桂水無瀬 さん プロフィール

  •  
桂水無瀬さん: 侠気系女子
ハンドル名桂水無瀬 さん
ブログタイトル侠気系女子
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/medi-mtf
サイト紹介文年内に国内でS状結腸法によりSRSを受ける予定の性同一性障害MtF当事者のブログ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供17回 / 20日(平均6.0回/週) - 参加 2017/03/31 21:35

桂水無瀬 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 【-245days】あれ、術前血液検査で引っかかった項目がある・・・!?
  • SRSについてははじめっからS状結腸法で受けることを決めていたので、2月に術前検査として大腸内視鏡と腹部CT(単純・造影)を受けていました。その合間に、血液検査を受けていたのですが、その中の項目に何やら一つ引っかかったものがあったようです。・・・結果自体は3月中に聞いていて、検査結果報告書も紙媒体でもらっていました。引っかかったら嫌だなって思ってた項目は、梅毒とか肝炎とか、そういう感染症系のもの。タイでSRS [続きを読む]
  • 醜顔恐怖
  • 身体醜形障害なる精神疾患があります。英訳して頭文字をとるとBDD。読んで字のごとくの障害で、自らの身体の一部あるいはパーツなどを「醜い」と感じてしまう疾患です。「元男子」だし、私にもやっぱり男性的な面が出ているところは随所に見受けられます。腕とか指とか肩幅とか胸とかお尻とか。でも、そこらへんは「気に入らないな」とは思いつつ、「醜い」ってほどは思いません。「しょうがないし、どうしようもないよね・・・」 [続きを読む]
  • 一番苦しいこと
  • 起きているときは常に感じている嫌悪感。それを感じずに済むのは、ベッドに入って意識を手放している時だけ。言うまでもないです、だって、嫌悪の対象が自分の股間に生えているものだから。意識がある限り、決して消えることがないこの感覚。本来ないはずのもの、それこそ「奇形」なので、もうすべてがキモいんですが、あえて何がどうキモいのか、徹底的に書き出してみます。自分用のメモですが・・・そんなことを言ったら、このブ [続きを読む]
  • 「人生の宿題」とSRSとブログタイトル
  • ・トランスは永遠に「トランス」でしかいられない・トランスする根拠となったはずの性自認は抽象的な創造物でしかないこれをどう解決するか、どうやってこの状態で生きていくか。この、トランスに課せられた人生の宿題とでもいうべきものに対していかなる立場を取るか。それが大事だって書きました。さて、私のスタンスです。つまり、21年と10カ月ほど生きてきた時点での、私の「人生の宿題」の進捗報告(笑)基本は(←ここ重要)、「 [続きを読む]
  • 性自認というファンタジー
  • トランス系サイトでいきなりこんなタイトルを掲げるというのもわれながら恐ろしいですが・・・よくGIDの説明で「身体の性別と心の性別が一致しない人云々」っていうのがありますよね。で、この「心の性別」がいわゆる性自認といわれているものにニアリーイコールだとも。同時に、GIDを抱えていない、シスジェンダーの人たちも性自認があって、ただ身体の性と一致しているから普通の人は性自認について自覚したことがないとも言われ [続きを読む]
  • 【-258days】消化器外科と泌尿器科の術前診察
  • ・・・ブログ村のINポイントランキングがあれよあれよという間に上がっていて、いつのまにやら10位・・・!?驚きを隠し得ませんが、あんまり気にせずに行きます(笑)今日は術前診察の日でした。授業を休まざるを得ないのはしょうがない。午前中は消化器外科。受付に行ったら・・・代診!?でも、ふたを開けてみたらSRSチームの先生であることには変わりないようでした。で、2月7日に受けた大腸内視鏡と腹部単純・造影CTの結果を教 [続きを読む]
  • オンナとは
  • 身体面について書いたので、今度はトランスの精神面とかについて。しかし、それを書くためには、そもそも論としてトランスの目的地である「女」について徹底的な抽出作業をしないと話が始まりません。ちなみに先に断っておきますが、昨日言及した「TS原理主義」から言ったら「元々女」なんだという見方もあるでしょうが、とりあえずそこら辺りは置いておいて、ここでは「女になる」という言い方をします。さて、トランスの抱えてい [続きを読む]
  • 本当の身体とは
