もーりん さん プロフィール

  •  
もーりんさん: 激走競馬ブログ
ハンドル名もーりん さん
ブログタイトル激走競馬ブログ
ブログURLhttp://gekisoukeiba.blog.fc2.com/
サイト紹介文展開予想から絡む馬を見抜け!目指せ、馬券で一攫千金!
自由文中央競馬と地方競馬の得する情報やコラムもあり。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供64回 / 31日(平均14.5回/週) - 参加 2017/03/31 13:28

もーりん さんのブログ記事

  • 2017年 4−6月 的中実績
  • 2017年・天皇賞(春) 展開予想◎キタサンブラック、▲シュヴァルグラン、〇サトノダイヤモンドで的中でした。シュヴァルグランはサトノダイヤモンドに勝てないという、憶測がなければ完璧な予想でした。私の想像以上に枠や距離が影響したようですね。シュヴァルグランは去年より先着。陣営の言う成長している、は間違っていないようです。次のG1でも買えるかもしれません。これが嬉しい、今季初のG1的中となりました。 [続きを読む]
  • 2017年・天皇賞(春) 回顧
  • 勝ったのはキタサンブラック。連覇達成でした。ヤマカツライデンが大逃げを打つ中、慌てず騒がずの2番手待機。シャケトラはレース発走直後、かかってしまいました。この時点でレース終了。ローキャリアも響いたはずです。競争馬というのはデビューして間もない頃は気性が荒くとも、レースを重ねるにつれ、少しずつ改善されていくものですしね。G1未経験でのこのコース出走は甘い考えだったかもしれません。サトノダイヤモンドは [続きを読む]
  • 2017年・青葉賞(G2) 回顧
  • スタート直後、ダノンキングダムは3番手。ポポカテペトルは道中、5−6番手に居ました。先行にしてはちょっと後ろ目の印象でした。この位置取りは直線で影響したかもしれません。アドミラル、ベストアプローチは後方待機。前半1000mが59秒台だったので、ペースがちょっと速かったようですね。ダノンキングダムは最速タイムを持っているにも関わらず、残り800m辺りで失速。内田騎手はフローラSのディーパワンサに続い [続きを読む]
  • 2017年 ・クイーンエリザベスII世カップ 予想
  • netkeibaの情報では通過着順がないので、展開予想できず。今年の香港ダービーを勝った、ラッパードラゴンは強そうですが、香港ダービーでのタイムは速くはないですね。その馬に3連敗のパキスタンスターは果たして強いのでしょうか。ワーザーの2016年の香港ダービーの方が時計が速いんですよねぇ・・。というわけで過去10年のデータから考えてみます。◎ネオリアリズムサトノクラウン、ヴィヴロスと海外G1を2勝したモレイ [続きを読む]
  • 2017年・青葉賞(G2) 展開予想
  • 順当ならデムーロ騎手が勝ち負けでしょうが、去年勝っている内田騎手に期待してみます。◎ダノンキングダムこの枠なら先行でも差しでもどちらでも行けそうです。福寿草特別で負けた相手はそこそこのレベルでした。前走はメンバー中、同距離の一番時計です。○アドミラブル前走で負かしたアドマイヤロブソンはすぐに条件戦を勝っています。やや重で上がり33.5秒は余力十分。速い時計が出てもやれそうです。馬場が悪化しても問題 [続きを読む]
  • 2017年・天皇賞(春) 展開予想
  • キタサンブラックが3番。また内・・・?フェノーメノやテイエムオペラオーはここを連覇していますし、この枠なら勝つこともあり得ますね。対するサトノダイヤモンドは8枠。去年のゴールドアクターが沈んだ8枠でもあり、三冠馬・オルフェーヴルが大敗した8枠でもあります。ダービーと同じで極端に内枠が強い傾向です。1枠だけで過去10年で5勝です。キタサンブラックは2000mの大阪杯をステップにしています。去年勝って [続きを読む]
  • 2017年・青葉賞(G2) 有力馬の考察
  • 出走予定馬このレースはダービーと距離が同じで、トライアルレースです。しかし、ここをステップにした馬は全て本番では勝っていません。1−2着に入らなかった馬は、本番で除外して良いでしょう。毎日杯組が居ないのが難解です。ここを使った馬は人気しますし、強いです。なぜならば皐月賞を捨てて、ダービーに照準を定めたローテーションで、ダービーへの本気度が高いためです。皐月賞組が弱いのは、G1で負けたから、今度はダ [続きを読む]
