へろん&しろ さん プロフィール

  •  
へろん&しろさん: へろん&しろのつれづれブログ
ハンドル名へろん&しろ さん
ブログタイトルへろん&しろのつれづれブログ
ブログURLhttp://heronshiro.blog.fc2.com/
サイト紹介文神社仏閣で頂いた御朱印や、各地の自然史博物館、水族館などを紹介したりしていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供26回 / 107日(平均1.7回/週) - 参加 2017/04/02 21:30

へろん&しろ さんのブログ記事

  • 神戸帆船フェスティバル
  • へろんです。7月15日・16日、神戸開港150年を記念した、神戸帆船フェスティバルを見に行ってきました。15日は入港セレモニーです。このセレモニーの前に帆船パレードも行われていたのですが、パレード見学の一般公募に申し込んだものの、落選してしまいました(T_T)「日本丸」。全長110.09メートル、日本最大、世界でも最大級の4本マストバーク型練習帆船。「海王丸」。「日本丸」の姉妹船で、全長は同じく110.09メートル。横では [続きを読む]
  • 映画「宇宙戦艦ヤマト2202 第二章 発進編」感想
  • へろんです。SF話でいつも盛り上がる旧友に引っ張られて、「宇宙戦艦ヤマト2202 第二章 発進編」を観てきました。宇宙戦艦ヤマト2202製作委員会公式ツイッターより。6月23日の投稿で「お出かけなう。に使って良いよ。」とのことで拝借しました。「なう」じゃないけど許して。「宇宙戦艦ヤマト」。1974年に初めて放送された第一作から始まるオリジナル版シリーズは、幼心にSFへの指向を決定づけるきっかけの一つになりました。しか [続きを読む]
  • 金魚と海のいきもの展2017
  • へろんです。大阪梅田の阪神百貨店8階で開催されている「金魚と海のいきもの展2017」に行ってきました。アクセサリーやグッズの展示即売会なので、本来は「水族館」カテゴリーには入らないかも知れませんが、まぁ海のいきものつながりということで……販売されている展示品を撮影するわけにもいきませんので画像はありませんが、魚やクラゲなどのなかなかリアリティあるグッズがたくさん並んでいました。ペンギンやチンアナゴの可 [続きを読む]
  • 健康診断・・・
  • へろんです。今日は年一回の健康診断でした。会社推奨の健診センターに好きな日を申し込むのですが、できるだけ金曜日にするようにしています。数年前、胃の検査のために飲んだバリウムが翌日までなかなか出ず難儀したことがありますので、翌日が休みとなるよう金曜日、というのが一番の理由。今日は朝から絶飲絶食……暑い季節はキツイです。見た目はそれほど太っていないと思うし酒もほとんど飲まないのですが、もう10年以上前か [続きを読む]
  • 東京都港区・芝東照宮
  • へろんです。熊野神社にお詣りした後、田町方向へ南下する途中で案内板に「芝東照宮」があるのを発見しました。東照宮といえばこれまでに広島東照宮や仙台東照宮にもお詣りしてきましたので、まだ時間もあったので3つ目の東照宮にお詣りすることにしました。実はまだ梅の残っている季節でした。日光東照宮、久能山東照宮、上野東照宮と並ぶ四大東照宮の一つだそうです。増上寺の南側、芝公園に鎮座。当初、日比谷にあった増上寺境 [続きを読む]
  • 東京都港区・熊野神社
  • へろんです。東京都港区の地図で「熊野神社」を見つけ、今年1月に和歌山の熊野三山にお詣りしていましたので、ご縁を感じて東京出張の折にお詣りしてきました。東京タワーの近く、桜田通りに面してビルの谷間に鎮座。通称として「飯倉熊野神社」とも呼ばれるそうです。創建は養老年間(717〜724年)または応永年間(1394〜1428年)に和歌山の熊野三山を勧請したと伝えられるそうですが、1703年(元禄16年)に火事で記録が失われて [続きを読む]
  • 岡山旅行2017 牛窓町前島
  • しろです。岡山旅行の2日目は、牛窓のすぐ沖合にある前島に行きました。前島は周囲約10km、「緑島」とも呼ばれ、島全体が国立公園に指定されているそうです。前島へはフェリーでわずか5分。フェリーからは黒島、中ノ小島、端ノ小島の3つの小島が並んで見えます。潮がよく引く日の干潮時前後には砂の道が現れ、3つの島が弓形につながり、歩いて渡ることができるそうです。前島ではレンタサイクルで電動自転車を借り、サイクリングし [続きを読む]
  • 映画「メッセージ」 − その1
