Lanai96763 さん プロフィール

  •  
Lanai96763さん: 毎日コツコツと
ハンドル名Lanai96763 さん
ブログタイトル毎日コツコツと
ブログURLhttp://lanai96763.hatenablog.com/
サイト紹介文英語圏で暮らす小学生の息子と幼稚園児の娘との日本語での家庭学習の記録
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供25回 / 24日(平均7.3回/週) - 参加 2017/04/02 14:35

Lanai96763 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • みておぼえる はじめてのかんじ絵じてん
  • 本格的に息子が学習を始める(2017年2月以前)前に、用意したのがこの絵辞典でした。漢字を覚えるのに、意味と字の形を重ねるのが難しそうと思ったので、その漢字の具体的イメージを視覚でとらえれば、暗記しやくなるのではないかと考えたからです。1ページに1漢字、音読みと訓読み、その漢字から連想する絵や写真、それに書き順 、そして一部の漢字には成り立ちが載っています。しかし、予想に反して息子はパラっと眺めたきり、興 [続きを読む]
  • みておぼえる はじめてのかんじ絵じてん
  • 本格的に息子が学習を始める(2017年2月以前)前に、用意したのがこの絵辞典でした。漢字を覚えるのに、意味と字の形を重ねるのが難しそうと思ったので、その漢字の具体的イメージを視覚でとらえれば、暗記しやくなるのではないかと考えたからです。1ページに1漢字、音読みと訓読み、その漢字から連想する絵や写真、それに書き順 、そして一部の漢字には成り立ちが載っています。しかし、予想に反して息子はパラっと眺めたきり、興 [続きを読む]
  • 下村式 漢字練習ノート 小学一年生
  • 「さ」と「き」、「は」と「ほ」など読み間違えや、書き順間違えはまだしますが、ひらがなをほぼ読み書きできる、あいうえお順を理解して国語辞書をひけるようになった時点で、漢字の練習を始めました。最初は、無料のウェブサイトで印刷して数字から取り組んでみたのですが、漢字をみて「全体像を認識して同じように写して書く」「書き順に従う」「止め、ハネに注意する」など、漢字一つ書くにしてもポイントがたくさんある事に [続きを読む]
  • 深谷式学年別必修基本語7700 ことばプリント
  • 我が家の子供達は日本に住んだことのあるのは1年3ヶ月ほどで、産まれたのも学校に通っているのも英語圏です。家の中では日本語のみですが、息子がキンダーに入学した辺りから、急に英語で喋りたがるようになり、気がつくと日本語での会話中にも英語がまじるようになりました。英語で過ごす時間が増え、英語で知っている言葉を日本語でわからないという状態になってきたのでした。それでも、以前住んでいたところでは日本語学校に [続きを読む]
  • UNO ポケットモンスター
  • ゲームの紹介が続きますが…カードゲームの大定番のUNOです。私も小学生時代に休み時間の度に燃えました。今まで載せた、かるたやボードゲームは4歳児の娘には難しいようで、ルールをきちんとは理解せず、勘で遊んでいる面があり、親が助けながら遊んでいました。それはそれで本人が楽しんでいるうちはいいのですが、ゲームが緊迫してきたり長丁場になると、飽きて戦線離脱してしまいます。そんな娘がルールを理解し、楽しみに、 [続きを読む]
  • Qwirkle クゥワークル
  • 6色6柄のブロックを順に並べていき、得点を争うゲームです。一列の中には同じ柄、同じ色が並んではいけないので、自分の手札のときに効率よく高得点が狙えるように考えてブロックを並べていきます。ドイツではこういったボードゲームが盛んで、年間の大賞を選出して表彰しているそうで、このクゥワークルは2011年のドイツ年間ゲーム大賞を受賞しました。シンプルで、ルールさえのみこめれば子供から大人まで一緒に楽しめます。 [続きを読む]
  • うんこのできるまで
  • 息子が3歳頃、食べ物が口にはいってからどうなるかを尋ねられた時に、この絵本を知り購入しました。インパクトのあるタイトルですが、口にはいってから、排泄されるまでの身体の中での長い旅をわかりやすい言葉と、細かな書き込みの絵で丁寧に説明されています。我が家の子供たちは、ぶどうの旅路が好きで、各ページぶどう捜しに余念がありません。最近は、問題集や課題に取り組む時間が増え、なかなかゆっくり絵本の読み聞かせ [続きを読む]
  • The wheel on the bus
