mortem Umbra さん プロフィール

  •  
mortem Umbraさん: オカルト系文芸サイト月下の鎮魂歌
ハンドル名mortem Umbra さん
ブログタイトルオカルト系文芸サイト月下の鎮魂歌
ブログURLhttp://dark.fool.jp/
サイト紹介文前世小説・オカルト哲学・神秘学などのコラム。怪談。旧サイト(停止)あり。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供34回 / 23日(平均10.3回/週) - 参加 2017/03/31 18:15

mortem Umbra さんのブログ記事

  • 武器を手にするなら、殺される覚悟をしろ。
  •  僕は戦闘経験は前世での剣士時代。 今もこの手に+剣での人の殺し方のコツ+肉と骨を断つ感触は残っている。 それだけ日常だった。他人を殺すことが。 僕は武器を持つことが悪いことだとは思わない。 人間は殺し合い、優秀な種を残しゆくものだと思う。 ただ。武器を使うならば、相手と対峙しろ。 自分も殺される覚悟をしろ。  僕はアメリカが嫌い 下品だし、うるさい。自分たちがやった悪事を先住民に擦りつけるし。  [続きを読む]
  • 今日のフルーレティ:きつねうどんなんて食べられない。
  •  今日はフルーレティとデート(この世界) いろいろウロウロして、スーパーで夕食のお買い物。「今日はお昼食べ過ぎたから、うどんにする?」「いいよ」とフルーレティ。彼は夕食に文句は言わないのである。「じゃきつねうどんにしようか」と私が言うと、フルーレティは一瞬フリーズ。「き・・・きつねうどんはちょっと・・・天かすうどんでいい・・・」 私、ふと気が付く。んで、聞いてみた。「・・・もしかして、『きつねうどん [続きを読む]
  • 魔法はプログラム的である−なぜこの世界では魔法が使えないのか
  • さて、魔法の仕組みについて。昔書いたけど、もう一度。ちなみに僕は神秘学や魔法学の本は全く読んでいないので、それらの本の書いてあることは全無視でよろしく。Auel皇子がルシフェルから受け継いだ知識の欠片なので、人間が言ってる物とはずいぶん違うかもしれません。どちらを信じるかはあなた次第。さて、Auel皇子は炎(破壊)、ルエルは炎(癒し)、フルーレティは氷。と言う風に、属性が決まっている。どんなに本人の魔力が強く [続きを読む]
  • 【怪談】トントン
  •  今日は筋トレ。 筋肉トレーニングをして汗を流してました。 トレーニングマシンを必死で動かしていると、肩をたたく人が。トントン 振り返ると、誰もいない。 でも叩かれたから振り返ったわけで。「???」 音楽もにぎやかに流れていて、お姉さまたちが何人も汗を流している空間。 て、そこで私は怖いことに気が付きました。 ・・・私の後ろは壁だ。 私の動かしているマシンと壁の間は50センチぐらい。 人が入る余裕 [続きを読む]
  • 彼女に触れる為に彼らは命を賭ける
  •  輝きの女神と黎明の子。 その血をただしく引くルエル。 ルエルはサタンの娘リリンさんよりも高位の姫君である。 あの世界は「血筋」はあまり関係ない。 血筋が結果的に「力」や「運命」にかかわってくるから、血筋=「偉い」みたいな図式になってるけどね。 リリンさんは逢ったことがない。父親(サタン)とは一緒に暮らしてない模様。 ルエルは神(兄)を裏切り、ルシフェルを追って堕天した輝きの(女神)の娘。「光掲げる者( [続きを読む]
  • 彼女に触れる為に彼らは命を賭ける