  • FtMカルチャーは一切わからないので、このカテゴリーでは基本的にはMtFのことしか書きません。男→女というトランスの過程を思考の出発点として、色々と遊んでみるコーナーです。※この文脈で「トランス」と私が言った場合、GIDあるいはTSだけでなく、TGもTVも、ニューハーフもドラッグクイーンも、なんなら女装子もオカマも全部ひっくるめて含むことにします。GIDカルチャーには、TS原理主義(者)と呼ばれる人たちがいます。小さい [続きを読む]
  • サイコパス
  • はじめに連絡。GID学会に関する記事ですが、「トランスについて考察」カテゴリーは、思考のお遊びだけでなく、「医学的考察」みたいなのも含められるんじゃないかってことで、そっちに全記事を移動させました。「GID」カテゴリーは、SRS関連以外での、自らのトランス経験に際して思ったことなどをつづっていく場とします。よーするにメンヘラ全開で行きます。今となっては叶わない願望、妄想。小学校高学年〜中学くらいか、俗に思 [続きを読む]
  • 【GID学会@札幌】総会〜理事長声明の是非〜
  • 学会当日、思いっきり紛糾したこの話題について少し。どうやら、理事会でもだいぶ紛糾したようですが・・・(おかげで2日目の演題の開始がだいぶ遅れてましたね)議題は、WHOの出した「強制・強要された、または不本意な断種手術の廃絶」に関する声明?に対して、GID学会としてこれを支持する声明を出すか否か、というもの。WHOのまとめはこちら(英語です)→●ネットを漁ると、重要なところが訳されたものが引っかかってきたので、 [続きを読む]
  • 【GID学会@札幌】どんな理解を促進するのか
  • 最後です、シンポジウム5から「どんな理解を促進するのか」をば。子ども・若者支援においては「トランスジェンダー(GID)」のみを対象にして啓発することは難しい。同性愛かトランスかわからないことも多い(本人が区別をつけられていないケースが多い)→LGBTという用語を使って対象を広げる・「理解」という言葉耳ざわりが良くて便利だけど何を指しているのか曖昧でよくわからない・話を聴かない「理解者」たち例)「私は理解者だか [続きを読む]
  • 【第19回GID学会@札幌】乳房切除後に乳がんを発症した一例
  • もう2日目入ります(笑)一般演題3「外科治療」より、岡大形成外科の先生の発表、「乳房切除後に乳がんを発症した一例」・経過41歳FtM29歳で乳切、SRS41歳で乳しこり自覚→乳管癌→手術・術後男性ホルモン休薬、放射線、アロマターゼ阻害薬。特に問題なく経過・考察アンドロゲンが直接レセプターを刺激/アロマターゼによりE2に変化した男性ホルモンがレセプターを刺激により癌化?乳切は男性化が目的であって全摘ではないなので、乳 [続きを読む]
  • 【第19回GID学会@札幌】FtMに対するホルモン療法
  • 続いてはシンポジウム2から、岡大泌尿器科の先生の発表「FtMに対するホルモン療法」・治療の段階によってホルモン療法の目的が変化するSRS前:身体の男性化、月経停止SRS後:更年期障害、骨粗鬆症の予防※当事者の疑問は副作用に関する質問は少ない・SRS後の骨密度変化調査(FtM)脊椎:100%を下回る大腿骨:経時的に低下→やはり骨密度は低下する→継続は必要・更年期症状や骨粗鬆症に注意しながら管理しつつフォローアップが必要 [続きを読む]
  • 【第19回GID学会@札幌】GID医療チームは必要か
  • このまえ札幌医大で開催されたGID学会について、私が聞いた演題の中で、個人的に興味をひかれたものをいくつかまとめていきます。まずは、1日目のシンポジウム1から、「GID医療チームは必要か」をば。・ガイドラインの規定①医学的に要請→複数の診療科にまたがったチーム医療だから②法的要請→ブルーボーイ事件判決「専門を異にする複数の医師により検討されたうえで決定」・全国の医療チーム→札幌医大、浦安、埼玉医大、ナグモ [続きを読む]
  • 入院日程や手術日程が決まりました!
  • タイトル通りです・・・むしろ、ようやく手術日が決まったので、ブログを立ち上げることにした次第(笑)2017年12月に手術して、退院は年明けになる模様。ちなみに両親ともにカム済なので、手術予約を取るついでに両親にも手術説明を聞いてもらおうと思い、東京からわざわざ呼び寄せました(笑)私自身はすでに説明の大半を聞かされてるし(なにより医学生だし)、わかりきった話が多かったのですが、両親的にはあらためて執刀医の先生か [続きを読む]
  • はじめまして
  • はじめまして、性同一性障害MtF当事者の桂水無瀬と申します。年内に国内某病院において性別適合手術(SRS)を受けるので、その記録や思ったことなどを書いて行く、自分のためのブログです(苦笑)というわけで、方針としては・・・・顔出し写真は一切出しません・SRS前後の心情をメインに書きます(カテゴリー:「SRS」あるいは「GID」)・ほかに、性同一性障害(特にMtF)をベースとした社会学とか哲学?チックな考察らしき思考実験もする [続きを読む]
  • 過去の記事 …