京阪神太郎 さん プロフィール

  •  
京阪神太郎さん: 阪神タイガースの試合を語るブログ
ハンドル名京阪神太郎 さん
ブログタイトル阪神タイガースの試合を語るブログ
ブログURLhttp://tigersgametalk.seesaa.net/
サイト紹介文京都出身、大阪在住、阪神ファン暦30年。宿屋の仕事の合間を縫ってタイガースの試合を好き勝手に語る。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供65回 / 85日(平均5.4回/週) - 参加 2017/04/02 21:49

京阪神太郎 さんのブログ記事

  • 広島に完封負けで今季初の4連敗
  • 【広島に完封負けで今季初の4連敗】昨日が雨でなんとか3タテを防いだ、そういうマツダスタジアムだった。マツダスタジアムでなんとも勝つ気がしないねえ。昔の名古屋ドーム中日戦みたい。これが9点差を逆転して勝ったチームか、というほど覇気なく敗退。まあ、あれは甲子園だったからなあ。3タテしたのが遠い昔のことの様。試合内容はというと、今日はそんなに格段に差があったとは思えないんだけどねー。大瀬良も全く手が出ま [続きを読む]
  • 実力の差!今季初の2ケタ失点負け
  • 【実力の差!今季初の2ケタ失点負け】もう優勝とかむりやから!そう言われたようなボロ負け。打力、守備力、走力どれをとっても広島の方が格段に上、そういうことを見せ付けられたような試合になってしまった。4日休みで楽しみにしていたリーグ戦、こんな野球見るのってしんどかったっけ・・・?。始まりは初球から起きた珍プレー。先発メッセの初球を田中がレフトへ運び、フェンスにボールが着いたと思ったら消えた。結果はフェン [続きを読む]
  • 弱小阪神にいい経験をくれた楽天さんありがとう!
  • 【弱小阪神にいい経験をくれた楽天さんありがとう!】今日の球審は飯塚。ピッチャーに返すボールが早いしなんかうれしそうに投げとる。元投手か?どうもピッチャーに甘い判定が多かった。特にアウトコース。これで試合の流れも変わったはず。先発は楽天岸と阪神小野。小野は岸2世と呼ばれたことがあるとか、確かに似てる。でも確実に違うのが岸にはすっぽぬけるヘンな球がない。とはいっても小野の今日の投球は早く追い込む、フォ [続きを読む]
  • 楽天美馬相手にいい試合してたが大敗
  • 【楽天美馬相手にいい試合してたが大敗】先発は青柳対美馬。これを見ただけで今日はまあ厳しいな、と分かってた。案の定青柳は制球に苦しむ立ち上がり。岡崎が、ここや!ここに投げて来い!とミットを構えるも、まったく違うところにボールが着地。先が思いやられた。それでもゲッツー2個などに助けられなんとか2失点で5回を降板。それより美馬から2点とれた打線がすごかった。4回一気に4安打で2点をとれた。中谷の追い込ま [続きを読む]
  • 岩貞が楽天を7回1安打に抑え3勝目
  • 【岩貞が楽天を7回1安打に抑え3勝目】2回にいきなり2ランホームランが飛び出した。楽天の先発はプロ初登板の藤平、まったく予想できない投手だった。鳥谷のラッキー内野安打の後、昨日のサヨナラ男原口の1打席目。藤平の初球ストレートをジャストミート、レフトスタンドへ115m叩き込んだ。あたるときはガッツリあたる、原口〜。初モノに弱いので心配だったが、これで雰囲気が良くなったか。岩貞は3回、三好にホームラン [続きを読む]
  • 中谷5安打と原口サヨナラ打で西武に勝ち越し!
