絵本@はるさく さん プロフィール

  •  
絵本@はるさくさん: はるさく絵本〜毎日すくすく成長中〜
ハンドル名絵本@はるさく さん
ブログタイトルはるさく絵本〜毎日すくすく成長中〜
ブログURLhttp://harusakuehon.blog.fc2.com/
サイト紹介文絵本育児を始めよう!子供の健やかな心を育てるための絵本を紹介していくブログです。
自由文絵本のあらすじ、感想、おすすめするポイント、ページ数、読み聞かせ時間を書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供26回 / 23日(平均7.9回/週) - 参加 2017/04/03 15:37

絵本@はるさく さんのブログ記事

  • ?絵本?まゆげのひみつ 作:いまむらいくよ 絵:いわさきりか
  • あらすじともくんのお父さんのまゆ毛は、太くて立派です。ともくんはお父さんのまゆ毛が大好きで、いつもじっと見てしまいます。ある真夜中のこと、ともくんはトイレに行きたくなって目を覚ますと、ガサガサと廊下から音がしました。ともくんがドアをそっと開けて覗いてみると、そこには毛虫のような黒いものが2つ、飛んだり跳ねたりして遊んでいました。毛虫のあとをつけていくと、今度はお風呂で洗いっこしています。驚いたとも [続きを読む]
  • ?絵本?まんてんべんとう 作:くすのきしげのり 絵:伊藤秀男
  • あらすじ明日は待ちに待った遠足の日です。ずっと楽しみにしてきましたが、なおくんには、もうひとつの“おたのしみ”がありました。それは、お母さんの作るお弁当でした。お母さんのお弁当は、アニメのキャラクターだったり、動物たちだったり、いつも友達が寄ってきては感動するほど色とりどりで、おいしくて楽しいお弁当でした。“明日はどんなお弁当を作ってくれるんやろか、楽しみやなぁ〜”ところが、家に帰ると、お母さんは [続きを読む]
  • ?絵本?そらいろのたね 作:中川李枝子 絵:大村百合子
  • あらすじ野原で模型飛行機を飛ばして遊んでいたゆうじくんに、きつねが声をかけます。「いい飛行機だなぁ!ぼくに ちょうだい」ぼくの宝物だからあげない、とゆうじが言うと、「それなら、ぼくの宝物と取りかえて」と、きつねはポケットからそらいろのたねを取り出しました。ゆうじは、飛行機とたねを取りかえます。ゆうじは家に帰ると、庭の真ん中にたねを埋め、『そらいろのたね』とクレヨンで書いた画用紙の看板を立てました。 [続きを読む]
  • ?絵本?おひさまパン 作・絵:エリサ・クレヴェン 訳:江國香織
  • あらすじ世界中の色という色を奪ってしまったかのような、暗い冬の日。街に住む動物たちは、金色のおひさまが顔をのぞかせてくれるのを心待ちにしています。街のパン屋さんもその一人。「それなら、おひさま味の特別パンを焼きましょう」と、はりきりました。パン屋さんが丁寧に作ったおひさま型をしたパンは、ふくらんでふくらんで・・・とってもいい匂いを漂わせ、輝くパンになりました。匂いにつられて集まってきた動物たちに、 [続きを読む]
  • ?絵本?やさしいライオン 作・絵:やなせたかし
  • あらすじみなしごライオンのブルブルは、ムクムクというメス犬に育てられていました。ムクムクはブルブルに、子守唄を歌ったり、いろんなしつけをしました。大事に育てられたブルブルは優しいライオンになり、ムクムクよりも大きくなっていきました。やがて、ブルブルは都会の動物園に移され、ムクムクと離ればなれになってしまいます。何年か経ち、ブルブルはサーカスの人気者になっていましたが、夜になると、ムクムクのことを思 [続きを読む]
  • ?絵本?りゅうぐうじょうでさがしもの 作:桂文我 絵:国松エリカ
  • あらすじ港から出た大勢の人が乗る船で、たろきちは珍しいものを目にします。それは『フラスコ』というビンで、人が水の中に入っていけるものだといいます。そのとき、たろきちはおしっこがしたくなり、船のへりから海に向かってジャジャジャジャァーッとしていると、大きな波で船が揺れた拍子に、懐の財布が海の中へポチャーンと落ちてしまいました。財布の中には大金が入っていたものですから、たろきちは腰を抜かして泣き出して [続きを読む]
