kumohito さん プロフィール

  •  
kumohitoさん: カタコト逍遙記
ハンドル名kumohito さん
ブログタイトルカタコト逍遙記
ブログURLhttp://kumo.kyotolog.net/
サイト紹介文日々の異言語學習を管理する爲に綴り始めたブログ。ロシア語、その他色々。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供14回 / 21日(平均4.7回/週) - 参加 2017/04/02 05:11

kumohito さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • Duolingo 日本語講座
  • Duolingo 英語版は22言語に對應し、水面下では更に擴充してゐる。チェコ語、ヒンディー語、朝鮮語、クリンゴン語、インドネシア語の五つは、かなり前から開發中である事が判つてゐて、完成度の百分率が僅かづつ上昇してゐる。長らくこの五つの完成を心待ちにしてゐたのだが、ここで新たな報せが入つた。六つめの候補、日本語の登場だ。確かにDuolingo: incubatorに名前は見掛けたが、そんなに早く出來るとは思つてもみな [続きを読む]
  • Magyarul tanulok
  • 學習する言語がヨーロッパに偏つてゐると、だんだんと歐州の地圖を塗り潰していくやうな不遜な錯覺を抱く。實際にはどれもカタコトである上、當然ながら學んでゐない言語の方が壓倒的に多い。それでもこの不遜な錯覺は、なかなか氣分の好いものである。さて、そんな調子で地圖を眺めると、どうしても氣になる言語がある。歐州の地にありて、印歐語族に與(くみ)しないもの。或いはバスク語であり、或いはフィンランド語、サー [続きを読む]
  • 漢字三千年
  • やれやれ、隨分と間が空いてしまつた。?日續けようと氣構へたら、簡單な記事を書くのも億劫になつてしまふ。いろいろと試行錯誤しながら本ブログを運營していきたい。先日、京都市美術館別館で開催中の「漢字三千年―漢字の歴史と美―」展を見學してきた。本日四月二十一日(金)までの開催だから(日曜までやれば良いのに)、まだ訪ねてゐない人は急げ。他日、新潟縣、宮城縣、群馬縣にも巡廻するらしい。日中國交正常化四十 [続きを読む]
  • 祝、十囘投稿
  • 前囘の投稿が丁度十本目の記事だつた。一週間餘り續けて來て、はたと氣付いたことがある。「本來の目的と違ふ。」當初の目論見では、今日も日課のDuolingoが終つた、今日はこんな新しい表現を覺えた、本を何頁讀んだ、…といふ記事が續くことを想像してゐた。ところが、確かに日々の學習についても書いてはゐるが、執筆の勞力の比重はどう考へても語源調べの方に偏つてゐる。私が讀者なら語源の記事の方が樂しいと思ふが [続きを読む]
  • 自動車を「自分の言語で」
  • 歐州の言語を複數學習してゐると、形のよく似た同根語や近隣から輸出入した外來語が目立つ。英語などは?史的に大量の外來語を導入した言語だから、同系のドイツ語を學習する時よりも借用語の流入元フランス語を學ぶ時の方が、似た形の單語に氣付く事が多い。同根語が多ければ多いほど、語彙の流入が新しいほどその言語の單語學習は效率よく進むけれど(意味のずれは必ず生じるが、一旦無視する)、愉しみとして異言語を學ぶ身 [続きを読む]
  • Clozemasterの取り組み方
  • 昨日氣付いたのだが、Clozemasterがまた仕樣變更した。levelと云ふものが出來て、獲得した點數に應じた數値が本人の頁に表示するやうになつた。これまでも得點の番付表が省略無しで見られるやうになつたり、また見られなくなつたり、順位や解答濟み問題數が個人頁で見られるやうになつたりと、忙しく變更を重ねてゐる。このサイトがいつからあるのか知らないが、改善に對する意欲だけは傳はつて來る。このサイトがどんなものか [続きを読む]
  • タリア語、ネプロン、ノレンジ
