鮫島トシロウ さん プロフィール

  •  
鮫島トシロウさん: 鮫島トシロウのパ・リーグ語り日記
ハンドル名鮫島トシロウ さん
ブログタイトル鮫島トシロウのパ・リーグ語り日記
ブログURLhttp://pacific-league.blog.jp/
サイト紹介文パ・リーグのパ・リーグによるパ・リーグのための情報を更新していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供43回 / 170日(平均1.8回/週) - 参加 2017/04/01 10:45

鮫島トシロウ さんのブログ記事

  • 【ホークス優勝】憎らしいほど圧巻
  • 強かった。強すぎた。同じマジック1の逆転のカープと言われるチームですら、普段通りの試合ができていなかったところを見ると、やはり優勝が懸かる試合へのプレッシャーは計り知れないものだと感じたが、そんなものパリーグ王者には無縁であると言わんばかりの試合展開であった。選手を育てながら優勝させるのが理想という、まさにペナントの究極形を今年のホークスがやってのけた。そして、その象徴といえる存在が甲斐拓也。彼は [続きを読む]
  • 9/5【オリックスVSソフトバンク】柳のような強さ
  • オリックスVSソフトバンク(第19回戦:オリックス5勝14敗)先発:オリックス-金子千尋 ソフトバンク-バンデンハーク●オリックス5−6ソフトバンク○京セラドームで現地観戦。サファテの日本記録が見れることを期待して足を運んだ。序盤からホークスが点を重ね、中盤からリリーフ陣に回すという、今年の鉄板の流れを踏襲した試合になるのかと思っていたが、なんとあのT岡田が得点圏でヒットにホームランに4安打5打点の大 [続きを読む]
  • 9/2【ソフトバンクVS楽天】キングオブクローザー
  • ソフトバンクVS楽天(第20回戦:ソフトバンク11勝9敗)先発:ソフトバンク-千賀 楽天-辛島○ソフトバンク3−1楽天●今日も両チームともに貧打。楽天のピッチャーが好投して、ソフトバンクのバッター(中村晃)が少ないチャンスを生かすという昨日の再放送かと突っ込みたくなる試合展開。そして、昨日と同じく最後を締めたサファテが46セーブ目を達成し、岩瀬、藤川の持つシーズン日本記録に並んだ。ちょうど1か月前に、 [続きを読む]
  • 9/1【ソフトバンクVS楽天】愚行
  • ソフトバンクVS楽天(第19回戦:ソフトバンク10勝9敗)先発:ソフトバンク-東浜 楽天-岸○ソフトバンク2−0楽天●早くもソフトバンクにマジック16が点灯した。2週間前までは、パリーグの今年一番の天王山になりうるカードであったにも関わらず、消化試合に近い1位と3位の対決になってしまった。投手戦ではあったが、ゲーム差もあり、7月頭のコボスタの試合に比べて試合全体の緊張感は無かった。楽天サイドから振り返 [続きを読む]
  • 8/30【楽天VS西武】ライオンズは抗議したほうがいい
  • 楽天VS西武(第20回戦 楽天7勝12敗1分)先発:楽天-美馬 西武-岡本△楽天8−8西武△8回裏の大雨の場面。はっきり言って試合を続行できる状況ではなかった。しかも4点ビハインド。楽天が追いついたのかと言ったほうがいいのか、審判に追いつかせてもらったと言ったほうがいいのか。おそらく後者であるだろう。基本的に審判にたらたら文句を言うのは好きではないが、申し訳ないが、今回のケースは8回裏に楽天が追いつく [続きを読む]
  • 【西武ライオンズ】菊池雄星の二段モーション問題
