alice さん プロフィール

  •  
aliceさん: コミュ障でも、何とか母親やってます!
ハンドル名alice さん
ブログタイトルコミュ障でも、何とか母親やってます!
ブログURLhttp://ameblo.jp/alicealice1021/
サイト紹介文コミュ障ママによる、コミュ障ママのための ゆるーい育児ブログです。
自由文小学生娘を育てているコミュ障ママです。

子どもが生まれたばかりの頃は
「こんな私に育児なんてできるのか・・・」
と、不安を感じながら過ごしていましたが、
娘がある程度成長した今、
「何とかなるもんだな」
と感じています。

そんな私の経験が、
私と同じような、コミュ障のママに
少しでも役立つかもしれない。
そんな思いを抱いて、
このブログを立ち上げました。

参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供97回 / 87日(平均7.8回/週) - 参加 2017/04/03 08:56

alice さんのブログ記事

  • 西原理恵子『女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと』
  • 娘に、メインの誕生日プレゼントとは別に私からのプレゼント。 女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと Amazon  王子様を待たないで。お寿司も指輪も自分で買おう。 西原理恵子 『女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと』 この本には、私が娘に伝えたいことが詰まってる。 [続きを読む]
  • 娘、本日で10歳。
  • 今日で、娘が10歳になりました。 生まれて10年。いろんなことがありました。 小さな小さな赤ちゃんを、無我夢中で育てていた10年前。「カワイイ」とか思ってる余裕なんて1mmもなく何とかこの子を育てなければ!!って思いで、必死でした。 子どもを「カワイイ」って思える余裕が出てきたのって、1歳近くなってきた頃かも・・・。それだけ、初めての子育ては何事も初めての連続で、不安でいっぱいでした。 最初に「あ、子 [続きを読む]
  • ”オレンジジュース”
  • 麻央さんのブログ、私も一読者でした。 すごく辛いはずなのに、いつも前向きな内容。読んでるこっちが、いつもパワーをもらえてる気がしました。 この最後のブログにもあるけど皆様にも、今日 笑顔になれることがありますように。という言葉。 麻央さんのブログには、人に対する優しさ、温かさ、心の美しさが溢れていました。 たくさんのことを教わりました。 まだまだ、言葉にならないけど、麻央さんの想い、言葉を心に刻んで、私 [続きを読む]
  • 小林麻央さんの訃報。
  • 知った瞬間、大きな衝撃を受けた。 治ってほしかった。治ってほしかった。 他人事じゃなかった。 麻央さんとは、齢が近い。私の1つ下だもん。 うちの子のほうが、だいぶ大きいけど、子どもを持つ「お母さん」ってのも一緒。 それに、もともと麻央さん本人のこと、私は好きだった。 やりきれない。いろんな思いが溢れ出る。 [続きを読む]
  • ネット予約。
  • 今って、いろんなものがネット予約で来るようになって本当に便利ですよね♪ 病院美容院居酒屋レストランホテル切符 一昔前までは、こういうの、だいたい電話予約が主流でしたもんね・・・。 電話予約、すっごく苦手でした。 コミュ障ってのも、もちろんありますが、電話って、どうしても聞き間違いってのがありますよね。。。 特に数字。電話を通すと、人数や日付の聞き間違いが起こりやすいし、伝えるほうも、うっかり言い間違っ [続きを読む]
  • 星野源『いのちの車窓から』を読んで受けた大きな衝撃。
  • 星野源の著書『いのちの車窓から』 いのちの車窓から Amazon この本に収録されている「人見知り」というタイトルのエッセイに大きな衝撃を受けました。  ある日、ラジオ番組のゲストに出たとき「人見知りなんです」と 自分のことを説明していることに、ふと恥ずかしさを覚えた        星野源『いのちの車窓から』 p99より引用  それまで、相手に好かれたい、嫌われたくないという思いが 強すぎて、コミュニケーシ [続きを読む]
  • かかってくる電話が苦手な方へ。
  • 今までも何度か記事に書いたかもしれないけど、、、私は電話が苦手です。 自分でかけるのも、そんなに好きではないけど、どっちかというとかかってくる電話のほうが苦手です。 電話って、いつどこでかかってくるか分からないもの。 こっちが全く心の準備ができないまま電話をかけてきた相手と半ば強制的に話さなければならない・・・という状態にさせられるので、大人なのに情けないのですが、携帯が鳴るたびにΣ(゚ロ゚;)と、なって [続きを読む]
  • LINEバイト
  • 学生の頃、バイトの応募電話がとっても苦手だった私・・・。 ただでさえコミュ障なのに、相手の顔が見えない電話は、私にとってものすごく苦手なものの1つでした・・・。 なので、バイトの応募電話をかけるだけでも緊張しまくりで、事前にしっかり「台本」を用意して、脳内シミュレーションをしてから電話してました・・・。 電話の最中も、心臓がバクバクしっぱなしで5分程度の電話が終わるころには、汗でびしょびしょになってい [続きを読む]
  • 良性乳児けいれんの記録 〜さいごに〜
  • これまで、10数回に分けて「良性乳児けいれん」の記録をまとめました。 このブログのテーマである「コミュ障」とは、あまり関係がないものだったかも知れません。 だけど、、、娘が良性乳児けいれんを最初に発症したとき、私は、とっても孤独でした。 当時はママ友もいなかったので、心の不安を吐き出せなかったし、ネットで「良性乳児けいれん」って調べても医学的な情報はヒットしても治療の体験談とかは、全くと言っていいほど [続きを読む]
