wakateben さん プロフィール

  •  
wakatebenさん: 若手弁護士のつぶやき
ハンドル名wakateben さん
ブログタイトル若手弁護士のつぶやき
ブログURLhttp://wakateben.hatenablog.com/
サイト紹介文都市圏で開業している若手弁護士が日々の業務で感じたこと、業務に役に立つ書籍の紹介等を記していきます
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供20回 / 77日(平均1.8回/週) - 参加 2017/04/04 01:07

wakateben さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 改正個人情報保護法に関するお勧め書籍
  • 5月30日付で改正個人情報保護法が全面施行されました。それに伴い、改正法に関する書籍が出版されていますが、数が非常に膨大です。とある研修会にて改正法のことを発表する機会があり、そこで自分なりに色々と本を購入して勉強してみました。そこでの経験をもとに、改正法の解説本としてお勧めの本を独断と偏見で選んでみたいと思います。岡村久道「個人情報保護法の知識」(日経文庫)個人情報保護法の知識〈第4版〉 ( [続きを読む]
  • 書籍紹介 水野佑「法のデザイン」
  • 水野佑「法のデザイン」(フィルムアート社)法のデザイン?創造性とイノベーションは法によって加速する作者: 水野祐出版社/メーカー: フィルムアート社発売日: 2017/02/24メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (1件) を見るクリエイターやデザイナー・アーティストらの権利擁護の業務に携わっておられる水野佑弁護士による著書です。規制を守らせる・強制させるといったネガティヴで堅苦しい(もっと言えば鬱 [続きを読む]
  • 書籍紹介「建築瑕疵の法律と実務」:法律と建築の基本がわかる
  • 岩島秀樹他「建築瑕疵の法律と実務」(日本加除出版)建築瑕疵の法律と実務作者: 岩島秀樹,青木清美出版社/メーカー: 日本加除出版発売日: 2015/11/06メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログを見る建築瑕疵の訴訟は知財、医療過誤、税務等と並ぶ専門訴訟です。建築瑕疵事件のハードルが高い点は、建築請負分野における法律構造や判例理論といった法的問題が複雑であることに加え、「瑕疵」に当たるか否かの判断 [続きを読む]
  • 膨大な資料を整理するコツ
  • 仕事の上で膨大な資料を読む必要が生じることはよくあります。例えば交通事故や医療過誤事件におけるカルテでは、入通院歴が長くなると1000頁を超えることも珍しくありません。また、控訴審から受任する場合には当然一審の記録が前提となっており、一審判決のみならず準備書面や証拠、尋問調書を含めると相当な分量になります。この膨大な資料の中から依頼者にとって有利な証拠となる部分を見つけ出す作業をしていくことになり [続きを読む]
  • 消費者事件を取り扱う際の勧めの書籍
  • 弁護士の業務の中で、消費者事件を扱うことはよくあります。しかし、消費者事件は分野も幅広く、特別法も複雑で処理に苦労することも少なくありません。そこで、消費者事件を取り扱う際に手元に置いておくと便利な書籍を紹介します。目次 日本弁護士連合会「消費者法講義」 圓山茂夫「特定商取引法の理論と実務」 村千鶴子「誌上法学講座‐特定商取引法を学ぶ」 村千鶴子「誌上法学講座‐割賦販売法を学ぶ」 [続きを読む]
  • 冤罪を生み出す構造〜1つのストーリーに固執することの怖さ〜
  • こちらの記事が話題になっています。恐怖!地方の人気アナが窃盗犯にデッチ上げられるまでの一部始終(週刊現代) | 現代ビジネス | 講談社(1/4)事案の概要は、アナウンサーだった方が、銀行を訪れた際に客が置き忘れた現金入りの封筒の中から現金を盗んだという窃盗の嫌疑で逮捕・勾留され、一審・二審とも有罪判決が下ったものの、最高裁で逆転無罪判決となったものです。この記事の中では、自白を強要される、捜査機関側 [続きを読む]
  • 良い弁護士か否かを見極めるコツ
  • 弁護士を探しているという方から、「どうやったら良い弁護士を見つけることができますか」という質問を受けることがよくあります。良い弁護士といっても確立した定義はなく、人によって様々な考え方があるでしょうが、私なりに考えると、良い弁護士とそうでない弁護士を見極めるコツが2つあります。1つ目は、事件の終結までの見通しや選択肢を丁寧に示してくれるか否かです。弁護士に依頼する案件というのは複雑で入り組んだ [続きを読む]
  • 書籍紹介 大野潔「企業法務に携わる弁護士が最初に読む本」
  • 競争社会到来!企業法務に携わる弁護士が最初に読む本作者: 大野潔出版社/メーカー: ごきげんビジネス出版発売日: 2016/03/09メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る企業法務に関して多くの弁護士と接してきた著者(現在はコンサルティング会社を経営)が、弁護士の顧客に対するアプローチや営業の仕方に対してもっと改善する余地があると考えて、それを実現するためのノウハウを提供しています。私が読んで特に参 [続きを読む]
  • 内容証明郵便を使うか否かの判断基準
  • 弁護士が依頼者の代理人として相手方と交渉を開始する場合、受任通知を兼ねて当方の要求をまとめた文書を内容証明郵便を送ることが多いです。内容証明郵便にはメリットもあるのですが、万能ではなくこれを使うことでかえってマイナスとなる場合もあります。そこで、内容証明郵便を使用すべきか否かの判断基準をお伝えします。内容証明郵便のメリットその文書を送ったことを確実に証拠化できる 内容証明郵便は、その名の [続きを読む]
  • 書籍紹介 「弁護士専門研修講座 中小企業法務の実務」
  • 「弁護士専門研修講座 中小企業法務の実務」弁護士専門研修講座 中小企業法務の実務作者: 東京弁護士会弁護士研修センター運営委員会出版社/メーカー: ぎょうせい発売日: 2015/02メディア: 単行本この商品を含むブログを見る支配権争い、M&A、事業承継、ベンチャー企業支援といった中小企業の経営に深く関わる法務について、専門弁護士による講演録という形で詳しく解説しています。実務上どのように対応・処理してい [続きを読む]
  • 書籍紹介 「実務解説遺言執行」:遺言執行をする際の必携書
  • NPO法人遺言・相続リーガルネットワーク編著「実務解説 遺言執行」(日本加除出版)実務解説 遺言執行作者: 遺言相続リーガルネットワーク出版社/メーカー: 日本加除出版発売日: 2012/12メディア: 単行本この商品を含むブログを見る遺言執行者としての職務を解説している本です。遺言執行者は責任が重大であり、懲戒事例も多いだけに弁護士としては相当慎重に進めていかなければなりません。この本は、遺言執行者に就職す [続きを読む]
  • 初ブログ
  • 初めまして。私は某都市圏で複数名の法律事務所に勤務している弁護士です。新人ではありませんが、ベテランや中堅とまでいえない、登録10年目未満の若手に属する部類です。扱っている業務は雑多で、交通事故等の一般民事、離婚や相続等の家事事件、刑事事件、企業法務等幅広く、いわゆる「マチ弁」です。このブログでは、弁護士の業務をしていく中でよかったことや疑問に感じたこと、法律や裁判関係のニュースについての雑感 [続きを読む]
  • 過去の記事 …