  • NPB友寄審判長 雄星の2段モーション「本人には何度か注意している」http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/08/25/kiji/20170825s00001173187000c.html10日前の楽天戦の不正投球の指摘から俄かに盛り上がっている菊池雄星の二段モーション問題。最初は、急に審判団が二段モーションを指摘し始めたと思われたが、それが事実と反していたとのこと。一昨日に出た審判団の話としては、キャンプやシーズン序盤はスムーズ [続きを読む]
  • 8/24【ロッテVS楽天】ファイティングポーズ
  • ロッテVS楽天(第18回戦:ロッテ6勝12敗)先発:ロッテ-関谷 楽天-安樂○ロッテ2−1楽天●長いシーズン、勝てる時期もあれば、勝てない時期もある。例え負けたとしても、それが選手達が一生懸命に勝ちを求めた結果であれば問題ないが、そうでなければ論外である。9回までロッテの完封ペースの中、9回裏2点差、ロッテのクローザーの内からオコエがソロホームラン。高卒3年目の安樂が踏ん張って、高卒2年目のオコエが一 [続きを読む]
  • 8/22【ソフトバンクVS西武】1点への執念
  • ソフトバンクVS西武(第19回戦)先発:ソフトバンク-バンデンハーク 西武-ウルフ○ソフトバンク7−0西武●思えば、西武はオールスター明けのヤフオクドームでの3連戦で3連敗をしてから、優勝の目が消えたかと思われた。その後破竹の13連勝をし、一度消えかけた逆転優勝の目を自力で戻し、1月ぶりに迎えたヤフオクドーム3連戦。逆転優勝を考えるなら、状況的にこのカードで1つの負けも許されない中で、初戦に2安打完封 [続きを読む]
  • 8/17【西武VS楽天】100試合目
  • 西武VS楽天(第18回戦 西武11勝7敗)先発:西武-菊池雄星 楽天-安樂○西武3ー0楽天●今日はまさに菊池雄星ショーであった。2回の表の途中に2段モーションを指摘されるというアクシデントがあったにもかかわらず、それから全ての投球をセットポジションで投げて9回完封。クイックで球威が落ちるどころが逆に球威が増した。球審も不正投球を取ってからマウンドで反抗的な態度をとっていた菊池に対してところどころ不利な [続きを読む]
  • 8/16【ソフトバンクVSオリックス】T-岡田の扱い方
  • ソフトバンクVSオリックス(第18回戦 ソフトバンク13勝5敗)先発:ソフトバンク-石川 オリックス-松葉○ソフトバンク2−1オリックス●1番小島、2番西野・・・・2週間前の京セラドームの試合で負けた後に、1番からT-岡田、マレーロ、吉田正、ロメロ、小谷野と続く打順を組んだほうがいいとブログで書いた次のファイターズ戦から早速1番T-岡田を使い上位打線を厚くし、打線も活発になってきたところで、なぜかここにき [続きを読む]
  • 8/3【オリックスVSソフトバンク】実験期間
  • オリックスVSソフトバンク(第16回戦:オリックス5勝11敗)先発:オリックス-山崎福 ソフトバンク-東浜●オリックス3−5ソフトバンク○今日は、京セラドームに観に行った。BS夏の陣というイベントであり、前売り券を購入した人にユニフォームが貰える日であったが、なぜ今年は平日だったのだろうか。せっかくオリックスのイベントにも関わらず、昔本拠地があり大阪では人気のホークスファンの人数とそこまで変わらず、全体 [続きを読む]
  • 【ソフトバンクホークス】工藤采配の限界
  • ◆サファテがキレた!「先発降板早すぎる」と注文https://www.nikkansports.com/baseball/news/1865691.html遂にサファテから苦言を呈されるほどの深刻な事態になってしまった。ソフトバンク戦を見てて、よくこんな滅茶苦茶な采配をして選手がついてきているなと感心していたが、やはり選手の不満は溜まっていた。案の定としか言いようがない。正直、工藤采配は酷い。ここでも何度か工藤采配について取り上げており、試合を見て酷 [続きを読む]
