半覚醒 さん プロフィール

  •  
半覚醒さん: 半覚醒元学生部のブログ
ハンドル名半覚醒 さん
ブログタイトル半覚醒元学生部のブログ
ブログURLhttp://jashusoka.blog.fc2.com/
サイト紹介文創価学会の極大謗法にやっと気づいて半分覚醒した者のブログです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供68回 / 167日(平均2.9回/週) - 参加 2017/04/05 15:31

半覚醒 さんのブログ記事

  • 老人並の体になってしまった!?
  • 平年よりも気温が低かったことようだが年々暑さへの耐性が低くなってきておりまた八月はいろいろあって精神的にも体力的にもきつかった。以前勤めていた会社の上司に「人間40になれば体力がガクンと落ちるぞ」と言われたことがあったが40は愚か30云歳で栄養ドリンクが手放せなくなってしまった。仕事が終わった後何かやりたいと思っても心身ともについて行かなくなってしまったよ。お寺に御参詣しなければと思いつつも仕事の [続きを読む]
  • 末法の荒凡夫の組織としての創価学会と法華講
  • オレの家族がオレが日蓮正宗に行ったことを心配する理由の一つが日蓮正宗の人たちが非常に危険で非常識な人間の集まりと思い込んでいるからだ。以前オレが日蓮正宗に行ったのは法華講員がオレを誑かしたからといううわさを流されたがその根底には日顕上人をはじめとする日蓮正宗が怖いところという不信がある。さんざん聖教新聞で日顕上人に対する誹謗中傷が流されてきたので日顕上人に対する不信が強いことは容易に理解できるが何 [続きを読む]
  • 創価系ブログは何が言いたいのかよくわからないよ
  • なんか創価カテから「何とかの森通信」ブログの別館が創価批判カテに移されてた。この人バリバリ創価の人ちゃんかい。創価ブログはもうむちゃくちゃだな。何がしたいんだか、創価系ブログの中で自界本逆難発生か(笑)まあ全体的に創価脳ブログは読んでもつまんないからね。でも創価系のブログってどうしてこう世法上に良いとされている事と仏法義を混同させて語るんだろうな。よくよく読むといいこと言ってんだが「結局それって世 [続きを読む]
  • 最近いろいろあるなあ
  • ここ数か月、信心と仕事と私生活とでいろいろあって正直きついぜ。せっかく正宗側について頑張ろうと思っていたというのに今は心が折れそうだよ。まあオレ以上に悩み、苦労し頑張っている人間はこの世に無数にいるのでこんなぐらいで負けていてはいけないんだがいろいろ悩ませてくれるな。********************************************■苦をば苦とさとり楽をば楽とひらき苦楽ともに [続きを読む]
  • 詐欺的な創価墓苑
  • オレの父親がなくなってちょうど一年が過ぎようとしている。父親を家族葬で送ったんだがやっぱり仏僧がちゃんと読経しないと違和感ありありだわ。学会時代はオレも坊主不要論に賛同していたがやっぱりこれに関して言えば世間の反応の方が正しかったということだ。この時点で俺は学会が邪宗であることを悟っていたので葬儀の導師を何の仏法上の資格のない人間がやるのを反対して家族と揉めたんだがなにせその時のオレは正宗信徒でも [続きを読む]
  • 山崎正友氏について思う事其の二
  • 以前学会とは無関係にサイコパスに関する本を読んでみようとアマゾンあたりを検索していた。で、アマゾンの検索窓に「サイコパス」と入れてサイコパスに関する面白そうな本を探していた。そしたらいきなり本の表紙に「サイコパス」の文字の横にでかでかと山崎正友氏の名前が書かれている本を発見した。驚いたオレはもちろんこの本のページを開けてみた。そもそも山崎氏は一般にはほとんど知られていない。山友氏のことなんて創価学 [続きを読む]
  • 山崎正友氏について思う事
  • 学生部活動家だったころ、よく「学会の裏切り者」の話として聞かされてきたのが山崎正友氏の話だ。これはオレが学生部活動家の頃に聞かされたことだ。このことは未だに鮮明に覚えている。偶然オレの上役幹部が山崎氏を知る人から直接聞かされた内容はこうだった。体が弱かった山崎氏は学会活動は熱心に活動して健康な体を手に入れた。で、学会活動は熱心で部員たちをいろいろ激励したりしていた。しかし、山友からは題目を熱心にあ [続きを読む]
  • そしてあまりにも厳しい仏法の因果に慄然とした