  • 【中谷5安打と原口サヨナラで西武に勝ち越し!】1勝1敗で向かえた西武との3戦目。ホームの阪神としては絶対勝っておきたい試合だった。先発のメッセンジャーは、このところ続くやや不安定な立ち上がり。一時期の自信たっぷりな投げ方とは大きく違っていた。先制は交流戦めっきり力を落とした福留のタイムリーからだった。ミスター併殺とまで言われ始める危機感!?が顔色からも少し伺える。とにかくこのタイムリーが今日の雰囲 [続きを読む]
  • 繋がりを欠いた打線ながらも試合を崩さなかった
  • 【繋がりを欠いた打線ながらも試合を崩さなかった】能見は立ち上がりに2アウトからフォアボールをだしてしまう。どんなに調子よくてもフォアボールだすと狂うんですね。おかわり君に打たれ1失点。更には3回におかわり君におかわりスリーラン。4−0。自慢の防御率がガタガタと下がる。ただ今日の失点はこれだけ!後はやや敗戦処理メンバーながらも、松田、球児、高橋とよくねばって0に抑えた。松田は久々に結果が出たんで乗っ [続きを読む]
  • 秋山6勝目
  • 【秋山6勝目】秋山がほんとにいい投手になってきた。今日もホームランのみで四球1、最後はちょっとばたついたけど安定の6勝目。先発の柱に成長してる。これはほんとにうれしい誤算。悲しい誤算の約2名がもどったら・・・。俊介の初ホームラン、糸原のタイムリーなど、最近脇役が点を取る。主軸が不振に苦しむ間、こういう脇役の活躍が頼もしいし、こうでないと勝ててない。甲子園6連戦の初戦としては最高のスタートになった。こ [続きを読む]
  • 小野の初勝利はまだ、ソフトバンクの守備うまいわ
  • 【小野の初勝利はまだ、ソフトバンクの守備うまいわ】今日の先発は小野、これで4試合目になる。立ち上がりにいきなりくずれる。フォアボールを1回に4個も出してしまう。しかし、いいボールもたまに投げる。なんともよく分からん投球。結果、5回2/3を3失点。最後も抑えきれずフォアボールをだして途中交代。いいところと悪いところが混在した内容。体の線も細いし、もうちょっと2軍で鍛えてからでもいいと思うが、先発の枚 [続きを読む]
  • 歩いてまえ打線で強鷹に1勝
  • 【歩いてまえ打線で強鷹に1勝】青柳先発でまさかホークスに勝てるとは。この勝利は大きい!今日はやはり昨日のケガの影響か糸井がお休み。1番上本、2番俊介というオーダーだった。2回、自慢の歩いてまえ打線で得た満塁のチャンスで糸原。ホークス先発松本のストレートをライト前に見事に弾き返し2塁打。岡崎が倒れた後、上本が3塁線へまたも2ベース。この回一挙4点を挙げた。もう北條の影がうすれてくるほど糸原が活躍し出 [続きを読む]
  • ソフトバンクに完敗、不安だらけの交流戦後半スタート
  • 【ソフトバンクに完敗、不安だらけの交流戦後半スタート】交流戦3カード連続勝ち越せた。このことがもっと自信につながって、勢いを増す要素になればいいのに、どうもそうはいかないらしい。バンデンハークの前に打線しょんぼりしてしまって0封負け。まあ、裏ローテをパリーグ1、2を争うチームに向けていくから、厳しい結果になるのは予想できる。最低でも1勝すればいいほうかもしれん。でも、チームの勢いがしぼんでいくのが [続きを読む]
  • オリックスになんとか勝ち越し!
