福 さん プロフィール

  •  
福さん: メダカのいる庭
ハンドル名福 さん
ブログタイトルメダカのいる庭
ブログURLhttp://medakanoiruniwa.blog.fc2.com/
サイト紹介文メダカ飼育方法・改良メダカ・異種交配のドタバタ日記♪静岡県牧之原市で改良メダカ・異種交配に奮戦中♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供79回 / 27日(平均20.5回/週) - 参加 2017/04/03 18:32

福 さんのブログ記事

  • 選別落ち混浴用 プラ舟ビオトープ
  • こないだ会社の同僚に貰ったでっかい青のプラ舟、青は流石に庭の景観に合わないんでアクリルペイントスプレーの艶消しブラックでぬりぬり♪我が家で一番デカイ容器なんで、メダカの選別落ち混浴容器としてプラ舟ビオトープにしました。掃除と水景の維持が面倒にならない様に今のところベアタンクに鉢植えの水草でセッティング、メダカの飼育容器は産卵を重視しなるべく余分なものは入れないようにしていますが、やっぱビオトープに [続きを読む]
  • 水瓶ビオトープ
  • 昔から家にあった水瓶、以前は井戸の水を汲んだのを台所で貯めて置くのに使用してたとか…、そして水道が出来使用されなくなってからは家の裏に転がっていましたが、長い年月を経てビオトープ容器として復活です。去年は睡蓮を入れて使用してましたが睡蓮を大型混浴容器へ移動したため、茂りまくったナガバオモダカを入れてみました。これはこれでなかなか良い感じ♪ [続きを読む]
  • 勝手に自生⁉?ウォーターマッシュルーム
  • 今年は庭のメダカスペースの拡張を目論みコツコツと改修準備を進めていますが、ふと容器脇を見ると去年に崩壊ビオトープの底床を捨てた場所に、ウォーターマッシュルームが‼?まぁ既に水中じゃ無いんでウォーターなのか?って気もしますが…ビオトープでも地下茎を伸ばしバンバン増えるので対策として鉢植えにしたにもかかわらず、ほふく茎にて鉢外にもガンガン侵略する生命力、管理している水景ではまぁ手が掛かりますが水上でも [続きを読む]
  • ナガバオモダカの花が咲きました
  • 去年娘の放置ビオトープが完全崩壊する前に救出して90cm水槽に放り込んでおいたナガバオモダカ、秋頃から完全放置で水深もある容器なので花や水上葉は流石に来ないだろうと思っていましたが、春になるとしっかり水面まで芽を伸ばし花を咲かせました。地下茎で爆発的に増えるんで、おまえ頑張って花を付けなくても問題無いんじゃ…と思いますが、要注意外来生物の指定を受けているだけあり流石の生命力です。 [続きを読む]
  • 流木が沈まない時の対処法
  • アクアリウム用として販売されている流木の場合は流木が沈まないという事態は起こり難いかと思いますが、自分で採取してきた流木は木の密度の関係から浮力が高く沈まない場合があります。そんな時は諦めず下記の方法で沈めましょう。??煮沸する煮沸はアク抜きだけではなく、沈まない流木を沈める方法としても効果的です。重要なのは煮沸した後にお湯が冷める過程で、お湯が冷める時の浸透圧変化で木が水を吸い沈むようになります [続きを読む]
  • 流木のアク抜き・塩抜き
  • ??流木のアクとは?流木を水に浸けておくと流木の中に含まれるタンニン・フルボ酸・フミン酸等が溶け出し徐々に水が茶色く変色して来ますが、アクアリウム界ではこの変色の原因となる成分を総称して『アク』と呼んでいます。《流木のアク抜き方法》??水に浸けて放置時間に余裕がある場合はこの方法が一番で自然にアク抜き出来ます。やり方は流木を水に浸け放置し水が茶色くなってきたら水を入れ替え再び放置。これを水が濁らな [続きを読む]
  • 流木を拾いに行こう
  • メダカの飼育,ビオトープ,アクアリウム,山野草などを趣味で楽しんでいると、自然の景観を表現するために流木が欲しくなることがあるかと思います。しかしアクアリウム用の流木は小さな物でも数百円から大きな物になると数千円と結構高価です。更に自分のイメージする形状やサイズなどを考慮すると自分が欲しいピッタリの物はなかなか見つかりません。そんな時は自分で流木を拾いに行きましょう。??流木を拾う場所流木は海岸、 [続きを読む]
  • 油膜が出来てしまったら?油膜の取り方と原因