  • やはりClozemasterからJa sam iz Italije i govorim talijanski.I come from Italy and I speak Italian.スラヴ諸語は豫備知識がなくても何となく讀める(こともある)と云ふ事で、本當に何も知らない儘Clozemasterのクロアチア語に取り組み始めた。例文の數が1463しかなく、一通り終へるのにもさう長くは掛からない筈だ。問題は、それで身に付く知識になるのか、と云ふ事だが。もう1000文以上に目を通したが、基本的な文法事 [続きを読む]
  • お休み、一日め
  • 昨日深夜に歸宅して、色んな皺寄せが今日に囘つて來た。といふ事で、今日は別段書くことがない。無念。Clozemasterも日課が及ばず、ロシア語以外は「零日繼續」になつた。Duolingoは目標(一日30xpに設定してある)を達成してゐるものの、こちらは言語ごとではなく、その名義人の繼續日數を表示してあるので、X語を百日サボつてもY語が百日續けば、Duolingoの "streak" 上は問題ない。スペイン語は講座を一周してから殆ど放つ [続きを読む]
  • オン・エアーとエーテル
  • 三日坊主がどうかうと言つたが、四日目に突入した。未だにこのブログを續ける自信はないし、明日の記事もまだ考へてゐない。とにかく、成るやうに成るだらう。Clozemasterの例文より。Are we on the air?Мы в эфире?英語では御馴染みの連語表現on the air《放送中の》は、ロシア語でв эфиреと云ふらしい。見るからに外來語と云ふ雰圍氣の單語、これが實は「エーテル」であると氣付いて驚いた。『岩波ロシア語辞 [続きを読む]
  • 一つ半の數へ方
  • полтора 一つ半。男性・中性形は主полтора, 生полутора, 與полутора, 對полтора, 造полутора, 前полутораで、女性形は主格と對格がполторыとなる。博友社の辭書が上位2800語に選んだ重要語だが、あまり見ないので忘れてゐた。ところで、тора, торыとは何だ?格變化しても後ろ部分の形態が變らないところを見ると、пол- (半分) + тораなのは間違 [続きを読む]
  • スラヴ語熱、その二
  • さうさう、スラヴ語に關して言ふと、いま京都市内の古書店が熱い。以前からその店には足を運んでゐたのだが、今年に入つてから妙にスラヴ語圏の洋書が入荷してゐる。昨年の暮れはクロアチア語の子供向け大判本 1000 Pitanja i Odgovora (原著はフランス語)が百圓で賣つてあつたのを見て喜んでゐたが、今年は同等以上の掘り出し物がこれでもかと市場に出廻つてゐる。特にロシア語の格安本は數もあるから、買過ぎと積ん讀に注 [続きを読む]
  • スラヴ語熱
  • 學習の具體的な内容をまだ一つも話してゐない。何語の學習がどうとか、文法が面白いとか、この單語が好きとか、さういふ話をする豫定ではあるが、ここは一つ段階を踏んで(?)スラヴ諸語の話にしよう。スラヴ諸語、御多分に漏れず最初に勉強したのはロシア語である。それより昔、国際語学社の『まずはこれだけ』シリーズでブルガリア語を讀んだ氣もするが、讀んだだけであつた(あのシリーズは安くて薄くて氣輕に買へるのが困 [続きを読む]
  • 最近の學習
  • 飽きつぽい性分で異言語を學習してゐると、當然、試した學習の方法も多岐に亙る。單語帳は何册買つても覺えないのに、それを忘れて何度も買ふ。やはり多讀だ、と氣合ひを入れるが、英語以外で通讀した本など數へるぐらゐ。?科書も、物によつては肌に合はず、あれもこれもと買ふ事しばしば。白水社や大學書林には隨分と出資したなあ。書いてゐて悲しくなつてきたぞ…。ところで、最近は專らオンラインの?材に取り組む時 [続きを読む]
  • 春、事始め
  • 春。年度が替ると、氣分も一新する。新しいことを始めるには持つて來いの季節だ。言語の學習が好きで色々手を付けるのだが、どれも何處か中途半端。北京語、ドイツ語、マレー語、フランス語、ロシア語…。このブログも何日續くか判らない。それでも、取り敢へず始めてみよう。三日坊主は、四日續けばまづ成功。後は氣の向くまま、氣輕に氣長に細々と。 [続きを読む]
  • 過去の記事 …