  • 【オリックスになんとか勝ち越し!】オリックスに2勝1敗。なんとか、なんとか勝ち越した。今日の先発はメッセ。初回にいきなり失点した後は立ち直る。今日も打線のつながりはあんまりなかったが、3点とることができた。メッセは6回途中で残念ながら降板。かなりくやしそうだったが、打たれたからしゃーないな。1点差を桑原、マテオ、ドリスでなんとか、なんとか逃げ切った。しかし広島が勝ちまくっとるから一向に差は縮まらな [続きを読む]
  • 日本ハムの自滅からありがたく頂いたサヨナラ勝ち
  • 【日本ハムの自滅からありがたく頂いたサヨナラ勝ち】最後はまたも岡崎!劇的なサヨナラ勝ち!・・・でも素直に喜べない試合内容だった。ほとんど日本ハムのミスでもらったチャンスをちょっと活かせただけ。でも勝ちは勝ちやー、これも勝ちやー。先発は小野、3回目の登板。コントロールがたまに乱れるし、ストレートも甘く入ることが多い。今日は7回2失点で、最長イニングを投げることができたが、まだ不安が多い。しかしローテが [続きを読む]
  • 岡崎がヒーローになるなんて
  • 【岡崎がヒーローになるなんて】誰が予想したか、岡崎がヒーローインタビュー(笑)。もうかすかな記憶しかないが、1985年の優勝の時もいろんな選手がヒーローになってた気がする。正捕手が活躍するのはもちろんいいが、サブの捕手が活躍したって何も悪くないんです!ベンチ全員が盛り上がれるし!チーム一丸という感じが出てきたかー。いやー今日の勝ちは大きかった。昨日は負けるべくして負けたが、今日はいたるところに必死 [続きを読む]
  • 久々にいらっとする悔しい負け
  • 【久々にいらっとする悔しい負け】交流戦2カード目、甲子園で日本ハム戦がスタート。先発は岩貞、2軍に落ちてた割りに、5回まで1安打無失点の好投。課題の立ち上がりも克服して別人のようだった。追加点がほしい4回に、原口が原口らしいミートでレフトスタンドぎりぎりへ。久々のホームランで1点先制。5回は、岩貞がヒット。今日初めて1番に入った糸原。この人のスイングは試合ごとによくなってる。インパクトの後も力がボ [続きを読む]
  • ロッテ唐川のカーブにからかわれた1敗
  • 【ロッテ唐川のカーブにからかわれた1敗】交流戦あるある。変り種のピッチャーに戸惑ってるうちに負ける。なにしろ1年に1回しか対戦しないピッチャー、データだけでは攻略できないのか。唐川のカーブが低めいっぱいに決まる。反応できる打者は少なかった。まあ、昨日の能見がロッテに言わせりゃ変り種だし、おかげで勝てた。唐川も1勝6敗とは言え、この日のために10日も準備してきたとか・・・。チャンスで立った打者にことご [続きを読む]
  • 能見さんがロッテ打線を完全に抑えて2勝目
  • 【能見さんがロッテ打線を完全に抑えて2勝目】昨日の乱打戦でロッテ打線を勢いづかせたかと心配したが、大丈夫だった。能見さんが完全に抑えてくれました。なんとも危なげない投球で8回途中を4安打無失点。素晴らしい。ノーコン病が蔓延する阪神で能見はちゃんと隔離されてるみたい。5月は1失点とか、隠れた月間MVPやん。ロッテの先発はチェン。阪神の左打者は少し打ちづらそうだった。先制は梅野のタイムリー。満塁で追い込 [続きを読む]
  • ボコボコに打たれたけどボコボコに打ち返したボコボコの交流戦開幕
  • 【ボコボコに打たれたけどボコボコに打ち返したボコボコの交流戦開幕】交流戦1試合目はまさかの乱打戦。中でも、今日1軍に上がったばっかりの俊介が4打点の活躍で当たりまくった。後は中継ぎ陣の差で勝ったようなもの。先発は秋山。いつも援護が足りない秋山に今日はなんと10点の援護(笑)。秋山はめずらしい7失点!え?(笑)。無茶苦茶な試合だった。秋山はなんでこうもヒットを打たれたのかねえ・・・。被安打11・・・。パリ [続きを読む]
  • 貯金8で交流戦に挑む!
