テツヤ さん プロフィール

  •  
テツヤさん: T's aqua-base Blog
ハンドル名テツヤ さん
ブログタイトルT's aqua-base Blog
ブログURLhttp://ameblo.jp/aqua-base/
サイト紹介文アクア関連の自作紹介をメインに投稿します。 海水魚、サンゴ、熱帯魚、メダカの飼育観察等も随時。
自由文アクリル,塩ビ,木工,DIY,アクアテラリウム、コケリウム,アクアリウム,ビオトープ,自作水槽,自作濾過槽,自作プロテインスキマー,自作カルシウムリアクター,自作流動ろ過
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供30回 / 50日(平均4.2回/週) - 参加 2017/04/05 11:02

テツヤ さんのブログ記事

  • Pixieの不具合と代理店の対応_その5
  • 以下のメールを 代理店より 頂いたところより 続けます。 ____________________________________________ ●●●様 お世話になっております。接着剤につきましてはメーカーからも「シリコン系」としか伝えられておりませんので商品などを特定することが出来ません。 レンズが脱落する事につきましては様々な原因が考えられ、例えばクリーニング中にレンズ部分を押してしまったとかでも外れる [続きを読む]
  • Pixieの不具合と代理店の対応_その4
  • 代理店より 下記のメールを頂いたところから 続けます。 ____________________________________________ ●●●様 お世話になっております。今回の事象は他でもありまして既にメーカーから回答を得たことをお伝えしております。 シリコン系の接着剤は粘着力が弱く外れ易いのですがメーカーはそれを推奨されています。弊社でも色々な接着剤を試しましたが一番確実なのはゼリー状の瞬間接着剤をごく [続きを読む]
  • Pixieの不具合と代理店の対応_その3
  • 「pixie 130」の レンズ脱落について 以下のメールを頂いた続きです。 ==============●●●様 お世話になっております。接着剤はシリコン系のタイプがベストですがゼリー状の瞬間接着剤でも薄く塗れば問題無いと思います。レンズはプラスチック製ですので傷がつくとは思えませんが、どの部分に傷が入ったのでしょうか?画像などを送って頂ければ適切な対処法が見つかるかも知れません。レンズ [続きを読む]
  • Pixieの不具合と販売店の対応_その2
  • 使用中のLED灯具 「pixie 130」 に起きた「レンズの脱落」について 販売店へメールにて連絡しました。 以下メール文の転載です。 (㈱▲▲▲は販売店、●●●は私です)____________________________________________ ㈱▲▲▲様 お世話になっています。 昨日、貴社より購入させて頂いたPixie130R3のレンズが脱落しました。取付方法が分かりません、ご教授頂けますでしょうか。 宜し [続きを読む]
  • Pixieの不具合と販売店の対応_その1
  • 使用中の灯具に不具合があったので 経過を載せます。 灯具は、Lumini社の「pixie 130」 1年ほど前に発売となっtたシステムLEDです。 不具合箇所は 「 点灯不良 」 前触れなく全出力点灯する事です。 これは、不定期に起こりますので 販売店へ問い合わせるも 事象を再現出来そうにありません。 他の購入者のレビューなどでも 同じ症状が出来てるみたいです。 頻発す [続きを読む]
  • LED照明の補修_その3
  • 水槽用LED照明の 素子交換を行いました。 交換前後の画像比較をします。 交換前後の配置は、こちら 点灯画像を載せていきます。 交換前 全点灯 交換前 青チャンネルのみ 交換前 白チャンネルのみ 交換後 全点灯 交換後 元、青チャンネルのみ 交換後 元、白チャンネルのみ 交換後 全 [続きを読む]
  • LED照明の補修_その2
  • LED照明の素子焼けが判明し 交換作業を行いました。 交換素子の選定をします。 が、知識が無いため出来ません。 見識者であるアクアな大先輩の協力を得て 素子の選定をして頂きました。 素子の一覧とスペクトル図がこちら 上記画像は大先輩より頂きました。 低予算の為に、 高価なデュアルチップを用いず また、 9個という少数構成にも関わらず [続きを読む]
  • LED照明の補修_その1
  • LED照明の補修をしました。 補修した機材はこちら aquasunrize社の「AquaNano」です。 発売より1年以上経過しており 現在は販売して無いようです。 MMC企画より発売の 「AQUA KNIGHT」が後継機でしょうか。 「AQUA KNIGHT」の素子配置は、こちら↓ 「AquaNano」の素子配置は、こちら↓ 外装だけでなく、 素子構成も変更されているみたいです。& [続きを読む]
  • コケリウム_苔玉
  • 過去に製作した苔玉の紹介です。 お正月の飾りとして 松竹梅を織り込んだ 苔玉を製作しました。 寄ってみると、こちら 苔玉には ねじれ黒松と 竹に見立てた笹は「縞笹」 梅の品種はたしか「思いのまま」 (不確) あとは、縁起物で南天も加えました。 すこし、変化をつけたのは 苔玉に石材を張り付けた事です。 盆栽や生け花の作法は [続きを読む]
  • 円形水槽_流動ろ過器の流動試験
  • 製作した流動ろ過器を 濾過槽へ設置し 流動試験を行いました。 濾材はチャームより購入の 「ゲルシート」を賽の目にカットしたもの。 流動ろ過器に投入し 濾過槽内の水を 循環させたものがこちら、 この状態は、 流動ろ過器のポンプ(MJ1000N)は 稼働していません。 が、しかし 十分、流動しています。 動画で見てみると、こちら [続きを読む]
