニマムに
  • ついさっきダナンに入ったばかりだと思ったら、あっという間にダナン最終日。毎日がフル回転だったので、充実しすぎて怖いくらいでしたw今日のプランは午前中 まったり時間@ホテル午後  友達とシーフードランチ&カフェでお茶夕方  LCCで香港へ夜   香港にて1泊ベトナムだけで終わらないのが今回の旅のだいご味。つまり香港で弾丸で遊ぶ体力もキープしておく必要があるのです。さて、そんな8日間のベトナム滞在でし [続きを読む]
  • 朝から晩まで取材でダナンの中と外を駆け回った一日
  • 今日は朝から夕方までいろいろなところへ出向き、たくさんの方々にお目にかかってきました。ふー、こんな濃厚な一日はめったにないからぐったりだ。特にここ半年近くは家族のことや諸々のことでいろいろな重なって、人に会って話をすることから遠ざかっていたから、こんなにコミュニケーションを重ねるというのが本当に久しぶりのことなのである。だけど、ダナンに住んでいても、知らないこと、知らない人、行ったことのない土 [続きを読む]
  • 【世界遺産】フォンニャ洞窟は最強の美しさだった
  • ドンホイから5時間かけてバスでダナンまで戻ってきました。途中の休憩は2時間半後のたった1回だけで、かなりきつく、我慢できなくなった私は運転席まで行って車掌さんにトイレ行きたいと訴えました。10分ほど走った後、やっと小さなガソリンスタンドに停車。いや〜この10分が地獄の長さでしたね。本当に危機一髪。今はダナンで以前住んでいたアパート近くのドミトリーでこの記事を書いていますが、いい年なのに若い旅人のまねし [続きを読む]
  • 旅には必ず「初めて」を織り込むようにしている
  • 大した遅れもなく無事鉄道にてフエからドンホイにたどり着きました。ドンホイ駅を観察する余裕もなく、その場でタクシーにつかまり、そのままホテルへ。ホテルはどうやら町の中心からは少し外れたところにあるようで、少しはホテルやツーリストオフィスがあるものの、あくまでローカルな感じ。ただ、静かである上に窓からは田園風景が楽しめるというおまけがついていました。深呼吸すると緑の香りが体に入ってくる感じがたまりま [続きを読む]
  • 【航空券】ダナンへ行くには香港経由がおススメだったりする理由
  • ベトナム再上陸を果たして3日目の朝を迎えております。実はすでにダナンを後にし、ハイヴァン峠を越えて・・・じゃなかったその下のトンネルを抜けてフエ入りをしております。今日はフエから鉄道でドンホイへ向かいます。念願の世界遺産フォンニャケーバンまであとちょっと!ところで、今回の旅の足ですが実は直行ではなく香港経由で来ました。しかもLCC数社を駆使しているので、ローコストが実現。今回のテーマはずばり「低予 [続きを読む]
  • Go Forward!
  • 帰国して2週間余り。ちょっとした夏休みを過ごしていた。友達に会ったり、家族と仙台へドライブ旅行へ出かけたり。今日はダナン時代にお世話になった方と再会することができた。人とのご縁って不思議なものだ。協力隊から帰ってきてしばらくは、自分がしっかり日本に根付いていなかったのもあるけれど、協力隊同期以外に深く付き合える友達がいなくて、日本で気が合う友達を作るのは難しいのかな、なんてちょっと落ち込んでしまっ [続きを読む]
  • ダナンの再開発
  • ダナン随一の高級ショッピングモール、VINCOMのフードコートから見える景色が面白い。VINCOMは中心部からハン橋を渡ったところにあるのだけど、こちら側はVINCOMから歩いて20分くらいで海辺へ着く。だから一応海側、ということになる。現在急ピッチで進められているホテル建設ラッシュに乗じて、この辺りも古い建物を壊して、再開発を進めているようだ。窓から見える景色に古い伝統的な三角屋根の家がある一角がある。そのあた [続きを読む]
  • ベトナム南部ローカル旅④ クメール族の町Sóc Trăngで寺巡り
  • ベトナム南部旅もいよいよクライマックス。鼻の奥に違和感を抱えたまま早朝に出発したバスは午前8時頃カントーバスターミナルに到着。そこで再びチケット売り場へ行って、今度はクメール族が多く暮らすソクチャンという町へ行くバスのチケットを購入。ソクチャンにはバスターミナルがないので、途中で下されるそうです。カントーからソクチャンまではバスで代替1時間15分ほど。思っていたほど短かったのと、車窓からの景色が [続きを読む]
  • ベトナム南部ローカル旅③チャウドック2日目
  • カンボジア国境にほど近いチャウドック2日目は日曜日。とはいってもベトナムに日曜日の概念はさほど強くなく、市場はいつも通りの賑わい。この日は朝からボートに乗って水上マーケットや水上生活をして、魚を養殖しているコミュニティにお邪魔したり、川を上ってチャム族の村を訪れたりしました。まずは水上マーケット。水上マーケットはカントー近郊の町が有名ですが、こちらはさほど観光地化していない、かなりリアルなもの。ボ [続きを読む]
  • ベトナム南部ローカル旅②チャウドック(Châu Đóc)
  • 南部旅2日目は朝一番でバスターミナルへ。実はここで軽くハプニングがありました。こちらの長距離バスは宿までピックアップを出してくれるのだけど、なんとそれに乗り損ねてしまった私。しかしホテルスタッフの機転で、セキュリティのおじちゃんがバイクでバスターミナルまで連れて行ってくれたという。う〜む、接客のレベル高いな。ダナンでは残念ながらそういうところまで気の利く人って少ないのよね。無事バスに乗り、メコン [続きを読む]