  • 【貯金8で交流戦に挑む!】3タテは無かったが3カード連続で負け越し!交流戦前を貯金8で終了。チーム状態はどうなのか。先発がちょっと苦しい。中継ぎ陣は問題ないかもしれない。打線ははっきりしないけど、良くも悪くもないといったところかなあ。今日は福留を休ませ、梅野もスタメンを外れ、充電しながら交流戦へ準備といった感じ。昨日の試合と逆パターンのアンラッキー負けだった。横浜先発の今永はフラフラだったけど、1 [続きを読む]
  • フラフラの青柳にホームラン攻勢で1勝目プレゼント!
  • 【フラフラの青柳にホームラン攻勢で1勝目プレゼント!】青柳の立ち上がりは全く良くなかった。阪神に「ノーコン症」が蔓延してるのかと思うぐらい球が荒れていた。でもなぜか失点がない、不思議な4イニングだった。しいていうなら筒香を抑えることができたからか。青柳はいい時も見てるので、これではまだまだ先発の一角になれない、そういう内容だった。打線は横浜の巨人ピッチャー(ややこしいな)クラインに2回まで全く合わ [続きを読む]
  • 藤浪修正実らず、隼太いろいろなものを落とす
  • 【藤浪修正実らず、隼太いろいろなものを落とす】今日の藤浪は修正してきたという話だった。結果、荒れ球を減らす代わりに、ボールの質を落としてゾーンを狙う。要は見た目だけでも荒れてないように見せる作戦だった^^この作戦はどうやら横浜に気付かれ、ストライクをとりに来る打ちやすい球をポカポカと打たれる。なんともお粗末な修正案で、採用してる首脳陣にも首をかしげるしかない。要は誰も藤浪の治し方がわからん!そうい [続きを読む]
  • 鳥谷骨折の雪辱や!大竹から6点とったメッセ6勝目!
  • 【鳥谷骨折の雪辱や!大竹から6点とったメッセ6勝目!】鳥谷が鼻骨骨折だった。顔面にプロテクターの様なものをつけてベンチに。代わりにスタメンにはキャンベル。そして28打席ヒットのない糸井が1番に。これはおもしろい試みだと思った。ヒットなんて出るときゃ出る、どうせなら1番で打席増やせば早く解決できるみたいな(笑)。たまたまか、1打席目でヒット。そんなもんなんだねえ。先発はメッセンジャーと大竹。メッセは [続きを読む]
  • 吉川、鳥谷の顔面へ死球、奮い立てなかった金本阪神
  • 【吉川、鳥谷の顔面へ死球、奮い立てなかった金本阪神】今日も昨日の秋山、菅野に続き投手戦だった。先発能見は徐々に調子を上げて、今シーズン最高の状態にまで来てるのではと思った。7回を2安打無失点に抑える完璧な内容だった。ということは、今日も打線・・・沈黙・・・。YES。巨人の先発は吉川光夫、ヨシカワミツオ。金本監督と同じ広陵高校出身で、当時小林誠司のチームメイト、高校時代から制球難に苦しんだ、とあります。日本 [続きを読む]
  • 糸井フィーバー終了をお知らせします
  • 【糸井フィーバー終了をお知らせします】今までが良すぎた。チャンスに強い、出塁率トップ、打点多い、いいとこばっかり見てきた糸井。ちょっと期待しすぎて見てたかもしれない。今となっては普通の打者です。普通の打者ならこれぐらいチャンスで打てない、そんなもんでしょ。まあ、この時期に首位にいるのも糸井の存在が大きかった。今日のこの打線、これが阪神の実力!10残塁?そうそうこれでんがな、これが阪神でんがな!!で [続きを読む]
  • 高山、上本、伊藤に助けられたクリンアップ
  • 【高山、上本、伊藤に助けられたクリンアップ】失速が止まらない。糸井、福留、中谷。3、4、5番が激沈黙。クリンアップが示し合わせたように打たなくなった。この3連敗がそれを物語っている。今日は阪神「小野」、ヤクルト「星」のルーキー対決。このピッチャー対決は星に軍配が上がった。小野のボールは打ちやすそうだった。初ものに対する苦手意識とか全くなさそうで、バレンティンなんかは完全にジャストミートしていた。2 [続きを読む]