ka-sa さん プロフィール

  •  
ka-saさん: たそがれ時のこいきなやつ等
ハンドル名ka-sa さん
ブログタイトルたそがれ時のこいきなやつ等
ブログURLhttp://monday-ks.blog.jp/
サイト紹介文70年代から80年代の様々な物事を思い出し延々と好き勝手記録するだけのふたりの備忘録的ブログ。
自由文昭和を代表するにふさわしい方々を2人の独自の視点から「たそがれ時タレント名鑑」として記録中の日々。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供193回 / 135日(平均10.0回/週) - 参加 2017/04/06 08:51

ka-sa さんのブログ記事

  • ヒンデンブルグ号〜【怖いのに大好き】
  • オート三輪同様、飛行船も1930年代が全盛のため、憧れです。かつては20年くらい前までは東京の上空も広告する飛行船が独特の音をたてて飛んでいましたが現在では保険会社のスヌーピー号しか日本で見れないのかな。音でわかるんですよ。あ、来るなってw虹も怖いのですが、無音であ、居るな、って振り返ると大体出て来るのであの独特の存在感が恐怖です。飛行船は単純に子どもの頃、格好いいなあとファンになったのですがテレビでド [続きを読む]
  • 夏のポラロイド 崎谷健次郎 1987年
  • 崎谷さん 実は、顔は未だによく知らないw 初めて知ったころは、バンドブームで あんまりこの手のシンガーソングライターは注目してませんでした。音楽雑誌の「今月のピックアップ」などで 紹介されては、消えていく。そんなご時世だったから。でもねー なんでだろう。名前を何となく覚えてたんですよね、ポニーキャニオンのラジオのCMで「もう一度夜を止めて」が何度も流れたしwそれからNHK-FMで デビューアルバムの特集かなんか [続きを読む]
  • 憧れのオート三輪
  • オート三輪は1930年代から1950年代に全盛期を迎えてしまったので全く幻の存在なのですが車のカタログや図鑑には掲載されており子どもの頃からどういうわけかオート三輪が好きでした。1度でいいから運転してみたいんです。 中でもこのマツダT1500の大ファンです。ホープという形も可愛い。これでお使いに行きたい。 そんな訳でこうして儚く収集してはうっとり眺めています。チョロQです。可愛いんだよ。左はトミカ。右はタイムスリ [続きを読む]
  • 近頃、私を苦しめる今際の死神(近苦シリーズその2)
  • 以前さえさんが、勇気を持ってwカミングアウトした南蛮系の記事がありましたが、私も今年に入って思い出したくないのに歌のフレーズが脳内を巡るという恐怖にかられるときがあるので記載しておきます。とにかく話は延々遡ると吉原に行き着いてしまうので、その辺りは省略。時々親しい友人とカラオケに行くのですが彼女はアニメが好き。そんなわけで何かとアニソンも覚えてしまうというw色んなジャンルが知れて勉強になります。今年 [続きを読む]
  • 気になる男性【英国人】
  • 彼の切り抜きを高校生のころ、パスケースに入れていて 友達に笑われてました(笑)でびしる(笑) 彼はこのように美形ですが、笑われる何かがあったんだろうなwちなみに、この方の音楽は試したのですが肌に合わなかった。悲しいけど、顔だけが好き(笑)それからン十年www youtubeで改めてJAPANをちょこちょこっと聞いていて、相変わらず肌に合わなかったのですが(笑)でも↓この一曲。幼い時に聴かされたのであろうか、TVで延々と [続きを読む]
  • 1970年代透明シール【内藤ルネ】
  • 1970年代のヒット。子どもにはどなたが作者かわからない。とにかく好きか嫌いか。宝物の視点はまた大人とは違う。本当にかわいくて。特にパンダがお気に入りで。だけどシールが全部無くなったからと言って追加ではもう買ってもらえないんですよ。それで例のごとく、もったいなくて最後の1枚だけは残しておこうと。大事にしていたのです。大人になってネットの普及で内藤ルネさんの作品だったと知り驚きました。 調べた所、この種類 [続きを読む]
  • 気になる男性【もう1人の露】
  • 前回登場した後方の露の方w今回は前方のこの露の方。お二人はペアなお仕事ですね。露の方のどんな所が気になるのか。ご紹介しましょうw こんな所がきっかけ。気になるのです////////////スゲーwww露の2人映像ラストの食事シーンの笑顔www映画みたいなんだがw [続きを読む]
  • 昭和のミニチュア小物【レトロブーム時代の物】
  • ミニチュアコレクションなどは全然やっていないがミニチュアハウスとかおママごと系を見ているのは大好きなのです。近年レトロブームも到来したのでたまに買っていた程度です。時々昨日アップしたようなデッドストックに出会うと嬉しいがw昭和の日用品とか家電とかこれは全種類集めても良かったかもなあwジュースミキサーかわいい。◆◇◆たそがれ時コラム◆◇◆今日は8月15日細かい事や嫌な事はあえて記載しないので全然コラムで [続きを読む]
  • 1982年 ホール&オーツ
