哲也(テツナリ) さん プロフィール

  •  
哲也(テツナリ)さん: 想像の価値 想像の哲学
ハンドル名哲也(テツナリ) さん
ブログタイトル想像の価値 想像の哲学
ブログURLhttp://souzounokachi.blog.fc2.com/
サイト紹介文現実を辛く苦しいと感じている人へ 想像を自由に心から楽しむ事の大切さと、幸せを伝えたい
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供51回 / 47日(平均7.6回/週) - 参加 2017/04/08 09:57

哲也(テツナリ) さんのブログ記事

  • 無意識に想像の世界は必要とされている
  • 宗教がなぜここまで力を持ったのか?それは現実だけでは生きられず想像の世界が必要だったからだと思います。そして現実も人々の想像が表面化してる物に過ぎない。昔の文明を見ると、ほんとうに想像が強い力を持ってきたのだと分かります。宗教の考えに沿って作られた巨大な建造物、しきたり、政治、即身仏、ミイラ、蘇りの伝承。ほんとうに宗教の想像世界が現実として信じられていたのです。時代は進み、科学が進歩して、物理世界 [続きを読む]
  • 想像がなければ、宗教も存在しなかった
  • 想像が現実より強い力を持つことは歴史が証明している。それは宗教の存在です。神や仏、神話や寓話、これらこそ想像で考えられたとしか思えない話です。想像がなければ、宗教も存在しなかったでしょう。宗教の歴史を聞くだけで想像がどれだけ力を持っているのかが分かります。宗教がこんなにもいろんな場所で創られ、人の世に浸透して来たのは想像そのものだからだと思います。宗教がこんなにも多種多様な形を持ち、同じ宗教でも時 [続きを読む]
  • 想像さえ楽しめるようにしておけば、どんな人生でも楽しめる
  • 幸せはどれだけ想像をコントロール出来るかによって左右されます。想像に対して寛容か不寛容かも。多くの人は他人の現実、想像に対して過剰に不寛容なところがあります。それが平和な環境にいても不満で満ち、精神を病み、自殺する原因の一つかもしれない。想像の影響力がどれだけ強いかはカウンセラーの話などを聞けば分かる。患者の話を聞いているだけでカウンセラーの精神にも影響が出るのです。人はただでさえ思い出や気持ちを [続きを読む]
  • 喜びも悲しみも全て想像から来ている
  • 放送大学の錯覚の科学を見ていて、人間は日常的に間違った知覚や解釈をして、しかもそれが正しいと信じてしまう事を学びました。じゃあ私達が見ている現実はなんだろう?と疑問に思い始めたのです。他にも様々な学問に関わる番組や情報を見ている内に、脳が与えられる情報を分析して見た世界、それは純粋な物理世界ではなく、人間の共通の想像を現した世界だと考えるようになりました。想像のことを考えるようになり、現実より想像 [続きを読む]
  • 想像を楽しむということが一番大切
  • 想像を自由に心から楽しんでいると現実に表現したくなったりするでしょう。しなくてもいいし、してもいい。すれば想像力が上がるかもしれないが、表現しなくても想像を楽しんでいるだけで想像力は上がります。私も想像を楽しんでいて小説を書きたくなり、実際に書いています。空想して、こんな世界があったら面白いなあというのを小説で書き始めました。これが凄く楽しい。どんどん物語が浮かんできます。設定や道具、キャラなどア [続きを読む]
  • 想像こそが人間の本質
  • 人格心理学を学ぶと、どれだけ想像が人の成り立ちに重要なのか分かる。想像がなければ、自我は存在しないと言っていいでしょう。昨日や明日、過去や未来を考え、嘘を付く事が出来るのも想像のおかげです。人は想像をやめることは出来ない。想像を否定する事は、自分を否定することに繋がり、苦しむ事になります。想像を捨てることは出来ない以上、どうやって有効に使うかを考えた方が良い。人は生き残る為に思考に特化し、想像が出 [続きを読む]
  • 想像をやめる事は出来ない
  • 想像に依存してしまうんじゃないか?という心配をする人もいるかもしれませんが、想像は脳だけを使ってする作業なので、想像だと認識している限り、器の限界を超えておかしくするような事になるのは稀です。もし依存したとしても、想像はいつでも出来るし、想像ばかりしてしまうなら表現することで新しい道が開かれます。想像をやめる必要はない。というよりやめる事は出来ない。想像をコントロールする事で自分をコントロールする [続きを読む]
  • 快感と陶酔感を感じるのにも、想像が関係している