  •  輝きの女神と黎明の子。 その血をただしく引くルエル。 ルエルはサタンの娘リリンさんよりも高位の姫君である。 あの世界は「血筋」はあまり関係ない。 血筋が結果的に「力」や「運命」にかかわってくるから、血筋=「偉い」みたいな図式になってるけどね。 リリンさんは逢ったことがない。父親(サタン)とは一緒に暮らしてない模様。 ルエルは神(兄)を裏切り、ルシフェルを追って堕天した輝きの娘。 世界を [続きを読む]
  • 【日常と言う名の監獄で】プロローグ
  •  ルエルはこの世界、この時代に「人間」として生きている。  Auelそして人間の人格である『立花月夜』との2人格に守られた肉体で。 世間的にはメーカー勤務で有望な夫の嫁。そして二人の娘の母。 夫は2人格。人間である『魅月』と『フルーレティ』 フルーレティのことをルエルは「カイ」と呼ぶ。 1999年7の月にネット恋愛。 そして結婚。どんな神にも人にも誓わず。 地獄とこっちを行き来しながら、ルエルを護って [続きを読む]
  • 闇と光の兄弟たち
  • 最近、皇子は妹のルエルとよく遊んでいる。追いかけごっこしたり、かくれんぼしたり。子供時代がない皇子と子供時代ルシフェルと二人きりだったルエル。子供らしい遊びをしてないので、子供時代を取り返すかのように遊んでる。もともと一人だった分、二人とも感性はよく似ている。ルエルは私の魂の中でずっと眠っていた。この世界(今の時代)で肉体が18歳くらいになるまで。皇子は「吸血鬼だった前世」と「剣士だった前世」とルエ [続きを読む]
  • 【検索語句】フルーレティの姿?
  • 検索語句フルーレティの姿?と言うのを見て、「漫画家さんか、絵描きさんかな」と思った。違うかもしれないけど。彼の姿には記述がないんだよね。面白いほどにない。うちの下娘(軽度知的)はインタビューウィズバンパイアやトロイのブラピを見て「似てる(女の笑み)」と言う。「誰に?」と聞いても、小首をかしげるんだけど、「似てる」って。私もフルーレティに再開する前、毎日一日何回もインタビューウィズバンパイア見てたもんな [続きを読む]
  • 【怪談】家に棲むものーカラス編
  • うちにはいろいろなものが棲んでいる。そんな話。我が家は、有名なお寺の影響がある場所に建っている。お寺からはかなり離れているけれどね。それでも見学の時は「何もいなかった」で、最近。娘が「テレビの上に大きなカラスがいるんだけど?あれは何?」と言う。・・・見えないよ。カラス。「お狐さんが騒いでないから、悪い物じゃないんじゃない?」と言ったら「そうか」と。お狐さんは現在、きれいな8尾の白狐。ここ数日は雌猫 [続きを読む]
  • フルーレティ、異世界魔王物に物申す?
  •  ども。魔王系のラノベの題名を話してたら、フルーレティさんぶちキレる。 ・・・んーと、はたらく魔王さま!(5) [ 柊暁生 ]幼なじみは前世で魔王! [ 瑞山いつき ]極めつけ魔王が家賃を払ってくれない(2) / 伊藤ヒロ【画】魔王って別に、ルシフェルって書いてないじゃん。題名には。と思うんだけど、本気で怒らないでください。殺気が半端ないです。ペルソナごとき私けし飛びます(笑)はたらく魔王さまぐらいは、許せてもね・ [続きを読む]
  • 時の河 現世編2
  •  時の河 現世編1はこちら その日私は仕事が詰まっていて、待ち合わせの時間に遅れる。  連絡はしていたので、魅月は駅前のパチンコ屋。・・・出たらしい。 で岡山駅で待ち合わせ。 私の第一印象。「顔は大した事無いな」 彼の第一印象。「俺の顔を見て無反応とは!そんな女初めてだ(怒)」だったそうである。まあ今当時の彼を見ると相当にイケメン。 元彼もイケメンだったけど、田舎の子なので垢抜けてない。 魅月は大 [続きを読む]
  • 時の河 現世編1