  • 私が英語で唯一歌える手遊び歌です。息子が2歳になる前に、その頃住んでいたところの図書館で行われていたストーリータイム(絵本の読み聞かせ&手遊び歌)で読まれた絵本で、The wheel on the busの歌詞とともに絵本の中の仕掛けが動きます。乗り物が大好きだった息子はすぐに飛びつき、まったく言葉がらわからない状態ながら、真似して歌を歌い、踊っていました。すぐに購入しましたが、当時はゴジラと呼んでいた娘が仕掛け部分 [続きを読む]
  • はじめての辞書引きワーク 国語辞典編
  • どこかで読んで辞書引きワークをしておくと、知らない言葉がでてきたときに、何度も尋ねるのではなく、自分で辞書をひいて調べるようになると聞き、それに期待して 購入しました。平仮名をぽつりぽつりと読める程度だった息子ですが、辞書引きワークのおかげか、あいうえお順が頭の中で定着したようで、終了する頃にはだいぶスラスラと読めるようになってきました。ワークの内容としては、もし立ち読みできたら買わなかったかも [続きを読む]
  • 下村式 小学国語学習辞典
  • 辞書引き学習をさせようと、まずは国語辞典を買いました。この辞典には25000語が収録されています。なぜこの辞書を選んだかというと、下村式の漢字ドリルをやらせようと思ったからです。漢和辞典も同じシリーズで揃えるなら、国語辞典も同じものを、という発想からでした。辞書引きワーク(後日こちらもレビューします)をやらせてみたところ、この辞書に載っていない言葉がいくつかでてきたので、25000語はもしかしたら少ないのか [続きを読む]
  • もぐらバス
  • 日本在住時に図書館で借り、乗り物好きな息子が初めて夢中になった絵本です。夫の読み聞かせがよく、バスの運転手の声色を昔の駅員さんのアナウンス風にやったところ、大ウケ。娘まで、この本を読むときは鼻をつまんで真似します。息子2〜4歳は覚えるくらい読んだけれど、ここ最近開いていません。きっと自力読みできるようになっていると思うので、息子に娘のために読んでもらおうかなと思います。もぐらバス (日本の絵本)作 [続きを読む]
  • Go Math
  • アメリカにおいて教科書として採用されている州もある、Go Math。日本の一年生の教科書の3倍くらいの厚みに、説明と演習と宿題用の演習が載っています。1つの単元で3回くらい演習があります。普段私が用意する問題集は日本語のものなので、算数が好きな息子の為に算数を英語で学ぼうと家庭学習用に購入しました。G1も半ば過ぎで始めたので、2冊に別れている下巻から始めました。毎日3ページほど解いているのですが、夏休み前 [続きを読む]
  • 早ね早おき 朝5分ドリル おんどくあんしょう
  • 3〜5歳とあったので、娘の為に購入しました。早口言葉から俳句まで幅広くテンポのよい短い文章が載っています。舌ったらずの娘の訓練変わりと思って始めたので、暗唱までさせるつもりはありませんでしたが、簡単なものは覚えました。しかし、字が読めないので、単語の順番が無茶苦茶。彼女流で気分よく暗唱しています。恥ずかしながら私も意味を知らないものがありました。子供に説明できるように簡単な説明が添えられていたらよ [続きを読む]
  • 10分で読める 音読一年生
  • 日本語の音読をしてこなかったので、単語読みができず、文字読み状態で、怪しい読み方だった息子。2月末からこの本を買い、音読をはじめました。一つの題材を5回読むことが目標です。最初は春夏秋冬の一つめの題材を、そのあとは春の題材を順番ごとに読み、今日春の題材が終わりました。最初は短い詩だったこともあり、2〜3回読むと暗記して歌うように読んでいました。季節ごとに長い文章も一つはいっており、それを読むのは大変 [続きを読む]
  • くもん 世界地図パズル
  • 日本地図パズルと一緒に世界地図も、と同じシリーズの世界地図パズルを購入しました。 大きな大陸ごとのパズル、大陸ごとに色分けされた国ごとのパズルがはいっています。パネルを閉じたときにピースを全てしまいこめるところが気に入っています。娘にはまだピース数が多く、手を出せないようですが、息子は日本地図パズルよりもこちらです。最近は大陸ごとのものでしたが、今は国ごとのピースを根気よくはめています。アフリカ [続きを読む]
  • くもん 日本地図パズル
  • 息子が3歳くらいの時に購入しました。パズルが好きだから、どうせなら為になるものを、日本地図覚えられたらないいな、と軽い気持ちで買ったのですが、結構細かいピースも器用に掴んでサクサク解いていきました。埋め込み式なので、手先の訓練にもなると思います。ピースを外した状態の本体に都道府県の境がついてるので、字が読めなくても、都道府県の位置を知らなくても解けます。平仮名も漢字も読めない状態で始めたので、パ [続きを読む]
  • ハイレベ 幼児 こくご1
