ヒロカズ さん プロフィール

  •  
ヒロカズさん: ヒロカズのイラスト研究所
ハンドル名ヒロカズ さん
ブログタイトルヒロカズのイラスト研究所
ブログURLhttp://justmeet09.exblog.jp/
サイト紹介文当ブログでは僕が日常目にする様々な事象について僕なりの観察眼で日記を書いています。イラストもあり。
自由文イラスト投稿用に作ったページですが、最近では人間観察等、当初の開設動機とは異なる内容の日記が多くなっております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供119回 / 23日(平均36.2回/週) - 参加 2017/04/02 02:25

ヒロカズ さんのブログ記事

  • 今日の出来事
  •  今日コンビニに行って来たら、このブログでも何回か取り上げた、僕の近所のコンビニ内の騒音の発生源たる「いらっしゃいませ〜」の下手なおばちゃんが店に立っていました。いつものようにレジでお客さんの品物の会計を担当しています。 ところが今日は至って静か。店内は閑散として、いつも響き渡っている「いらっしゃいませ〜」の声はさほど気になりません。どうしたのかな〜?と思いながら、店内を物色。平和な店内なの... [続きを読む]
  • 彼らももがいていたんだな、と思ったことについて
  •  これは最近、ちょっとあれこれと昔のことを考えていて、思ったこと。彼ら(僕のかつての学友たち)は今どうしているのでしょうか。 僕が大学時代のことを振り返ってみると、あんまりちゃんとした人間関係を築けなかったな、というのが第一の感想。 学生寮に所属していたのですが、僕自身、自分の進む道を見つけることに忙しく、その他のことにまるで目がいきませんでした。友人関係も然り。彼らが自分の道を模索してい... [続きを読む]
  • 古本屋さんの激しい自己主張について
  •  この前近所の古本屋さんの店先をぶらぶらしていたらあるものを見つけました。それが今回この記事を書くきっかけになった事象。一体何があったのかと申しますと、店先に積まれた古本の山につけられた一葉の注意書きがそれです。注意書きにはこう書かれていました。「ここに積まれた本の中に『古本』の文字がカバー裏に鉛筆で書かれた古本がありますが、その本は古本でしか読めない本です(ニヤリ)」とこう書かれていたので... [続きを読む]
  • 僕の学校にある大きな木について
  •  僕の学校にある大きな木についてちょっと書いてみたいと思います。 すごく牧歌的な雰囲気のある木なんです。枝葉を大きく広げ、ふさふさとした葉っぱが豊かに茂る大きな木。もちろん、その木の下で休んだり、待ち合わせ場所として使ったり、沢山の人がその木の下で憩うことのできる素敵な木なんですが……、その木の放つあまりにも牧歌的な雰囲気には要注意が必要です。あまりにものびのびとしたその木の茂るさまに気を取... [続きを読む]
  • 爺一輪車に乗る
  •  爺さんのイラストをアレンジして一輪車に乗せてみました。どうやら自分のイラストには身体性というものが欠けているらしいので、もっと身体で何かを表現することを学んでいかなくては、と思います。 [続きを読む]
  • 僕の近所のコンビニの店内に響き渡る「いらっしゃいませ〜」の騒音について
  •  以前にも書きましたが、僕の近所のコンビニにいる、「いらっしゃいませ〜」を連呼するおばちゃんについて。 このおばちゃん、誰がそう決めたのかは定かではありませんが、(おそらく)自ら「いらっしゃいませ〜」専任隊長として日々、僕の家の近所のコンビニで「いらっしゃいませ〜」を叫ぶことに忙しくしております。 このおばちゃんが「いらっしゃいませ〜」専任隊長を買って出ていることで、僕の近所のコンビニの店... [続きを読む]
  • イラスト投稿します
  •  これは「宇宙と爺」と題してpixivに投稿したイラスト。自分では結構気に入っている。しかし閲覧数は散々。爺さんが普段着のまま宇宙に飛び出しているところが気になる。宇宙服を着せればさらにそれっぽくなるか。 [続きを読む]
  • マニュアル店員が見せた非マニュアル的行動
  •  そうなんですよ。マニュアル店員と言えども所詮人間ですからね。その人間らしい側面が見え隠れすることってありますよね。例えば、表情。マニュアル店員と言えば、硬い、強張った表情がその代表格かと思うんですけど。店員さんの中には、にこやかに挨拶してくれる店員さんもいらっしゃいます。僕の身近にいる店員さん達の中で代表的な存在が、このブログでも取り上げた、僕の近所のコンビニに勤務する爽やかくん(おれが勝... [続きを読む]