karasi262 さん プロフィール

  •  
karasi262さん: Sleep method INFO
ハンドル名karasi262 さん
ブログタイトルSleep method INFO
ブログURLhttp://karasi262.hatenablog.com/
サイト紹介文人生を好転させる快眠実践法を紹介するブログです。
自由文快眠は理想の人生を手に入れることが出来るという考えを基盤に、快眠の重要性、不眠による弊害をはじめ、不眠を改善し、質の良い眠りを手に入れるための快眠実践法を詳しく分かりやすくお伝えしていきます。また、快眠のためのグッズ、お役立ち情報も多数紹介していきたいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供25回 / 74日(平均2.4回/週) - 参加 2017/04/02 23:48

karasi262 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 目頭のツボ晴明を刺激して眠気も視界もスッキリ
  • 目頭の少し上にある晴明(せいめい)というツボを優しく押し、刺激することで目を覚ますことが出来ます。仕事中やパソコンなどのデスクワーク中に目頭を押さえている人をよく見かけると思いますが、この動作は目の疲れをとるために正しいといえます。晴明は、目の不調に効くツボとして知られ、目の疲労だけでなく、屈折異常や眼病にも効果的です。正しくツボを押せていれば、視界が晴れやかで、目の周りがすっきりすることを感じ [続きを読む]
  • 眠たくてベッドから出られないときは耳のツボを刺激する
  • 目が覚めてもなかなか眠気が取れない、もう少し寝られるからとスヌーズ機能をセットしなおして二度寝という方も多いかと思います。そんなときに一瞬で目が覚める方法があります。目覚ましに手が伸びる前に、手を耳たぶに持っていくようにしてみてください。今までの眠気は案外簡単に冷ませることを実感できるはずです。耳たぶのツボ翳風(えいふう)を刺激します。両方の耳たぶを、引っ張ったり揺らしたり、揉んだりしながら刺激 [続きを読む]
  • 目が覚めた時が起きるとき!二度寝しても気持ちよく起きることは出来ません
  • いったん目が覚めるけれど、二度寝の誘惑に負けてしまう。これは、眠いからではなく、目を閉じるから眠気が襲うということを自覚しましょう。人間が睡眠から覚めるとき、何の意味もなく起きることはありません。目が覚めて二度寝したとしても、その後気持ちよく起きることはありません。起きるのがつらいと感じるのは、習慣が染みついているからです。起きたらまず、光を見るようにするのがおススメです。人が眠りについているとき [続きを読む]
  • シルクを身につけて眠れば心地よさも睡眠の質も格段上がる
  • シルクが肌に優しいことは、言わずもがなですが、睡眠にも適した素材です。シルク素材で眠ることは睡眠の質を上げることに直結します。寝るときの恰好なんてリラックスできればなんでもいいとお考えの方もおられるかもしれませんが、シルクに包まれ眠ることの気持ちよさを体感すればきっと考えも変わることでしょう。もちろん気持ちよさだけではありません。睡眠にシルクを利用することは、快眠に関してたくさんのメリットがありま [続きを読む]
  • BGMとアロマで朝スッキリ、さらにワンランク上の贅沢な1日のはじまり
  • 朝起きてからボーっとしてスッキリしないときには音楽とアロマがおすすめです。起床後のスキマ時間を一瞬で贅沢なひと時に変え気持ちいい1日のスタートを切りましょう。「起きる気がしない」「二度寝してしまおうかな」「頭がボーっとしてちょっとだるいかも」というような気分がイマイチ乗らないときでも、アロマとリズミカルな音楽で、外部の環境から変えていくことで、脳に刺激を与え効果的に気分を上げることは出来ます。特 [続きを読む]
  • 何より続けることが大切
  • いくら実践法がたくさんあっても続かなくては、やはり効果はありません。人の行動パターンや癖は習慣化によって作られます。むしろ習慣によって人は行動しているといっても過言ではありません。いきなり変えるのは難しいことです。少しずつ行動を変えていくことで、変化は如実に表れ始めます。質の高い眠りは1日で得ることは出来ません。また、一気にたくさんの習慣を改善することも出来ません。快眠について書籍はたくさんあり、 [続きを読む]
  • 眠りに入る前に深部体温を下げる