  • 想像を楽しむようになると、軽い依存症も治せるようになるかもしれません。依存症は快感と陶酔感を繰り返し、脳が異変を起こす事で発症する。そこで想像によって快感と陶酔感を得られるようにして済ませるのです。他の物に打ち込む事で治す方法は実際に行われています。想像が有効な理由はもう一つあります。依存症は依存している物の事ばかり考えてしまう病気です。想像を能動的にする事で、自分の思考をコントロールする力を付け [続きを読む]
  • 世間の考えるまともで正しいに人間になれる人などいない
  • 現実ばかり見ているせいで世間の考えるまともで正しい人間であろうとするために、自分で考える事をやめてしまう人は多い。理想の人間から少しでも外れると自分はダメな奴だ、どうしようもない人間だと思うようになる。そう思う事で、自分は分かっている、自分は本当にダメな奴ではない、期待通りにはならなかったが、それを分かっていない人間とは違うとプライドを守ろうとするのです。そして、誰かが道から外れた行動をすると、鬼 [続きを読む]
  • 成長するチャンス
  • 嫌な事を思い出した時も、これは想像だと意識してみる。嫌な事を思い出し嫌な気持ちになった時、これは想像だと意識すればその気持ちは和らぎます。想像は身近に潜んでいる。恥かしがりや、人見知りなども、失敗する事や他人が自分をおかしく思っているだろうという想像を現実と思い込むことによって発症しています。それは現実ではなく想像なのです。想像なら変えられる。他にも想像かもしれないと意識することで気づき、解決する [続きを読む]
  • 人は現実ではなく想像によって気持ちが動かされている
  • 共感性羞恥という言葉を聞いた事があるでしょうか?テレビや他人の失敗シーンや恥をかくシーンを見ると、自分まで恥をかいているように感じるという心理現象です。これこそ、自分の想像している事が現実と思ってしまう現象だと思います。恥をかいている人を見て、自分が感じた事のあるのと同じくらい恥かしい気持ちになっているだろうという想像を現実だと思い込んでしまうのです。それによって、見ていられなくなってしまう。これ [続きを読む]
  • 自己表現
  • 人を好きになったとき、相手の事を想像せずにアタックする人はいるでしょうか?よくビビッときたとか一目ぼれしたというが、それだけで告白するのでしょうか?必ず相手の事を考え、想像していると思います。相手のことを考えずにはいられず、想像する事が楽しく、幸せな気持ちになる。そして想いが強くなり、相手に好きになってもらおうと行動する。誰もが経験したことがあると思います。それゆえに、現実とかけ離れた想像を膨らま [続きを読む]
  • 人それぞれが独自の想像世界を持っている
  • 想像の世界の事を他人に話すとわだかまりが生まれる事もあるでしょう。それは、人それぞれが独自の想像世界を持っている為です。想像の世界を持つことを引け目に感じる必要はない。想像と現実(共通の想像)は違います。想像と現実をどこまで混ぜ込むかは、自分次第です。必ずしも表に出す必要はなく、想像だけでも十分楽しめ、力になる。思春期は想像と現実の折り合いが上手くつかない事も多いでしょう。現実と想像の狭間で悩み、 [続きを読む]
  • 経験や哲学が想像を豊かにする
  • 子供の頃は経験が少ない為に想像力が乏しく、想像と現実の区別が付き難い子もいるでしょう。その為に、他人の気持ちに対する想像力が上手く働かず、トラブルが起こる。いじめもそうです。相手の気持ちを想像してない訳ではないが、いじめてる側の経験がない為に、想像がつかない。現実的には相手を傷つけることは悪い事だが、自分の楽しいという気持ちを優先させてしまう。これは大人でもある事で、メディアやネットで一方的に叩く [続きを読む]
  • 想像を深める事が自立する力を与えてくれる
  • 想像を楽しむ力を一からゆっくり育まなければ、苦しみはいつまでも続きます。初めから想像を楽しむ力があれば、現実に堪えられなくなった時でも、自分を守る事が出来る。いつでも自分が楽しめる世界が側にあるという事が、余裕を持って周りと接する力をくれるでしょう。自分の外ではなく、自分の中に頼れる物がある事が、恒常的な安心に繋がります。想像を深める事が自立する力を与えてくれる。怒られたり、自分を批判される事にも [続きを読む]
  • 苦しい時こそ、想像を自由に心から楽しむ
  • 想像の世界を楽しんでいるといって、閉じこもるという訳ではない。想像ばかりしているから、閉じこもるようになるんだと思っている人は多いが、それは逆です。現実の事ばかり考えていたせいで、現実に堪えられなくなった時に現実から逃げる事しか考えられず、閉じこもるしかなくなるのです。想像を否定することが、閉じこもる事に繋がる事さえあります。そして閉じこもった後も、現実の嫌な事や倫理観を忘れることなく、自分を卑下 [続きを読む]
  • 苦しみを生んでいるのは自分の想像