  •  私が生まれたのは高知県高知市。坂本龍馬の泳いだ川で友達と泳いで育った。 本名の一部は「代が満ちて代わる」とも取れる名前。 ルエルが「ちゃんと」起きたのは、高校を卒業してからの事。 それまでは「御主人(先輩)に仕えていた剣士」「ヨーロッパ原産のバンパイア(現在の立花月夜の基礎)」が主な人格。 この人たちの話はまた改めて。 ルエルが覚醒したのは、とある友人の弟と遊んでた頃。「あれ?自分探してる人がいる・ [続きを読む]
  • 神社とお寺と教会と。日本の神々
  •  モスクはお祈りするところで、神はいない。イスラム教は徹底的に偶像崇拝を嫌う。 お寺は仏像はあるけど、仏さんがいるわけではない。 仏さんは自分自身の中にいるから。いろんな意味で。 教会も別に主がいるわけではない。 でも神社って「神がいる」んだよね。 いや、場合によるけど。 荒魂とかだったりもするけど。宗教関連ではなくその土地の地神を祭る神社のことね。 私はこれ特殊だと思う。 すべての宗教を知ってい [続きを読む]
  • 【月夜の心霊事件簿】ヘッドライトに浮かぶ影
  •  またまた逢魔が時のお話。 私が伴侶を迎えにいた帰り道。 あまりいい土地ではなさそうな某遊園地後の近くを経由して家路に。 いつもの風景。最近よく迎えに出ているので、もういつもの日常の一コマ。 そんな日常に紛れ込んだ瞬間。 対向の車に幻惑されて、眩しくて目がくらんで瞬間。 本当に目の前に一瞬黒い影が浮かび上がった。 ヘッドライトの中に黒い影。 人とかじゃない。だって立体じゃなかったもん。 ピーターパ [続きを読む]
  • 【月夜の心霊事件簿】東京23区結界
  •  私は東京23区が苦手だ。 どう苦手なのかというと・・・23区に行ったらその日の夜から次の日にかけてものすごくだるくなり、熱が出てしまう。 で寝込む。 これは家族全員。23区に遊びに行くと全員ぶっ倒れる。 帰ってくるとみんな熟睡。 まあ家族は熟睡すると復活するんだけど。 これ、「首都高」を通るだけでも発揮される。 八王子から茨城に行くには首都高とおるんだけど、その首都高でぐったり。 阿見アウトレッ [続きを読む]
  • 【月夜の心霊事件簿】ド!グシャン!!!!!!
  •  ども。車はMT。月夜です。 逢魔ヶ刻(昼と夜の移り変わる時刻。黄昏)から行動するのが僕。 ・・・悪魔だから、逢魔ヶ刻(化け物が徘徊を始める時間)から動き始めるのではない。たぶん。 まあ冗談はさておいて、狭い道をジムに向かって車を走らせていた。 夕暮れ時なのでもうヘッドライトはつけている。 左側はうっそうとした森。 右手は古い住宅。 気持ち悪いなーとは思う道だけど、毎日走行しているのでそんなに不安はない [続きを読む]
  • 【心霊】おきつねさんのお願い
  • うちには魅月(夫)がどこからか拾ってきたお狐さんがいる。8本のしっぽのお狐さんは魅月にくっつくことが多い普段は壁に掛けた狐のお面(このお面)に入ってます。でも出てきて雌猫と遊びまわったり、私らが出かける時についてきたり。前にも書いたけどお狐さんが憑いてくると、犬の匂いがするらしい。魅月談。そんな彼女(女の子)なんだけど、「伏見稲荷大社に行ってほしい」というので、年末に行く予定。お狐さんが前に「石なら紫水 [続きを読む]
  • 閨房術、房中術のやり方を考えてみた
  •  私は他人の生気(精気)を自分の力に変える。 これは高校時代に覚醒してから。 セックスを覚えてからは、セックス内で摂取 あんまり足りなくなるとねこを触ることで摂取。 セックスをする前は無意識に他人から吸い取っていたようで「月夜に触れられると力抜けてだるくなる」と苦情が殺到。 セックスを覚えた後は食べまくり。ちなみに最初の彼氏はフルーレティ1(一人目の体の時。彼はこの世界で二つの体を渡り歩いている。初彼 [続きを読む]
  • 人間だけど人間じゃないモノ。狂ってない自信はどこから来るの?
