中山まち子 さん プロフィール

  •  
中山まち子さん: 元塾講師・透明教育ママ見参!!
ハンドル名中山まち子 さん
ブログタイトル元塾講師・透明教育ママ見参!!
ブログURLhttp://edumother.com/
サイト紹介文地方都市に住んでる就学児童2人と未就園児1人、あわせて3人の子供がいる元塾講師の専業主婦です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供150回 / 111日(平均9.5回/週) - 参加 2017/04/05 08:54

中山まち子 さんのブログ記事

  • オススメ! 読書感想文の書き方本。低学年編②
  • 夏休み。 子供①、②がいるので③の相手する時間が減るぜ〜い、読書感想文対策や他の課題の下調べに時間を充てられる〜、なんて余裕でいましたが、ハードです・笑。 なにせ、①と②の学校の課題ワークの丸付け、家の勉強の丸付け、勉強がひと段落。ようやく作業に取り掛かれる、と思いきや・・・。 「いっせいのせー」で遊ぼう攻撃、子供①②が学校のプールに出かけたら③の不機嫌攻撃、おやつ何攻撃、今日のご飯まだ攻撃などなど [続きを読む]
  • 子供が多汗症? 汗をかくことで起きる、皮膚の異常!!
  • 7月上旬から、真夏かと思うような連日の暑さでグダグダ状態になった我が家の子供達。 バテてしまった子供③は、回復後に、多くの親が対峙するアレ最盛期を迎えております・・・。 そして、暑さに一番弱いくせに一番外遊びをしたがる子供①が、とうとう病院に行くこととなりました。 何科かと言うと、皮膚科です。 手の皮が剥ける! 元々、①は皮膚トラブルが多く、冬場になると口の周りが乾燥してよく皮膚科に通っていました。 予 [続きを読む]
  • オススメ! 読書感想文の書き方本。低学年編①
  • とうとう夏休み!夜更かししないように、生活リズムを崩さないように心がけたい1ヶ月がスタートしました。 今年は①と②の日程が同じなので楽は楽です。 しか〜し、夏休み中にやること&親が準備することが多くなるのでおそらく、あっという間に最終日を迎えるのでは、と予想しています。 できるだけ、①も②もちびまる子ちゃんのまるちゃんや、サザエさんのカツオ君みたいなことにはならないようにピシッといきたいものです。のび [続きを読む]
  • 魔のイヤイヤ期到来!!! いつまで続くんだべ〜?!
  • 北関東風のタイトルです、そのくらいのノリではないと乗り越えられないのがイヤイヤ期。 子供は不思議なもので、風邪などを乗り越えると成長します。子供①も②もそうでした。突発性発疹にかかり、回復すると急に乳児から幼児への片りんを見せたり、と。 最近、難しい時期に入ってきたかな〜、と感じていた2歳6カ月の③が夏バテから復活を遂げ、魔のイヤイヤ期に突き進んでいくようです・・・。 子育て初期の山場・イヤイヤ期! 3 [続きを読む]
  • 夏バテになってしまった子供の対応&過ごし方
  • 連日の暑さで夏バテ対策を考えていましたが、まだまだ幼児の子供③が夏バテになってしまいました。 原因は、連日の暑さでも普段通りに午前中は子育て支援センター&図書館で遊ぶ→昼食と昼寝→①②が帰宅後に外遊びについていく、をしていて、疲れが蓄積したからです。 暑い時は無理をさせずにスケジュールを組むべきだった、と子育て3人目で反省する私です。 3連休は私と③はゴロゴロして体調が戻ってきました。旦那は子供①②を [続きを読む]
  • クーラーのない学校に通う子供が夏バテにならないためにやっていること
  • 暑いですね。 北関東の暑さに慣れているので、私はそこそこ大丈夫ですが、この時期から夜も寝苦しいとなると困ります。 子供達が通う小学校はクーラーが一切ないので(職員室にも!!)、家でガンガンつけている→学校は熱帯雨林さながら→完全に体調おかしくなる、の悪循環に陥ること必至・・・。 住んでいるマンションの唯一の欠点が、エアコンなんですよね・・・。どういう訳か、エアコンだけ古い。トイレや浴室などは築年相応 [続きを読む]
  • 砂遊びは、知育と言われる理由を真面目に検証
  • 砂場遊び、近所の公園ではそれなりに皆さんやっていますが、一番遊んでいるのは我が家かな〜、と思っています。 100均で砂場セットが簡単に買えるのもうれしいですよね。我が家も、全て100均で揃えていますよ。キャラモノもたくさんありますが、長い目でみると乳幼児期に買ったものだと小学生に上がると使いたがらなくなりますからね(-_-;)。コストパフォーマンスを考えると、ちょっともったいないです。 さて、砂場は知育にいい、 [続きを読む]
  • 本屋さんに行って夏休み対策を考えるべき! 