  • 質の高い深い眠りを得るためには体温を下げる必要があります。体温が上がったままだと、寝付けなかったり、眠られたとしても、途中で目覚めてしまったり、睡眠の質を下げてしまいます。体の深部体温を睡眠中に下げるというのは、とくに脳の温度を下げるために重要な働きです。日中の活動時にはどれだけリラックスしていても脳は休むことなく動き続けています。そのため睡眠時には脳を休ませるために深部体温を下げるという働きがあ [続きを読む]
  • 寝る前はリラックス
  • 睡眠の質を高めて深い眠りにつくためには寝る前はリラックス状態でいることが大切です。体の機能を最適な状態に保つために重要な神経で、自律神経というものがあります。自律神経には活動時に活発になる交感神経と休息時に活発になる副交感神経があり、リラックスすると副交感神経が優位になり、スムーズに深い眠りに入っていくことが出来ます。リラックスした状態でスムーズに眠りに入っていくためには、就寝前に脳が活発になって [続きを読む]
  • 日中は体を動かす
  • 適度な運動を習慣化することは質の高い眠りをもたらします。デスクワークなどで、なかなか体を動かす暇がないという方も、休憩時間や朝の出勤前の時間を活用してなるべく動かすようにしましょう。また、仕事中ずっと立ちっぱなしという方も、あえて片足立ちなどで、足を動かすだけでも、いい運動になります。体と脳が共に疲労を感じると自然に眠りに入れるようになります。無理をしないジョギングやヨガなど有酸素運動が特におすす [続きを読む]
  • 体内時計を調整する
  • 私たちの体には意識しなくても元々備わった体内時計があり、約24時間周期でリズムを刻んでいます。地球で生きる生き物として太陽の光で目覚め夜に体を休めるために眠りにつくというリズムがそもそも正しい周期です。ですが、このように正しいリズムを刻むような生活は現代では難しいという方もおられると思います。むしろ出来ているという方のほうが少ないかもしれません。ですが、自分の生活リズムに合わせて起きる時間、眠る時間 [続きを読む]
  • その不眠は習慣が原因です
  • 人の行動パターンや癖は習慣によって作られます。潜在意識というものをご存知の方は多いかと思います。人の行動や癖、思考や感情、経験に至るまですべての情報が潜在意識に蓄積されていると言われています。その潜在意識によって人の行動や癖は無意識に習慣化されています。ですから不眠や寝るべき時間にスマートフォンやテレビなど、改善したい習慣があってもすぐには改善されないのは当然のことです。寝たいときに眠れない、置き [続きを読む]
  • 寝られないはループする
  • ベッドに入ってもなかなか寝付けない、眠りに入ってもすぐに目が覚めてしまう、そのせいで日中体がだるい、ふいに眠気が襲ってくるというお悩みをお持ちの方はたくさんおられるかと思います。そのため、なんとか改善しようと、快眠アプリや安眠枕などを試しているかもしれません。快眠グッズで改善できていれば問題ないのですが、実際問題は改善できているでしょうか。快眠グッズは確かに優れたものが数多く存在しますが、どれもサ [続きを読む]
  • 寝る暇がないほど忙しいは間違い
  • 寝る時間を削らないと仕事が片付かない、多くの案件を抱えていて、寝る暇がないとお悩みなら、それは全く逆です。いつも元気はつらつで、悩みごともないような人、仕事量も多いのに残業している姿を見たことがないような人は周囲に一人くらい入ると思います。どうやって健康を維持しているのか、どうやってあんな量の仕事を時間内に終わらせているのか気になりませんか。実は仕事をいつも早く完璧に終わらせることが出来る人ほど、 [続きを読む]
  • 睡眠は一日の終わりではなくはじまり
  • 多くの方は一日の終わりが眠ることだと、認識しているかと思います。そのため、仕事を終え帰宅して、お風呂や夕食をすまして、さああとは寝るだけだと、ベッドや布団に入ったら、スマホという方も多いかもしれません。ですが一日のはじまりは眠るところからすでに始まっているのです。何時間寝ても寝た気がしない、日中常にやる気が出ない、また寝ようとしてもなかなか寝付けない、眠りについてもすぐに目が覚めてしまうなどは、睡 [続きを読む]
  • 不眠は人生で損をする
  • 睡眠をとることは、脳を休め、細胞を修復し、頭の情報整理をするために重要な行為です。また日中最高のパフォーマンスを発揮するうえで不眠は大敵です。睡眠は人生の約3分の1を占めるにもかかわらず、多くの人が睡眠を安易に考えているように思われます。寝る前にスマホゲームやパソコンでのネットサーフィン、いざ寝ようとするとなかなか寝付けない。重要な仕事や、絶対に寝坊できない時は、一睡もせずに出向くなど、心当たりがあ [続きを読む]
  • 心身ともに健康な身体は快眠でつくる
