YOU さん プロフィール

  •  
YOUさん: ウォルフハンターFX(ウォルフ波動検証ブログ)
ハンドル名YOU さん
ブログタイトルウォルフハンターFX(ウォルフ波動検証ブログ)
ブログURLhttp://fx-you.net/
サイト紹介文半専業トレーダーYOUのFXウォルフ波動検証ブログです。 宜しくお願いいたします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供125回 / 95日(平均9.2回/週) - 参加 2017/04/20 15:43

YOU さんのブログ記事

  • ウォルフ検証(2017/7/23)Bitcoin
  • 今週は、ビットコインの国内取引所の一部取引停止に関するニュースがメディアで話題になっていました。8月1日のビットコイン分裂騒動ですが前倒しで、本日23日に何らかの動きがありそれに伴い国内取引所のビットコイン入出金が一部取引を停止するといった内容でした。というネガティブなニュースもありつつも週末、仕手筋によるものと思われる謎?の上昇相場となり日曜日になって下落トレンドに転換したような感じです。すでに新ビ [続きを読む]
  • ウォルフ検証(2017/7/22)
  • 暑い日が続いておりますね・・・今週は仕事で日中外出するケースが多かったのですが外の暑さと室内の冷房を行ったり来たりで早くも夏バテ状態(汗)皆さんもお気をつけください^^さて今週はドル安、ユーロ高を中心として4時間足レベルでみると一方的な方向感が多い相場でした。トレンド追従型のトレードには有効な週だったように思います。ウォルフ波動的にはチャートにそれなりの波が出てくれないと形を作ってくれないのでこうい [続きを読む]
  • 7月21日ドル円見通し
  • 7月21日ドル円予想レンジです。111.50円〜112.50円 (三井住友銀行NY)昨日のNY市場はユーロを中心とした動きに。ECB理事会後の記者会見でドラギ総裁は「テーパリングのシナリオはまだ議論されていない」と発言したものの「量的緩和策の変更については秋に協議する」と発言したことからユーロは対ドルと対円で上昇。その後アメリカのモラー特別検察官が「トランプ大統領のビジネスに捜査範囲を拡大」との報道を受けドル売りとなり [続きを読む]
  • 7月20日ドル円見通し
  • 7月20日ドル円予想レンジです。111.30円〜112.30円 (シティグループ証券)昨日のNY市場はアメリカの経済指標は上振れ米株は最高値更新となったが金利があまり動かなかったためドル円は上値が重い展開に。今日は日銀金融政策決定会合とECB理事会が重なる重要な日となる。基本的には黒田総裁、ドラギ総裁ともに「ハト派」な姿勢を崩さないと見られ「ドル高」圧力が強まると想定される。アメリカ、欧州、イギリス、カナダの主要中央 [続きを読む]
  • 7月19日ドル円見通し
  • 7月19日ドル円予想レンジです。111.60円〜112.60円 (ソシエテ・G銀行)昨日のNY市場はトランプ政権のヘルスケア法案の断念を受けドル売りの展開となった。一方6月27日にECBドラギ総裁がインフレ見通しに前向きな発言をしたことでユーロ高が進行している。ただしこのユーロ高は市場では、過熱感が出て来ていると懸念の声が上がっている。その理由はIMM投機筋によるユーロの買い越しと売り越しのグラフにある。10年間の統計グラフを [続きを読む]
  • ウォルフ検証(2017/7/18)
  • 本日はウォルフ波動の変則的なケースをご紹介します。今日のチャートで米ドル/スイスフランの1時間足になります。こちらは一見、ウォルフ波動となるウェッジパターンに見えますがよく見ると④点目でラインをオーバーシュートしています。本来は④点目できっちりと反転して⑤点目に向かうのですが実は、このような変則パターンのウェッジはわりと多く表れます。しかし変則とはいえ①④ライン(ウォルフライン)はきっちりと機能する [続きを読む]
  • ウォルフ検証(2017/7/18)
  • 本日はウォルフ波動の変則的なケースをご紹介します。今日のチャートで米ドル/スイスフランの1時間足になります。こちらは一見、ウォルフ波動となるウェッジパターンに見えますがよく見ると④点目でラインをオーバーシュートしています。本来は④点目できっちりと反転して⑤点目に向かうのですが実は、このような変則パターンのウェッジはわりと多く表れます。しかし変則とはいえ①④ラインはきっちりと機能することが多いのです。 [続きを読む]
  • 7月18日ドル円見通し
  • 7月18日ドル円予想レンジです。112.10円〜113.10円 (クレディ・A銀行)先週金曜日に発表されたアメリカ消費者物価指数と小売売上高は共に市場予想を下回りドル円は112.26円まで下落する場面も。本日は19日、20日の日銀金融政策決定会合や20日のECB理事会を前に112円台で様子見相場となりそう。今回の日銀金融政策決定会合は金融政策据え置きという見方が多勢だが先日、G20が行われる当日に日銀は指値オペを実施した。これは、他の [続きを読む]
