中村まち子 さん プロフィール

  •  
中村まち子さん: 元塾講師・透明教育ママ見参!!
ハンドル名中村まち子 さん
ブログタイトル元塾講師・透明教育ママ見参!!
ブログURLhttp://edumother.com/
サイト紹介文地方都市に住んでる就学児童2人と未就園児1人、あわせて3人の子供がいる元塾講師の専業主婦です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供71回 / 54日(平均9.2回/週) - 参加 2017/04/05 08:54

中村まち子 さんのブログ記事

  • この10年で激変!! 地方都市での中学受験事情
  • 大都市圏とは様相が違いますが 北関東で育った私は、受験の二文字は高校受験しかあたまにありませんでした。しか〜し、小学6年生の時にクラスメイトの男の子が国立大附属中を受験したり、東京の従妹から中学受験する同級生が普通にいる話を聞き、驚いたものです。働いた塾ものんびりとした郊外のベットタウンということもあり、1年に一人くらい国立附属中学受験をする生徒はいましたが、通塾している小学生の多くは中学受験 [続きを読む]
  • ギャ〜!! 久しぶりのGoki!!
  • そう、それは突然の再会 雨がシトシト降る朝。小学校に行く子供①②を玄関先まで送ろうと、廊下を歩いていたら、玄関を開けた子供②が大声をだしました。「あ、虫だ!!」賃貸マンション住まい。低層ではなく中層の始まりの階に住んでいるものの(分かりにくい説明でスミマセン・(;’∀’))、黄金虫や死んだふりしているセミが寝っ転がっていることが時々あるので、私もそんなつもりで見てみると・・・。「(うぎゃ〜〜〜、 [続きを読む]
  • 元塾講師ママが使った家庭学習教材・小学1年生編
  • 我が子に教える難しさ 勉強、みてあげているんでしょう?私の経歴を知っているママさんに時々言われたりします。が、我が家の場合は子供①も②も親からアレコレ教えられるのは嫌がるタイプなので、1年生であっても極力教えないようにしてきました。完全にサポーターに回りたいわけなんです、私。子供とケンカなんかしたくない、イライラしたまま夕飯の支度をしたくない。絶対に不味くなるので・・・。(新婚当初から、ケン [続きを読む]
  • 身近な場所からでイイ。かしこまらない植物図鑑の使い方
  • 便利なポケット図鑑 前回の記事はこちら 元塾講師・透明教育ママ見参!! 頭がいい子の家には三種の神器が置いてある!?http://edumother.com/2017/05/24/post-1738/向上心、好奇心は大切 いかに子供の向上心を育むか。家庭環境が大切なのは言うまでもありません。裕福層だけど向上心のない子を教えた経験がありますので、経済的... この本でも紹介されているのが、ポケット図鑑です。植物 (小学館の [続きを読む]
  • 頭がいい子の家には三種の神器が置いてある!?
  • 向上心、好奇心は大切 いかに子供の向上心を育むか。家庭環境が大切なのは言うまでもありません。裕福層だけど向上心のない子を教えた経験がありますので、経済的な優劣よりも家庭が安定しているかどうか、親が子供に関心があるか(毒親ではなく)、という条件が揃えば、子供の学習意欲向上を後押ししてくれます。裕福だけど、親に愛されていなかった子供たちの共通点は、向上心がまるっきりない。将来の夢がない。金銭感覚 [続きを読む]
  • もう夏風邪の前触れが始まったらしい、という話
  • 高い熱で休んだ子 週明けの月曜日。子供たちが口々に、学校に行くと休みの子がいた。高い熱が出ているそうだ、と。GWの前あたりに、ニュースでインフルエンザが流行しているので気を付けるように、という話は聞いていたものの、インフルエンザは下火になったのかメディアでも取り上げることはなくなってきました。インフルエンザも高熱は出ますが、検査をすればA,B(Bは反応が出にくいのですが)ともわかります。インフルエ [続きを読む]
  • こんな時代だからこそ!! 自然との触れ合いは大切
  • 子供の頃の自然体験 私は北関東の某市で生まれ育ちました。北関東といえども、県庁所在地の市街地近くなので、田んぼもないし山も近くにはありません。トンボは学校のプールに入っていれば飛んでくることはありましたが、カブトムシやクワガタ同様、基本的に日常生活では見ませんでした。ですが、母の実家は車で3、40分程度離れた田舎にありまして、文字通り田んぼと丘みたいな林しかない場所にありました。で、夏休みに泊ま [続きを読む]
  • ザ・知育玩具・Part1 乳児〜幼児期編
