Inagi Kagohara さん プロフィール

  •  
Inagi Kagoharaさん: 日刊鉄道ダイヤグラム
ハンドル名Inagi Kagohara さん
ブログタイトル日刊鉄道ダイヤグラム
ブログURLhttp://www.trainlabo.com
サイト紹介文鉄道路線の考察からダイヤ改正まで、鉄道考察を毎日更新しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供66回 / 67日(平均6.9回/週) - 参加 2017/04/06 13:53

Inagi Kagohara さんのブログ記事

  • URLを変更しました
  •  このページはURLを変更しました。新しいページは以下のリンクとなります。www.trainlabo.comごあんない◆当サイトではダイヤ・時刻表考察を行っています(トップページへ)◆【おすすめ記事】各会社主役の路線達【複線でも超高密度】京王線の時刻表考察《2016.9.16ダイヤ改正》【只今複々線工事中】小田急小田原線の時刻表考察《2017.3.14ダイヤ改正》【民鉄一の複々線】東武伊勢崎線の時刻表考察《2017.4.21ダイヤ改正》【 [続きを読む]
  • 【18きっぱー必見!】2017年夏のJR臨時快速・普通列車まとめ
  • この記事では、JR各社における2017年夏の臨時列車のうち、青春18きっぷで乗ることができる快速列車・普通列車についてまとめています。〈2017.5.19各社発表〉対応している会社は以下のとおりです。JR北海道JR東日本JR東海JR西日本←21日追加!以下の目次リンクより、各路線ごとの臨時列車をご覧いただけます。【追記】おすすめ(管理人が乗りたい)な臨快12列車まとめました。www.trainlabo.com※当記事は記事作成した2017年5 [続きを読む]
  • 【東横線バイパス】東急目黒線の時刻表考察《2017.3.25ダイヤ改正》
  • この記事では、東急電鉄・目黒線のダイヤ考察を行っています。〈2017年3月25日改正対応〉目黒線は、東京都品川区《目黒》から大田区《田園調布》を経由して神奈川県横浜市港北区《日吉》に至る11.9kmの路線です。路線概要 目黒線は1923年(大正12年)、旧目黒蒲田電鉄の目蒲線の一部として開業しました。その後長らくの間、《目黒》から現在の東急多摩川線を経由して《蒲田》へと至る、地域輸送主体の路線として、池上線同様に3 [続きを読む]
  • 【競合買収された】東急池上線の時刻表考察《2016.3.26ダイヤ改正》
  • この記事では、東急電鉄・池上線のダイヤ考察を行っています。〈2016年改正対応、2017年は未改正〉池上線は、東京都品川区《五反田》から《戸越銀座》や《池上》を経由して大田区《蒲田》に至る10.9kmの路線です。路線概要 池上線は1922年(大正11年)に、旧池上電気鉄道によって《蒲田》から《池上》の間が開業したのが始まりとなります。この池上電気鉄道というのが中々いわくつきの会社(金銭問題的な意味で)であり、経営者 [続きを読む]
  • 【TOJO HARD】東武東上線の時刻表考察《2016.3.26ダイヤ改正》
  • この記事では、東武鉄道・東上線のダイヤ考察を行っています。〈2016年改正対応、2017年は未改正〉東上線は、東京都豊島区《池袋》から埼玉県川越市《川越市》を経由して大里郡寄居町《寄居》に至る75.0kmの路線です。路線概要 東武東上線は、1914年(大正3年)に旧東上鉄道が《池袋》から《田面沢(川越付近、現:廃止)》までの間を開業させたのが始まりとなります。路線名の『東上』に現れるように、東京と上野(こうずけ、現 [続きを読む]
  • 【越生観梅】東武越生線の時刻表考察《2016.3.26ダイヤ改正》
  • この記事では、東武鉄道・越生線のダイヤ考察を行っています。〈2016年改正対応、2017年は未改正〉越生線は、埼玉県坂戸市《坂戸》から入間郡越生町《越生》に至る10.9kmの路線です。路線概要越生線は、設立当初から東武鉄道系列だった越生鉄道によって、1932年(昭和7年)に《坂戸町(現:坂戸)》から《高麗川(後の森戸、現:廃止)》までの間が、34年には《越生》までの全線が開業しました。戦時統合につき親元の東武鉄道に [続きを読む]
  • 【アーバンパーク】東武野田線の時刻表考察《2017.4.21ダイヤ改正》
  • この記事では、東武鉄道・野田線のダイヤ考察を行っています。〈H29.4.21ダイヤ改正対応〉野田線は、埼玉県さいたま市大宮区《大宮》から春日部市《春日部》を経由して、千葉県船橋市《船橋》に至る62.7kmの路線です。路線概要江戸時代から、現在の千葉県野田市付近では醤油産業が盛んでした。明治時代になって鉄道が各地で開業していく中で、醤油の輸送を水運から鉄道に切り替えようという運動が醤油醸造組合の中で広まり、その意 [続きを読む]