  • 良性乳児けいれんの記録⑪ 〜治療の終了と現在〜
  • 娘が幼稚園に入園した直後のことでした。「テグレトールで治療を続けて、2年が過ぎましたが、これまでに1度も発作も起こっていないし、脳波の検査でも異常が出たことがないのでそろそろ、薬の中止をしても良い時期だと思います」という先生の言葉をきっかけに、治療終了に向けての減薬をしていくことになりました。今までずっと飲んでいた薬を急に止めるのは危険なので、3〜4ヶ月ほどかけて、数段階に分けて減薬し、最終的には薬を [続きを読む]
  • 良性乳児けいれんの記録⑩ 〜良性乳児けいれんと入園〜
  • 良性乳児けいれんの治療が始まって、1年半ほど経った頃、娘は3歳を過ぎ、幼稚園の願書提出の時期を迎えました。 定期健診の際の雑談で「もうすぐ、幼稚園の願書提出なんですよ」という話をしたときに、先生から、こんな話を聞きました。 「幼稚園によっては、残念ながら良性乳児けいれんやてんかんの子を入園拒否するケースも見られるようです」 特に良性乳児けいれんの場合は、きちんと薬を服用していれば、発作が起こることは滅 [続きを読む]
  • 良性乳児けいれんの記録④ 〜診察→デパケンシロップの服用開始〜
  • 検査は1時間弱くらいで終わり、その後、しばらく待ってから診察になりました。この脳波検査は、てんかんか否かを見極めるためのものでしたが、娘の脳波は「正常」とのことでした。ただ、1度の検査では、もしてんかんであっても、検査時に発見できないこともあるそうなので、今後も、半年に1度のペースで検査をしていく、ということになりました。この時点で、娘のひきつけが「良性乳児けいれん」によるものなのか「てんかん」によ [続きを読む]
  • 良性乳児けいれんの記録③ 〜脳波検査〜
  • 翌日の午後、娘を連れて専門病院を受診しました。専門病院といっても、総合病院ではなく、個人の先生が経営している、小児科の専門外来なので、一見すると、一般の小児科クリニックと変わりないようにも思えました。受付を済ませるとすぐに、院内の奥にある脳波室へと案内されました。脳波室には、女性の検査技師さんがいて「今から、娘の頭に器具を取り付けて、脳波の測定を行って、後にその結果を見ながら診察になる」ということ [続きを読む]
  • 良性乳児けいれんの記録② 〜2度目の発作・専門病院へ〜
  • 最初の発作から1か月ほど経った頃、娘は2度目の発作を起こしました。 今度は、夕方、お風呂に入る準備をしているときで何の前触れもなく、突然、私の目の前で発作を起こしました。 急に目の焦点が合わなくなり、顔から血の気が引いた・・・と思った瞬間に、ひきつけの発作が起きました。唇が一瞬で紫色になり、口からは泡を吹いている。 そんな娘を見て「この子、このまま死んじゃうんじゃ!!!」と、思ってしまったほどです。 こ [続きを読む]
  • 良性乳児けいれんの記録① 〜初めての発作〜
  • 娘が1歳になったばかりの頃の、ある日曜日のこと。私は夫に娘を預けて、午前中の2時間ほど出かけていました。用事が済んで、帰宅している最中、私の携帯が震えました。画面を見ると、夫からの着信です。電話に出ると「娘が、さっきひきつけを起こした!」普段冷静な夫が、慌てている様子で伝えてくれました。この後、どんな会話をしたのかは覚えていませんが、私は、急いで家に戻りました。家に帰ると、娘は布団ですやすや寝ていま [続きを読む]
  • 良性乳児けいれんの記録 〜はじめに〜
  • 我が家の、小4の娘は、1歳になったばかりの頃に「良性乳児けいれん」を発症しました。良性乳児けいれんは、熱性けいれんとは異なり、熱のない状態で、けいれんを起こすものです。てんかんとは異なり、成長に伴って治るものでもあります。https://plaza.rakuten.co.jp/muumuumuu/diary/200907070001/ とはいえ、発作が起こってしまったときは、けいれんを起こしながら、顔が真っ青になり、口から泡を吹いて、目の焦点が合わなくなる [続きを読む]
  • ドキュメント72時間を観て。
  • 先週、小4の娘が胃腸炎になりました。先週の火曜日、学校から帰ってきたら、いきなり嘔吐。翌日の午前中も嘔吐が続き、午後は嘔吐は止んだけど、今度はお腹が下り・・・。でも、子どもの回復力ってのはすごいものがあり、週末には回復し、今は元気に学校に行ってます。 ホッとしたのも束の間、、、日曜の夜あたりから、今度は私のお腹の調子が悪くなり、昨日は1日ダウン・・・。今日はだいぶ良くなって、普通に動けるようになった [続きを読む]
  • プライベート色が強いランチ会の参加基準。
  • 今週の月曜日、去年・一昨年と、一緒に役員をやった「役員仲間」が、ランチに誘ってくれたので、行ってきました★ 私を含めて、総勢6人。大人数のランチや飲み会は、ちょっと苦手な私ですが、お誘いを受けたとき「行きたい!」って思えるメンバーだったので、即座に「行く!」って返事をしました。 そして実際、行ったらすごく楽しくて子どもの下校時間ギリギリまで、たくさん喋って、笑ってきました。 集まった役員仲間は、子ども [続きを読む]
  • aliceの出会った困ったママ 〜⑥悲劇のヒロインママ〜
  • このタイプのママさんは、遭遇するたびに、マイナスな話ばっかり振ってくるママさんです。その内容は、、、「義母にこんなひどいこと言われたの!」「店で息子が大きな声出したら、知らないおじさんに怒鳴られたの!」「〇〇さん、私だけランチに誘ってくれなかったの!」「〇〇さんが、メールの返信くれないの!」「旦那が話を聞いてくれないの!」「子どもが全然言うことを聞かないの!」っていうような、日常の愚痴レベルのもの [続きを読む]