  • 2017年・天皇賞(春) 有力馬の考察
  • 登録馬・キタサンブラック距離が不安視されていた前走を危なげない勝利。完全に杞憂に終わりましたね。2000mのG1で勝てるなら、スピードはまだ大丈夫です。2016年・有馬記念では、3歳馬のサトノダイヤモンドにやられましたが、去年は勝っていますし、上位は確実ですね。勝つかどうかは枠も影響するでしょう。・サトノダイヤモンドディープインパクト産駒の中でもトップクラスの成績です。ジェンティルドンナが同産駒で [続きを読む]
  • 2017年・クイーンエリザベスII世カップ 出走馬考察
  • 香港所属馬はせん馬ばかりです。日本のG1を勝った、サイレントウィットネス、テイクオーバーターゲット、エアロヴェロシティ等はせん馬ですね。これは香港競馬に繁殖の概念がないためらしいですね。欧州より馬を購入して走らせるようです。データ分析出走馬一覧・ネオリアリズムG1未勝利ながら海外G1に挑戦。もはや最近の日本馬のトレンドですね。ルーラーシップは国内G1・未勝利で勝っていますし、心配は無用です。騎手は [続きを読む]
  • 2017年・マイラーズカップ(G2) 回顧
  • 勝ったのは大外に居たイスラボニータ。勝つとまでは思っていなかったので、びっくりでした。ヤングマンパワーは前からの競馬をしましたので、3着に残りましたね。エアスピネルにはもっと前に行って欲しかったですね。道中、外枠のイスラボニータより後ろでは、枠の差を生かすことはできません。10レースの福永騎手が勝ってしまったことで、これは同騎手のフィエロにも影響ありそうと思っていました。向こう正面から3−4コーナ [続きを読む]
  • 2017年・フローラS(G2) 回顧
  • 何と勝ったのは12番人気のモズカッチャン。終始、経済コースを通り、直線では外に持ち出して差し切りました。人気のホウオウパフュームは中団に居ましたが、見せ場なく掲示板外。先行したヤマカツグレースが2着、逃げたタガノアスワドは4着でしたので、典型的な前残りの競馬でしたね。雨が多少残った良馬場でしたが、前に行った馬には影響はなかったようです。期待していたディーパワンサは先行集団に居ましたが、第3コーナー [続きを読む]
  • 2017年・福島牝馬S 回顧
  • ウキヨノカゼは距離実績はなかったですが、勝ちましたね。前レースが今回の54キロでも、買っていない計算でした。テン乗りの吉田隼人騎手がうまく乗りましたね。☆デンコウアンジュは外を回した分、最後に伸びを欠いた感じです。終わってみれば、オープン馬・3頭の決着。ハンデ戦並のメンバーでも、やはりハンデ戦ではなかったようですね。2017年・皐月賞で学んだことですが、実力差のないメンバーが集まった場合、中枠の馬 [続きを読む]
  • 2017年・フローラS(G2) 展開予想
  • 桜花賞までの顔ぶれを見ると、牝馬は強い!と言えたのですが、このレースのメンバーを見ると、そうとも言えないですね。本当に強い世代なら、青葉賞を使う牝馬が居てもおかしくないですね。ミスエルテ、ファンディーナは牡馬相手に通用しなかったですね。元々、フローラSは強い馬は出走せず、オークス出走への権利獲りのために、1勝馬でも出てきます。よって、ど本命決着は稀ですね。順調に500万下を勝った馬が良さそうです。 [続きを読む]
  • 2017年・マイラーズカップ(G2) 展開予想
  • 去年は見事なまでに内寄り決着の波乱。開幕週なので、差し馬でも内寄りを狙った方が良さそうです。◎エアスピネル前走よりも枠が良いですね。同型のブラックスピネルとは枠の差があるので、逃げても良いのではと思います。ブラックスピネルとは斤量差がありましたので、同斤量なら勝ち負けのはず。○フィエロ8歳馬でも能力を維持しているのは、戦績が23戦と浅いからですね。前走は100%絡まない自信がありましたが、それでも [続きを読む]
  • 2017年・福島牝馬S(G3) 展開予想
  • トウカイシェーン、ブリガアルタ、ロッカフラベイビー、ギモーヴ、ウエスタンレベッカ 、リーサルウェポンと、格上挑戦が6頭。別定戦というよりハンデ戦並か。阪急杯の悪夢が頭をよぎります。浮上するなら55キロで勝ったことのある馬。◎フロンテアクイーン前走は枠が響いたと思います。同距離の時計は上位です。1800mは合っていそうですね。父メイショウサムソンなら最終週の馬場も行けるはずです。○クインズミラーグロ [続きを読む]