  • また、どっかのブログで「学会をやめると罰が出るぞー」的なこと書いて学会員や批判者を脅してるつもりか(笑)つーかこのブログ、相も変わらず池田“代作”の著作をコピペばっかりして芸のない奴だな(笑)新人間革命をタッチタイピングの練習にでも使ってんのかな(笑)オレもラン氏のブログを真似て過去の戸田会長の指導をコピペしてブログに載っけようか(笑)くだらん学会の歴史をうだうだ書いているだけの、それも全く真実か [続きを読む]
  • 八方塞がりの危険な状況
  • 一時は動執生魏が成功しつつあり学会と池田センセに疑いを持ち出したと思ったオレの兄弟も最近「危機的状況」に陥って「危機的状況になったのは池田先生の悪口を言ったからだ」と思い込み今度は逆に学会に対しての「確信」を深めてしまった。オレの声は全く届かなくなった。うちの親に少しでも正宗に対する偏見を和らげようと正宗の話をしようと死んだが正宗の名前を出すだけで急に怒りだし発狂するようになった。で、凄い勢いでオ [続きを読む]
  • いつまで過去の栄光にしがみつんてんのよ
  • 創価脳患者の話をいろいろ聞いているとなぜ彼らが創価学会を正しいと思うのか非常に疑問に感じた。法門法義の話をしない、コロコロ会則並びに教義が変わっている、池田センセの言っていることが変わっているのにそれに気づかず相も変わらず学会は正しいことを繰り返し主張していた。それで思ったんだ。なぜ彼らが創価学会を正しいと思うのか。それは彼ら創価脳患者が繰り返し主張している事だった。それは過去、創価学会が戦後一時 [続きを読む]
  • 学会流こけおどし
  • 創価系ブログを読んでいると必ず「学会を誹謗中傷すれば罰が当たる」と言う奴がいる。これを見るたび聞くたびに大笑いしてしまうんだが書いている本人、言っている本人はいたって真剣だ。「法華経」や「法華経を持(たも)つ人」を誹謗すれば確かに罰が当たる。と言うことは学会イコール法華経と言うことになる。連中は学会イコール法華経と言う前提でシレッと話を進めているのだ。根拠のないことをさも当たり前のように話を進めて [続きを読む]
  • 昔の懐かしい仲間たちの今を想う
  • 今までオレが主に活動していた学生部時代を思い出すことはなかった。学会の誤りに確信を持ってから活動家時代をよく思い出すようになった。みんな元気かなと心配することもある。懐かしい先輩後輩の顔だけでなく声も今でも思い出すよ。あの活動家時代は・・・お腐れ様幹部もいて思い出すとイラッとする時もあるが懐かしいと思う時もたまにある。少なくともあの時代、共に過ごした濃密な時間は忘れられない。あの時あの人があんなこ [続きを読む]
  • ネットや週刊誌は信用できるのか
  • 今の時代ネットで何でも検索できて非常に便利な時代になったものだがネット情報を語る時決まって「玉石混交」と言う言葉が使われる。確かにネットは無責任な個人も容易にブログ等で情報を発信できるし信ぴょう性が低い一部のサイトもあることは知っている。2000年前後、ちょうどインターネットやパソコン、ケータイが一般に広まりだしたころ学生部幹部として学会活動にいそしんでいたがネットの悪評を学会が抑え込みたいのか「 [続きを読む]
  • まだ根に持ってんのかよ
  • 以前創価カテで一位だった某ブログに「極悪なんチャラ」がまたぞろ因縁をつけていた。以前某ブログで「あなた方程度の教学力では」と言われたことをいまだにねちねちねちねち根に持っているらしく「日蓮仏法を学びながら平然と人間を軽賤する輩」と言うタイトルの記事で攻撃し始めた。オレからすればそんなしょうもないことで根に持つなよと言いたいがよっぽど悔しかったんだろうな(笑)かくいうオレも他人のブログをあんまり批判 [続きを読む]
  • 御本尊の正邪こそ宗教にとって一番の肝要
  • よく学会員が日蓮正宗を攻撃する材料として日蓮正宗僧俗の不正腐敗を挙げる。まあ、正宗僧俗と言っても確かに末法の荒凡夫だからそういった不正腐敗や人間同士のいざこざはあるだろう。それはしっかりと撲滅していかなければいけないことであると思うし変えていかなければいけないことであるかもしれないけれどもそれは宗教にとっては枝葉末節の問題だ。宗教にとって一番大事なのは教義、特に本尊の正邪だ。そもそも仏教の目的が一 [続きを読む]
  • 愚か者に法的制裁を
  • 創価妄信ブログを見てみるとホントに気分が悪いよ。「極悪なんチャラ」とかいうブログがまた日顕上人に対して誹謗中傷のかぎりをつくしている。日顕上人の暴力云々と書いてあるがここまでいったら名誉棄損で訴えてもいいレベルじゃね。 [続きを読む]
  • 予想通りの反応
