夢北泰平 さん プロフィール

  •  
夢北泰平さん: 道産子オヤジ夢北泰平の「元気な心の創り方」
ハンドル名夢北泰平 さん
ブログタイトル道産子オヤジ夢北泰平の「元気な心の創り方」
ブログURLhttp://ameblo.jp/yumekita867/
サイト紹介文日々心の元気を探求している道産子オヤジ夢北泰平です! 心の元気、幸せな心、気の持ち方等を綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供96回 / 84日(平均8.0回/週) - 参加 2017/04/02 20:49

夢北泰平 さんのブログ記事

  • 心を元気にするコツ(アゲイン)〜普段が大事。
  • 夢北の母の言葉。「普段が大事なんだよ」、大切な言葉。 何か特別な日に良く見せようとしても、普段の行いが出てしまう、 だからこそ普段が大事。 それは心の在り方も同じと、夢北は解釈しています。 「特別な日」=「自分を良く見せようとする心」。 そこに何が大切か、それは自分に備わっているか。 その場限りでは無い「自分の普段の心」。 「普段」、「いつも」・・・備えるのではなく、備えていなければ 見透かされてしまう [続きを読む]
  • 気付いた時に。
  • 自分への「気付き」って何だろう? 本当はこうでありたいって願望なのかな? 常識に流されている自分のもどかしさ。 「思いのまま」に動けたなら楽なはず。 解かっているなら、動けばいいだけなのに・・・でも出来ない。 そんな心との葛藤。 心とはそんな繰り返し。 「気付き」。 気付いたつもりにならない為に動くしか無い。 [続きを読む]
  • [心を気にするコツ(アゲイン)〜心の拠り所
  • 心が不安定な状況に陥ってしまった時、頼みとし、支えてくれるものを持っていますか? それは人であっても、自分の好きな事に没頭する等といった事、何でも構いません。 自分が元気で有りたいのなら、心の負担を軽くする「拠り所」を持つ事 で、心は休息し、「元気」に向かう力を蓄えます。 夢北は大好きな音楽を聴いたり、観たりする事が「心の拠り所」 同じ心の中に備えていたいもの。 [続きを読む]
  • 心を元気にするコツ(アゲイン)〜プラス思考を習慣化させるには。
  • 晴れ晴れとした、曇る・・・心と天気は同じ表現を多く使われています。 「気象=気性」とも捉えることもでき、なにかと似た部分が多く感じられ ますが、そんな「天気」の感じ方を用いてできる「プラス思考を習慣化さ せる方法」を紹介します。 朝起きたら雨が降っている、それだけで気分が湿りがちになる事があります。 その様な時、心を放置してしまうと、憂欝な気持ちが更に別なマイナス 感情を引き寄せてしまう場合もあり危険 [続きを読む]
  • 心を元気にするコツ(アゲイン)〜「前向き」は今現在の心が重要。
  • 前向きに生きる、素晴らしい事です。 ですが、そこに意識して欲しいのが、「今現在」の心の捉え方。 もし今現在、悩み不安を抱えているのなら、 その事を置き去りにし、前へ進むのは危険であると、夢北は 思います。いくら「前向き」が良いといっても、自分にある現実を無視し、 その事を「無かった事」とし、「前にあるもの」への期待だけを 望んでいても、後悔という「後ろ」を見ざるをえない事が 多いから。 今もし解決でき [続きを読む]
  • 心を元気にするコツ(アゲイン)〜「楽心得心(らくしんとくしん)」
  • 「楽心得心」(夢北造語) 「楽心」、それは心が楽しさ、ワクワクを感じ、気楽で、気軽な状態。そして「得心」は「心はこうあるべき」と信じる心の状態を夢北的に表したもの。 人とは本来、この様な「心の状態が備わっている」と夢北は信じます。 無垢であった幼い頃、心は純粋であり、意識はしなくても、こうした心の状態を持っていたはず。 難しく物事を考えてしまう今の自分をリセットする意味においても、「楽心得心」。 [続きを読む]
  • 心を元気にするコツ(アゲイン)〜「わらしべ長者」
  • わらしべ長者。皆さんもご存知の通り、貧しい人が、持っていた藁を交換していく事で、大金持ちになるという、おとぎ話。 夢北はこれこそが、「心がどうあるべきか」の選択のお手本と捉え、意識しています。 「藁しかない」と思うか、「藁を持っている」と思うか・・。 「わらしべ長者」は「藁を持っている」と思ったからこそ、「前向きな行動」を心掛け、「長者」と成ったのです。 人生は「選択の仕方」により、結果は変わります [続きを読む]
  • 心を元気にするコツ(アゲイン)〜心地力。
  • 最近「癒し」という言葉を良く見聴きします。好きな音楽を聴く、好きな風景を見る・・・様々、多様な癒しがあります。当然、夢北自信も「癒されたい」と感じた時、お世話になっていますが、心の元気という観点からすると、「受動的」であり、与えられるという感じが否めません。疲れ切った時等、何かに頼りたいと感じた時、「癒し」を持っている事は確かに有効ですが、自分の意思とは関係なく、外から感覚的に受け取ってしまい易 [続きを読む]
  • 心を元気にするコツ〜暗い気持ちに占領されたら・・・。
  • 突然、ふと心の中に芽生えた不安、悩みに戸惑いを感じる事があります。ですが、そんな時こそ、明るい前向きな気持ちを意識して欲しいと夢北は思います。それはまともに向き合ってみた所で、所詮暗い気持ちを増幅させるだけと思うからです。「暗い気持ち」の中にも、明るさがあると信じ、「明暗を選択する」という余裕を心に持たせる、事で心が変わります。 [続きを読む]
