認知症ケア さん プロフィール

  •  
認知症ケアさん: 認知症のケア・情報matome
ハンドル名認知症ケア さん
ブログタイトル認知症のケア・情報matome
ブログURLhttp://ninchisyo.xyz/care/
サイト紹介文認知症のケアについての情報や、その他認知症に関する情報記事についてとネットの反応をまとめています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供70回 / 45日(平均10.9回/週) - 参加 2017/04/07 22:45

認知症ケア さんのブログ記事

  • 【認知症の予防】ただの計算ドリルより効果的な方法があった!
  • 認知症の予防に!計算ドリルより効果的な方法とは 「散歩をしているときも、階段を上っているときも、算数の問題はないかな、と、思わず考えてしまいます」(次男さん)86歳になってもなお、現役家庭教師として活躍している秘訣には、やはり“算数的な思考”が大きく関わっているようだ。「父が実践していることには、脳を活性化させ、認知症を予防するヒントがたくさんあります」そう解説するのは、小林教授だ。自律神経研究 [続きを読む]
  • 血圧の下げすぎに注意!認知症の進行を早める薬のリスクとは・・・
  • 認知症の進行を早める薬のリスク血圧を無理に下げ過ぎることで、一番恐ろしいのは認知症の悪化を招くことだと岡田氏は言う。「降圧剤の使い過ぎで認知症が明らかに進行するという海外の研究データが存在します。そのため私は、少しでも認知症の疑いがある高齢者に降圧剤を処方する際は学会などが適量とする量を出しません。そうした高齢者には、上の血圧を160〜170よりも下げないように、薬の量を調整しています」 糖尿病治療薬に [続きを読む]
  • 認知症カフェで介護の悩みを解決!家族を支える苦労を打ち明ける
  • 認知症カフェで介護の悩みを解決できる穴水町で初の認知症カフェとなる「オレンジカフェ」は9日、同町前波で開かれ、地元住民ら13人が、認知症の家族を介護した経験などを語り合った。カフェは、同町の「介護を考える会 あつまらん会ネ」代表の山谷靖昌さん(72)が、住民が介護や一人暮らしの悩みを自由に相談し、交流する場を作りたいと自宅で開いた。町社会福祉協議会が運営費を助成する「おたっしゃサロン」も兼ねている [続きを読む]
  • 認知症老人を狙う悪徳業者!高齢者がターゲットの投資詐欺に注意
  • 認知症の老人を狙う投資詐欺とは「父は数年前に脳梗塞で倒れて、少し認知症のような症状が出始めています。急に頑固になったり、忘れっぽくなったり感情の起伏も激しい。今では『お前たち夫婦は俺のカネを狙っているのか!』などと疑いだす始末。弁護士に相談して、後見人制度を利用しようとも考えましたが、父は『俺はボケていない、グルになってカネを奪う気か!』と激昂するので断念しました」山本さんがカネをつぎ込んだビット [続きを読む]
  • 認知症の介護施設、グループホームに入るコツとは?
  • 認知症の介護施設、グループホームに入るには【3】認知症ケアには早めの検討を「グループホームは、自宅で生活するのが困難なレベルで要支援2以上の認知症の高齢者が生活する施設。24時間体制でスタッフが常駐していることも安心につながります。月の支払いは17万円ほどです」(長沼さん)入居時に自力で食事や入浴ができることが前提、症状悪化の前に検討したい。なかなか空きがないといわれるが……。「近年空きが出始めたとの報 [続きを読む]
  • 認知症の予防に!カレーがアルツハイマーを撃退する
  • 認知症・アルツハイマーの予防にカレーが効く? 米国カリフォルニア大学の研究によると、カレーのスパイスと、「オメガ3」(不飽和脂肪酸)のDHA(ドコサヘキサエン酸)には、神経細胞や神経線維の損傷を修復する力があるという。スパイスの中でも、ターメリックに含まれる「クルクミン」が効いているようである。・カレーで認知症予防「クルクミン」はアルツハイマーの予防に役立つと発表しているのは、スウェーデンのリ [続きを読む]
  • 認知症の予防に!初代ラジオ体操第3が効果あり?
  • 認知症の予防になる初代ラジオ体操第3 1939年〜46年に放送された「初代ラジオ体操第3」が復活した。ラジオ体操は初代と2代目にそれぞれ3つ、そして今の第1、第2と計8つ存在するが、ラジオ体操第3指導員の出(いで)有二氏は「初代の第3をやってみたところ、どこかでやったことがあるような気がした。よく考えると今の第1と非常によく似ている」と指摘した。そして「第3にはボート漕ぎというものがある。前に屈んでから体を起 [続きを読む]
  • 【認知症】もの忘れを過度に恐れない!大切なことは・・・
  • 認知症・もの忘れは恐れなくても良い? 旭日中綬章を受章したほか、25年間にわたり芥川賞の選考委員も務めた84歳の作家・黒井千次氏は、「歳を重ねると、取るに足らない情報を忘れられる。気取った言い方をすれば、“物忘れは神様からのプレゼント”かもしれないね」と話す。「重要だと思わないことはどんどん忘れてしまいます。だから私の記憶には、生きるために必要な大事なものだけが残っている。過去に大喧嘩した相手のことは [続きを読む]
  • 認知症を食べ物で予防→食材の組み合わせでさらに効果倍増!
  • 認知症を予防できる食べ物とは 例えばトマト。ビタミンA、C、E、B群などの栄養素が豊富に含まれているほか、抗がん作用や認知症予防、抗酸化作用のある“リコピン”や、疲労回復効果のある“クエン酸”、抗酸化や抗がん作用のある“フラボノイド”といった、機能性成分がたくさん含まれている。「トマトと組み合わせるといい食材としては、クエン酸が豊富なレモン。トマトのクエン酸と反応し、疲労回復効果がパワーアップするうえ [続きを読む]
  • 認知症のリスクが高まるのは〇〇が遅い人!危険な生活習慣とは?
  • 認知症のリスク・生活習慣病について・デスクワークは要注意アメリカの男女12万人を対象にした調査では、1日6時間座る生活の人は3時間の人と比べると15年以内に死ぬ確率が40%高いという驚きの数字も出ている。デスクワーク中心の仕事をしている人は、立ち仕事をしている人に比べて心臓病になる確率が2倍になるというデータもある。・歩くのが遅いと認知症のリスクが高い東京都健康寿命医療センター研究所によると、歩幅 [続きを読む]
  • 【高齢者の運転】認知症かどうかわかる8個のポイント!
  • 高齢者の運転時に認知症かわかる8個のポイントとは 運転中に以下のような項目があれば、認知機能の低下が疑われるといいます。・標識や信号を見落とす・歩行者や他の車の発見が遅れる・安全確認や一時停止を怠る・近づいてくる車の速度を的確につかめない・狭い道で車をこする・バックが下手になった・長時間の運転ができなくなった・同乗するのが怖いと言われる高齢者の4人に1人が認知症または予備軍 ほかにも「センターライン [続きを読む]