  • 激熱・知育玩具 知育玩具。今アツイですよね。少子化が進んでおもちゃの単価もアップしている感じもしますが、IT機器系のおもちゃも出回っていたりと時代を感じます。昔ながらの定番、パズルも人気はあるものの、最近は立体パズルもありますね。「これやりたい!!」と、問屋街のお祭りで激安になっていた立体パズルを欲しがった子供①。家に帰り箱を開けて30分後・・・。ハイ、私がやることに・・・。これは3年前の話です [続きを読む]
  • 10歳までの読書量で決まる!、を読んでみて
  • 大流行りの、〇歳まで本 育児書、子育て本コーナーに行くと必ず目にするのが「〇歳までに決まる」本。ここ5年以上、こういったタイトル本が流行しているのでしょうか。あとは、男の子(女の子)の育て方もHOW TO ものも人気がありますね。たいていの本は目を通しますが、今回は、その〇歳までシリーズの大家?、松永暢史氏の本を読んでみて感じたことを書いていきます。「読書」に注目した内容となっていますが、その中身はど [続きを読む]
  • 元塾講師ママがアンパンマンのおもちゃを勝手にレビュー
  • みんな大好き アンパンマン♪ 多くの乳幼児が通る、アンパンマンという大きな山。絵本、玩具、アパレル、映画、お菓子・・・。下山する間にたくさんの商品が手元に残されます。数多くの商品が販売され、親も買って攻撃にやられることもあるでしょう。我が家の場合、祖母が買う、サンタさんに頼む、たまには私たち親が買う、を通じで①と②の成長と共に増えました。子供③の場合は、アンパン山を下山した二人が残した玩具で遊 [続きを読む]
  • 中学生になってから勉強する子は滅多にいない!
  • 中学生からでは遅いのか?私自身の話で恐縮ですが、クラスの半分以下位だった人間が中学3年時にトップ層にたどり着くのには並々ならぬ努力が必要です。中学生時代①中学生時代②中学生時代③中学生時代④ メディアや塾のチラシでは、底にいた子がトップを掴み取るストーリーが大好き&出来そうな雰囲気を匂わすのが常であります。現場にいた人間から言わせますと、中学がミドル以下で最終的にトップ校に合格する生徒は100人に [続きを読む]
  • 親は理解不可能?、な絵本たち
  • 必ず通った絵本たち 子供①②③、我が子が必ず通った抽象的な絵本があります。別に、これあるよ〜、と私が手に取って見せてわけではなく、バーバーパパ同様に自ずと選んだ本。しか〜し、親の私は???な世界観。そんな絵本が3冊あります。有名な絵本なのでご存知の方も多いのではないでしょうか。 もこ もこもこ もこもこもこ (ぽっぽライブラリ みるみる絵本) 三大抽象絵本(勝手に私が名づけました)の中 [続きを読む]
  • 妖怪ウォッチの大ブームを回顧する
  • 2014年はキャラクター当たり年 今から3年前のこと。夏休みに大波小波がドンブラコ、ドンブラコと子供がいる家庭に押し寄せてきました。女児は黒船・ディスニー率いる「アナと雪の女王」。男児(女児も)には、レイトン教授、イナズマイレブン、ダンボール戦機で名を馳せた、レベルファイブ率いる「妖怪ウォッチ」。アナと雪の女王は2014年夏に公開された映画が世界的な大ヒットになり、日本でも超ロングラン上映をしたのを私 [続きを読む]
  • 上とやや年が離れている末っ子観察
  • 子供③を観察子供③は①と②と違い、やや年が開いているので、平日の日中は一人っ子のような生活をしています。よく、上にいると成長がはやいと聞きますが本当なのか検証してみました。 ①と②の言葉や人見知りの比較 寝返りも面倒くさい!、とばかりに一向に寝返りもせず、歩き始めたのは1歳2か月。読み聞かせもたくさんし、テレビ子守りもほとんどせずにいたのに、2歳を過ぎても意味ある言葉が全く出なかった子供① [続きを読む]
  • 漢字辞典レビュー・なぜか我が家には4つあります
  • 漢字辞典 仕事をしている時に、多くの子供たちが避けようとした漢和辞典。避けずに調べた生徒は、東大に合格しました(昨春に元同僚からの報告を受けました)。さて、そんな面倒くさい辞書の代名詞・漢字辞典。どういうわけか我が家には4つもあります。国語辞書は辞書引きブームもあってメディアや学校でも取り上げられますが、漢字辞典はひっそりと地味な存在・・・。可哀想なので、私が取り上げます! 最初に買った [続きを読む]
  • 雨の日の友達・カサを幼児期から愛用して忍耐力をつけよう
  • 忍耐力が必要? 雨の日の登下校こちらの街では、梅雨を思わせる雨模様が続いていました。1ヶ月もすれが本格的な梅雨の季節を迎えます。月曜日や金曜日に雨の日が重なると、傘をさしながら体操着や上靴をてに登下校をすることになり、子供①②にとっては重労働。こういう経験も大切だ、と毎回発破かけています。過保護すぎたようね♪ はっぱかけたげる〜♪(少女Aより)ハイ、過保護にならなように、幼稚園時代も雨が降る中を車を [続きを読む]
  • 運動会ではく靴・瞬足かバネのチカラか、子供でコンセプトの違いを実感!