  • 2017年・マイラーズカップ(G2) 有力馬の考察
  • ・エアスピネル人馬一体。武騎手の全G1勝利を逃した馬ですね。2015年・朝日杯FSを勝ったリオンディーズは既に引退しています。菊花賞3着の直後に京都金杯出走は異例。マイルG1で2着ですし、理屈では間違っていませんが、使ったのがハンデ戦なので、陣営もマイルは疑問視していたと思います。リオンディーズを引き合いに出したのは同馬がマイル未経験だったからですね。ハンデ戦を使った理由はこの辺にありそうです。東 [続きを読む]
  • 2017年・フローラS 有力馬の考察
  • ・フローレスマジック桜花賞を使わず、ここに参戦。重賞2着なら賞金は足りていたはずなので、理由は別でしょう。マイル実績だけでは何とも言えません。レース間隔も空いていますしね。戸崎騎手の重賞不安もありますが、3着には滑り込んで欲しいですね。・ホウオウパフュームこちらには2000m実績があります。同コースも勝っていますし、最有力として推したいのですが、この馬も間隔が空いていますね。・アドマイヤローザハー [続きを読む]
  • 2017年・福島牝馬S(G3) 有力馬の考察
  • ・クインズミラーグロ去年と全く同じ、牝馬3重賞ローテ。去年よりも着順が向上していますが、一度、条件落ちしていますし、重賞ではギリギリ感は否めませんね。ただし、武騎手は買えます。最近好調ですし。・クロコスミアオープンクラスでは1勝もしていません。条件戦を勝ったのは1年半前。デビューは6月。そろそろ厳しそうですね。マイルでは善戦しましたが、松若騎手は先行がうまいので、騎手の力でしょう。馬場も味方しまし [続きを読む]
  • 2017年・東京スプリント(G3) 回顧
  • レアヴェントゥーレが痛恨の出遅れ。元々1200m実績が少ないことは承知していたのですが、吉原の腕を信じていました。内田騎手は地元出身ということで、やはりキタサンサジンが勝ちましたね。アポロケンタッキーの東京大賞典は圧巻でしたから。大井は火曜も水曜も馬場が悪かったです。その影響もあるのか、内寄りの馬、全然きていなかったです。外の先行を買うなら内は差しを買わないといけないので、展開予想をしていたなら、 [続きを読む]
  • 2017年・東京スプリント(G3) 予想
  • 東京スプリント・過去8年調教師のコメント◎キタサンサジン黒船賞では勝っていない8枠の、ブラゾンドゥリスが勝利。このレースも同じく8枠は勝っていません。奇しくも同じ内田騎手。今回は少数頭なので8枠でも大丈夫でしょう。大井では馬場が荒れると外寄りがよく絡む印象があります。○ダノングッド前走に速い時計あり。1200m実績はなくても、まだ5歳。▲レアヴェントゥーレ中央時代に1200mで速い時計あり。最近で [続きを読む]
  • 2017年・皐月賞 回顧
  • ファンディーナやアルアインは先行して前に出ました。クリンチャーも予想通り先行集団。道中、カデナとペルシアンナイトが内ラチから伸びるシーンがありましたが、カデナはペルシアンナイトより後ろに居たため、ペルシアンナイトだけが最後に伸びてきましたね。元の枠の差が出た形です。差し馬にはやはり内枠は不利でした。スワーヴリチャードも向こう正面では中団に居ました。ここから差すのはまず無理。この時点でレース終了です [続きを読む]
  • 2017年・アンタレスS(G3) 回顧
  • ミツバが後ろから行く展開。この時点で終わったような気がしました。第3コーナーでは団子状態。こうなると内寄りの馬が有利ですね。タムロミラクル、ナムラアラシ、グレンツェントは外を回すしかありませんでした。当然、届くはずもなく・・。グレンツェントは斤量が響いた形ですね。休養明けで力を出せなかったのかもしれません。デムーロ騎手のモルトベーネが勝ちました。1番人気のルメール騎手は着外。もう少し上位着順であっ [続きを読む]
  • 2017年 中山グランドジャンプ 回顧
  • 無事に飛越を全て終えたオジュウチョウサンが圧勝。サンレイデュークに並ばれそうになっても突き放しました。最強障害馬の世代交代とはなりませんでした。アップトゥデイトは直線手前で、既に余力はありませんでしたね。残念ながら馬券が外れてしまいましたが、サンレイデュークの後の着順は、買った順番通りでした。障害レースは難しいですね・・。 [続きを読む]