認知症ケア さん プロフィール

  •  
認知症ケアさん: 認知症のケア・情報matome
ハンドル名認知症ケア さん
ブログタイトル認知症のケア・情報matome
ブログURLhttp://ninchisyo.xyz/care/
サイト紹介文認知症のケアについての情報や、その他認知症に関する情報記事についてとネットの反応をまとめています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供88回 / 127日(平均4.9回/週) - 参加 2017/04/07 22:45

認知症ケア さんのブログ記事

  • 認知症をVRで疑似体験!リアルな映像に参加者が悲鳴
  • 認知症をVRで疑似体験できる体験会 認知症を理解する人を増やそうと、幻覚や記憶障害といった症状をVR(仮想現実)で体験できる映像が製作され、各地で体験会が開かれている。「社員研修に使いたい」として、認知症の人と接する機会のある企業や、学校からすでに計4000人以上が参加。 開催を求める声も殺到している。製作した会社は今夏にも、認知症の基本的な知識を学んだ講師の養成を始め、全国に活動を広げる考えだ。調 [続きを読む]
  • 認知症の行方不明者が増加している理由とは?
  • 認知症の行方不明者が増加 昨年1年間に全国の警察に届け出のあった行方不明者のうち、認知症だった人は前年比26・4%増の1万5432人で、統計を取り始めた2012年以降で最多だったことが警察庁のまとめでわかった。行方不明者の総数は8万4850人で過去10年間ほぼ横ばいだが、認知症が占める割合は前年比3ポイント増の18%となった。昨年の認知症による行方不明者は男性8617人、女性6815人。都道府県別 [続きを読む]
  • 【認知症の早期発見】日大工学部がMCIを血液検査で判定する方法を開発
  • 認知症の早期発見に!MCIを血液検査で判定する方法を開発 郡山市の日大工学部は、認知症の前段階の軽度認知障害(MCI)の有無を一般の健康診断の血液検査結果を使って簡便に判定する方法を開発した。認知症のリスクを早期に発見し、生活習慣の見直しなどで予防につなげる。 MCIは、健康な状態と認知症の中間の段階。日常生活に支障はないが、認知機能の一部に障害が見られる。 認知症の診断は記憶力、言語理解力などを調べ [続きを読む]
  • 認知症サポーター養成講座を小学生が学ぶ!
  • 認知症サポーター養成講座を学ぶ小学生たち 認知症への理解を深め、他者を思いやる心を育もうと高鍋町・高鍋東小(野崎憲次校長、644人)で5日、認知症サポーター養成講座があった。同講座を町内の学校で行うのは初めてで、6年生約110人が参加。劇やクイズ、グループワークを通して症状や声掛けの仕方などを学んだ。参照元URL:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170607-00010174-miyazaki-l45 小学校で認知症サポー [続きを読む]
  • 認知症のスタッフが働く「注文をまちがえる料理店」がオープン!
  • 認知症のスタッフの「注文をまちがえる料理店」とは?6月3日から4日にかけて、「注文をまちがえる料理店」というお店が期間限定で都内某所にオープンした。ホールで働くスタッフは認知症で、ときどき注文を間違えたりミスをしたりすることもある。間違えがあっても受け入れよう、そして楽しもう。そんな価値観を大切にした料理店だ。メニューも厨房も、一般的なレストランとさほど変わりはない。料理はプロの料理人が調理。ホール [続きを読む]
  • 認知症の改善に速読が効果的!脳のトレーニング方法を詳しく紹介
  • 認知症の改善に効果的な速読のトレーニング方法とは? まずは、トレーニングの前に、読書速度を計っておく。本を6秒間、黙読し、読めた最後のところに印をつけて、文字数を数える。トレーニング前に文字数を計っておくことで、トレーニング後との文字数の違いがわかる。「最初は、普段の感覚で読んでください。読みやすいものなら、本、雑誌、新聞、活字がたくさん書いてあるものであれば大丈夫です」(呉さん、以下同)次は、脳に [続きを読む]
  • 認知機能の低下に関係する「BMP4」とは?→治療薬の開発に期待!
  • 認知機能の低下に関係する「BMP4」が治療薬開発の手がかりに? 脳梗塞などが原因で、脳内の毛細血管が多数詰まって起きる小血管性認知症の患者は、脳内に特定のタンパク質が通常の5〜10倍程度発生していることを、京都大の研究グループが初めて突き止めた。発症との因果関係は不明だが、治療薬の開発につながる可能性があるという。論文は5月31日、国際神経病理学会学術誌電子版に掲載された。上村麻衣子特定研究員らのグループは [続きを読む]
  • 老けない脳を保つ3つの方法で認知症を予防する!
  • 認知症の予防になる、老けない脳を保つ3つの方法とは? ■決して諦めない円周率暗記に取り組んでいた時、何度やっても4万桁中約20カ所の間違いが出る“停滞期”が半年ほど続いた。諦めずやり続けると、少しずつ間違いは減り、ギネス世界記録挑戦の本番ではノーミスだった。「失敗は脳の無駄にならない。脳の力に限界はなく、あるとしたら自分が諦めた時。これが糧になり、72歳で始めたルービックキューブ目隠しは成功ま [続きを読む]
  • 【認知症の予防】脳の老化を阻止する2つの方法とは?
  • 認知症の予防に!脳の老化を阻止する2つの方法 (1)抗酸化成分の含まれる食事を摂る抗酸化成分とは、具体的にはカテキン(お茶に含まれる)、ポリフェノール(ウーロン茶、赤ワイン)、そしてビタミンCやビタミンEなどだ。食事をとおしてきちんと摂れば、身体の中で酸化の進行を防ぐことができる。(2)規則正しい生活をするもうひとつ大事なのが、規則正しい生活をすること。生活のリズムの乱れは、身体の代謝機能やホルモ [続きを読む]
  • 【認知症の予防】ただの計算ドリルより効果的な方法があった!
  • 認知症の予防に!計算ドリルより効果的な方法とは 「散歩をしているときも、階段を上っているときも、算数の問題はないかな、と、思わず考えてしまいます」(次男さん)86歳になってもなお、現役家庭教師として活躍している秘訣には、やはり“算数的な思考”が大きく関わっているようだ。「父が実践していることには、脳を活性化させ、認知症を予防するヒントがたくさんあります」そう解説するのは、小林教授だ。自律神経研究 [続きを読む]
  • 血圧の下げすぎに注意!認知症の進行を早める薬のリスクとは・・・
  • 認知症の進行を早める薬のリスク血圧を無理に下げ過ぎることで、一番恐ろしいのは認知症の悪化を招くことだと岡田氏は言う。「降圧剤の使い過ぎで認知症が明らかに進行するという海外の研究データが存在します。そのため私は、少しでも認知症の疑いがある高齢者に降圧剤を処方する際は学会などが適量とする量を出しません。そうした高齢者には、上の血圧を160〜170よりも下げないように、薬の量を調整しています」 糖尿病治療薬に [続きを読む]