エノキング さん プロフィール

  •  
エノキングさん: エノキングの食べ歩き日記
ハンドル名エノキング さん
ブログタイトルエノキングの食べ歩き日記
ブログURLhttp://enoking.com/
サイト紹介文食べログトップレビュアーのエノキングの公式グルメブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供178回 / 136日(平均9.2回/週) - 参加 2017/04/03 23:19

エノキング さんのブログ記事

  • 浅草サンボア 〜 ペタンク前にサンボアでハイボール
  • 浅草の「ペタンク」に行く前に一杯飲もうとすると、真っ先に思い浮かぶのがここサンボア。東京3店舗めのサンボア大正7年創業の関西の老舗BARチェーンで、東京には銀座、数寄屋橋、そしてこの浅草の3店があり、浅草は北新地、銀座と同一経営。このサンボアの看板を掲げるには、10年以上の修行とサンボア全店のオーナー推薦が必要なだけに、どの店舗も雰囲気が良く、サンボアスタンダードがしっかりと受け継がれている。マイベストハ [続きを読む]
  • のもと家 〜 鹿児島六白黒豚とんかつを醤油と茎わさびで
  • 豚珍館改め、のもと家に前身の「豚珍館 浅草店」を閉店後、大門に移転して、店名も「のもと家」にして新たに2014年6月にオープン。「檍」や「むさしや」、「燕楽」などの人気とんかつ店がある激戦区においても、すでに着実な人気を得ている。ランチタイムには待つこと必至以前の豚珍館では苦戦したようだが、移転が功を奏したのか、今ではランチタイムには待ちの行列ができるほど。芝大門近くのビル2階のロケーションで、カウンタ [続きを読む]
  • えきねっと購入もれから見つけた新幹線の自由席着席の方法
  • 8月のお盆休みに福島の実家(仙台経由)に帰省するために、東北新幹線の切符をえきねっとで購入することに。えきねっとの発売は乗車の1ヶ月前からスタートするのだが、その前に第3希望まで抽選での事前受付ができる。しかし、行きも帰りも見事に外れたため、ちょうど1ヶ月前の日に改めてえきねっとで購入を試みた。えきねっとの購入もれあっさりと購入ができた、つもりだったが、完了していたのは帰りのみで、行きは購入できていなか [続きを読む]
  • 魚竹 〜 築地の良心で安定の鯖焼き定食
  • 先代は魚屋だったという、築地にある居酒屋でランチが美味しいことでも有名。以前からその高名を耳にしており、ブックマークしてから、だいぶ時が経ってしまっていたが、この度初めて訪れた。創業昭和50年黄色い軒が目印の外観からは創業昭和50年の歴史を感じさせ、店内はカウンターのみ11席のコンパクトなつくり。ランチメニューはそれほどバリエーションはないものの、築地市場に近いロケーションだけに、魚中心の魅力的なライン [続きを読む]
  • 東生園 〜 立川談志師匠行きつけの銀座中華でカレーランチ
  • 立川談志師匠行きつけ立川談志師匠が行きつけだったという銀座にある中華料理店。コリドー通りから一本入った細路地のロケーションで、「泰明庵」などがある。店内は昔ながらの中華料理店の雰囲気で、歴史からくる古さを感じさせるつくり。ランチメニューは定食類が7種類に、単品系が6種類あって、なかなかのバリエーション。談志師匠がよく食べていたのは、餃子やチャーハンだったらしいが、オーダーしたのは本日のおすすめのきの [続きを読む]
  • とん喜 〜 マルディグラ和知さんおすすめのロースかつ定食
  • 「?」は「喜」の異体字で、恐らく豚が喜ぶというのが由来だと思われるが、「とんき」の店名はとんかつ店に多い。BRUTUSのとんかつ特集掲載店とんきといえば目黒が有名だが、ここ銀座もメディアでの露出は多く、今回もBRUTUSのとんかつ特集で見て、久しぶりに訪れた。能楽堂ビル地下のロケーションで、カウンターとテーブル席の店内はそれほど広くはなく、ランチタイムには早い時間に満席となる。かつ丼は1日100杯以上ランチメニュ [続きを読む]
  • クリンゲン 〜 鐘の音を鳴らしたくなる絶品フライシュケーゼ
  • 岐阜にあるドイツデリカテッセンで、店名のクリンゲンは鐘の音色という意味。デリカテッセンとはドイツ語で「美味しいもの屋」を表し、ハムやソーセージの加工品や惣菜など様々な食材がある。ハンスホールベック出身オーナーの野村さんは筑波大出身で、ドイツ食肉マイスターの資格を持ち、茨城守谷の「ハンスホールベック」での経験から、実家のある岐阜でお店を出した。文化的景観地区のロケーション文化的景観地区に指定されてい [続きを読む]