  • ??油膜とは?油膜の原因メダカの飼育容器で時にいつまでも消えない泡や水面に薄く広がる油の膜のようなものが現れることがありますが、あれは有機物や浮遊性のバクテリアが集まったもので油膜と呼ばれています。 油膜が出来る原因は残餌,魚の糞,生体の死骸,バクテリアの死滅,水草のトリミングなど容器内の有機物に合わせ、容器内に水の動きが無く止水になっている事にあります。そして油膜の害としては単純に見た目が悪い、 [続きを読む]
  • メダカの稚魚(針子)の育て方
  • 産まれたばかりのメダカ稚魚は生後二週間ほどを針子と呼びます。メダカの針子は最初の三日ほどはお腹の袋の中の栄養だけで生きていますので餌は必要ありません。三日程して袋の栄養を吸着しきったところで自分で餌を取るようになりますが、ここから二週間の針子の状態が一番弱くここをいかに乗り切るかが、メダカの稚魚を育てる上で最も重要な期間になります。この頃の針子は肉眼で形がわかるような大きな餌は食べることが出来ない [続きを読む]
  • メチレンブルー(チアジン染料 )について
  • メチレンブルーは水カビ病 ,白点病などの治療薬でメダカ飼育では病気の治療のほか卵を雑菌から守るのに使用します。魚毒性は低く副作用は殆ど無いとされており、色素系薬剤で水に溶けると綺麗な青い色になります。 光に当たると分解していき色がなくなった時点で効果が無くなります。ここで薬を追加して入れすぎてしまうと生体に悪いので、効果を継続して求める場合は換水をしてからメチレンブルーを投入し直します。メダカ飼育で [続きを読む]
  • メダカの産卵から孵化まで
  • 春になって水温も上がり出しメダカの産卵が期待出来る時期になったころに親容器にタマゴトリーナをセット、その後はメダカの卵が確認されるまで、ワクワクしながら数日置きにタマゴトリーナをチェックしていきます。卵が産み付けられていたら孵化容器に移動します。孵化容器はタッパーや小型の容器などなんでも良いかと思いますが、小さ過ぎる容器は夏場に水温が上がり過ぎるのとタマゴトリーナを直接入れられないため、私は孵化容 [続きを読む]
  • メダカの脇に置いてある紅葉の鉢植えに生えてる苔。気になったんで写真撮ってみましたが、これ何苔でしょう?玉が付いてて結構綺麗♪こんな苔もどんどん増やしたい‼? [続きを読む]
  • セッコク開花
  • メダカの脇で育てているセッコクが今年も開花し綺麗な花に癒されています。風蘭もセッコクもメダカみたいにガンガン増えたら良いのに、一年で葉っぱ数枚増えるだけとか成長どんだけ遅いんだろ。でもまぁ時間の流れの早いメダカと、時間の流れのゆっくりした風蘭・セッコク、それぞれ楽しめるトコがあってそれぞれに魅力がある。 [続きを読む]
  • 戻し交配
  • 戻し交配とは異種交配で作った雑種や雑種の子孫に対して最初の親を再び交配することで、目的は親メダカの持つ特性を、子や孫メダカに取り込ませるために行われる交配で、複数回続けて行う場合を連続戻し交配といいます。取り込ませたい特性を持つ親を一回親(A')と呼び、その特性を元々は持っておらず特性を取り込ませたい親を反復親(A)と呼ぶ。一回親に対して反復親を交配し、生まれた子孫に対しても反復親を交配します。交配 [続きを読む]
  • メダカの雌雄判別方法
  • メダカの雌雄判別はメダカのオス、メスそれぞれの体型の特徴を観察し判別を行います。??背ビレ雄は背ビレが大きく後方付け根部分の軟条の間に切れ込みが入ります。雌は背ビレが小さく先が丸みをおびており切れ込みが入りません。??尻ビレ雄はヒレが大きく平行四辺形で一番後ろの軟条が短く段になります。雌はヒレが小さく尾に近づくにつれ短くなります。??総排泄口雄は総排泄孔が目立ちません。雌は産卵管が膨み総排泄口が目 [続きを読む]
  • 今は無きトロ舟ビオトープ…
  • このトロ舟ビオトープは一昨年に娘がメダカを飼いたいと言い出し、私が改良メダカの世界にどっぷり嵌るきっかけとなったビオトープです。底床には赤玉土を敷き流木で右下部分とそれ以外を区切り水深が深い部分と浅い部分を作っています。レイアウトとしても流木と岩を配置し水草は姫睡蓮,ウィローモス,ウォータークローバー,ウォーターマッシュルーム,ナガバオモダカ,カキツバタを入れ、水上部分にはハイゴケ,マメヅタ,ユキ [続きを読む]
  • トロ舟・プラ舟ビオトープの底床