  • ウォルフ検証(2017/7/15)Bitcoin
  • 分裂騒動で揺れるビットコインですが相変わらず値動きの方は活発です。ビットコインFX(ビット/円)がたった今ウォルフターゲットに到達したのでご紹介しておきます。ビットコイン/円の4時間足です。今週頭に②④ラインを抜けて途中ヨコヨコでもみ合った後そのままターゲットまで一気に下落。土曜日の午前中にはターゲットに到達しました。連休中も下落のトレンドは止まらないようにも感じます。さてこのビットコイン。8月1日の分 [続きを読む]
  • ウォルフ検証(2017/7/15)
  • 土曜日の朝です。東京はジリジリと照りつけるような暑さです(汗)さて昨晩はアメリカの経済指標が悪くドル円もしっかり下落という展開で週末を迎えましたね。ドル円はこのまま下落してしまうのか??ということで先日ご紹介したドル円の日足ウォルフ波動検証を再度確認して参りたいと思います。ドル円の日足チャートです。以前このチャートをご紹介したとき②④ライン抜け後、押しが弱いので再度②④ライン付近まで押しが入るかも [続きを読む]
  • 7月14日ドル円見通し
  • 7月14日ドル円予想レンジです。112.75円〜113.75円 (三菱東京UFJ銀行NY)昨日のNY市場はイエレンFRB議長の議会証言や予想を上回った米生産者物価指数を受けて米金利が小幅上昇。ドル円はつられる形で一時113円半ばまで上昇したものの狭いレンジでのもみ合いで終了。今週になって急速な円安に対する調整が入ったのでドル円は上昇しやすくなったが市場は、今夜NY時間の米・消費者物価指数に注目しているためそれまでは小幅な値動き [続きを読む]
  • ウォルフ検証(2017/7/13)
  • 本日先ほどウォルフ波動トレードでターゲットまで到達したチャートがあるのでご紹介しておきます。ユーロ/オーストラリアドルの4時間足です。②④ラインを抜けたのが昨日夜。そのまま下落でターゲットまで到達しました。このチャートは大きな波で分かりやすくウォルフの形を作っているのですがこうした大きな波を描いたパターンは信頼度が高いものとなります。ちなみに昨日の「失敗トレード」も掲載しておきます。昨晩カナダで政策 [続きを読む]
  • 7月13日ドル円見通し
  • 7月13日ドル円予想レンジです。112.60円〜113.60円 (三菱東京UFJ銀行)昨日はこれまでと一転、ドル安の動きで推移。先月末からの急激な上昇への反動もあるが昨日のイエレン議長の議会証言後に利上げの織り込み度合いが低下したためドル円相場も一旦113円を割り込む展開に。ただ、カナダ中銀が利上げを決めたことを受け上昇したカナダドル/円に支えられて113円台に回復している。今日は引き続きポジション調整に伴う「ドル安円 [続きを読む]
  • 7月12日ドル円見通し
  • 7月12日ドル円予想レンジです。113.50円〜114.50円 (ドイツ証券)昨日は日本時間からドル高が進んだもののNY時間はトランプ大統領長男のメール問題を受け突然の下落が見られる相場となった。株と金利はすぐに戻したもののドル円は下がったまま戻さずといった状況。全体としてはユーロが対他通貨に対して上昇中。本日はイエレンFRB議長の下院での議会証言がある。先週の雇用統計が、緩やかな利上げとバランスシート縮小を正当化す [続きを読む]
  • ウォルフ検証(2017/7/12)
  • 火曜日深夜ですが引いていたウォルフチャートパターンで先ほどターゲットまで到達した通貨ペアが二つあるので備忘録としてご紹介します。ひとつめはポンド/オーストラリアドルの4時間足です。こちらは4時間足なのですが先週ラインを引いて②④ライン抜けを待っておりました。昨日、ラインを抜けて来たのでエントリーをかけ先ほど決済となったものです。約100PIPS。昨日とは違い早い値動きで決済となりました。そしてふたつめはニュ [続きを読む]
  • ウォルフ検証(2017/7/11)
  • 現在火曜日夜です。昨日月曜日は相場が「すみません、寝てますかあ〜?」っていうくらい動きませんでした。ボラティリティがない相場のときはホントにつまらないですよね。自分的にはウォルフ波動を根拠にいくつかポジションを持っていたのでなおさらそう感じました。ようやく今朝から動きを見せてくれたのでホッとしております。そしていくつか持っているウォルフエントリーのポジションのひとつが決済したのでご報告です。ニュー [続きを読む]
  • 7月11日ドル円見通し