  • パンダプールマフィン 〜 ノーエッグマフィンのテイクアウト専門店
  • マフィンのテイクアウト専門店岐阜市にあったレジャーランド、通称パンダプールのような、地元に愛される存在になりたいという想いが店名の由来になっている、マフィンのテイクアウト専門店。大きなマフィンを運ぶ女性のデザインがキュートな看板が目印で、目の前には齋藤道三のお墓があるロケーション。テイクアウトならではのコンパクトな店内は、マフィンの美味しい香りで満ちている。週替りのマフィンは、プレーンからアイスコ [続きを読む]
  • 綾farm 〜 銀座SIX限定の生ドライフルーツ専門店
  • ドライフルーツ専門店日本初の国産ドライフルーツ専門店で、銀座SIXの地下2階のフードフロアーの一角にあるロケーション。ヒルナンデスや王様のブランチなどのメディアにも度々紹介されていることもあり、最近注目度が上がっている。銀座SIX限定の生ドライフルーツウリは銀座SIX限定の生ドライフルーツという、生なのかドライなのかよく分からない矛盾したネーミング(笑)の商品。生ドライフルーツは季節によって変わるらしいが、こ [続きを読む]
  • 二代目白神 〜 関市にある岐阜最強豚骨ラーメン店
  • 白神のセカンドブランド岐阜県関市にある有名ラーメン店「麺屋白神」のセカンドブランド。白神グループはこの2店の他にベトコンラーメンの「爆王」と出身店に2015年一風堂ラーメン総選挙で優勝した「イロドリ」があり、いずれのお店も行列ができる人気店で、岐阜を席巻している一大勢力。この日は同じ関市にある鰻の人気店「しげ吉」に訪れるも、土用の丑の週効果か、まさかの2時間待ちだったため、急遽こちらに。岐阜最強豚骨白神 [続きを読む]
  • 京ばし松輪 〜 松輪漁港公認店で限定アジフライ定食
  • 言わずと知れた、ランチのアジフライ定食が有名なお店。アジフライ定食は限定70食限定70食のプレミアランチを求めて、連日お店の前には長蛇の列ができており、京橋名物の一つ。余りにも有名であることと、その列の長さから今まで敬遠してきたが、意を決しての初松輪。11:30オープンで11:15に着くも、すでに20人ほどの待ちが。少なくともオープン前に並ばないと1回転目に入店することは叶わないだろう。メニューはアジフライ定食の [続きを読む]
  • ヘイメルミヤマス 〜 宮益坂にあるベルギービール天国
  • 天国という意味の店名の渋谷宮益坂沿いにあるベルギービールが豊富に揃っているビアビストロ。系列にはクラフトマン系列である新橋の「ビストロ ミヤマス」や五反田の「クラフトマン」には訪問済みだが、こちらは初めて。この日はカメラを忘れるというか痛恨のミスを犯し、久しぶりのスマホ撮影となったが、自身でセッティングした合コン的な飲み会利用だったので、逆に良かったかもしれない笑。店内は渋谷らしく、活気がある雰囲 [続きを読む]
  • おたる政寿司 銀座 〜 北海道空輸の寿司ランチ
  • 小樽老舗寿司店が銀座進出北海道小樽の老舗寿司店の銀座店で、3代目長男が取り仕切っている。小樽本店には次男がいるようだ。小樽にある親戚の酒屋「酒商たかの」がお酒を入れていると聞いていたので、以前から訪れたいと思っていた。POLAビル10階のロケーションだが、それを感じさせない落ち着いた雰囲気。牡丹はワンドリンク付きランチメニューは何種類かバリエーションがあり、ランチセットの牡丹(5500円)に。スタートの小鉢を [続きを読む]
  • 藤八 〜 経営変われど藤八変わらず
  • 言わずと知れた中目黒の超人気居酒屋で、「大樽」と双璧をなす。藤八存続一時期、閉店かとのニュースが流れたが、名物女将が引退して経営が変わったものの、無事存続している。以前、荏原町に住んでいた時に、この「藤八」出身の方がやっていた同店名のお店に入り浸っていたこともあり、藤八には個人的に思い入れがある。メニューは相変わらずのバリエーションの豊富さで、以前と同じく壁にびっしりと貼られていて、悩ましいほど。 [続きを読む]
  • タージマハール新橋店 〜 新橋の人気カレー店で月替わりの夏キーマ
