koma さん プロフィール

  •  
komaさん: とりあえず…まぁ。
ハンドル名koma さん
ブログタイトルとりあえず…まぁ。
ブログURLhttp://koma131.blog.fc2.com/
サイト紹介文「花より男子」の二次小説。基本CPつかつくで、全体的にゆるいラブコメ書いてます♪お気軽にどうぞ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供78回 / 84日(平均6.5回/週) - 参加 2017/04/01 10:30

koma さんのブログ記事

  • Forever love 7
  • その日の夜。ちょうどお風呂から上がった所に滋さんからの着信を知らせてケータイが鳴った。『Forever love』   第7話タオルを頭からかぶりながら慌ててケータイを手に取る。「もしもし、滋さん?」『あ、つくし?今からちょっとそっち行ってもいいかな?』「え、今から?あたしはいいけど… 滋さん、お父さんとの話し合いはどうなったの?」『やだなぁ。それを話したいから行くんだよ』そんな会話をして電話を切った30分後 [続きを読む]
  • Forever love 6
  • 「じゃあ、パパと話ついたら また連絡するから…!またね!」決心した顔つきでそう言って帰って行く滋さん。『Forever love』   第6話「大丈夫かな…滋さん」邸から出て行く、滋さんの乗った車を窓から見つめながらポツリと呟くあたしを後ろから抱きしめると「あいつん所の親は うちと違って案外親バカだから大丈夫じゃねぇの…? それよりオレらだって似たような状況なんだからな」なんて小さく息をつく。その言葉に大丈夫 [続きを読む]
  • Forever love 5
  • 「ねぇ。あ、あたし… ここにいて大丈夫なわけ?」放課後、滋さんと会うために道明寺邸を訪れたものの…あんな話聞いた後じゃ落ち着かない。『Forever love』   第5話「あ?大丈夫に決まってんだろ」なんて道明寺は何事もなかったかのようにいつも通りで。「そ、その…お、お母様?はいらっしゃるの?」「知らね。いる方が珍しいんだからいねぇんじゃね?」興味もなさそうに答える。と、そこに「つくし〜っ!!」と勢いよく扉を [続きを読む]
  • Forever love 4
  • いつまでも騙しきれる相手じゃねぇ事くらいはオレにだってわかってたしそもそもが本命の女がいるのにいくら形だけだっつっても他の女と婚約してるなんて状況がふざけんなって話だ。『Forever love』   第4話それは昨日の事だった。邸に帰るとタマが妙に真面目な顔つきでオレに近寄ってくる。「…なんだよ、タマ。 辛気臭ぇ顔してっとあの世に誘われちまうぞ」そんなオレの軽口に反論するでもなく「……奥様が坊っちゃんをお待 [続きを読む]
  • Forever love 3
  • 道明寺があたしを引っ張って行った先はカフェテラス。そこには花沢類たちも揃っていて「よっ!司。牧野連れなんて珍しいな」なんて道明寺の不機嫌なんて気にせずに笑う。『Forever love』   第3話あたしをソファに座らせるとその隣にドカッと腰を落とす道明寺は今までにないくらい不機嫌なオーラを纏っていた。「おーおー。穏やかじゃねぇなぁ…」「ま、世間的には二股かけられた男って言われてんだ。 そりゃ不機嫌にもなるだ [続きを読む]
  • Forever love 2
  • ある日。学園に行くとなんだかざわざわと騒がしい。なんか…この雰囲気デジャブじゃない?なんて事を考えているとやっぱりあの3人が現れた。『Forever love』   第2話な、なにっ!?もしかして付き合ってるのバレたとか!?前とは違って思い当る節があるだけにやっぱり構えると「ツッキー♪」予想外の猫なで声で変なあだ名で呼ばれて逆にブルッと寒気がした。「この記事なんだけどぉ… ツッキーならもしかして何か知らないかなっ [続きを読む]
  • Forever love 1
  • ★しれっと連載開始(笑)  「First love」の続編のお話です。★道明寺と付き合うようになって数か月。喧嘩もするけどあたし達の交際は順調だった。『Foreve love』   第1話いつもの非常階段で道明寺と並んでお弁当を食べる。だけど最近、道明寺はそれが不満みたいで。「どうしてオレがこんなコソコソと飯食わなきゃいけねぇんだよ。 付き合ってんだから、お前もカフェテラスに来ればいいじゃねぇか」「やだよっ。あんな目立 [続きを読む]
  • 愛 〜類 ver.〜
  • ★こちらはCP不確定で行ったF4祭り    「恋」シリーズ『恋 〜類 ver.〜』の続編です。★「相変わらず何もない部屋だねぇ」あのまま答える間も与えられずに連れて来られたあんたは俺の部屋を見渡してのん気な声でケラケラ笑いながら言う。『愛』   〜類 ver.〜 [続きを読む]
  • 愛 〜あきら ver.〜
  • ★こちらはCP不確定で行ったF4祭り    「恋」シリーズ『恋 〜あきら ver.〜』の続編です。★「やっぱ戻るのはやめてさ。 …今日は2人でここで飲まねぇか?」そう言ったオレを腕の中から見上げるこいつの顔はきょとんとしていて何を言われたのかもわかってなさそうだ。『愛』   〜あきら ver.〜 [続きを読む]
  • 愛 〜司 ver.〜
  • ★こちらはCP不確定で行ったF4祭り    「恋」シリーズ『恋 〜司 ver.〜』の続編です。★「あぁっ!? 田中に告られたってなんだよそれっっ!!」店を出た帰り道。こいつはとんでもねぇ爆弾を放り投げてきやがった。『愛』  〜司 ver.〜 [続きを読む]
  • 愛 〜総二郎 ver.〜
  • ★こちらはCP不確定で行ったF4祭りの    「恋」シリーズ 『恋 〜総二郎 ver.〜』の続編になります★「ほんとにバカな人ね…」そう笑って俺を包み込んだこいつはとりあえず服を乾かすから風呂にでも入れと部屋の中に俺を入れた。『愛』   〜総二郎 ver.〜 [続きを読む]
  • シャイン episode 0
  • 「優紀といるとすげぇ疲れる。 もうマジでやってらんねぇわ…」静かなBARで聞こえてきたその声にチラリと視線を向けてみたのはほんの気まぐれ。『シャイン』   〜episode 0〜      〈総二郎×優紀〉 [続きを読む]
  • Shattering 〜side 司〜
  • ★こちらのお話のつくしちゃん視点、あります   『Shattering 〜side つくし〜』もよろしければどうぞ(^^)★何年も会ってなくてもオレの心を鷲掴みにしたまま離さねぇ女。後にも先にもオレの人生においてお前ほど強烈な女はいねぇと思う。『Shattering』   〜side 司〜 [続きを読む]
  • シャイン 13
  • 「あ?じゃあ俺が 道具室に閉じ込められたのも知ってたのか?」藤山親子を見送ったお袋は戻って来るなり、全部知ってたと言いだす。『シャイン』   第13話       〈総二郎×優紀〉 [続きを読む]
  • シャイン 12
  • 「家元夫人、遅くなりました。 これ、頼まれてた茶器です」そう言って茶器を渡すと家元夫人はすごく驚いた顔をしていた。『シャイン』   第12話       〈総二郎×優紀〉 [続きを読む]
  • シャイン 11
  • 「コレ使えるか?」道具室の中にあった古い角材のような物を手に取って軽く降って感触を確かめる。『シャイン』   第11話       〈総二郎×優紀〉 [続きを読む]