  • 現代人は慢性的にストレスを抱えていると言われます。多くの方が睡眠について軽んじているように思われ、寝るひまを惜しんで働くことを頑張ることだと思っていたり、寝ていないことを自慢する人さえ少なくありません。理想や達成したい目標、好きなことでお金を稼ぎたいなど 人生において自分なりの成功を本気で望んでいる人から心身共に健康な体作りについて考え実践しています。そんな心身共に健康な身体づくりの基本は質の高い [続きを読む]
  • できる人は睡眠にこだわります
  • 近年 睡眠の重要性が見直されてきています。睡眠時間やベッドなどの睡眠環境など、あなたは睡眠についてどの程度気に掛けておられますか。引き寄せの法則や成功哲学 あるいはマインドフルネス瞑想 ヨガなどが流行る中多くの企業やビジネスマンは最高のパフォーマンス、アイデアは心身共に健康なからだから生まれるということに気づきはじめています。また、そんな心身共に健康なからだ作りの基本は質の高い睡眠によって作られると [続きを読む]
  • 人生を好転させる快眠実践法を紹介するブログです
  • 不眠を改善し、質の良い眠りを手に入れるための快眠実践法を詳しく分かりやすく、多数紹介していきます。また、快眠のためのグッズ、お役立ち情報も盛りだくさんです。いくら眠っても疲れが取れない、一日中眠くて体がだるい、朝起きるのがつらい、常にイライラしてストレスを感じるなどでお悩みではありませんか。だとしたら、あなたの睡眠は間違っています。睡眠について正しい知識を学び、良い眠りを手に入れましょう。 [続きを読む]
  • 朝起きられないがなくなる習慣
  • 起きた時に時計を見るともう少し寝られると二度寝してしまうことはありませんかアラームを早めにセットして鳴るたびにスヌーズで後伸ばし、結局起きても眠気は覚めない。こういった毎日を過ごしてはいませんか。だとしたら、その習慣、断ち切らなければ、今後気持ちよく起きられることはありません。朝起きられないから起きるのが気持ちよくなる習慣メソッドを紹介していきます。・目が覚めた時が起きるときいったん目が覚めるけ [続きを読む]
  • 眠気が取れないときにオススメの眠気を覚ますツボ
  • ・耳に刺激する両方の耳たぶを、引っ張ったり揺らしたり、揉んだりしながら刺激を与えます。そうすることで、全身の血行を良くし、体温を上昇させることが出来ます。体温が上がることで、眠い状態から、活動モードへ切り替えることが出来ます。ツボ治療では耳は、胎児が逆さまになった状態を投影しているといわれ、耳たぶはちょうど頭部に当たります。よって、耳たぶを刺激することは、頭に刺激を与えることになり、目が覚めてくる [続きを読む]
  • 睡眠についての誤解
  • あなたは眠るという行為をどうとらえていますか。不眠や熟睡ができないのは、睡眠そのものに原因があるとお考えではありませんか。だとすれば、睡眠に対して根本的な誤解があり、発想を見直す必要があります。・動いていないから寝られない寝られないから、一日中動くのがつらいのではなく、動かしていないから寝られないのです昔を思い出してみてください、運動や外で遊ぶのが好き、そうでなくても何か好きなことに熱中していたと [続きを読む]
  • 快眠体質に改善するための習慣作り
  • より質の高い眠りを手に入れるためには、快眠できる体質へ改善しなくてはなりません。いくらベッドや布団、快眠アプリなどをそろえても基本の習慣がなければ効果は薄いでしょう。快眠グッズやアイテムの効果を最大限活用するための体質改善習慣を紹介していきます。・体内時計を調整しましょういつもの時間に目が覚め、いつもの時間に眠たくなるというのが、ご自身にとって自然なリズムです。目覚ましをセットしなくても起き、い [続きを読む]
  • その不眠は習慣が原因です
  • 人の行動パターンや癖は習慣によって作られます。潜在意識というものをご存知の方は多いかと思います。人の行動や癖、思考や感情、経験に至るまですべての情報が潜在意識に蓄積されていると言われています。その潜在意識によって人の行動や癖は無意識に習慣化されています。ですから不眠や寝るべき時間にスマートフォンやテレビなど、改善したい習慣があってもすぐには改善されないのは当然のことです。寝たいときに眠れない、置 [続きを読む]
  • 人生を好転させる快眠実践法を紹介するブログです。
  • 人生を好転させる快眠実践法を紹介するブログです。快眠は理想の人生を手に入れることが出来るという考えを基盤に、快眠の重要性、不眠による弊害をはじめ、不眠を改善し、質の良い眠りを手に入れるための快眠実践法を詳しく分かりやすくお伝えしていきます。また、快眠のためのグッズ、お役立ち情報も多数紹介していきたいと思います。勉強や仕事において最高のパフォーマンスは寝ずに頑張ったり、無理をすることではなく穏やかで [続きを読む]
  • 過去の記事 …