  • 新橋にあるカレーが人気で、インドの有名建築をそのまま店名にしているベタなネーミングのインドレストラン。先代は蒲田の人気店新橋店とあるのは、先代が蓮沼て創業して、その後移転した蒲田で人気を博したお店があった名残。雑居ビル地下1階の渋いロケーションで、地上にまで行列を整理するシールが貼られているところに、人気ぶりがうかがえる。実際に11時オープンで11:15ごろに訪れたのだが、すでに店内は満席で、数人の待ちが [続きを読む]
  • 鯖なのに。〜 サモトラ森枝さん監修もの凄い鯖の塩焼き専門店
  • 鯖の塩焼き専門店今年の4月にオープンした大森にある鯖の塩焼き専門店。このお店はオープン当初から気になっており、その理由は以下の3つ。・鯖が好き・鯖の塩焼き専門店というニッチなコンセプト・下北沢「サーモン&トラウト」の森枝さん監修大森駅すぐのロケーションにあり、並びにはとんかつの人気店「丸一」が。店内はコンパクトなつくりになっており、イートインは2階小上がりの8席ほどで、1階では鯖を焼き、お弁当のテイクア [続きを読む]
  • アプサラ レストラン&バー 〜 西早稲田でバナナリーフ包み
  • 最近の雑誌のカレー特集では必ずと言っていいほど取り上げられる注目店の、西早稲田にあるスリランカレストラン。店主はカフェロリータ出身店主のジャナカさんはスリランカ出身で、以前は代々木の「カフェロリータ」でスリランカ料理を提供して好評を博しており、この業界では有名なようだ。早稲田通り沿いのロケーションにあり、地下と1階の2階建てのつくりの店内はカフェ風で、カウンターメインの1階にて。おすすめはバナナリー [続きを読む]
  • 鳥勝 〜 実家が養鶏場のさつま地鶏専門店
  • 新宿曙橋にある鳥料理専門店で、以前は池袋にあったのだが、2016年1月に移転して今の地に。実家が養鶏場鹿児島の実家である養鶏場で大切に育てられた、さつま地鶏を扱っており、基本的に予約分のみを仕入れるという。ビル地下のロケーションで、6名以上から貸切可能らしく、この日は子供2名を加えた8名での貸切利用。座敷席で周りを気にせずに、ゆったりと食事を楽しめるので、子供連れにも使い勝手が良いが、商売っ気が少ないので [続きを読む]
  • ろっかん 〜 荒木町で新たな日本酒マリアージュ
  • 四谷三丁目にある神田の日本酒バル「酒趣」出身の日本酒専門店。荒木町エリアお江戸の箱根と呼ばれ、花街として栄えた荒木町エリアのロケーションで、この辺りには良店が点在する、最近気になるエリア。目の前には何度か訪れているバー「こくている」があるが、2階にある同店には全く気づかなかったほどの隠れ家感がある。階段を登った店内はカウンターメインの11席ほどのコンパクトなつくりで、3人でカウンターにて。おまかせコー [続きを読む]
  • ナンディニ 虎ノ門店 〜 新虎通りで美味しいノンベジミールス
  • 清澄白河の2号店南インド出身のシェフ8名が提供する清澄白河の人気インドレストランの2号店が、今年4月に虎ノ門にオープン。新宿と虎ノ門をつなぐ新虎通りそばのロケーションで、近くには虎ノ門ヒルズが。オープンしてまだ数ヶ月ほどしか経っていないが、すでに人気は定着しているようで、13時に訪れるも店内は満席で、数人の待ちが。メニューのバリエーションはなかなか豊富で、ホームページもそうだが、写真の撮り方が実に綺麗で [続きを読む]
  • エノテカ GINZA SIX店 〜 グラスワインをワンコインで
  • 銀座SIXの地下1階のフードフロアーにある、言わずと知れたワインショップ。エノテカ最大級エノテカ最大級の広さと1600種類以上という豊富な品揃えが特徴。カフェ&バーが併設しており、お店で購入したボトルワインを抜栓料1000円で飲むことができる。グラスワインは500円からまた、グラスワインを500円から楽しむことができ、この日は0次会利用でバイオットのロゼワインを1杯。同じフロアーには「いまでや」、近くには自分がよく買 [続きを読む]
  • 葉隠 〜 鳥茂出身の渋谷の焼きとん店
  • 創業者は鳥茂出身創業者(先代)は新宿の有名店「鳥茂」出身だという、渋谷の人気焼きとん店。青山学院大学そばのロケーションで、近くに新たにオープンしたビアバル「Far Yeast」の後に訪れた。予約なしで突撃したが、ビル2階のコンパクトな店内は多くの客で活気に溢れており、カウンター席の隅に滑り込み。串が箸代わりクラフトビールを飲んだ後なので、ハイボールを箸代わりの串でお通しをつまみながら。壁に下げられた札のメニュ [続きを読む]