  • 先ほど、さえさんがホール&オーツは全く知らないが仙台のCMで名前はインプットされていたとのこと。高校生の時に創作ダンスの課題授業があり全校生徒の前で発表しなければならないという悪夢的な事がありましたwクラスでいくつかのグループにわかれて選曲からダンスまで協力して完成させるという。で、うちらのグループはちょうど流行していたホール&オーツのマンイーターという曲にしたのです。名曲ですよ。これは。ホール&オーツ [続きを読む]
  • 気になった人たち【外人のバンド】
  • DURANDURANが大流行したのは中高生の頃(80年代中半期)でした。友達伝いで知ったんです。本格的に夢中になったのは一度このグループが2つに分かれ→それから3人で再結成した時で、ちょっとズレるんですよね 私の場合ww聴いた方どなたも感じることでしょうが…DURANDURANの曲って他の海外ミュージシャンと違って、J-POPっぽくメロディアスで聴きやすいというか覚えやすい?口ずさみやすいというか?そして彼らはイケメンでカッ [続きを読む]
  • 気になる男性【俳優】
  • 10年以上前だったか。金八の英語の教諭役が気になっていた。私はあまりテレビを観ないのでその後、半沢直樹、ルーズベルトゲームを観て「あれ?もしや」と思った。でもまだ二世俳優だったとか父親が誰とか全く知らなかった。その程度の知識しかないのに好きな顔立ちなんだと思います。 山田純大 [続きを読む]
  • 1978年プレイドー粘土の床屋さんとじゃがいもの関係
  • もう思春期だったので対象ではありませんでしたがすごく印象に残っており今の子どもはいいなあと当時思ったものです。 で、ポテトサラダとか作る時大抵の方は持ってますよね。私は、おおきなスプーンやすり鉢の棒で代用して潰していたんです。ずーっと気になっているのについ代用で済ませてしまう。それが急に欲しくてここ近年にようやく買ったという。ニョロニョロ〜と潰しが楽すぎてw1978年の粘土の床屋さんを急に先日思い出し [続きを読む]
  • 気になる男性【歴史番組の人】
  • 歴史番組好きなsaです。そういうので討論してる人ってオジサンばかりと思われるでしょうが、こんなイケメンもいます一ノ瀬 俊也(いちのせ としや、1971年(昭和46年)1月19日- )は、福岡県出身の歴史学者。埼玉大学教授。専門は日本近現代史、とくに軍事史・社会史。博士(比較社会文化)(九州大学、2003年)(学位論文「近代日本の徴兵制度と社会」)ご専門が太平洋戦争史ということで お盆(つまり終戦記念日)近くになると各その手 [続きを読む]
  • ラムチョップのパペットや人形など
  • 前回登場した愛らしくちょい生意気なw羊の女の子。夜はカーラーを巻いてオシャレなんですね。今回ご紹介するのは、パペットぬいぐるみです。これで仕事場で話したりしたこともありましたし、極秘で腹話術にして話す練習までしたこともありましたwww ウエスタンな放牧な感じのパペット。後ろの部分。ここから手を入れますwこの人形は今は亡き愛猫が物凄く気に入っておりいつもこの人形を隠しても見つけては自分の側に置いて戯れて [続きを読む]
  • 1988年 異人たちとの夏【お盆に名画】
  • 突然のゲリラ豪雨で歯科医に間に合わず。今日はウチの地域では気温36.5度を超えています。異人たちとの夏この映画はしょっ中観てるわけじゃないが急に観たくなる時が数年に一度くらいあります。やはり大林監督作品は妙に引き込まれてしまう。不思議な監督ですね。スピルバーグ監督と大林監督はすごく好きなんです。役中の片岡鶴太郎と秋吉久美子にはそうとう私は泣かされた。こんなに胸を打つ芝居ができる人はいない。で、ここでも [続きを読む]
  • シロヤベーカリーのサニーパン【忘れられないあの味】
  • 北九州の小倉。そこで販売されているサニーパン。値段は1個70円。固いパンの中に練乳がこれでもかというほど入っています。私はこの存在を知らず一緒に行った友人が兼ねてから食べてみたかったと。何でも漫画のクッキングパパで紹介されたことがありインプットされていたそうです。とにかく、シロヤベーカリーを探して驚きの連続はやはり価格でした。味も美味しいとくれば羨ましい。陸奥A子さんの北九州。 画像より10円ねあがって [続きを読む]
  • エルマー3部作(影響を受けた童話)
  • 1948年アメリカルース・スタイルス・ガネット 作ルース・クリスマン・ガネット挿絵挿絵は義理のお母さんの作品です。日本では1963年に渡辺茂男氏により翻訳され子どもたちに大ブレイク。私は小2くらいの時に親戚のお兄さんから譲り受けました。後にエルマーと16匹のりゅうは母親に頼んで買ってもらいました。これは生涯残しておきたいほど愛着があります。挿絵がすごい好きだった。物語の主人公エルマーエレベーターの冒険探検の連 [続きを読む]
  • 愛あるところへ/オフコース
  • 作詞・作曲/小田和正 アルバム「Three and Two」収録(1979.10.20発売)小田さんと鈴木康博さんのデュオ体制から、5人のバンド体制になった時のアルバム。季節関係なく いい歌はいいんです。夏でも冬の歌聴いてもいいですよね?(笑) いい曲だなぁ~うっとりする。鈴木さん脱退後この当時の曲を聞くと、やっぱりオフコースは5人が良かった。何十年経っても、聞くたびいつも思う。たった今も想う。 [続きを読む]