  • 暑いですね。 住んでいる街は北関東の暑さ程ではないにしろ、土曜日は久しぶりにカキ氷機を出して、作ってあげました。子供①はイチゴ派、子供②はレモン派です。③もレモン派のようです。 家にいてもクーラー好きでない我が家は扇風機で勝負しています。 これも、まだ35度以上の猛烈な暑さになっていないからなんですけどね。猛暑日の頃は実家に帰省しているので、ゲキアツ状態は未だ経験したことはありません。 7月にクーラーを [続きを読む]
  • 天体観測に適している夏の夜に月を見て兎、カニと騒ぐ子供
  • 今日は七夕ですね。6月末、スーパーで見かけた「コアラのマーチ七夕バージョン」を購入し、子供の外遊びのおやつ用に持たせました。翌週、同じスーパーに行きましたがもう売れ切れ。超期間限定物ですから再入荷はしないのでしょうね。さて、最近夕方になるとベランダ出た子供②と③。本来の目的は翌朝に朝顔が咲くかどうかのチェックをするためなのですが、③があるものを見つけてしまいました・・・。空に輝く月 指をさして台所 [続きを読む]
  • 子供①の夢、話題のうんこ漢字ドリルの長所と短所とは?!
  • 前回、漢字のスキル格差は見えないようにヒタヒタと忍び寄ることをお話しました。詳しくはこちら。 漢字一文字なら対応できるのも2年までで、3年から徐々に差が出始めます。マラソンで例えるなら、最初の5キロはペースランナーに引っ張られる1年生。2年生はほんの少し先頭と後ろの差が出始める10キロ地点。3年は折り返し手前の20キロです。このあたりで前と後ろの差は街頭応援をしている第三者(先生や塾の先生など)は感 [続きを読む]
  • 意外と低学年から差が出る小学校の漢字!
  • 我が家の二人が通っている小学校では、私の時代にあった漢字ドリルや計算ドリルは渡されません。ドリル。小学生なら誰でも通る道でした。私は思いっきり避けていましたけどね・笑。漢字は計算スピードなどに隠れてしまいがちですが、低学年から差が出始める知識なのを仕事を通じて知っているので、何としてでも一通りの漢字力を身につけさせなくては、と強く感じています。 今日は、地味だけど中学年で差が拡大する漢字について話 [続きを読む]
  • 梅雨の過ごし方
  • 台風が日本縦断しそうですね。皆さんも天気予報をこまめにチェックして備えましょう。雨が分ぶりになってから買い出しなどで外出するのは危険ですからね。 大人だけ、もう子供が中学生&高校生なら家の中で台風が過ぎ去るのをじっと待つことは出来ますが、元気盛りの幼児&小学生を抱えている御家庭だと家のみで過ごすのはチト厳しい。大人しくて、1日中家で過ごすのは問題ないお子さんもいるでしょうが、我が家のように体を動かし [続きを読む]
  • 仕事をしていて感じた集中力の差
  • どうしたら集中力をつけられますか? よく教育相談をしているときにお母さん方から相談を受けました。「小さい頃に決まります」、「中学生になったから集中力が身に付くものでもありません」なんて口が裂けても言えませんでした・・・。 集中力を考える 最近何かと話題の「将棋」ですが、棋士の集中力は凄まじいものがあります。これは囲碁の世界でもありますが、タイトル戦ともなると双方持ち時間5時間なんて当たり前です。朝から [続きを読む]
  • 危険! 忌避剤で旦那が喘息の発作が出た!
  • 旦那は喘息持ちです。子供の頃は、小児喘息の発作でよく学校を休んでいたくらい、重症化しやすいです。台風が来る前の気圧の変化、季節の変わり目などでは内科に行っては喘息の吸入薬を処方されています。しかも、この類はジェネリックがないみたいで保険適用でもなかなかの値段なんですよね〜。 さて、そんな旦那にとって気圧以外で最恐の敵がいます。それが人工的な香料です。 香りがダメな旦那なので香料には気を付けている 私 [続きを読む]
  • 読書感想文の下準備をする③
  • 7月です。今年も下半期に突入しました。そして、夏休みが控えています。まだ子供たちの学習計画を立てていないので、少し焦っていますよ〜。 年を取ったから時の流れが速く感じるのか、はたまた小学生2人を抱えているからなか、①と②が幼児だった頃のゆったりとした時間がすでに懐かしくなっている今日この頃です。 言い訳がましいかもしれませんが、2歳半になろうととしている子供③が朝早くから元気に動き回りハードな日々を送 [続きを読む]
  • 読書感想文の下準備をする② 2020年からは変わるのか?