  • 心を元気にするコツ(アゲイン)〜明快を意識する事で自信が持てる。
  • 夢北は「明快」という言葉が好きです。それは「明快」とは気持がよいほど、はっきり筋道が通っているという事ですが、正に「心の元気要素」が沢山含まれているから。漢字の組み合わせをみても、「明」「快」と、「心が元気な状態」でしか当てはまらないという事は明らかですし、更にその事を意識させる意味も又、元気な心の重要な要素を含んでいるからです。 「気持ちがよいほど、はっきりと筋道が通っている」。この意味に [続きを読む]
  • 心を元気にするコツ(アゲイン)〜心幸力。
  • 心に幸せを満たしたいという事は誰しも理屈抜きに願っている事ですが、待っているだけでは中々訪れはしません。それは、運を引き寄せたいと願う気持ちばかりが強くなり、行動を置き去りにしているケースが見受けられるからです。 夢北は思います。真に「心の幸せを得たい」なら、思ったり、願ったりということだけではなく、「行動という力」で現わしなさいと。 [続きを読む]
  • 心を元気にするコツ(アゲイン)〜心の明暗逆転術
  • 心の中には「明」と「暗」が常に存在します。ですが、どちらが現れるかは、その時の気分に左右されるもの。 夢北は「暗」が心に現れた時、否定的な思い、言葉を「明」に変換する事で、心を軽くしています。その方法は暗い気持ちが芽生えた時、「だけど・・・」を用いるという事です。 「だけど・・・」、その先に「明」を意識する事で、心は逆転します。 [続きを読む]
  • 自分の大切な思い。
  • 今年からブログを始めた夢北。 当初、自分のブログを読んでくれるのだろうか? そんな思いの毎日・・・。 でも記事には、自分の「思い」を込めました。 段々と「いいね!」が付くようになったのは、 「思い変わらぬ」綴り始めた頃の記事が埋もれた頃。 でも「思いは同じ」。 「込めた思い」は必ず誰かに通じる。 そして現在「アゲイン」という形で公開しています。 同じ記事 [続きを読む]
  • 心を元気にするコツ(アゲイン)〜気分による悩み、不安に左右されない心構え。
  • 気分という感情は、、「状況によってもたらされる」といった、その時においての「心持ち」を初め、体の不調により生じる場合や、気質、気性によるもの等、様々で複雑。 その中から今回取り上げるのが、心の中に気分の悪さから発生した悩み・不安の夢北流心構えを紹介していこうと思います。 「気分が悪く作用し心に突然現れた悩み・不安」を解決するには、「心の本質」といった事を、どう捉えているかが、夢北は重要と [続きを読む]
  • 心を元気にするコツ(アゲイン)〜マイナス感情を味方にする。
  • 心の中にふと沸き上がるマイナスの感情をどう感じているでしょうか?マイナスだから当然、良い気分なはずはないのですか、夢北的には何故か期待感が湧きあがってしまうのです。それは、マイナスの感情は、心の在り方を試すものであり、頑張って克服できたなら、自分の味方になると信じているからです。 マイナスって掛ければプラスなります。心の中で、その法則を信じる事で、心が変わります。 [続きを読む]
  • 心を元気にするコツ(アゲイン)〜心の中に些細な勇気を持つ。
  • 勇気とは文字通り、勇ましい気持ち。その意味を感じる時、大抵の場合「大きな事を成し遂げる為に必要な心」と受けがち。ですが夢北はそうは受け取っていません。どんな些細な事であっても、「決断する勇気」は同じであると感じます。 「些細な事でも自分で納得して選択し、決める。」、 それも立派な「勇気」であると思う事で心は成長していくもの。 [続きを読む]
  • 心を元気にするコツ(アゲイン)〜でもね、大丈夫。
  • 心にマイナス感情が宿ってしまい、繰り返し浮かぶ弱気な言葉。そんな時、夢北は弱気な言葉の間に、「でもね、大丈夫」を唱えます。そうする事で心が緩和されていき、元気な心を引き寄せてくれるから。 時には自分の感情を否定する事も前向きな感情の1つ。 [続きを読む]
  • 心を元気にするコツ(アゲイン)〜感動を取り入れる。
  • 心には元気、幸せに成る為の「前向きになれる手段」が必要と夢北は 感じますが、その最たるものが「感動」であると思います。 感動は「心を動かされる」という「受身的」な意味がありますが、 実は自分の心をコントロール出来るという素晴らしい利点を含んでお り、更に、自分で選択できる感情の1つでもあります。 好きな音楽を聴く、映画を見る、本を読む・・・。 理屈抜きで自分が元気になれる [続きを読む]
  • 心を元気にするコツ(アゲイン)〜ラッキーの捉え方。
  • ラッキーには2つの意味があると夢北は思います。 1つは「たまたま」運との巡り合わせが良く、偶然に起きる事。 もう1つは、普段の努力に見合った天からのご褒美。 頑張っている事は、本人が一番解かっている事。 頑張っている事に対し、ラッキーと思える事があったなら、 それは必然。 だからこそ、頑張れる。 [続きを読む]
  • 心を元気にするコツ(アゲイン)〜心の大きさの感じ方。
  • 「心が広い」、「気が小さい」そうした事をよく耳にします。 でも実際、心とはどの位の大きさなんでしょうか? 心とは人それぞれ大きさは違うものであり、そこの根底には捉え方が 重要なのではないでしょうか。 夢北は悩み・不安が心に芽生えた時、心の大きさを「広く」感じる様、 意識しています。 イメージでいうと、広大な土地、宇宙とか・・・。 何故なら心を広くイメージする事をする事 [続きを読む]