  • へろんです。テッド・チャンの短編SF小説「あなたの人生の物語」は昔読んだことがあるものの、今となっては記憶が曖昧になってしまっています。2017年5月から日本でも公開されたアメリカ映画「メッセージ」の原作が、この「あなたの人生の物語」だと知ってから観てみたくなり、6月17日に行ってきました。パンフレット。いちばん外側のページが切り抜かれて、2枚目の異星人の宇宙船が見えるようになっています。ある時、世界の12ヶ [続きを読む]
  • 岡山県・玉野市立玉野海洋博物館 − その2.水族館編
  • へろんです。「渋川マリン水族館」とも呼ばれますが、こちらは愛称で、正式名称は「玉野市立玉野海洋博物館」だそうです。陳列館と水族館からなり、前回は陳列館の内容を「その1.陳列館編」として博物館カテゴリーに掲載いたしましたので、今回は水族館の内容を掲載いたします。公式ホームページによれば、水族館は大小34個の水槽に、瀬戸内海の種を中心とした日本各地の海洋生物を約180種2000点を飼育展示しているそうです。赤い [続きを読む]
  • 岡山県玉野市・玉野市立玉野海洋博物館
  • へろんです。岡山県南部の玉野市にある海洋博物館に行ってきました。開館は1953年と、歴史ある博物館です。実はこちらには2013年にも来たことがあります。その時の観覧券には60周年記念が記されていました。今回、2017年の観覧券。ダイオウグソクムシのどアップ・・・観覧券にも両方記載されていますが、「玉野市立玉野海洋博物館」が正式名称で、「渋川マリン水族館」が愛称なのだそうです。「博物館」か「水族館」か、どちらのカ [続きを読む]
  • お勧め「曜変天目茶碗」と「コスモスファンタジー」
  • しろです。6月3日、大阪市都島区の藤田美術館へ行ってきました。藤田美術館は施設の全面的な建替えのため、2020年の開館を目指して、6月12日より長期休館に入るそうです。長期休館を前に展覧会「ザ・コレクション」が3月4日から6月11日まで開催されており、国宝の「曜変天目茶碗」も展示されているとのことで、ずっと見たかった「曜変天目茶碗」を目当てに見に行きました。お屋敷のような建物。2階建てで茶道具・掛け軸が中心でし [続きを読む]
  • 岡山県瀬戸内市・牛窓神社
  • へろんです。「日本のエーゲ海」とも称される、瀬戸内市は牛窓。「備前国風土記逸文」によれば、神功皇后が備前の海上を航海中、大きな牛が現れて船をひっくり返そうとしましたが、住吉明神が老翁の姿となり、牛の角をもって投げ倒しました。それでこの地を「牛轉(うしまろび)」と名付け、これが訛って「牛窓」になったのだそうです。牛窓神社は長和年間(1012〜1016年)の創建とされますが、初源はさらに遡ると考えられるそうで [続きを読む]
  • 岡山県岡山市・岡山神社
  • へろんです。岡山県立美術館を後にして、その近くの岡山神社にお詣りして来ました。清和天皇貞観年中(860年)の創建。現在の岡山城本丸の地に鎮座しており、1573年(天正元年)、宇喜多直家が岡山城を築くにあたり、現在の社地に遷移。岡山城の守護神として歴代城主の崇敬を受けたそうです。随神門。1945年(昭和20年)の岡山空襲でも焼け残ったそうです。2004年(平成16年)、岡山市の重要文化財に指定。拝殿。その右にあるのは…… [続きを読む]
  • 岡山旅行2017 後楽園とラスカル♪
  • しろです。3月18日、梅が咲く後楽園に行ってきました。日本三大庭園、結婚式の前撮りもされています。後楽園の築山、唯心山よりの眺め。池もあり、鳥インフルエンザの影響でこの2週間やっていなかった鯉の餌やりが今日から解禁とのことで、餌をあげると鯉の群がりがすごい!!!鯉の上に鯉が乗っかるほどの状態で水面上に出ていて、魚類なのにねーと話かけてしまいました。後楽園から望む岡山城。別名は烏城(うじょう)というだ [続きを読む]
  • 岡山県・池田動物園
  • へろんです。2017年3月18日、岡山市北区にある池田動物園へ行ってきました。JAF会員証を提示すると、この日はJAFデーということで、何と3割引きでした♪(通常はJAF会員証提示で2割引き) 特徴として山の斜面を利用しており、確かに結構上り下りがありました。「山を利用した動物園」というのは国内でも珍しく、アピールポイントとして取り上げられているそうです。コツメカワウソ Aonyx cinerea泳いでいる姿を下から見られる「 [続きを読む]
  • 東京都港区・愛宕神社
  • へろんです。港区の神社を調べていて見つけた、愛宕神社。「出世の石段」というのがあるそうなので、これは是非お詣りしなければ!ということでお詣りしてきました。公式ホームページの愛宕神社トリビア「出世の石段のいわれ」によると、寛永11年(1634年)、三代将軍、徳川家光公が愛宕神社の下を通った際、愛宕山には梅が満開でした。そこで家光公は「誰か、馬にてあの梅を取って参れ!」と命じたそうです。しかし愛宕山の石段は [続きを読む]
  • 東京都港区・烏森神社