  • 前回の続きとなります今回は、少し切り口を変えて話を進めていきます。旧態依然とした読書感想文は2020年以降の新しい公教育では形骸化するのではないか、という指摘をしている本があります。 少し前に紹介したこちらの本↓2020年からの教師問題 (ベスト新書) この本をもとにし、親目線で読書感想文の今後の在り方と2020年対策として子供の力量を伸ばす手にならないか、という話を展開していきます。 2020年 新しい「読書感想文」 [続きを読む]
  • 読書感想文の下準備をする①
  • 毎年チャレンジさせている読書感想文。「青少年読書感想文全国コンクール」が正式名称です。 私も学生の頃に書きましたね。読書は好きだったもの、自分の考えを書いていく作業は学校や家庭では教わってこないので、上手に書ける子と私のように駄文を書く子の差は想像以上にありました。 今は便利な?書き方レッスン本などが多く出版されているので、夏休みになり予約殺到する前の図書館に行って、目を通すことにしました。 読書感 [続きを読む]
  • 学年によって宿題などのスタンスが全く違うので、注意!!
  • 新学期がスタートして丸3ヶ月が過ぎようとしています。学校ではプールの授業も始まり、我が家の二人も毎日楽しく通学しています。親としてもうれしい限りなのですが、少し心配事があります。そう、②の宿題が少ない件です。6月くらいからはさすがに増えるのではないかと様子をみていたのですが、変化がありません。いや、変化はありました。一時国語と算数のプリント2枚になったのですが、それもすぐに変わりました。 新学年早々か [続きを読む]
  • 今、あえて将棋ではなく囲碁の知育効果を紹介!
  • 熱いですね、将棋のニュース。これを書いていると便乗と思われますが、かつて私の青春時代はお小遣いの大半を「将棋世界」、「近代将棋」(廃刊)、たまにNHK将棋講座、に捧げていた過去があります。カレンダーも買って部屋に飾っていましたね〜。「あ〜、羽生さんの素敵なこと」、と。インターネット前夜でしたから、情報は雑誌のみ。新聞(各タイトルの主催者は新聞社なので)を読み漁るために図書館の資料室で過去5〜6年の将棋欄 [続きを読む]
  • 幼児の遊び方の変化
  • 成長目覚ましい子供③ですが、遊び方も変化が見えてきました。今までは、例えば砂場では砂をバケツに入れてひっくり返す、という単純な遊び方ばかりでした。先日、砂場セットが大量に置いてある大きな公園で1歳ほど上の男の子がマヨネーズの空き容器に砂を入れている様子をじっと見ていた子供③。 これは、と思った私が同じような容器をポーンと置いたら、やはり真似し始めました。小さな穴に砂を入れる動作は小さい子には難しいの [続きを読む]
  • 旬の果実サワーを作って季節感を学ぶ
  • 果実酒が好きで、12年前から梅酒を作り始めるようになりました。子供達が成長するに伴い、梅酒の他にお酢で作る梅サワーを作り、夏バテ防止として愛飲しています。これは4年ほど前から作っています。毎年、初夏になると産直所に行っては新鮮な地の梅を買ったり、スーパーでお買い得になっている和歌山の南高梅を使用しています。冬には、わざわざ柚子農家に出向いて柚子を購入していますが、お酢で作った酸っぱい果実ジュースが好 [続きを読む]
  • 野球のトレード先での才能開花、から考える子育て
  • プロ野球のリーグ戦が再開しましたね。今年、話題になっているのが巨人からトレードで日本ハムに移籍し、活躍してる大田泰示選手。ドラフト1位で入り、あの55番を背負ったものの、在籍中の8年間は周囲の期待に応えられないまま不遇の時期を過ごしました。私からしたら、遠い昔の慶応ボーイのO選手を思い出してしまう、大田選手の姿。 そして、シーズンオフで日ハムのエース級投手、吉川選手を含む2対2で大田選手は新天地、北海道 [続きを読む]