  • 【谷元トレード】選手は機械ではない
  • 日本ハムのリリーフ陣を長年ここまで支えてきた谷元の放出。期限最終日での駆け込みトレード。まるで大晦日の大掃除かのような駆け込み処分。谷元がFA権を取得したため、FAで出られるくらいなら少しでもお金がもらえる金銭トレードを球団側が選択したという血も涙もない処置。こんな滅茶苦茶なトレードすらメジャー式と言って理解している人もいるようだが、そもそもアメリカと日本ではFAの仕組みが全く違うので、所詮メジャーの上 [続きを読む]
  • 7/28【オリックスVS楽天】勝ち試合を捨てる
  • オリックスVS楽天(第14回戦)先発:オリックス-金子千尋 楽天-塩見○オリックス11ー5楽天●オリックスに関しては、ようやく後半戦初勝利。楽天戦は2勝目。オールスターブレイクの前に3連勝していい流れで前半戦を終えたが、その流れを無視するかのように後半戦から勝てなくなった。バッターが全く打てないわけでもないし、ピッチャーがバカスカ打たれているわけでもないが、歯車がかみ合わない感じで負けていた。打線はこ [続きを読む]
  • 【楽天イーグルス】いい補強ではあるが
  • 楽天の巨人クルーズの緊急補強。外国人枠が余っていたわけでもないのに、ペゲーロの故障の次の試合には、別の新しい助っ人が入団しスタメンに名前を連ねる。このフットワークの軽さには感心する。ただ、個人的には、巨人のたぼついている戦力を獲ってきたという意味ではいい補強かもしれないが、強いチーム作りを考えると賢い補強とはいえない。確かにペゲーロの穴は大きすぎるが、それを今いる日本人選手でカバーできないことは、 [続きを読む]
  • 7/19【ソフトバンクVS西武】謎
  • ソフトバンクVS西武(第15回戦)先発:ソフトバンク-松本 西武-ファイフ○ソフトバンク10-6西武●西武は逆転優勝を目指すには、最低でも勝ち越し以上の結果を出さないといけない後半戦の最初のソフトバンク戦。オールスターに出た菊池雄星は無理だとしても、ウルフ、多和田あたりをつぎ込むこともできたが、十亀、野上、ファイフという裏ローテで臨み3連敗。大事な3連戦のはずであったが、絶対にしてはいけない3連敗を喰 [続きを読む]
  • パリーグ二強-後半戦のカギ
  • ◎楽天の後半戦のカギ楽天の前半戦の快進撃の原因は、助っ人のペゲーロ、ウィーラー、ハーマンの活躍や福山、松井の失点の少なさなど考えられるが、一番は前半戦の日程の緩さが大きい。実は、楽天は交流戦を除き、前半戦の6連戦は1週のみ。尚、週5戦どころか週4戦が2週もあり、なんと6連戦より多いのである。ちなみに、消化試合数トップのソフトバンクは6連戦が8週(交流戦を含めると11週)この数字の差は地味どころかか [続きを読む]
  • 7/12【オリックスVS日ハム】悪い意味でも主役
  • オリックスVS日本ハム(第14回戦)先発:オリックス-金子千尋 日本ハム-大谷○オリックス6−3日本ハム●大谷翔平の投球を見たが、全く話にならなかった。球速は出ていたが、コントロールが全くなく、右足をかばってるから1球ごとにフォームもバラバラ。特にコンディション管理に厳しい吉井コーチがあれでゴーサインを出したとは思えない。栗山監督か、もしくは球団側の強い意向があっての登板だろう。これで日ハムは今オフに [続きを読む]
  • 7/5【ソフトバンクVSオリックス】色々とひどい
  • ソフトバンクVSオリックス(第13回戦:ソフトバンク9勝4敗)先発:ソフトバンク-武田 オリックス-金子千尋○ソフトバンク5−3オリックス●先週末、苦手の西武ドームで3連勝をして、波に乗ってきたオリックス。実は、ビジターの西武戦で3タテしたのは22年ぶり。オリックスブルーウェーブとして初優勝した1995年まで遡る快挙だった。しかも、西武の強力打線を裏ローテで3連勝をしたわけだからここで乗っていかないと [続きを読む]