  • 先日、某三人組が書いた「実名告発 創価学会」を読み終えたオレの親が感想を聞かせてくれた。あの本を読ませたのは新人間革命が代作でしかも各国の著名な識者との対談本が「識者(創価学会のおかげでこの言葉を聞くと急に懐疑的になり、おもわず笑ってしまうようになった。)が実を言うと池田センセと直接対談して作ったものではなくて学会本部の専門チームが作成したものを池田センセの名で出しているだけと言う「事実」を知って [続きを読む]
  • 創価カテに戻りたいよ
  • 創価カテにも戻ろうとして戻れない。マジふざけてる。配分を批判カテ90パーセント創価カテを10パーセントにしても戻れない。完全にロックされとる。別にランキングなんてどうでもいいけどよぉ。これ酷過ぎないか。ブログ村の村長さんは何考えてんのかねぇ。せっかく創価カテのブログを批判記事を上げたのにな。残念だな。しかし話は変わって創価カテの一位になったブログ主も笑わせてくれるなあ。しかし創価マンセーブログって [続きを読む]
  • 創価妄信ブログをほんの少し覗いてみた
  • もう一つおもろいブログみつけたで。「統失なんチャラ」と言うブログだ。病気で大変お気の毒とは思うんだが根拠のない妄想で日蓮正宗僧俗を特に日顕上人を誹謗してはいけないよな。このブログ主もその他の創価脳患者と同様にそれも確たる証拠がないのに「ニッケンシュウガー」とか「ニッケンガー」とか誹謗してくるからな。彼らの脳内では確かに極悪法主が天界に鎮座して酒池肉林のかぎりをつくしているんだろうな。あくまで彼らの [続きを読む]
  • 創価脳患者の認知的不協和解消法
  • 相も変わらず、日顕上人に対する誹謗中傷が続いているな。創価カテの「極悪なんチャラ」と言うブログを読んでみると芸者事件、シアトル事件と捏造のネタが上がっている事件をいまだ信じていてその捏造事件をもとに日顕上人を「極悪」と断じているわけだ。芸者事件はネットで検索を掛ければ捏造元の画像がごろごろ出てくる。シアトル事件に関しては創価学会が、将来に亘ってシアトル事件を報道することを禁止する。宗門側は創価学会 [続きを読む]
  • 宗門が神札を拝んだと信じる人達に贈ります
  • 学会員による日蓮正宗に対する邪難の一つが戦前戦中宗門が神札を受け取ったというものがある。神札を受けたことは日達上人がそれを明確に否定している。あの時代、我々戦後に生きるものが想像できないほど一宗の独立性を守っていくに難しい時代だったということだ。ちょっと国に逆らえばその宗派は潰されただろう。正宗が軍部に潰され本門戒壇の大御本尊と血脈相承が途絶えれば一切衆生は成仏できなくなる。そのギリギリのところで [続きを読む]
  • 頭破作七分の現証
  • 某創価マンセー系のブログを拝見させていただいたがやっぱ第一印象は学会員って倒錯しているよなっていう印象だ。某ブログ曰く======================================仏道修行は「してやって」いるのではなくて、「させていただいている」のである。で、「してやっている」と思うこと自体、仏法者として謙虚な心がまったくない。============================ [続きを読む]
  • 変な噂が流れた
  • オレの周辺で変な噂が流れている。別に直接被害が出るような噂ではない。オレが日蓮正宗に行ったのは職場に法華講員がいてその法華講員にたぶらかされたからとの噂だ。学会活動家氏はそんな噂をオレの家族に吹き込んだのだ。これは百パーセント嘘だ。オレは学会に対して元々疑問を持っていたし池田センセに対しては以前から生理的嫌悪感を抱いていた。で、その疑問が徐々に膨らみ自分自身でいろいろ調べ御書を拙いながらも拝してい [続きを読む]
  • 過去の学会の謗法行為を直視しない学会員
  • 学会員が日蓮正宗を日顕宗と呼び「悪」と断ずるその根拠の一つは「宗門を赤誠をつくして守ってきた池田先生を日顕(上人)が破門した」というものがある。確かに宗創両首脳の確執を知らない末端の会員は懸命に御本尊流布し、宗門を外護してきたのは間違いないのだろう。しかし、昭和四十年代後半頃から教義の逸脱は始まっていた。公式には学会執行部は池田本仏論を否定はしている。しかしだ。学会活動家なら一度は聞いたことがある [続きを読む]
  • いまだに大石寺は荒れていると信じる人たち
  • いまだに大石寺がさびれていると信じている学会員がいるから困ったものだ。オレが創価学会の間違いを指摘し、日蓮正宗の方が正しいというと相も変わらず「大石寺はボロボロだー」とか「野犬がうろうろしているー」とかそんなデマを信じている。そもそも仮に大石寺がボロボロであってもオレからすれば「だから?」としか思わない。宗教は正邪だ。いくら建物が御立派でも邪な本尊を拝んでいては無間地獄確定だ。大石寺がさびれている [続きを読む]