  • 息子におうちゼミをやらせたものの、算数に比べてやはり国語が弱いと痛感したので、重点的に国語をやろうとこちらのドリルをさせました。やっと1が終了しました。1日1項目(2ページで1項目)を目標に2月半ばからゆっくり進めました。音読も一緒に始めたこともあり、今は文章をだいぶ滑らかに読めるようになってきましまた。カタカナを全く知らない状態で始めたので、カタカナの単元は親子共に苦しかった…が、今は進んで書こうと [続きを読む]
  • CARS and TRUCKS and THINGS THAT GO
  • 海外生活何年目?と疑問に思われるであろう、英語の実力の持ち主なので、私は子供に英語での読み聞かせをしたことはありません。夫が担当しています。主に私が理由(私の英語力)で子供たちの日本語を伸ばさないと、と日本語を重視して、家庭では日本語しか使いませんが、一歩ドアを出ればここは英語の国。本の手の入りやすさも理由に、英語の絵本も少しずつ買い揃えています。このRichard Scarryの絵本は、擬人化された動物が可愛 [続きを読む]
  • おうちゼミ 一年生の学習
  • 日本での就学年齢では、まだ一年生にはなっていませんでしたが、現地校で一足早く一年生になった息子。日本での就学を待っていると日本語での学習が どんどん置いていかれる…と思い、全体的にバランスよく学べるかと購入しました。見開き1ページを1日分として、1/3くらいが終わったところで漢字の学習を他でしなていないので、あの問題量だと定着しないことと、100マス計算的な反復計算を嫌がるようになったので、こちらも終わ [続きを読む]
  • モンテッソーリ教具 切手遊び
  • 息子は、キンダーの途中までモンテッソーリの学校で学びました。プリスクールの時から、周りのお友達がやっていた数字のお仕事に興味しんしんで、早く自分もやりたい!どうしたらやれるの?と聞いていました。長いことしていた金ビーズのお仕事を終えて、息子がキンダーで保護者を招いてのお仕事のお披露目で見せてくれたのが、この切手遊びでした。4桁の足し算をこの教具を使い、一枚一枚並べて、数え上げ、解いていく様子は [続きを読む]
  • ことわざかるた
  • ひらがなに親しむということで、かるたで遊びはじめました。最初は100円ショップで買った国旗のかるた。そして、ことわざも覚えられたら嬉しい、とことわざかるたを購入しました。6歳の息子はひらがなが読めるようになってきたので、意味はわからなくても文頭のひらがなを見つけて探します。4歳の娘は意味でもひらがなでも見つけられないので、親がイラストを見ながらがら必死にヒントをだします。改めて聞かれると、意味をは [続きを読む]
  • ハイレベ100 幼児ひらがな
  • 息子が キンダー途中で引っ越す前は、日系人が多く住む都市に住んでいたので、日本語学校もたくさんありました。年長クラスから日本語学校に通い、ひらがなを少しずつ教えてもらい、ひらがなの読み書き(あいうえお表)は日本語学校で教わりました。そして、引っ越し先の学年の英語のレベル差(国、都市によって同じキンダーでも求められる英語での読み書きの差に愕然としました)についていくのに必死で、宿題と補充する英語学習に追 [続きを読む]
  • Big Preschool workbook
  • 息子が初めて取り組んだ問題集はこの本でした。もうすぐ4歳になる頃、お友達の誕生日プレゼントを買いにいったおもちゃ屋さんで、本人が見つけ欲しいとねだられました。オモチャもねだられたことがなかったのに、問題集(といっても幼児向けの絵の多い楽しいものですが)を欲しがったことに親バカな私たち夫婦は喜び、すぐに買い与えました。本人が欲しがったこともあり、ヤル気もあり、あっという間にやり終えました。続いて [続きを読む]
  • モンテッソーリ
  • 子供が産まれてから、引っ越しが続いた我が家。息子も娘も同じプリスクールで、モンテッソーリ教育を受けました。残念ながら、娘は入学して半年ほどで引っ越しが決まり、モンテッソーリ教育からは離れましたが、我が家の教育理念の理想はモンテッソーリです。ついつい家庭内では口も手もだして、手助けしすぎる傾向がありますが、理想は自分のことは自分で考え、実行していけるように育っていって欲しいものです。息子はモンテッ [続きを読む]
  • はじめに
  • 何事も三日坊主で生きてきた私ですが、子供が産まれてから自分の様にはなってもらっては困る!と、ネットで子育て法、勉強法を探る日々。英語圏生まれの息子は、2016年秋からグレード1(一年生)として現地校に通っています。日本ではこの春から新一年生になる年齢です。日本語学校が近くにないので、家庭内で日本語学習と現地校での勉強をサポートしていますが、悲しいことに私は英語は話せない…話せないなりに頑張ろうと思いつ [続きを読む]
  • 過去の記事 …