  • 昔は秋・今は初夏運動会。秋の代名詞だったのに、今は初夏の風物詩になっていますね。そして、少子化の波が押し寄せて場所取りもヒートアップ!!、家族総出、または親戚一同も見に来るというのですから驚きです。(子供①が入学する前に、運動会開催日に近所を散歩していたら、甥っ子の運動会を見に来たんですが〜、孫の運動会があるので〜、と小学校までの道を聞かれたことがあります。)私の時代では考えられない現象です。父が運 [続きを読む]
  • 2020年 大学入試改革の情報収集はぬかりなく
  • 振り返れば大改革が控えている www.keinet.ne.jp 1 userこう変わる!大学入試 〜2020年度からセンター試験に代わる試験を実施〜|Kei-Nethttp://www.keinet.ne.jp/dnj/20/20kaisetsu_03.html現在の大学入試の象徴でもある「センター試験がなくなる」という話を聞いたことがある人も多いでしょう。「センター試験」は2020年の実施を最後に廃止して、新しいテス... 大手予備校・河合塾のHPですが、教育産業 [続きを読む]
  • 歯科検診の季節がやってくる
  • 歯科検診子どもにとっていや〜な検診。年ごろの女児なら体重測定かもしれませんが、我が家の子供たちは歯科検診がコ・ワ・イ、らしいです。6月4日〜10日を歯と口の健康週間と定めているため、この時期になると毎年、保健室だよりなどで虫歯にならないように、というプリントをもらってきます。そして、検診も実施されるわけです。一昨年の検診。子供①は虫歯になりかけ、とのお知らせが届きました。その日の夜に歯の仕上げをしてい [続きを読む]
  • 子育て本の系譜・多湖氏〜井深大「幼稚園では遅すぎる」
  • いつの世も、気になるものです早期教育や、子供のやる気を引き出す、という類の本はどの位前からなのかと気になり、GoogleとAmazonで検索かけてみました。1980年代から「子供のやる気が〜」、という題名がくっついている本が存在しています。時代が変わっても、親が考えることは不変ですね。多湖輝の著作 多湖氏は頭脳パズル系の本も多く手掛けていますが、本職は心理学者です。東京大学文学部哲学科を卒業後、東京工業大学→ [続きを読む]
  • 歯科検診の季節がやってくる
  • 歯科検診子どもにとっていや〜な検診。年ごろの女児なら体重測定かもしれませんが、我が家の子供たちは歯科検診がコ・ワ・イ、らしいです。6月4日〜10日を歯と口の健康週間と定めているため、この時期になると毎年、保健室だよりなどで虫歯にならないように、というプリントをもらってきます。そして、検診も実施されるわけです。一昨年の検診。子供①は虫歯になりかけ、とのお知らせが届きました。その日の夜に歯の仕上げをしてい [続きを読む]
  • お手軽!天気予報活用術
  • 天気予報に慣れ親しむスマホのアプリのおかげで、出先でも天気予報のチェックが出来る時代になりました。私も、Yahooの雨雲レーダーを愛用しています。しか〜し、天気予報はテレビかつ子供と一緒にみると都道府県の名前と場所を覚えやすくする効果もあります。また、二十四節気のことを取り合えげたりもするので、暦や季節の言葉を知るきっかけにもなります。学校の勉強では、天気は小学5年生と中学2年生で習います。下地がある [続きを読む]