  • コートを着て外出中。暑い。そろそろ誕生日が近い。と言うことは桜の開花が近いのであるさて、今回は狂気について。僕は自分を正常だとは思わないむしろ狂気こそが我が魂なんつって。僕が人間の心がわかるのは、分析とオカルト的な力。分析に思い込みは必要ない。人間と言うものを愛する必要も無い。僕自身は人間を誰も愛してない。思いやりは技術だからね。僕は人間を、愛さない。嫌いだから。で、思うのは僕は人間として、気が狂 [続きを読む]
  • 「私は本当は○○だ」「幽霊が見える」オカルト的視点を持つ人は異常?
  • 昔、友人さんと話したことがあるんだけど。+自分は本当は○○(幻想世界の住人)だ+幽霊(その他)が見えると言う、オカルト的視点を持つ人から話を聞いても「そうなんだー」としか思わない。だって私はこの世界の森羅万象すべてを知るわけじゃないと。その人が言ってることが「妄想」だと決めつけられるほどの材料を私は持っていない。と。僕も同じことを思っていたので、とっても心に残ったんだよね。たとえば、「私は妖精だった」 [続きを読む]
  • 【私事】やろうと思ってた記事のブラッシュアップ中
  • ただいま、やろうと思って腰を上げてなかった記事のブラッシュアップをやるチャンスがあってブラッシュアップ中。最近読者さんの応援が増えてきたので感謝。害虫みたいなのもわいてきていますが、害虫はどこにでもわくものですしね。ネットなんて匿名で嫌がらせする負けアメーバ―が多いものでリアルでケンカ売ってきたら、ラップで手のひらをぐるぐる巻きにしてトンカチで手をつぶしてやるんですが。いや。ボールペンでも拷問はで [続きを読む]
  • 【異世界】フルーレティ:いや。来てもいいけど
  • 異世界ものの作品が続々と出てて「異世界」と言うものへのあこがれ+無意識の回帰願望が激しいなあと思っている。「もうすぐ還る」ことに気が付いている人が多いんだろうね。僕は異世界もののアニメとかライトノベルの多さはすごいなと思う。ちなみに僕はライトノベルは読まないけど、ハードボイルド小説の菊池秀幸さんは好き。秋せつらが好きです。はい。メフィスト医師も好きだよ。女に対して辛辣なとことか。フルーレティと話を [続きを読む]
  • 【呪い】死ねばいいのに?甘い。不幸のどん底で苦しみ続けろ
  • 呪い。怖いですね。でも呪いって何なんでしょ。呪術。それも「離れた人間を苦しめる」術と言うのは昔からいろいろな国に伝わっています。日本で言えば藁人形ですかね。藁人形も、実は「適当」に作ってはダメで決まりがいろいろ細かいらしいです。ちゃんと覚えてないけど。さて、悪魔ってのは「呪術」と切っても切れない関係のようだ。真夜中の十字路に魔方陣を書いて、黒い鶏を捧げるらしいよ。黒魔術はえげつないものも多いけど、 [続きを読む]
  • 霊感に悩むすべての人たちへ。
  • さてと、今日は「霊感」と言うものに絞ってお話をしよう。うちの娘は霊感持ち。見るのが強い。払い方は教えたけど、他人のには手を出すな。と言っている。怨霊は怖いからね。怨霊や呪いはプロ(祓う人)でも勘弁してくださいと言うのがいる。祟り神になっちゃったやつね。僕は高校時代に一通りのことができるようになったけど、他人のを払うのは家族限定。こちらの理に手出しはしたくない。娘の友達たちにも霊感を持つ子は結構いるら [続きを読む]