  • 7/2【楽天VSソフトバンク】まるでクライマックス
  • 楽天VSソフトバンク(第11回戦)先発:楽天-岸 ソフトバンク-バンデンハーク●楽天4-5ソフトバンク○間違いなくこの3連戦は今年一番の熱戦であった。最初は、オリックス西武戦と交互に見ていたが、この2チームの熱気に引っ張られる形で途中からはずっと最後まで見入ってしまった。まだ前半戦にもかかわらず、まるで天王山やクライマックスシリーズのような両チームとも死力を尽くした戦いであった。楽天が分の悪い金曜日 [続きを読む]
  • 梨田監督のオールスターへの提唱について
  • 【楽天】梨田監督、抹消中の茂木が球宴選出され困惑…辞退なら後半戦最初10戦出場不可http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20170630-OHT1T50034.html去年の大谷翔平の栗山監督のときもそうだが、こういう感じで特別扱いをどんどん認めるとオールスターゲームがさらに形骸化していく。出場停止ルールがおかしいとも思わないし、こんなことで撤廃すべきものではない。本音でオールスターに出したくないというのは分かるが、常に言 [続きを読む]
  • 6/27【ソフトバンクVS日本ハム】役者が揃い始めた
  • ソフトバンクVS日本ハム(第10回戦)先発:ソフトバンク-石川 日本ハム-高梨○ソフトバンク6-0日本ハム●去年の高梨と今年の石川。シーズン初めは中継ぎで結果を残し、交流戦から先発に配置転換という同じ経緯を辿りローテーションを回っているピッチャー同士の対戦。高梨は、決して悪い投球ではなかったが、結果を追い求めるようになったからか、去年出始めの頃のように自信を持ってボールを投げられていない気がする。特に [続きを読む]
  • 6/26【楽天VSオリックス】しょうもないチーム
  • 楽天VSオリックス(第9回戦)先発:楽天-則本 オリックス-ディクソン△楽天4ー4オリックス△今日の試合、楽天打線はほとんど何もしていない。何もしてないうちに勝手に点をくれただけ。あの展開でホーム試合を取れなかったのは痛かったが、元々負け試合だから儲け物といった感じか。さて、問題のオリックス。このチームは4月序盤の連勝中の時から思ってたが、本当に意味不明なミスが多すぎる。守備時には、ショートからファー [続きを読む]
  • 6/23【ソフトバンクVS西武】苦手意識
  • ソフトバンクVS西武(第10回戦) 先発:ソフトバンク-東浜 西武-菊池 ○ソフトバンク10ー0西武●今日は両先発が試合の明暗を分けた。東浜は4年ぶりの完封勝利。球審のゾーンが狭く、ストライクを取るのが難しかったが、ゾーンギリギリの球をボール判定をされても崩れることなく、粘り強く投げていた。100球前後でガクッと球威が落ちてしまう所も少しずつ克服しており、和田、千賀、武田が不在の中で、キャンプ時にローテ [続きを読む]
  • 5/2【ソフトバンクVS西武】キャンディかキャタピラか知らんけど
  • ソフトバンクVS西武(第4回戦)先発:ソフトバンク-千賀 西武-キャンデラリオ○ソフトバンク14ー4西武●今日は、とくにもかくにもホークスの若手選手が躍動した試合だった。しかも今日投げた千賀、石川柊太、飯田並びに捕手の甲斐は全員育成出身。バッテリーともに育成出身で占めた試合は、おそらく初めての記録ではないだろうか。この日記にも書いたが、千賀の初登板になったコボスタの楽天戦で甲斐と上林が足を引っ張って負 [続きを読む]