  • 7月11日ドル円予想レンジです。113.60円〜114.40円 (ソニーフィナンシャル)昨日は材料も少なかったこともありドル円は小動きながらも堅調に推移。本日も材料に乏しいため堅調ながらもレンジ相場に留まるとみられる。ドル円だが緩やかなペースであるが上昇トレンドに入ったと見てとれる。アメリカの「長期金利」がじわっと上がってきたということもあるが現在、投機筋の米国債買いの勢いが低下していることもありこれもドルが上が [続きを読む]
  • 7月10日ドル円見通し
  • 7月10日ドル円予想レンジです。113.50円〜114.40円 (JPモルガン・C銀行)先週一週間を通じて主要通貨の騰落率を見るとカナダドルが一番強く米ドルは3番目。一方、日本円は一番弱かったこともあり一時ドル円は114円まで上昇。今年に入ってからのドル円相場をみると年初から6月半ばにかけてドル安円高が続いてきた。この間は、円が最強通貨で米ドルが最弱通貨だった。しかし、6月半ばからの3週間でみると各国の金融政策の温度差 [続きを読む]
  • ウォルフ検証(2017/7/8)Bitcoin
  • 東京は夏本番かというくらい暑い週末を迎えました(汗)さて、昨日は米国雇用統計を無事終了し、ドル円も上昇局面で終了。土日は休憩というトレーダーの方も多いと思います。ですが仮想通貨市場は土日も引き続き動いております。仮想通貨市場はまだ未知の部分があるため自分も検証を行っているのですが自分のようにチャートパターンを基本にトレードを行う者にとっては一般の通貨ペアと同じようにテクニカルが利くのかが重要です。 [続きを読む]
  • 7月7日ドル円見通し
  • 7月7日ドル円予想レンジです。112.80円〜114.00円 (フィスコNY)昨日は米ADP雇用統計が予想を下回ったためドルは伸び悩んだが欧州ECBが公表した議事要旨により早期のテーパリング観測が強まりユーロの買い戻しが加速した。また、英国中央銀行の委員も緩やかな利上げを予想と述べたことからポンドも上昇。本日は6月のアメリカ雇用統計が最大雇用を確認するとの見方でドルは底堅い展開をすると予想される。雇用統計では年内の追加利 [続きを読む]
  • ウォルフ検証(2017/7/6)
  • 今週は4時間足レベルではあまり良いウォルフの形が見られないため短い足を中心に細かくトレードをしています。さてウォルフ仲間ともいえる読者のramtenさんがドル円の日足でウォルフ検証を行われていてご質問を頂戴したのでこちらでも「ドル円の日足」をウォルフ検証してみました。以前、コメント欄にて①点目〜⑤点目まで数字でお知らせしたのですが数字だと分かりずらいこともありチャートでご紹介いたしますね!ドル円の日足で [続きを読む]
  • 7月6日ドル円見通し
  • 7月6日ドル円予想レンジです。112.60円〜113.70円 (SMBC日興証券)昨日のドル円はここ数日、ドル高の動きが続いていたため上値を試すような動きも見られたがFOMC議事要旨で資産買い入れ縮小の開始時期を巡る意見が別れたことからやや戻り売りに押された形になっている。本日はNY時間にいくつかの米・経済指標の発表があるが明日には米・雇用統計も控えているため日経平均株価の動きにある程度連動しながら狭いレンジで動くと予想 [続きを読む]
  • 7月5日ドル円見通し
  • 7月5日ドル円予想レンジです。113.00円〜114.00円 (野村証券)昨日はNY市場休場。その前の日本時間午後には北朝鮮のミサイル発射報道があり条件反射的に円高となったもののその後は113円台で落ち着いた展開に。本日はFOMCの議事要旨の発表がある。ただしこれはイエレンFRB議長が6月に会見した内容と同様のものとなるので新しいサプライズとなる要素はないと見られる。ドル円の今後の展開については今週発表されたアメリカのISM製 [続きを読む]
  • 7月4日ドル円見通し
  • 7月4日ドル円予想レンジです。113.00円〜114.50円 (みずほ証券)約3年ぶりの高水準となった米・ISM製造業指数の結果や欧米株価の上昇にドル円は5月16日以来の113円台半ば付近まで続伸する動きとなっている。本日はアメリカが独立記念日で休場のため動きづらい展開とみられるが昨晩の強い米国経済指標を受けて週末の米雇用統計に対する期待も高まっておりテクニカル的にも5月の最高値114円前半を目指すとみられるためドル円は底堅 [続きを読む]
  • 7月3日ドル円見通し
  • 7月3日ドル円予想レンジです。111.90円〜113.00円 (FPG証券)本日は日本で「日銀短観」アメリカで「ISM製造業景気指数」が発表される。いずれも「景況感」の持ち直し改善が示されると見られ市場はリスク選考が強まる形でドル円相場も堅調に推移と考えられる。ドル円相場はアメリカの長期金利がしっかりめで「金融政策」も利上げ方向なため支えられてはいる一方株価が調整する形でリスク回避となり円高に触れる不安定な動きもあっ [続きを読む]