  • ?絵本?どうぞのいす 作:香山美子 絵:柿本幸造
  • あらすじうさぎさんが、小さなイスを作っています。うさぎさんが作ったしるしに、後ろに短いしっぽを付け、イスが出来上がりました。そして、“どうぞのいす”という立て札を作り、大きな木の下へ置くことにしました。そこへやってきたのは、ろばさん。この親切なイスを見て、イスに背中にしょっていたカゴを置いて、木の下で休むことにしました。どんぐりをいっぱい拾って疲れていたので、ろばさんはつい眠ってしまいました。そこ [続きを読む]
  • ?絵本?コロッケです。 作・絵:西村敏雄
  • あらすじまちのコロッケ屋さんにある、出来たてコロッケたち。ある日、ひまを感じていたひとつのコロッケが、おじさんの見ていない隙に逃げだしました。 コロッケ ころ ころ ころっ ころ〜商店街をぬけ、コロッケは広場にやってきました。コロッケはボールにまじっていたので、野球少年たちはびっくり!今度は、動物園にやってきたコロッケ。サルにまじって木にぶら下がっていたので、動物も人々もびっくり!「もっと遠くへ  [続きを読む]
  • ?絵本?おつきさまのかぞえうた 作・絵:新井洋行
  • あらすじ夜の お空に うかぶ おつきさまおつきさまがうたう かぞえうたを 聞きながらぶたさん あひるさん ミミズクさんや一緒に遊んだ おもちゃたちもまちじゅう みんな ねむりつくいちから じゅうまで かぞえたらねむれ ねむれ かわいいこおやすみなさい感想真っ暗な空に、まんまるで黄色い大きなお月さま。絵がとてもかわいいです。1つ目に、“キラリと輝く一番星”から始まり、“10数えたら寝る時間だよ”、と [続きを読む]
  • ?絵本?あさがお 作・絵:荒井真紀
  • あらすじ小さな あさがおの たね。4月の終わりから6月頃にかけて、たねをまいてみましょう。指で土に穴をあけ、たねを一粒植えます。早く芽が出るコツは、前の晩から種を水につけておくことです。たねは、土の中で根を伸ばします。そして皮をやぶって“ふたば”が出てきます。ふたばは、太陽の光をあびて、どんどん成長します。今度は“ほんば”が出てきます。伸びた茎は“つる”になります。つるは棒に巻きつきながら、上へ上 [続きを読む]
  • ?絵本?あめのひ 作・絵:ユリ・シュルヴィッツ 訳:矢川澄子
  • あらすじあめが 降りだした。家の中にいると 窓をたたく ぴしゃぴしゃ という音や屋根に落ちる ばらばら という音が聞こえる。街中が あめ。溢れだす あめ。明日は 水たまりに 舟を浮かべて 遊ぼうか。野山に あめ。丘にも 草にも 池にも あめ。カエルさんが はしゃいでる。あめは 小さな流れになって 山を下り 川から川へ しまいに海へ。大波 小波は ごうごうと うねり 泡だち 天まで届け。あめ上がり  [続きを読む]
  • ?絵本?きょうのごはん 作・絵:加藤休ミ
  • あらすじ夕方になると、商店街は、買い物をする人で賑わっています。お魚屋さんで魚を買っているお母さん、それに目を付けたねこが、こっそり見ています。今日のごはんはなーに?こんがり焼けた さんま!お隣からも、いいにおい・・・今日のごはんはなーに?みんなで作った カレーライス!またお隣からも、いいにおい・・・今日のごはんはなーに?父さん得意の オムライス!お向かいからも、いいにおい・・・今日のごはんはなー [続きを読む]
  • ?絵本?ぼく おかあさんのこと・・・ 作・絵:酒井駒子
  • あらすじぼく おかあさんのこと キライ。だって ねぼすけだし テレビばっかり見てるし すぐ怒るし。それから それから・・・ぼくとは 結婚できないっていうし。ぼくは おかあさんとしか 結婚したくないのに。だから キライ。もう こんな おかあさんとは お別れしよう。サヨナラ おかあさん!・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・そして・・・・・・感想酒井駒子さんの優しい絵がス [続きを読む]