  • 円形水槽_濾過槽へ通水
  • 抑揚ポンプを設置しました。 これで濾過槽回りの 水を循環させる事が出来るまでの 設備が整いました。 実際に、水を注入し 循環テストをしていきます。 濾過槽真ん中の嫌気容器は 必要としないので、 一旦撤去しておきます。 ポンプの電源をいれます。 ポンプ室へ 可動堰から勢い良く 落水してきました。 ウールボックスの様子は、&nb [続きを読む]
  • 円形水槽_濾過槽にポンプを設置
  • 濾過槽から飼育槽へ 水を循環させるための 抑揚ポンプを設置しました。 ポンプの種類は DCポンプです。 jebao社の「DCP-5000」 水槽サイズからすると オーバーサイズですが、 DCポンプの醍醐味である 流量調節機能を使い 静粛性と省電力、そして長寿命を狙い 大き目サイズを低出力で使うため選定しました。 付属品はこちら、 塩 [続きを読む]
  • アクアテイラーズ神戸駒ヶ林店_プレオープン
  • 神戸長田にあるアグロガーデン駒ヶ林店ペットショップ「ペット・コム」内のアクアテイラーズ神戸駒ヶ林店へ行ってきました。4月22日(土)はプレオープン初日でした。子供連れ買い物客や他店からの馴染み客などで大賑わいでした。用品・生体は棚卸し、水合わせが行われておりオープン当日はさらなる充実したラインナップとなると思います。プレオープンに伺った感想はアクアテーラーズのスタッフさんは他店同様素晴らしくアクアの裾 [続きを読む]
  • 円形水槽_濾過槽の配管
  • 濾過槽の配管をしました。 まだ一部しか接着はしておらず、 仮組段階です。 ポンプ室より立ち上がった配管は 3方向へ分岐します。 一番上まで立ち上がっているのが 飼育槽への配管です。 ポンプ室のメンテナンス時 抑揚ポンプの出し入れが出来る様に 配管をウールボックスへ近づける配置としました。 濾過槽手前に下向きに落ちているの [続きを読む]
  • 円形水槽_ウールボックスの製作_その3
  • 前回、濾過槽に仮置きした ウールボックスへ 塩ビ配管していきます。 配管したものが、こちら 上からの図が、こちら 右側からの流入が抑揚ポンプから 直結予定の回路です。 飼育槽への抑揚を止める際に 濾過槽のみで飼育水が循環出来るように設置ました。 抑揚を止める事例としては、 飼育槽のメンテナンス時や、 水替え時の温度調節時などを想 [続きを読む]
  • 円形水槽_ウールボックスの製作_その1
  • 濾過槽に設置する ウールボックスを製作しました。 5ミリの透明アクリル材を切り出し 仮組したものがこちら 濾過槽に 仮置きしてみると、こちら 塩だれ、落水音対策に ウールボックスを半地下構造としました。 アクリル養生紙で 分かりずらいですが、 ウールボックスの中身は どうなっているかと言うと こちら、 ウールボックスに&nb [続きを読む]
  • 円形水槽_嫌気バクテリアベットの製作_その3
  • 前回製作した治具を利用し アクリル接着作業を行います。 接着剤には アクリルサンデー「アクリル樹脂用接着剤」 付属のスポイトで作業していきます。 これまで色々なシリンジなどを使用してきましたが、 何をやっても上手くいかないので諦めました。 使用してきた中でテルモのシリンジは 作業自体はスムーズでした。 しかし、ゴムが劣化するので、 当日は [続きを読む]
  • 円形水槽_嫌気バクテリアベットの製作_その1
  • 嫌気バクテリアベットを製作します。 簡単工作なので 作業過程を少し細かくアップします。 嫌気バクテリアベットの設置個所は 濾過槽の真ん中の部屋です。 バクテリアベットはこちら チャームで販売されている 「厚手タイプゲルマット 600 上部フィルター用」 さきほど覗くと、ホームページ上では アウトレット扱いで割安で販売されています。 不人気 [続きを読む]
  • 円形水槽_流動濾材の選定
  • 流動ろ過器に使用する 濾材を選定します。 チャームにて販売している Gel Cube(ゲルキューブ)を使用します。 が、上記商品は単価が高いので 商品ラインナップ内の単価の安い 「ゲルシート 約30×30cm 淡水・海水用 1枚」 を購入しました。 届いたのがこちら 流動ろ過器にいれてみると あまりに少ないので買い足さな [続きを読む]
  • 円形水槽_流動ろ過器の制作
  • 濾過槽は3層構造とし 左の部屋に 流動ろ過器を設置する事にしました。 製作過程は写真が無く、 出来上がった物がこちら 水中ポンプの水流で 時計回りに濾材を流動する仕組みです。 大きさは結構大きく 人工海水の22kg塩バケツと おなじくらいです。 流動濾過器の上方より ウールボックスからの落水を受け止め 落水の水流 [続きを読む]
  • アクアテイラーズ神戸駒ヶ林店
  • 神戸長田にある アグロガーデン神戸駒ヶ林店内には ペットコムというペットショップが入っています。 ごく一般的なホームセンター内にある 熱帯魚、海水魚、サンゴのラインナップでした。 取扱い機器も大手メーカー物のみでした。 昨年、 熱帯魚海水魚コーナーがリニューアルオープンし、 一時、活気付くかと思わせましたが 日々、衰退の一途をたどり 先日、熱帯魚コー [続きを読む]
  • 円形水槽_濾過槽の仕切り設置_その2
  • 濾過槽の仕切りを シリコーンコーキングにて設置しました。 仕切りの切り込み部に 可動堰(かどうぜき)を取り付けます。 取り付けたものが、こちら 左から右へ濾過水が移動予定です。 現状では、 左から中央へは、仕切り下の穴を通過し 中央から右へは、可動堰をオーバーフローします。 左の仕切り板下部の穴はネジ穴を設けてあり ふさぐ事も [続きを読む]