  • 私は思春期の頃から想像を楽しむのを恥かしい事だと思うようになり、だんだんと想像は無駄な事で何の意味も無い何の役にも立たない物だと否定するようになっていました。そして現実だけに意味があり、生きてさえいれば良いと考えるようになり、したい事や夢などの想像をやめ、なるべく楽に生きていたいと思うようになったのです。ただ働いてお金を稼いで生きていけば良い。そうすれば良いと分かっているのに、それさえもする気が起 [続きを読む]
  • 現実逃避をしよう
  • 現実逃避はいけない事だと思って、想像の中にいつでも楽しめる心の拠り所も作らず、苦しい現実ばかり考えていると人は壊れる。そういう真面目な人ほど精神を病んでしまうのをよく知られています。その逃げ場のない苦しい現実というのも想像に過ぎないのに。現実逃避と批判している人でさえ、ありえないような思い込みや想像をしています。そういう人ほど、現実を見ているようで根性論のような自分の身勝手な想像の現実を信じている [続きを読む]
  • 過剰な思い込みが様々な苦しみや問題を引き起こす
  • 想像ばかりしてると、現実と想像の区別が付かなくなってしまうと不安に思う人もいるかもしれない。むしろ逆です。現実の事ばかり考えている人の方が、妄想に陥りやすい。現実のことばかり考えているせいで、何が現実で何が想像なのか意識せずにいることにより、自分の考えている事が全て現実だと思い込んでしまう。現実のことを考える時、想像をしないわけにはいかない。事実だけではなく、他人の感情、考え、出来事の影響を推測し [続きを読む]
  • 想像を空しいと思うか、本当に幸せと思うかは自分次第
  • 現実に結婚をしたとします。幸せいっぱいで、誰もが祝福してくれていると感じるでしょう。しかし、みんなが本当に何を思っているかは分からない。本当に祝福しているのだろうか?そんな事を考えようとは思わない。想像でも一緒です。自分の主観で幸せな結婚を想像し、幸せな気分になる。感じる事は現実と何も変わらない。しかし、結婚したという事実がない以上、それをずっと保つことは出来ないと考えるかもしれない。現実に戻って [続きを読む]
  • この世界にまったく同じ事を考えている人間はいない
  • 皆がそれぞれ想像の世界を生きているということを知っておくだけでも、様々な場面で心を乱さずに済むでしょう。特定の人だけが違うのはでなく、みんな違うのです。誰もが自分の世界を持っていて、それは絶対の世界ではない。常に変化しています。他人の世界に染まる必要はなく、むしろ自分の世界を守らなければ苦しい思いをするのは自分です。楽しい世界で生きるか、暗い世界で生きるか。あなたの想像をどうするかは、あなた自身で [続きを読む]
  • 洗脳
  • 洗脳という言葉を聞いた事はあるでしょうか。あれこそ、私達が想像によって支配されているという見本です。事実でないことを思い込まされる事によって、自分という存在を変えられてしまう。周りから見れば、現実的に考えておかしいと思うだろうが、当の本人は気づかない。恐ろしい、信じられないと思うでしょうか?しかし、私達も常に目に見えない想像を現実と思うことで、自分を洗脳している所があるのです。前述した、あなたが強 [続きを読む]
  • 私達は想像によって支配されている
  • なぜ周りの人はこんなにいろんな事を楽しんでいるのに、自分は楽しめないのだろうと思う人は多いと思います。それは、同じ現実でも想像している事が違うからです。明るい想像を現実と思っているか、暗い想像を現実と思っているかの違いなのです。中には、その時は楽しんでいたのに後から想像して後悔するするなんて人もいる。後からモヤモヤと、失敗した、みんなから変に思われたなどと想像し、それを現実と思い込み、苦しむ。しか [続きを読む]
  • 私達は違う世界に生きているようなもの
  • 現実というのは、物理世界を頼りに皆の共通の想像で作り出しています。想像によって成り立たせていると言ってもいい。個人が思う現実とは皆はこう思っているだろうという想像に過ぎない。他人がどう思っているか、どう感じているかを決めているのは自分の想像でしかない。他人が本当に何を思っているか、感じているかは分からないのです他人の気持ちを想像するのは大切です。それが出来ないと人間は社会的な生活を営む事ができない [続きを読む]
  • 私達は想像を通してしか、現実を認識できない
  • 想像なんてと思う人もいるだろうが想像の力は強い。現実世界も結局は脳を通じてでしか感じられない。実際に脳が目に見えない部分まで補完している事はよく知られています。手品などで兎を見せ、うさぎを布の裏に隠す。そうすると、布の裏に隠れているのは兎だと全員が答えるでしょう。別の物が隠れているなど考えもしない。現実には見えていないにも関わらず。兎が隠れているというのは想像に過ぎないが、それでも現実だと疑わない [続きを読む]