  • 底床とは容器の底に敷く砂利や土のことですが、底床の種類には赤玉土,荒木田土,田砂,砂利など様々な種類があります。底床をいれる目的としては、濾過バクテリアなどの微生物の繁殖を促し水質を安定させる役割りと、植物に根を張らせ育成させるという目的がありますが、入れる素材により特徴があるので自分の目的に合った底床をチョイスしましょう。??赤玉土赤玉土は関東ローム層の火山灰が積み重なってできた赤土を乾燥させた [続きを読む]
  • ようやくウチにも春が来た♪
  • 4月に入り段々と暖かい日が続くようになり、ようやく水温も上がって来たのでしょうか?静岡県も例年より遅い桜がようやく咲いてアッと言う間に散ったところですが、ウチのメダカ達にもようやく春が来たようです。最近ポツポツと産卵を確認してはいましたが、初期のため無精卵も多く数も少量でしたがココに来て多くの容器で一斉に産卵が本格化し始めました。今いる系統は次世代にその芸をしっかり継承させつつ更に磨きをかけ、異種 [続きを読む]
  • 容器もらいました♪
  • ようやく春になり最近は庭でのメダカいじりも日に日に時間が伸びてのめり込んで来た今日この頃、そういや会社の同僚も庭で金魚飼ってるって言ってたけどどうしたかなぁ?同僚に聞いてみると、『金魚死んで面倒臭いんで辞めたわ』との事…ええ⁉?辞めちゃったの⁇すると『もうやんないから容器欲しかったらやるぞ』と…お〜ありがとうございます神様♪って事でプラ舟が手に入り〜の、家に取りに行ったら更に睡蓮鉢まで追加で2個頂 [続きを読む]
  • トロ舟・プラ舟ビオトープ
  • トロ舟・プラ舟ビオトープの魅力はなんといっても限られたスペースを利用し手軽に、しかも安価に始められることです。容器はホームセンターで簡単に入手出来、左官用品で耐候性があるため屋外に長期間放置してもほとんど劣化せず、丈夫で何年も使用出来ます。あなたもそばに水辺と緑のある暮らしを始めてみませんか? [続きを読む]
  • ビオトープとは
  • ??ビオトープとは生命(バイオ)がありのままに生息活動する場所(トポス)と言う意味でギリシャ語から合成された造語です。開発優先への反省にたち、自然が自ら再生出来るように人間が配慮する運動として1970年代にドイツで始められました。人間によって構築された自然環境そのものがビオトープです。 [続きを読む]
  • ミニビオトープの容器
  • ビオトープには憧れるけど庭に池作るのはちょっとムリ…、アパートやマンション住まいでベランダも狭くトロ舟やプラ舟もちょっとムリ…という人も、睡蓮鉢や水鉢によるミニビオトープなら狭いスペースでもビオトープを楽しむ事が出来ます。《容器》??睡蓮鉢様々なサイズがあり雰囲気も良く、スイレン栽培に向く浅くて広い形をしており水面が広く取れます。陶器のため割れやすく重い場合が多いので注意が必要です。??プラスチッ [続きを読む]
  • メダカの選別
  • ??メダカの選別とは?メダカの選別とはメダカを繁殖させ稚魚から成魚へと成長する過程で、基本的には「良い個体を残す」という考え方を元に成長速度の差によるサイズ違いを分けたり、形の悪い(奇形)仔を分けたり、自分の目指す種類のメダカの特徴が顕著に現れているもの以外を分けたりする作業です。??サイズによる選別稚魚の大きさにバラつきが出始める生後1ヶ月くらいでサイズによる選別を行います。稚魚の成長と共に餌を [続きを読む]
  • 春の大雨 メダカ雨対策
  • 昨日の夕方から今日の朝にかけ牧之原市にかなり纏まった雨が降りました。一応全ての容器にウールマットによる雨対策をしているので、オーバーフローは大丈夫だと思いますが強い雨が長時間降ったので少々心配しています。あとは酸性雨による急激なph変化と大雨による水温低下によるメダカへのダメージ…私はまだ経験ありませんが、ネットの情報なんかでは大雨の後に大量に☆にって話もある様です。仕事に出る前に状況確認出来れば良 [続きを読む]
  • 我が家の飼育環境
  • うちは基本的に屋外飼育で、容器はコンクリートを練るプラ舟80L黒とプラスチックコンテナの黒を使用し、底床を入れずにベアタンクにて飼育しています。夏場の高温対策としてヨシズの屋根を設置し、主に鳥とトンボ避けで容器に網蓋をしています。去年は下記写真のような感じのメダカ飼育スペースだったのですが、嵌れば嵌るほど容器は増え今年は現在拡張中です。 [続きを読む]