@かるめん さん プロフィール

  •  
@かるめんさん: GIRL's Be AMBITIOUS.
ハンドル名@かるめん さん
ブログタイトルGIRL's Be AMBITIOUS.
ブログURLhttp://goddesses.blog.fc2.com/
サイト紹介文赤裸々に”わたし”を書き綴ったあとどうなるの?どんな未来が待ってるの? @フェム
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供8回 / 12日(平均4.7回/週) - 参加 2017/04/08 03:12

@かるめん さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • やらなきゃいけないとき.
  • 今までずっとぐうたらな自分だったろくに仕事もしてこなかった(その言い訳はまた後日かくけれども)こんな自分が大嫌いで仕方なかった自分はなにもできないと思ってきたけど、こんなわたしに一世一代のチャンスがやってきた大きなチャンス連チャン大フィーバーになるか、それともどん底に落ちるかの分かれ道わたしに任された大きな任務成功するかどうかは自分次第いつも途中で逃げ出す悪い癖今回はがむしゃらにやり抜きたいもうあと [続きを読む]
  • 3.
  • ままは、わたしに不自由させない為に一生懸命働いてくれていた離婚していた為、少しでも引け目にならないようにがむしゃらに祖父母の助けもあって、わたしは父親がいないことに関して何ら不自由にかんじていなかったむしろ、すごく幸せだったままと祖父母、そしてわたし4人はどこ行くにも常に一緒だった祖父母がいないときには、ままはわたしを幼稚園まで迎えにきてくれ、そのままわたしを連れてまた職場に戻って仕事をしていたこ [続きを読む]
  • うまくいかない.
  • なんでこうもうまくいかないのだろう苦しいよいい加減ストレスで身体の調子も悪くなる思えばここ数年、心から笑えなくなったなこのまま闇を抱え続けて生きていくのかな仲良くデートしているカップルやこどもと手を繋いで幸せそうに歩いてる家族楽しそうに笑ってる学生毎日いろんな光景をみるわたしは一体なにをしているのだろうこのままでいいのか部屋に帰ってもけんかばかり相手も絶対的にストレスを感じているだろうわたしはこの [続きを読む]
  • xoxo..
  • 親愛なるままへまず、親不孝な娘でごめんいつもいつも愛しく思ってるままの存在は片時も頭から離れたことがないのそれなのに親不孝でごめん早く孫を見たいよねこんなわがままなわたしをいつまでも深い愛で包み込んで見守ってくれてるわたしをここまで育てあげてきてくれたのに、わたしは何も恩返しができてないいつまでも甘ったれでわがままでごめんこんなの世間からしてみれば通用しない、笑われ者だよわたしね頭では分かってるん [続きを読む]
  • 2.
  • わたしが生まれて間も無く両親は離婚そんなわたしを祖父母がよく面倒を見てくれていた祖父母は当時、県外に住んでいたそして女手一つ、仕事に家事に一生懸命な母をただただ支えてくれていた祖父母毎日のようにフェリーを乗り継ぎ、車を飛ばして会いきてくれていたお嬢様育ちの可愛い娘に苦労させたくなかったのだろう祖父母はわたしにとって、母親、父親代わりだった母はひとりっ子でぬくぬく育ち祖父母からしてみれば目に入れても [続きを読む]
  • 1.
  • わたしは物心ついた頃から本当の父親を知らないどんな顔をしてて、どんな性格なのか、どれくらいの身長で、どんな声なのか、頭ははげているのかはげてないのか、太っているのか太っていないのか、どんな家に住んでいて、どんな仕事をしているのかそして何よりどんな温もりなのかでさえねでもそんなのはどうでもよかったそんなこと考える隙を与えないくらいに、母や祖父母は、日々、わたしに無償の愛をたっぷりと与えてくれたように [続きを読む]
  • ことばひとつ .
  • 今日も涙 .過去を思い出すと止まらない分かってほしい相手に通じないとなんだか悲しいなんでわたしだけが貧乏くじばかりひくのかって何年もの呪縛から抜け出せれると?脱出方法あるならおしえてよ他人の世話ばかりせずおしえてよわたしだってね抜け出せる方法あるなら知りたいよ幸せにだってなりたいのでも抜け出せないの何年かかっても抜け出せないわたしにとっての幸せってなにわたしは幸せになれないのかな結局、なれないんだろ [続きを読む]
  • じゆうきままにどーぞよろしく.
  • ひとにはひとりひとりに色んな人生ドラマがあってひとにはひとりひとり喜びや怒り、悲しみの到達点も違うたったひとりでもがむしゃらにちっぽけで、吹けば飛ぶようなこの世に存在価値も見出せないほどのわたしですがなにか書き残したくてブログをはじめてみましたどうも.”どしろうとX” です↑いやそんな名前ではいきませんけどね笑ま、思い立ったが吉日ですいままではお気に入りのぶろがーさんたちを覗き見する側でしたが思い切 [続きを読む]
  • 過去の記事 …