  • へろんです。3月16日は東京出張〜。東京へ行く時の楽しみの一つは、新幹線から見える富士山。きれいに見える機会って結構少ないんですよね。今回はきれいに見えた!(喜)JR新橋駅からすぐ、烏森神社にお詣りしてきました。大都会のど真ん中ですが、鳥好きとしては「烏」と鳥に縁のある名前に惹かれます。公式ホームページによると、天慶3年(940年)、平将門の乱に際し、藤原秀郷が武州のある稲荷に戦勝を祈願したところ、白狐が [続きを読む]
  • 福井県・越前松島水族館
  • へろんです。福井県は東尋坊の近く、越前松島水族館。1959年に建てられた歴史ある水族館で、50年以上前に建設された水槽が今でも現役で活躍している例は国内ではほとんどないそうです。この日は水族館到着が午後4時。たしかあと1時間半はあるはず……と思っていたら入り口で「あと30分で閉館ですが良いですか?」ええっ!? ……後で調べたら、冬季は4時半まででした(通常は5時半、夏季は6時まで)。ともあれ、30分で駆け足での [続きを読む]
  • 東京都台東区・鷲神社
  • へろんです。「鷲神社」と書いて「おおとりじんじゃ」と読み、「おとりさま」の愛称で親しまれているそうです。毎年11月の酉の日に開催される「酉の市(とりのいち)」が有名で、関東三大酉の市の一つなんだとか。こちらの御朱印帳には立派な鷲の絵が描かれているとのこと。鳥好きとしては是非欲しい! 今年1月から使い始めた御朱印帳がそのうち一杯になりそうということもあり、その前に新しい御朱印帳を頂いておこうと、東京出 [続きを読む]
  • 結婚記念日です。
  • へろんです。今日は実は11回目の結婚記念日です。結婚記念日といえば、○○婚式というのがよく言われますね。1周年は「紙婚式」とか50周年は「金婚式」とか、ちょっと変わったところで8周年は「電気器具婚式」(電気製品の寿命がそのくらいだかららしい……)などありますが、11周年は何かあるのかな?そう思って調べてみますと……「鋼鉄婚式」。鋼鉄!? 鋼鉄というと重厚長大の代表たる鉄鋼産業みたいで、結婚生活とかとは何か [続きを読む]
  • 東北大学理学部自然史標本館
  • へろんです。本ブログ博物館紹介の第一弾は、2月の仙台出張の折に訪れた東北大学理学部自然史標本館。仙台市地下鉄東西線の青葉山駅からすぐの便利な場所にあります。この日は雪が降ったりやんだりのあいにくの天気でしたが、実は10年前の2007年5月にも訪れたことがあります。この時はとても良い天気でした。ただこの時は地下鉄もまだ開通しておらず、結構歩いた記憶があります(本当はもっとそばまでバスで行けたはずなのに、大雑 [続きを読む]
  • 福井県・永平寺、御誕生寺
  • しろです。福井県の永平寺に行ってきました。夜に降っていた雪もやみ、今日は快晴(*^^*)駐車場を探していると、手招きする人発見。「お土産を千円以上買うと無料、もしくは500円」だったので車を預けました。最初永平寺を見た時は、高層の建物みたいで大きいでした。実際に中に入ると屋根が高い。ものすごくきれいに掃除されている。座禅体験もやっていたので、参加すると足の組み方から丁寧に教えて下さいました。無になるって [続きを読む]
  • 自然史博物館へ愛を込めて
  • へろんです。小さい頃から恐竜に熱中し、今でも恐竜博などがあると人を誘っては出かけています。また貝殻の多様性に惹かれ、今でも旅行先で海辺に行けば、貝殻を探して波打ち際をうろついています。そして学生時代には昆虫の美しさに魅せられ、当時の昆虫標本十数箱は今でも大切な宝物として保管しています。そんなわけで、博物館も昔から大好きな場所でした。博物館というと、歴史博物館や民族博物館を想像されるでしょうか? 私 [続きを読む]
  • 宮城県仙台市・仙台東照宮
  • へろんです。仙台駅からJR仙山線で一駅と比較的近いところにあるということで、仙台出張の折にこれも何かの縁かと、広島に続いて二つ目の東照宮にお詣りしてきました。どっしりとした石鳥居は1953年(昭和28年)指定の重要文化財。隋身門。1980年(昭和55年)指定の国指定重要文化財。左右に隋身像が安置されているところからこう呼ばれるそうです。隋身とは平安時代、貴人が外出の際につけられた護衛だとか。手水舎。センサー感知 [続きを読む]
  • 広島・鶴羽根神社
  • へろんです。広島東照宮にお詣りした後、近隣案内図で見つけた、鶴羽根神社。鳥好きとしては何か鳥と縁のありそうな名前に惹かれ、ここから450メートルと歩いても近い距離なので、こちらにも向かいました。案内板によれば、鎌倉時代、源頼政の遺言により二葉山山麓に建立された椎の木八幡宮が前身と伝えられ、約800年の歴史を誇るのだそうです。この手水舎は1945年8月6日の原爆にも耐えた「被爆建物」だそうです。爆心地からの距離 [続きを読む]